断捨離の決心がつかない…片付けはたった3つの鉄則を守れば始められる

断捨離の決心がつかない…片付けはたった3つの鉄則を守れば始められる

誰もが憧れるシンプルな暮らし。
そのためにはまず身の回りを片付けたい。

「そうだ断捨離しよう!」
そう思って始めようとしても、なかなか捨てられないことってありませんか?

いざ捨てようと思ったら、もったいなくて捨てられない。
思い出があってなかなか捨てられない。

そんな悩みも、たった3つの鉄則を守れば思い切って断捨離に踏み切ることができるんです。

すっきりとした部屋で大切な「いえじかん」を過ごすために、断捨離への第一歩を踏み出しましょう。

捨てられない!そんな迷いを解決するシンプルな鉄則があった

捨てられない 迷い 解決する 鉄則

「捨てられない」という思いにも理由がありますよね。

まだ使えるかもしれないのに捨ててしまうのはもったいない。
使ってなかったかもしれないけど、また使うことがあるかもしれないから捨てたくない。
思い出が詰まったものだから、なかなか捨てられない。

捨ててしまったらもう手に入らないかもしれないから、とりあえずは手元に置いておこうというのは自然な考えかもしれません。

でも断捨離をしてシンプルな生活を目指すなら、まずは第一歩を踏み出しましょう。
「捨てられない」「どうしよう」という迷いを吹き飛ばす、とてもシンプルな鉄則をお教えします。

「捨てよう」と決心がつく3つの鉄則

捨てよう 決心 鉄則

断捨離での一番の課題は、本当に「捨てよう」と判断できるかどうかです。
「捨てよう」という判断が速くできればできるほど、断捨離もスピードアップできます。
その判断の基準となる3つの鉄則を紹介していきます。

【鉄則1】「とりあえず」取っておくはやめる

断捨離をするときによくあるのが、使うかもしれないから「とりあえず」取っておこうというものです。
実はこの「とりあえず」は、断捨離が進まない一番の原因なんです。

「とりあえず」取っておこうということは、その前提は「使ってない」ということですよね。

使ってないけれど、いつか使うかもしれないから「とりあえず」取っておこう。
使っていないけれど、捨てるのはもったいない気がするから「とりあえず」取っておこう。
「とりあえず」取っておこうという裏には、必ず「使っていない」という事実があります。

使っていないものをずっとしまっておく意味があるでしょうか。
3年間使っていなかったものを、今後使うことがあるでしょうか。
よく自分の胸に手を当てて、本当に必要なものか考えてみましょう。

【鉄則2】第三者の意見を聞いてみる

第三者 意見 聞いてみる

自分だけでは判断ができない場合、第三者の意見を聞くのはいい方法です。

家族や周りの人に、捨ててもいいと思うか聞いて同意を得ることで、「捨てる」という行動に自信が持てるようになります。

まずは自分で捨てるものと捨てないものに分けてみましょう。
そのあとに一呼吸置いて、自分ではない誰かに「捨てる」と決めたものを見てもらいましょう。

「この服はまだ着られるんじゃない」とか、「この染みが付いているからもう捨てた方がいいと思う」など、自分とは違う視点の意見がもらえるかもしれません。
捨てることに合意が得られたら、思い切って捨てることができますよね。

【鉄則3】今後も使うかよく考える

捨てるのを迷ったときは、今後使うかよく考えるのも重要です。
ものは過去のために使うのではありません。
これからの将来のために取っておきたいかどうかをよく考えましょう。

