室内には観葉植物がおすすめ!インテリアとして置きたくなる6つの理由

室内には観葉植物がおすすめ!インテリアとして置きたくなる6つの理由

観葉植物はお部屋をおしゃれに、温かみのある空間に変えてくれるだけでなく、嬉しい効果がたくさんあります。

「いえじかん」の中で安らげる時間を作ってくれます。また、生長につれて新しい芽が出ていたり葉が大きくなっていたりと、ちょっとした変化を発見することで、お手入れをする時間が楽しくなります。

難しい高価な観葉植物を購入しなくても、おすすめの種類はたくさんあります。
その中でもビギナーさんにも安心な品種も合わせてピックアップしてみました。

観葉植物をインテリアとして置きたくなる6つの理由

観葉植物 インテリア 置きたくなる 理由

観葉植物はインテリアとしてとても優秀なアイテムです。無機質でシンプルになりがちなインテリアの中に観葉植物があると、お部屋や空間に温かみが増します。

雰囲気が良くなる以外にも、心身へのポジティブな効果などもあるので、早速お部屋に取り入れてみましょう。

【その1】部屋をおしゃれに演出してくれる

一番の効果は、空間をセンスよく演出してくれる点です。
直線やシンプルなラインの家具の中に、自然の形の木々のフォルムを混ぜると動きが出て、空間に個性が出てきます。

また、空間の中で、ゆとりのあるスペースと埋めるスペースを意識して観葉植物を配置するとリズムが出ておしゃれにコーディネートできます。

【その2】室内の空気をきれいにしてくれる

室内 空気 きれいに

観葉植物には、お部屋の空気をきれいにしてくれる機能的な効果があります。
さらに、観葉植物を取り入れた生活をしていると、風通しのために窓を開けたり、こまめに掃除をしたりとメンテナンスをすることでお部屋の中をリフレッシュさせる機会が増えます

【その3】リラックスできる空間にしてくれる

グリーンには、リラックスをもたらす効果があります。
観葉植物が生長していくに従って、新芽が出たり、葉が増えたり株が大きくなる様子を観察しているとあっという間に時間が過ぎてしまうものです。

購入するときは育てやすいという観点だけでなく、長く付き合うことになるので気に入ったものを選ぶようにしましょう。

【その4】目の疲れを緩和してくれる

グリーンには目の疲れを癒す効果があります。瑞々しい葉などを眺めていると自然に心が落ち着き、リラックスして緊張がほぐれます。
忙しいオフィスなどにも、ぜひ積極的に取り入れてみましょう。

【その5】私たちを乾燥から守ってくれる

私たち 乾燥 守って

観葉植物は湿度を上げる効果があります。
メンテナンスの中で「葉水」と言って霧吹きで葉に水をあげることがあります。
観葉植物周辺の空中湿度も同時に上がるので、お部屋が乾燥し過ぎるのを防いでくれますよ。

【その6】風水効果で運気がアップする可能性がある

観葉植物には風水の効果が高いと言われています。
置く場所などによって、おすすめの観葉植物は変わってきます。
そう言った観点から選ぶのも、また面白いものですね。

風水の観点からは、人工的なプラスチックの鉢のまま飾ることはあまり良くありません。
できれば、陶器などに植え替えましょう

重たくなって管理が難しくなる場合は、ナチュラル素材のバスケットや鉢カバーを利用するとおしゃれに飾ることができます。

風水効果をもっとくわしく>>風水効果!幸運を呼び込む観葉植物10選|金運・恋愛運・仕事運…他

 

初心者でも失敗しないおすすめ観葉植物6選

簡単に育てることのできる観葉植物をご紹介します。
ここでご紹介する人気の種類は、通年入手しやすいものばかりです。
サイズも様々あるので、グリーンショップなどに問い合わせてみましょう。

常に流通しているものになるので、在庫がなくても簡単にお取り寄せが可能です。
しかし、植物が生長をお休みする、寒い時期からスタートすることはあまりおすすめできません

環境が著しく変化し合わないとすぐに枯れてしまいます。
元気いっぱいな暖かい時期だと環境に適応する力もありトラブルも少なくスタートすることができます。

【その1】ガジュマル

 

