【断捨離】部屋がおしゃれになる収納のアイデア15選!エリア別で紹介

【断捨離】部屋がおしゃれになる収納のアイデア15選!エリア別で紹介

「ものは減らしたくないけど、すっきりと収納したい」
「持ち物をおしゃれに収納したい」

そんな時におすすめなのが、市販の収納グッズを使った「見せる収納」と「隠す収納」の組み合わせです。

市販の道具を利用して壁や隙間などを見せる収納スペースにしたり、生活感のあるものは収納グッズを活用して隠すなどのメリハリを付けましょう。

今回の「いえじかん」は、部屋をおしゃれにする収納グッズとアイデアを紹介しますよ。
素敵なお部屋作りの参考にしてくださいね。

エリア別おしゃれ収納のアイデア15選

エリア別おしゃれ収納のアイデアを紹介します。

ここでは、エリア別おすすめ収納グッズとアイデアを紹介します。
収納グッズは100円ショップで購入できるものをフル活用し、大きな収納家具や特別なコンセプトをテーマにしたい時は専門店を利用すると良いでしょう。

ちょっとした工夫で、おしゃれになる収納方法ばかりなので、ぜひ試してみてくださいね。

関連記事

究極の収納アイデア!とっておきの収納術を一挙大公開

キッチン

キッチンのおしゃれ収納を紹介します。

キッチンがおしゃれだと、料理をするのも楽しくなりますね。
わりと無機質になりがちなキッチンは、シンク上や壁などの空いたスペースを活用して、見せる収納にチャレンジしてみましょう。

また、棚や引き出しにしまっている調理用具や食器もデザイン性の高いものは見せる収納にチェンジを。

見せる収納をより美しく見せるコツは、適度に空間を作りながら設置すること。
素敵なデザインの食器なども隙間なくぎっしりと置かれていたら、おしゃれ度が半減です。
隠す収納部分も便利な収納グッズを使って工夫すれば、ぐんと使いやすくなりますよ。

【その1】調理小物はフックで吊り下げる

引き出しに収納しているフライ返しやお玉、木ベラなどの調理小物を壁に取り付けたフックに吊るし、見せる収納に変えてみましょう。
使いたい時に、ぱっと手に取れて、しかもおしゃれですよ。

フックの取り付け方法は両面テープや吸盤、突っ張り棒タイプなど種類が豊富なので、使用する壁の素材に合ったものを選びましょう。

【その2】包丁・調理ハサミは貼り付ける

壁にマグネットナイフラック(マグネットナイフホルダー)を設置して、包丁や調理ハサミ、ピーラーなどの金属性キッチン小物を貼り付ける収納がおすすめです。

調理台の横や奥側の壁に取り付ければ食材を切るとき、すぐに手に取れるので使い勝手も良くなりますよ。

なお、マグネットナイフラックは製品によって取り付け方法が様々です。
自宅キッチンの壁の素材に設置可能かどうかを確認のうえ購入してくださいね。

【その3】浅い鍋やフライパンは立てる

コンロ下やシンク下に収納している浅い鍋やフライパン、蓋などは、100円ショップなどで売っているファイルボックスやブックスタンドなどを利用して立てて収納しましょう。
鍋同士が重ならないので見やすく、取り出しやすくなりますよ。

