人気の観葉植物全20選!初心者におすすめの枯れにくい種類とは?

人気の観葉植物全20選!初心者におすすめの枯れにくい種類とは?

観葉植物をお部屋に置いてみたいけど、どんな種類が良いかわからない…
いざお店に買いに行ったら、種類がたくさんあって迷って決められなかった…
そんな経験ありませんか?

インテリアに観葉植物を取り入れると、お部屋がとても素敵な空間になります。
「いえじかん」でゆっくり過ごしたいとき、お気に入りのグリーンがあると癒されますよね。
今回は、ビギナーさんへおすすめの観葉植物をご紹介します。

お部屋におしれな観葉植物を飾ろう!

 

View this post on Instagram

 

***tongari***さん(@tongarihouse)がシェアした投稿

tongarihouseさんの投稿

最近では、いろいろな種類の観葉植物が通販などで手軽に入手することができます。
せっかく飾るなら、お部屋がおしゃれになるものを選びたいですよね。

お部屋に緑が増えるとリラックスできる素敵な空間になります。
ビギナーさんにおすすめの品種から、置く場所によってのおすすめの観葉植物をピックアップしました。

枯れにくい!育てやすい!初心者に人気の観葉植物5選

観葉植物によっては、育てるのが難しいベテランさん向きの品種もあります。
今回ご紹介するのは、育てやすくビギナーさんでも安心の強い品種ばかりです。

通年を通して販売され、大きいものから小さいものまで販売されているので、お部屋にぴったりなものが選べます。

【その1】パキラ

 

View this post on Instagram

 

koo5104さん(@koo5104)がシェアした投稿

koo5104さんの投稿

三つ編みされたパキラを、オフィスや病院の待合室でよく見かけます。
実は、とても丈夫で簡単に育てることができます。
南アメリカ原産で綺麗な緑の葉が美しい観葉植物です。

生育旺盛で春になるとよく伸び、新芽がたくさん出るので生長を楽しみながら育てることができます。

パキラの葉は薄くて柔らかいので、強い光をあてると葉焼けを起こすことがあります。
特に西日が強く当たる場所は避けて育てていきましょう。

パキラについてはこちらの記事でくわしく解説しています>>観葉植物「パキラ」の風水パワーに期待大!育て方と手入れのポイント

【その2】ガジュマル

 

View this post on Instagram

 

道草michikusa -苔テラリウム-さん(@michikusa3193)がシェアした投稿

michikusa3193さんの投稿

沖縄などで、屋外に植樹されているガジュマルは、日当たりが大好きです。
艶々とした葉は力強い印象で、個性的なインテリアグリーンになります。

小さなサイズから大きなサイズまで見かけることができますが、どれも姿が個性的でまさに「一点物」な印象です。日当たりと水が大好きなので、明るい場所で、水やりを忘れずにシンプルに育ててみましょう。

【その3】アイビー

 

View this post on Instagram

 

tamami_mさん(@foret_foret)がシェアした投稿

foret_foretさんの投稿

柔らかい葉が蔓状に伸びて、可愛らしい印象のアイビーは老若男女に人気です。
濃い緑の葉、フリル状の葉、白い斑の入った葉のものなどたくさんの品種があります。

大変健常な性質なので、室内グリーンとしての取り扱いだけでなく、ガーデニングコーナーなどでも取り扱っています。

ツルが伸びすぎたら、カットして水に挿しておくと根が出ます
これは「水挿し」といい、十分に根が生えたら新たに植えて増やすことが可能です。

アイビーについては、こちらの記事でくわしく解説します>>観葉植物のアイビーでおしゃれ空間に!育て方と素敵に飾る4つの方法

【その4】ポトス

 

View this post on Instagram

 

HANDWORKS*RELAXさん(@andante.365)がシェアした投稿

andante.365さんの投稿

みずみずしい雰囲気のつる性の観葉植物です。
直射日光に当てると葉焼けすることがあるので、お部屋の中の「やや明るい場所」で育てていくようにしてください。

水は大好きなので、土が乾いたらしっかりと水をあげるようにしましょう。
ポトスはツルがよく伸びるのでハンギングスタイルにしても可愛らしいです。

ほとんどが土で植えて販売されているので、つるして飾る時は土が水を含んだ時の重さも考慮して飾りましょう。

ポトスについてはこちらの記事でくわしく解説>>ポトスの育て方ポイント9選!飾り方をアレンジして成長を楽しもう♪

【その5】クワズイモ

 

View this post on Instagram

 

asami_matさん(@asami_mat)がシェアした投稿

asami_matさんの投稿

クワズイモはサトイモ科独特の個性的なフォルムが特徴です。
葉は意外と薄く柔らかな性質です。葉のサイズは大きなものだと1m以上にもなります。

とても綺麗な観葉植物ですが、樹液には「シュウ酸カルシウム」という毒のある物質を含んでいます。

樹液に触ると手が荒れたり、ペットがいる場合は中毒症状を起こすこともあるのでメンテナンスの際は注意しましょう。

明るい室内で元気に育つ!人気の観葉植物5選

お部屋に十分な光が入る場合は、いろいろな観葉植物を育てることができます。
最近では、たくさん種類の観葉植物が販売されています。

いざ、お店に購入に行っても、迷ってしまいますよね。今回は、育て方も簡単な人気の5種類をご紹介します。

【その1】サンスベリア

 

