友達の誘いは断り方が重要!人気者だけが知っている5つのポイント

友達の誘いは断り方が重要!人気者だけが知っている5つのポイント

友達からお誘いを受けても、気分が乗らないときって誰でもありますよね。
でも断ってしまったら、相手を傷つけるかもしれない。
嫌われて、また誘ってもらえないかもしれない。

そう思うことがあるかもしれません。
けれども、自分の時間を持つことも大切です。

たった5つのポイントを守ることで、悪い印象を持たれずに断ることができるんです。
上手な断り方を知り、自分にとっての大切な「いえじかん」を過ごしませんか。

付き合いにくくならないために身につける上手に断る方法

付き合いにくく 身につける 上手に 断る 方法

「今日だけは気が乗らない」
「大切な予定があるけどお誘いを受けてしまった」
そんなとき、どのように断れば角が立たないか頭を悩ませてしまいますよね。

最初は断るのに思い切りが必要な人もいるでしょう。
でも相手に不快な思いをさせない断り方を知れば、上手に自分の時間を作ることもできるようになります。

断ったあとに相手と付き合いにくくならないための方法をお教えします。

相手に不快な思いをさせずに断る5つのポイント

相手 不快 断る ポイント

断る相手に不快な思いをさせてしまうと、今後の関係に影響があると思いがちです。
逆に言えば、相手に不快な思いをさせずに断ることができれば今後とも上手に付き合うことができるはずです。

そのための5つのポイントを見ていきましょう。

【ポイント1】行きたいけど「行けない」ことを強調する

気が乗らないお誘いを受けたときの断り方で重要なのは、「行きたいんだけど、どうしても行けない」ことを強調することです。

本当は気分が乗らなくても、「行きたい」という意思があることを伝えることで、相手が「行きたくないわけではない」と思ってくれます。

行きたくないわけではないということを知ってくれれば悪い気はしないはずですから、相手との関係が悪くなることはないでしょう。

もしかしたら次に誘ってくれるときは行きたいと思えるかもしれません。
相手の気を悪くしてお誘いを今後一切シャットダウンしてしまうのは、得策ではありませんよね。

【ポイント2】先約があることを伝える

先約 伝える

断る相手に「それじゃあ仕方ないね」と思わせるのが、上手な断り方です。
その中でも定番の断り方は「先約がある」と伝えることです。

自分が置かれている立場に応じて、会社の先輩や同期、家族の集まりなど何かに理由を付けて「すでに予定がある」ことで理由をつくりましょう

もし罪悪感があったりバレたら怖いという思いがあるなら、あとから本当に予定を入れるのも一つの手です。
実際にその時間にその場所にいれば、誰かにばったり会ったときも本当だったという証明にもなりますよね。

【ポイント3】家の事情や仕事の都合などを理由にする

家の事情や仕事の都合を理由にするのも、相手に「仕方がないか」と思わせる上手な理由のひとつです。
「親戚が入院していて、お見舞いに行かなければいけないの」や「親戚の子どもをみるように頼まれていて」など。

もし両親と一緒に住んでいる場合や近所にいる場合は「留守番を頼まれていて」というのも仕方ないと思わせる理由になるでしょう。

仕事であれば「ちょうど今大きなプロジェクトを任されていて、帰る時間に目途がつかなくて」と読めない仕事を理由にするのもいいですね。

【ポイント4】体調不良を理由にする

体調不良 理由

自分の体調不良を理由に断ることもできるでしょう。
急な断りになってしまいますが、突然の頭痛や腹痛を理由にお誘いを断る方法です。

この場合は相手に心配をかけてしまうので、後から「もう良くなった、迷惑かけてごめんね」といったフォローが必要でしょう。

【ポイント5】断りの返事はなるべく早めに!