【その4】デザインが魅力的なアイテムは飾る

きれいなホーロー製やステンレス製の鍋やミルクパンなどは、おしゃれなデザインのものも多いですね。

こういったデザインが魅力的なアイテムは、オープン棚などに飾るように並べて「見せる収納」にしてみましょう。

また、デザイン性の高いコーヒーグッズやおしゃれな食器類も、思い切って見せる収納に変えてみてください。

見せる収納を成功させるためには、統一感が大事です。飾るアイテムのテイストや色を揃えることで、一層おしゃれに見えますよ。

【その5】調味料の容器を統一して並べる

市販の調味料の容器は色や形がバラバラで、しかも頻繁に使用するため目立つ場所に置いてありますよね。

これらの調味料の容器を統一してみると、キッチンの一角が驚くほどおしゃれに変身します。

容器は100円ショップでも購入できますし、品名がレタリングされたラベルなどを使うと、さらにおしゃれ度がアップしますよ。

関連記事

目から鱗!キッチン収納のアイデア大公開!狭くても工夫次第で快適に

リビング

リビングのおしゃれ収納を紹介します。

1日のうち多くの時間を過ごすリビングには、いろいろなものが集まりがちです。
中には、おしゃれじゃないけれど生活するうえで必要なものもたくさんあるはず。

そんなリビングをおしゃれに見せるには、「見せる収納」と「隠す収納」を上手に活用することです。

家族が集まったりお客様を通すこともあるリビングを、きれいでおしゃれな空間にしてくださいね。

【その6】部屋と家具のテイストを合わせる

リビングをすっきりと見せたいのであれば、目立つ収納家具などを中心に部屋内のテイストを統一することをおすすめします。

カラー選びに迷ったら、どんなものでも合わせやすいホワイトや木目などを選ぶと無難ですし、シックな感じにしたいのであればブラックやメタル系の家具が良いでしょう。

また、カーペットやカーテンの色を合わせたり、または違うカラーを差し色で使ってもおしゃれですよ。

【その7】オープンシェルフに飾って見せる

おしゃれなオープンシェルフは憧れますが、ものが溢れてくると急に生活感が漂ってしまいがちです。

オープンシェルフを活かすコツは、ある程度大きさのあるものや印象的なものは出して飾ること。
そして、こまごましたものは箱に入れて、直接目に付かないようにすることです。

最近は100円ショップでも、そのまま飾ることができるおしゃれな収納ボックスが増えているので、そういったグッズを活用すると良いですね。

なお、収納ボックスを使用する場合も色やデザインを統一するように心がけると良いでしょう。

また、ものの配置にも、ちょっとしたコツがあります。
人は自分の目線の高さにあるものに注目し、目線より下側には目が行かない傾向があります。

そのため、見せたいものは人の目線の高さに置き、注目してほしくないものは棚の下部に置きましょう。

こういった工夫で、オープンシェルフを収納グッズ兼インテリアとして立派に機能させることができますよ。

【その8】引き出し収納・ボックス収納で隠す

生活の中心となるリビングには、生活感の出てしまうアイテムが多数存在します。
そういった小物類は、おしゃれなリビングには不向きなため、目立たないように引き出しやボックスに収納して隠すようにしておきましょう。