自分の生活スタイルや人間関係をよく考えた上で将来的に必要なものかじっくり考えて決めると、あとから後悔せずに済みます。
想像を働かせて、よく考えてみましょう。

どうしても捨てられない…挫折したときの対処法

捨てられない 挫折したとき 対処法

3つの鉄則を守って捨てるかどうか決めようとしても、どうしても捨てられないことがあります。

心を持った人間が決めることですので、仕方がないですよね。
そんなときはどうしたらいいのでしょうか。

一旦時間を置いて考える

どうしても捨てるかどうか迷って、「今決められない!」という場合は、一旦時間を置いてみましょう。

「捨てるもの」でも「捨てないもの」でもないものを入れる「一時避難箱」を作ってそこに入れるのがおすすめです。

簡単な空き箱のようなもので構いません。

捨てるかどうか迷ったものは、その避難箱に一旦避けておき、一定の時間待ってみましょう。

自分で時間を決めることが重要ですが、季節が変わる3か月程置いたあと箱を覗いてみます。

避難箱の中身すら覚えてなかったのなら、思い切って捨てましょう。
たまに思い出して中身を見たりするなら、まだ必要かもしれませんので取っておくのもいいですね。

一旦避難させて本当に必要かどうかをじっくり考えたあとに、最終的に捨てるかどうか決めるのは効果的です。

リサイクルショップに持っていく

人からの貰い物や高価なものは、なかなか捨てる決心がつかないのは仕方ありません。
使わないと分かっていても、買ったときの値段を考えるとなかなか捨てられませんよね。

そんなときは、リサイクルショップに持っていくのもひとつの手です。
最近よく使われている、フリマアプリなどを活用するのもいいでしょう。

捨ててしまうのは心苦しくても、少しでも値段がついて売ることができれば思い切って断捨離する決心がつくかもしれません。

捨てたあとのメリットを考える

捨てたあと メリット 考える

想像力を働かせて、捨てたあとのメリットについて考えてみましょう。
捨てるときはなかなか決心がつかなくても、その後にいいことが待っていると考えれば、捨てるための動機づけになりますよ。

部屋がキレイになる

まず、部屋がキレイになります。
そもそも部屋をキレイにしたくて断捨離をする人もいるでしょうから、当然と言えば当然です。

断捨離を始めてものを捨て始めると、ものを捨てることが目的になってしまうかもしれません。

けれども、捨てたあとに待っているものがあることを思い出しましょう。
キレイな部屋を手に入れるために、今捨てるための決断をしていることを思い出せば、その決心もつくかもしれませんね。

片付けがラクになる

断捨離をしたあとは、片付けがラクになります。
掃除をするたびにものをどかしてまた戻して…という手間を減らすことができ、暮らすことがラクになりますよ。

クローゼットにゆとりが生まれ、畳んだ服もしわになりません。
着たい服もすぐに見つけられて、ストレスの軽減にもなります。

暮らしやすくなる

断捨離をしてものが少なくなることで、暮らしやすくなります。
必要なものしかないシンプルな部屋は、動きやすい部屋であると言えます。

服を選ぶにも、多くのものから選ぶのではなく、すでに選ばれたものの中から選ぶので時間短縮にもつながります。

部屋の中で「動きやすい」という意味だけでなく、暮らしの中のいろんな「動きがしやすくなる」というメリットがあるんです。

断捨離のメリットについてもっと知りたいかたはこちら>>断捨離で運気アップ!?断捨離で得られるメリットと効果をご紹介

捨てるもの・捨てないもの|見極める判断基準

捨てるもの 捨てないもの 見極める 判断基準

捨てるための「決心」をすることが重要とお話しましたが、捨てるかどうかを見極める判断基準を持っておけばもっとラクに決められますよね。
捨てるもの・捨てないものをどのように見極めればいいかをご紹介します。

捨てるもの

捨てるもの

捨てるものを見極めるための基準はいくつかあります。

壊れているもの

当然かもしれませんが、壊れているものは「捨てるものリスト」の1番目に入ります
壊れかけているものも同じです。

壊れかけていて使いにくくなっていたりする場合は、思い切って捨てる決意も必要です。
壊れているなら当然、と思いがちですが、思い入れのあるものなどはそれでも決心がつかないときもありますよね。