View this post on Instagram

 

minami ooiさん(@lococafe_oooi)がシェアした投稿

lococafe_oooiさんの投稿

小さいものから大きなものまでたくさんの種類が販売されています。
近年は普通のガジュマルとともに、尖閣ガジュマルやパンダガジュマルなども人気がありおすすめですよ。

ガジュマルは日当たりが大好きです。
もし著しく落葉した場合などは、暖かい時期であれば外に出すことで復活する場合もあります。

また、水やりはしっかりと行なってください。水切れを起こすと同じように落葉する傾向があります。

【その2】モンステラ

 

View this post on Instagram

 

じゅんじゅんさん(@noechan2002)がシェアした投稿

noechan2002さんの投稿

育てやすい観葉植物の代表格です。
大きな葉がおしゃれでどんなテイストのインテリアにもよく馴染みます。大型になればなるほど葉は大きくなりますよ。

もともと大きな木の幹にへばりついて這うように育つため、樹木のように自立はしません。
大きくなった場合は支柱が必要になります。
葉が大きく横に広がりながら茂ることもあるので、スペースには余裕を持って飾りましょう。

【その3】サンスベリア

 

View this post on Instagram

 

オージープランツさん(@ozplants)がシェアした投稿

ozplantsさんの投稿

室内で簡単に丈夫に育つ、初心者向けの観葉植物といえばサンスベリアです。
本来丈夫で強い性質なので、あまり手間をかけなくても育ってくれます

生長が非常にゆっくりなため、新芽が次々と出てくるような展開を期待される方には不向きです。しかし、じっくりと育てると子株が出たり、香りの良い花が咲いたりします。

くわしくはこちらの記事をご覧ください>>実は難しいサンスベリアの育て方を徹底解説!水のやりすぎには要注意

【その4】ウンベラータ

 

View this post on Instagram

 

Sango & Shizukuさん(@mameshiba34)がシェアした投稿

mameshiba34さんの投稿

おしゃれな観葉植物の95件のプラグイン更新, 4件のテーマ更新お手本と呼ぶのにふさわしいフィカス・ウンベラータは柔らかいグリーンの葉と白い幹が魅力的です。

大型のものになると何メートルにもなりますが、フィカス全般が生長が早いため天井につかないようにサイズ調整をする必要があります。

おすすめできるもう一つの理由は、育てやすい観葉植物であるという点です。フィカス類は明るい場所を好みます。あまり光が当たらないと、新芽がぽろっと落ちたり落葉したりします。

乾燥にはやや強い方ですが、根の生育は早いため土が乾いたらしっかりと水をあげる必要があります。
基本の育て方をしっかりとマスターしていれば、驚くほどぐんぐんと育ってくれます。

くわしくはこちらの記事をご覧ください>>ウンベラータの育て方ポイント9選!水挿し・挿し木で増やしてみよう

 

【その5】ポトス

 

View this post on Instagram

 

makiさん(@maki.h32)がシェアした投稿

maki.h32さんの投稿

世代問わず人気があるポトスは、現在たくさんの種類が出回っています。やはり一番人気があるのは白い斑が可愛らしい「マーブルクイーン」や鮮やかな黄緑色が個性的な「ライム」などになります。

吊り鉢で販売されていることも多く、ペットのいるご家庭でも安心して飾ることができますよ。
そもそも吊り鉢で販売されているのは、ツルがとてもよく伸びるためです。

もし、ツルが伸びすぎたら水栽培などでも育てることができるので、是非チャレンジしてみてください。

くわしくはこちらの記事をご覧ください>>ポトスの育て方ポイント9選!飾り方をアレンジして成長を楽しもう♪

 

【その6】ユッカ・エレファンティペス

 

View this post on Instagram

 

4646農園(ヨロヨロノウエン)Tomoka Ujiさん(@4646nouen_tomokauji)がシェアした投稿

4646nouen_tomokaujiさんの投稿

ユッカはツンツンとした硬い葉に、つるんとした丸くまっすぐな幹が個性的な観葉植物です。

かっちりとした印象なので、スタイリッシュな空間やシンプルなオフィスなどにもよく合います。
風水の世界だと、尖った葉を持つ植物は邪気払いの効果があると言われています。

観葉植物の元気がない!主な5つの原因とは?