なお、文房具類など頻繁に使用するものは出し入れがしやすい場所に収納することをおすすめしますよ。

クローゼット

クローゼットのおしゃれ収納を紹介します。

服が溢れがちなクローゼットですが、衣類用の収納グッズには優秀なものがたくさんあります

それらのグッズを上手に活用し工夫することで、おしゃれですっきりとした収納にすることができますよ。

【その9】ピッタリサイズの衣装ケースを利用

洋服をハンガーにかけて収納するクローゼットは、洋服の下側のデッドスペースを活用しない手はありません。

無印良品やニトリ、IKEAなどのサイズが選べてスタッキングできる衣装ケースやワイヤー引き出しを組み合わせれば、新たな収納スペースが生まれますよ。

使用する衣装ケースや引き出しの色を合わせて統一感を出して、クローゼット内をおしゃれに変身させましょう。

【その10】ボックス・かごを活用する

クローゼットの中で雑然としがちな小物類は、目隠しにもなるボックスやかごなどを使いましょう。

バッグ類は蓋つきボックスに入れて収納すれば、バッグの型崩れも防ぐことができ、しかもすっきりと収納できます。

また、雑然としがちなストールやマフラーなどは、かごにまとめて入れておけば取り出しやすいためおすすめです。

【その11】ハンガーは同じもので揃える

衣類をかけるハンガーを統一することで、クローゼットの中をおしゃれに整然と見せることができますよ。

滑り止め効果があるものや洋服の型崩れを防ぐタイプなど、好みのハンガーを選びましょう。

なお、ハンガーの厚みによってクローゼット内にかけられる洋服の数が大幅に変わるため、できるだけ厚みのないハンガーをおすすめします。

【その12】パンツや雑貨はフックで吊り下げる

畳むとかさばるジーンズやスラックス類は専用ハンガーを使って吊るして収納すると場所を取らずにすっきりしますし、折り目を付けたくない場合に最適です。

また、クローゼット内部の壁面に突っ張り棒やフックなどを取り付け、ベルトや帽子などの小物を吊り下げるのもデッドスペースの活用方法の一つとしておすすめですよ。

その他にもクローゼットに吊るすことのできる収納グッズには様々な種類があるので、使いやすそうなものをどんどん取り入れても良いですね。

関連記事

クローゼット整理術!収納スペースをうまく活用して快適ライフを送ろう

水回り(洗面所・浴室)

水回り(洗面所・浴室)のおしゃれ収納を紹介します。

洗面所には身だしなみグッズや洗濯用品、タオル類など、ものがたくさんありますね。
より多くのものを収納できるように、洗面所や浴室もデッドスペースを利用して収納場所を確保しましょう。

【その13】ランドリーラックで洗濯機上を活用

意外と活用されていないのが洗濯機上部のデッドスペースです。
洗濯機上の広い空間を利用すれば、かなりの量の収納スペースを作ることができますよ。

本格的な収納を目指すのであれば、市販されているランドリーラックがおすすめです。
棚やバーが付いたスチールパイプ製のものは安価なので気軽に購入できますよ。

もっと、おしゃれにしたいのであれば目隠しができる扉の付いた木製タイプのランドリーラックもあるので、好みのものを選びましょう。

また、これらのランドリーラックは幅や高さなどを調節できるタイプが多いので、ランドリースペースに合わせやすいのも魅力です。

もっと手軽に洗濯機上部の空間を使いたい時には、突っ張り棚や突っ張り棒を設置するだけでも収納力が上がりますよ。

【その14】タオルはワイヤーバスケットに収納

タオル類などはワイヤーバスケットを使用して「見せる収納」にするとおしゃれです。
収納方法としては、タオルをくるくると巻くようにしてワイヤーバスケットに詰めていきます。

この時、タオルをきっちり詰めてしまうと取り出しにくく、見た目も悪くなってしまうので余裕を持たせてワイヤーラックに入れましょう。

バスタオルごとフェイスタオルごとなど、サイズ別にバスケットを分けてもいいですね。
なお、タオルの色を統一すれば、さらにおしゃれになりますよ。

【その15】ボトル類はワイヤーラックを利用

浴室内にシャンプーやボディソープなどのボトルを置いてある場合は、どんなに気を付けていてもヌメリやカビが出やすいものです。

ヌメリやカビを防ぐには、できるだけ速やかにボトルに付いた水分を切ってしまうこと。
そのためにもボトル類は床から離れた高い位置に設置すると、水切れが良く乾きやすくなりますよ。

そこでおすすめなのが、浴室用のワイヤーラックの中にボトルを入れて壁に吊るす方法です。
浴室内にタオルをかけるバーがあれば、それを活用しましょう。

バーがない場合は、突っ張り棒を設置しても良いですね。
長めのバーであれば、ワイヤーラックの横に、スプレー式の浴室用洗剤や掃除用具も一緒に吊り下げると、さらに浴室内の掃除が楽になりますよ。

スプレーボトルはハンドル部分を直接バーに引っ掛けて、モップなどの用具はS字フックなどを利用しましょう。

また、収納力は多少落ちますが、シャワーフックに差し込むだけで取り付けられるワイヤーラックも大変便利です。

これらのワイヤーラックを使った収納方法は洗面所のランドリースペースでも使えるので、ぜひ実践してくださいね。

まとめ

おしゃれに収納するコツは、デザイン性の高いものは「見せる収納」に、生活感のあるものは収納グッズを活用して「隠す収納」にすることです。
収納にメリハリを付けることで、すっきりとしたおしゃれな部屋にすることができますよ。