View this post on Instagram

 

hyakkasan/ひゃっかさん/百華さんさん(@hyakkasan0518)がシェアした投稿

hyakkasan0518さんの投稿

サンスベリアは乾燥した明るい場所が大好きです。
丈夫な性質で手入れもしやすいので多くの人から人気があります。

最近ではたくさんの品種が販売されています。
小さくてもびっくりするほど高価な品種もあります。
もし、気に入った時はお手入れ方法などをよく確認してからスタートするようにしましょう。

サンスベリアは病害虫に強く、トラブルの少ない観葉植物です。
しかしその丈夫さから、ついつい放っておいてしまいがちです。葉水などをして埃がたまったりしないようにしてください。

サンスベリアのくわしい育てかたはこちらの記事で解説しています>>実は難しいサンスベリアの育て方を徹底解説!水のやりすぎには要注意

【その2】フィカス

 

View this post on Instagram

 

mitaさん(@mita_ham)がシェアした投稿

mita_hamさんの投稿

フィカスには、たくさんの種類があります。
フィカス・アルテシマ、フィカス・ウンベラータなど、どれも素敵で迷ってしまいます。

実は、よく見かけるガジュマルやベンジャミンもフィカスの仲間になります。
フィカス類は基本的に日当たりがよく風通しの良い場所が好きなタイプです。
日当たりが悪かったり環境が整わないと、うまく生長しないので置き場所には気をつけましょう。

【その3】多肉植物

 

View this post on Instagram

 

utakoto t-29 gardenさん(@utakoto0911)がシェアした投稿

utakoto0911さんの投稿

ぷっくりとしたフォルムが魅力的な多肉植物は、たくさんの種類があります。
花が咲いたり紅葉したように色付く品種もあるので、じっくり選んでみましょう。

品種によって季節のメンテナンスが変わってきます
また、置き場所も変わってくるので購入の際によく確認する必要があります。

小さい多肉植物や、一度にたくさん育てたい場合は、寄せ植えなどに仕立てて楽しむのも面白いです。

多肉植物に興味があるならこちらの記事もあわせてご覧ください>>多肉植物の寄せ植えアレンジ5選|作り方とおしゃれに見せるコツを伝授

【その4】モンステラ

 

View this post on Instagram

 

Maika Suzuさん(@maikasuzu)がシェアした投稿

maikasuzuさんの投稿

エキゾチックな大きな葉が特徴的なモンステラは、とても人気があります。
元々はつる性なので、育っていくと四方八方に大きく広がっていきます

葉が壁などに触れると傷になったり病気になりやすくなるので十分なスペースがある場所に置くようにしてください。

最近は「ヒメモンステラ」など葉がコンパクトで生長の早いタイプも多く流通しています。
あまり大きくなってしまうと困る場合は、このような小さめの品種をおすすめします。

モンステラについてくわしい解説と育てかたを説明しています>>モンステラってどんな観葉植物?人気の理由と育て方を徹底解説

【その5】シェフレラ

 

View this post on Instagram

 

観葉植物専門店グリーンインテリアさん(@greeninterior_uni)がシェアした投稿

 greeninterior_uniさんの投稿

カポックなどの名前でも知られるシェフレラは、厚手のしっかりとした葉を持つ、丈夫な観葉植物です。病気にもかかりづらく手間のかからない性質からビギナーさんにぴったりです。

生長速度は速い方で、春になると次から次に新芽を出します。
伸びすぎた場合は簡単に剪定して整えることができるので安心して育てることができます。

こちらの記事ではシェフレラについて説明しています>>【完全ガイド】観葉植物シェフレラを元気に育てる4つのコツを伝授

インテリアの主役に!人気の中型〜大型観葉植物5選

観葉植物を育てるなら、大きなサイズをリビングなどに置いてインパクトを出したい、そう思われる方も多いと思います。

インテリアの直線的な無機質さの中に、自然の形の観葉植物を置くと動きが出て、素敵な空間を作ることが可能です。
家具を配置してみて、空いた空間ができたら観葉植物が1鉢あるだけで、バランスが良くなります。

【その1】ユッカ

 

View this post on Instagram

 

たか〜〜さん(@t_k_h_r_58)がシェアした投稿

 t_k_h_r_58さんの投稿

ツンツンとした硬い葉が特徴のユッカは、乾燥に強く丈夫です。
品種によっては屋外でも育てられるので、おしゃれなカフェの店先などで見かけることも多くなりました。

元々は中南米などの炎天下で育っている種類なので、日当たりが極力よく暖かい場所で育てるようにしましょう。

水はけの良い土を好むので、プラスチックの鉢のままで管理せず陶器鉢やテラコッタなどに植え替えて管理すると長く楽しめます。

【その2】ベンジャミン

 

View this post on Instagram

 