観葉植物 元気 ない 原因

観葉植物をインテリアグリーンとして取り入れる時、メンテナンスは大切なポイントとなります。
どんなに立派な観葉植物を置いても、メンテナンスを間違えてしまうとすぐに枯れてしまいます。
ポイントは次の点です。

  • 水の管理
  • 風通し
  • 温度の管理
  • 日照管理

全体をバランスよく、季節に合わせてメンテナンスする必要があります。

【原因1】水のあげすぎ

根詰りや根腐れの原因にもなる水のあげすぎは頻繁に起こるトラブルです。
ほとんどの方が「そんなにたくさんはあげていない」と思われているのですが、土が乾く前に頻繁に少量づつあげてしまうというケースがとても多くあります。

土の中がしっかり乾いていない状態で水を足してしまうと、多湿になってしまうので根腐れが起こります。少しずつ水をあげることは、さらにデメリットがありますよ。

乾燥が進みやすい環境だと、水の量が足りずに常に乾いた状態になり、少量で上層部だけに水をあげていると、根が水を求めて上に登ってくることがあります。

本来、根は地中にしっかりと生えるものなので、こういった状態は好ましくありません。
水は、鉢底から滲み出てくるまで、たっぷりとあげてください。

【原因2】風通しが悪い

風通しの悪い、密閉した環境は植物にとって、ふさわしくありません。
風通しは光合成を促進させる働きがあります。

植物にとって光合成は生育に欠かせないシステムです。さらに、風通しを良くすることで、土の湿度を適切にコントロールすることができます。

締め切った環境で水やりをしていると、管理しているつもりでもカビが生えたり虫が湧いたりしやすくなりますよ。また、風通しが悪いと病害虫に弱くなります。

植物の健康のためには風通しが必要不可欠です。
もし窓が開かないなどの環境に置く場合はサーキュレーターを活用するなど、工夫しながら環境を整えるようにしてください。

【原因3】温度管理

温度 管理

観葉植物は原産地や品種の強さ、個体差によって適した温度や耐えられる一番低い温度が異なります。
観葉植物を買ってきたら、まずはその品種に適した温度と、最低温度を確認しましょう。

観葉植物のほとんどは、原産地が熱帯地方など暖かい場所なことがほとんどです。
日本の気温は寒すぎる場合もあるので、通年を通して注意が必要です。

特に、冬場は注意が必要になってきますよ。
日差しを必要として窓辺に置く方が多いのですが、窓の側は外気の影響を受け冷え込むことがあります。

光が十分に当たるリビングなどで外気の影響を受けない場所に置くことが理想的です。
環境によっては「底冷え」が起こり、地面から冷える場合もあります。
地面から冷えると根を守っている土が冷えてしまい、最終的に株にダメージを与えることがあります。

【原因4】日差し不足

丈夫な観葉植物というのはいくつかありますが、植物の性質上、日光は必ず必要になってきます。

日の当たらないトイレや玄関などに置いてしまうとあっという間に枯れてしまいますよ。
ローテーションを組みながら飾っていくという方法をよく見ますが、弱ってしまった植物は、回復させるまでに1クルーの生育期間が必要になります。

場合によっては専門業者に預け回復させたり、枝や幹を切る「切り戻し」を行わなければいけません。

植物によって必要な光の量は変わってきます。
大きく育つ幹の硬いしっかりした植物は、光を求める性質なので明るい場所を好むのです。

一方、原生地で大木の木の幹に着生したり、株の根元に生えているようなタイプの植物は、強い光を嫌います。
それぞれ植物の原産地での生育環境を理解し、栽培に活かしていってください。

【原因5】葉やけ

植物は光が好きだからと、強い光を当て続けるのは好ましくありません。場合によっては葉が焼けて細胞を壊してしまう葉やけを起こすことがあります。

室内での栽培で多いのが、大きくなりすぎる。または購入時に生育スピードを考慮せず栽培をスタートしてしまい、天井につき蛍光灯やダウンライトにかかって焼けるという現象が多くあります。

非常に危険な行為でもあるので、室内のサイズに合ったものを選び、生育の早いものは考えているより小さめのものを選ぶようにしましょう。

まとめ

観葉植物には、それぞれの品種にあった適切な管理を行えばビギナーさんでも簡単に育てることが可能です。
お部屋に取り入れる時は、生育の早いものは育った時のイメージを調べて、ゆとりあるスペースで育てるようにしてください。

また、インテリアに観葉植物もいいですが、植物を栽培する際、あの天敵にお困りではないですか?
ガーデニングや家庭菜園をやっている方必見!
これから始められる方も是非参考にしてみてください。