愛着があるとずっと長く使いたい気持ちがあるかもしれませんが、ずっと一緒にはいられないものです。

家中を見回してみると、意外と壊れているものってあるものです。
それを捨てるだけで、ものが少なくなったという実感が得られるはずですよ。

1年以上使っていないもの

1年以上 使っていないもの

特に洋服については、1年以上使っていないものを捨てるのは効果的です。
1年間使わなかったということは、全シーズンを通して使わなかったということだからです。

1年間一度も使わなければ、次の1年間も使わない可能性の方が大きいですよね。
すぐに捨てるのは気が引けても、1年間使わなかったという事実があれば捨てられるものです。

迷ったもの

捨てるかどうか考えたときに、「どうしよう」と迷ったものは捨てるというルールを作りましょう。

迷ったときの心理の背景には、「使っていないけど」という事実が隠れていませんか?
使っていないものをまた使うことって滅多にありません

どうしても迷って決められないなら、「一時避難箱」にしまいましょう。
その場合は、一定の時間が経ったときに箱の中身を見直すことを忘れずに。

学生時代のノートなど

学生時代のノートなど、見るだけで懐かしい気持ちになるものはなかなか捨てられないものです。

ノートが今の生活に役立つわけがないのですが、思い出がたくさん詰まっていてなかなか手放せませんよね。

でも、この積み重ねが意外と場所を取り、捨てられないものでスペースがなくなってしまうんです。
どうしても捨てられないなら、写真を取ってデジタル化して保存するのもひとつの手です。

使っていないものが場所を取っている現実から抜け出すのが断捨離であることを忘れないようにしましょう。

使っていない貰い物

使っていない 貰い物

使っていない貰い物をなかなか捨てられないことってありますよね。
人から頂いたものだから、捨ててしまったら申し訳ないという罪悪感がその原因です。

よく考えてみましょう。
貰ったものを今まで使っていないということは、何かの理由があるはずです。

そしてその理由は、ネガティブなものが多いはずです。
デザインが気に入らなかった、自分には合わなかった、使い勝手が悪かった、など。

ものを贈った人は、ものを贈ることで何かの「気持ち」を伝えたかったんです。
贈ったものは贈られた瞬間にその役割を果たしていると考えましょう。

もし頂いたものを使っていないなら、そのものに対して捨てることに罪悪感を持つ必要はありません
そのものは、すでにその役目を果たしていると考えたら楽になりませんか?

「いつか使う」は使わない

これだけは心に留めておきたいことがあります。
「いつか使う」の「いつか」は来ません

これまでの数年間に渡って使わなかったものを、ここから先の何十年間使う可能性って本当に小さいものです。
いつかは来ませんから、思い切って捨ててしまう決心を持ちましょう。

捨てないもの

捨てないもの

使わないなら捨ててしまおう、というのが断捨離の基本ですが、捨てない方がいいものもあります。

二度と手に入らないもの

捨ててしまったらもう手に入れることが不可能なものは、捨てないでおきましょう。
思い出の詰まった卒業アルバムは、取り換えの利かないもののひとつです。

自分の大切なコレクション類

自分の思いがたくさん詰まった大切なコレクションは、捨てないでおいた方がいいもののひとつです。
時間をかけて集めたもの、捨ててしまったら今では手に入らないものもあるでしょう。

コレクションは、自分の思いの深さと、今もう一度集めたら手に入るかどうかを考えてから捨てるかどうか決めることがおすすめです。
捨ててしまってから後悔してしまっては遅いこともあります。

まとめ

身の回りは意外とたくさんのもので溢れていて、それを整理することは大仕事です。
捨てようと思ってもなかなか捨てられない思いも人それぞれあります。
捨てるための基準を知り、断捨離で生活を変えるための第一歩を踏み出してみましょう。

断捨離は人間関係にも活用できるんですよ。
こちらに、恋愛の人間関係を断捨離するポイントについてまとめました。
ぜひ、参考にしてみてください。