@moyomyがシェアした投稿

moyomyさんの投稿

ベンジャミンといえば、幹がねじられたトピアリー型のスタイルが有名ですが、インテリアグリーンとして近年は様々なベンジャミンが流通しています。

乾燥しすぎないように、霧吹きで湿度を上げると上手に育てることができます。

【その3】ベンガルボダイジュ

 

View this post on Instagram

 

chocola319さん(@chocola319)がシェアした投稿

chocola319 さんの投稿

ベンガル菩提樹というと馴染みがありませんが、グリーンショップなどではフィカス・ベンガレンシスと呼ばれています。
花言葉が「長寿」ということから、贈り物などにも人気があります。

明るい場所が大好きで、光が足りないと葉を落としたり変色させたりすることがあるので置き場所には十分に気をつけてください。

【その4】エバーフレッシュ

 

View this post on Instagram

 

cotohaさん(@cotohakyoto)がシェアした投稿

cotohakyotoさんの投稿

柔らかくふさふさとした葉が特徴のエバーフレッシュは、成熟すると個性的な花と実をつけるので大きく育てていくのにふさわしい観葉植物です。

日中は葉を開いていますが、夜になると羽を閉じるように葉を閉じます
乾燥に弱いので、しっかりと水やりを行いましょう。

【その5】オーガスタ

 

View this post on Instagram

 

SAYO YOSHIMOTOさん(@sayolatina)がシェアした投稿

sayolatinaさんの投稿

極楽鳥花と呼ばれる素晴らしい花を咲かせる観葉植物です。
大きな葉を扇のように広げながら生長します。

ノンリーフという、葉が目立たないスティックが広がっているような形の品種もあり、とても個性的な観葉植物です。

窓際やデスク周りを彩る!人気の小型観葉植物5選

小さい観葉植物は、雑貨やお気に入りのものと組み合わせて少しだけ飾ったり、たくさん集めたり自由に飾ることができます。

しかし、玄関など日当たりが悪く風通しのない場所では、上手に育てることができないので、リビングの窓際などで育てるようにしましょう。

【その1】テーブルヤシ

 

View this post on Instagram

 

梓 a-saさん(@0a_s0)がシェアした投稿

0a_s0さんの投稿 

テーブルヤシは100円均一などでも見かけるメジャーな観葉植物です。
あまり手間がかからず丈夫なのでハイドロカルチャーにしても育てることができます
ガラスの器にカラーサンドなどを入れると、トロピカルな雰囲気になります。

葉がチリチリと乾燥してくるのは、水不足です。
水やりをしっかり行うと同時に、霧吹きを行うと、より元気に育てることができます。

【その2】サクララン

 

View this post on Instagram

 

Hiromiさん(@hiromi_mayo)がシェアした投稿

hiromi_mayoさんの投稿

ホヤの仲間の一種で、肉厚なハート型の葉が可愛らしい植物です。
大きくなるととても香りの良い花をつけます。

ホヤは、多肉植物の仲間ですが、土が乾いたらしっかりと水をあげましょう。
また、高温多湿な環境が好きなので、冬場は温度管理に十分に注意が必要です。

【その3】グリーンネックレス

 

View this post on Instagram

 

y-chibiさん(@occhibisan)がシェアした投稿

occhibisanさんの投稿

グリーンネックレスはプクプクとした小さい玉が連なった、多肉植物の一種です。
水切れに弱く、乾燥するとしぼんでしまうので、しっかりと水をやる必要があります。

直射日光ほど強くなくても、明るい場所が好きなので日当たりの良い場所で育てましょう。

上手に長く育てると、小さな白いベルのような花をつけます。育てていくのが楽しくなる多肉植物です。

【その4】アジアンタム

 

View this post on Instagram

 

kenta hosakaさん(@hosahosagogo)がシェアした投稿

hosahosagogoさんの投稿

羽のような軽やかな葉は小さくてもとても美しく存在感があります。
シダの一種なので、ほどよく明るく風通しの良い場所が好ましいです。

霧吹きで葉水をあげるとより元気に育ちます。
葉は光に透かすととても綺麗な緑色です。
少し高い場所に飾って、葉が透ける様子を見るのも素敵です。

【その5】シュガーパイン

 

View this post on Instagram

 

mayuさん(@indoorplants_life)がシェアした投稿

indoorplants_lifeさんの投稿

アイビーやポトスに並び人気があるのがシュガーバインです。
全体的に水分が多く、水が大好きな繊細な観葉植物です。

強い直射日光だと葉が焼けてしまうことがあるので、やや明るい場所で育てるようにしましょう。

まとめ

 

View this post on Instagram

 

mayuさん(@indoorplants_life)がシェアした投稿

indoorplants_lifeさんの投稿 

今回ご紹介した種類は、どれもビギナーさん向けです。
簡単に購入することができ、鉢の色や組み合わせで自分好みのスタイルにすることができます。
インテリアにも取り入れやすいものばかりです、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

観葉植物を置く部屋が散らかっていては、せっかく選んだ観葉植物が台無しです。
こちらに物が減らない原因や物を増やさないためのコツ、シンプル生活のメリットなどをまとめました。
ぜひ、参考にしてみてくださいね!