とは言え、断るのはなかなか気が引けるのもあって、断るまでに時間が掛かってしまうこともあるかもしれません。

また、時間が経てば経つほど断りづらくなってしまいます。
誘ってくれた相手も「なんで返事をくれないんだろう」と不要な勘繰りをしてしまうかもしれません。

最初から「気が乗らない」「断ろう」と思っているのであれば、できるだけ早く断るように心がけましょう。
早いタイミングで断ることで、仕事などの断りの理由も信じてもらいやすくなります。

パターン別で使える!上手に断るコツ

パターン別 上手 断る コツ

お誘いの場面もいろいろあります。
ここでは、お誘いのパターン別に断る方法を紹介します。

友達からの誘い

友達 誘い

「友達」と一言で言ってもさまざまです。
「友達」と言っても仕方なく付き合っている「苦手な」友達もいるかもしれません。

仲良い友達でも、大勢の場だと少し面倒だなと思うこともあるかもしれません。
それぞれのタイプ別に、どのように断ったらいいのかを見ていきましょう。

苦手な友達からの誘いは都合が合わないことを理由に断る

そもそも「苦手な友達」は友達なのかという議論は置いておいて、どうしても付き合わなければならない友達っていますよね。

最近になって合わないなと感じた友達、こちらから距離を置いているのにまったく感じてくれず、ぐいぐいと寄ってくる友達など。
そんな友達には、都合が合わないと言ってお誘いを断りましょう

「遊ぼうよ」と誘われたら、できる限り相手に日程の候補日を出してもらいましょう。
相手に答えてもらってから「その日程だとどうしても都合が合わない」と言ってしまえば、「今回は仕方ないか」と思ってくれます。

頻繁に誘ってくるようであれば、同じ方法で断り続けましょう。
「苦手な友達」ですから、もし空気を読んでもう誘ってこなくなればそれはそれでいいですよね。

ポイントは、大人の関係なので後腐れがないように穏便に断るということです。
敢えて「あまり乗り気じゃないから」なんて言ってしまうと、あまり好きではない相手とはいえ、いい気持ちはしないですよね。

乗り気になれない女子会の誘いは家族との予定を理由に断る

いつもは楽しいと思っていても、大勢の女子会は気が乗らないこともありますよね。
そんな気分ではなかったりしますし、実はメンバーの中にあまり好きではない人がいるなんてことがあるかもしれません。

女子会のお誘いは、家族との予定を理由に断りましょう。
ある程度仲良い女性の友達は、断ると「なんでダメなの?」と深く突っ込んで理由を聞いてくることもあります。

そんな時には「両親が泊まりに来る予定で」や「従妹に相談したいことがあると言われていて」など家族の理由を強調しましょう。
家族のことであれば、気が引けてそれ以上突っ込んでくることはありません

一度家族のことを理由にすれば、また次にどうしても行きたくない女子会があった場合に「この前の従妹が…」と言ってまた使えるかもしれませんね。

会社やビジネス関係の誘い

会社 ビジネス関係 誘い

お誘いを受ける場面は、友達の間だけではありません。
仕事場やサークルなど、大人になってからの関係でのお誘いも受けることがあるでしょう。

友達とは違って、断ったら今後の職場での関係が悪くなるかもしれない。
サークルで居づらくなってしまうかもしれない。

そんな心配は必ずあるはずです。
今後の人間関係に響かない、上手な断り方を紹介します。

飲み会の誘いは申し訳なさを伝えながら断る

会社で飲み会に誘われることは少なくないですよね。
全部参加していたらお財布がもたないですし、何より自分の時間がなくなってしまうデメリットもあります。

飲み会の誘いを断るときは、必ず申し訳ないという気持ちを伝えることを忘れずに。
「参加できません」「お断りします」という直接断る表現は、相手に不快な印象を与えてしまいますのでやめましょう。

「お誘いいただいて嬉しいです。せっかくのお誘いなのですが、残念ながら先約があるためどうしても参加できません。」
という具合に、申し訳なさを必ず伝えましょう。

「誘われて嫌な気持ちはしていないんだな」という思いは伝わり、悪い印象を与えずに済みます。

仕事で使える断り方についてもっと知りたいかたはこちら>>仕事のお誘いには断り方のルールあり!ビジネスで使える断り方5選

デートの誘い

デート 誘い

男友達や他の異性からからデートに誘われたけど正直行きたくないという場合、関係上どうしても直接的に断れないことがあります。
今後の関係に響かないように、上手に断りたいですね。

あまり好きではない異性からのお誘いは2人きりを避ける断り方を

異性と言っても、友達だけではなく同僚、先輩、上司など様々な相手がいますよね。
そんな時にあまり好きではない男性から誘われた場合、2人きりを避ける断り方をすると相手を傷つけずに済みます。

例えば映画に誘われた場合「いいですね、せっかくなので○○さんもお誘いしてみんなで行きませんか?」というのはどうでしょう。

相手と行きたくないわけではないけれど、2人きりはできれば避けたいという思いをやんわり伝えたいですね。

相手を傷つけず、上手にデートの誘いを断る方法が知りたいかたはこちら>>あなたの断り方は大丈夫?デートの誘いを上手に断る7つの方法

しつこい相手からの誘い

しつこい相手 誘い

どんな関係かに関わらず、断ってもしつこく誘ってくる異性もいるはずです。
そんな時はどう対処すればよいでしょうか。

今度は自分から誘うことを提案

まず、できるだけ相手から連絡をさせないようにするのがコツです。
「お誘いありがとうございます。どうしても行けないので、今度は都合がいいときにこちらからお誘いしてもよろしいでしょうか。」といった具合です。

そうすればよほどの人でない限り、頻繁に誘うことはなくこちらからの誘いを待ってくれるのではないでしょうか。

連絡をスルーして返信しない

この際、連絡をスルーしてしまうのもひとつの手です。
もしメールで連絡が来たら、返信をせずに置いておく。

LINEなどチャットアプリで誘いが来たら、相手からメッセージが来たことだけを確認して読まずに未読のまま放置してしまいましょう。

何度もしつこく誘ってくる相手なら、メッセージの全体を読まなくてもだいたい内容は分かってしまいますよね。

コレはNG!本当にやってはいけない断り方

NG やってはいけない 断り方

いくらお誘いを断りたい相手でも、絶対にやってはいけない断り方があります。

当日になってドタキャンをする

一度お誘いを受けておいて、当日になってドタキャンすることは避けましょう。
特に少人数や一対一の約束を当日ドタキャンすることは、そもそも相手に失礼です。

どうしても体調不良等で本当に行けなくなってしまった時以外は、当日ドタキャンすることで相手にも迷惑が掛かりますし、自分の信頼もなくなってしまうかもしれません。

関連記事

遊びの約束は慎重にドタキャン!断り方は今後の関係に影響を与える

「行けたら行く」という曖昧な断り方

断るときは「NO」と言い切るのが基本です。
断ったら相手に悪い思いをさせてしまうというあまりに「行けたら行くね」や「大丈夫かもしれないけどわからない」といった曖昧な断り方はNGです。

相手には相手の都合もあることを忘れずに、伝え方に気を付けて必ず「NO」であることを明確にした断り方をしましょう

一度OKした誘いを断る

なかなか断りにくいから一度OKして、でもやっぱり気が乗らないから誘いを断る。
これは絶対してはいけません。

なぜなら、相手もそのために予定しているので迷惑が掛かるためです。
また、一度OKしたのに断るような失礼な人間であると思われてしまう可能性があります。

OKすることを決めたのであれば、よほどの緊急がない限りは断らないようにしましょう。

まとめ

自分の時間は限られたものですから、よく考えてお誘いにOKするかどうかを決めましょう。
断ることを決めたなら、相手のことを考えてその後の関係に影響がないように上手な断り方をすることが大切ですね。

関連記事

誘いの断り方にもコツがあった!ビジネス・友達・恋愛関係別に紹介