シンプルな生活習慣の始め方。「捨てる」から「増やさない」生活へ

シンプルな生活習慣の始め方。「捨てる」から「増やさない」生活へ

物を持たない、シンプルライフな生活習慣が最近また注目されるようになってきています。
そんな生活に憧れて片付けや整理整頓をしたものの、リバウンドしてまたお部屋が散らかってしまった…なんて経験はありませんか?

シンプルライフな生活を維持するには物を「捨てる」こともはじめは必要ですが、同時に物を「増やさない」ことも重要になってくるのです。
この記事では物が減らない原因や物を増やさないためのコツ、シンプル生活のメリットなどをご紹介します。

本当に大切な物に囲まれた有意義な暮らしを実現して、素敵な「いえじかん」を送ってくださいね。

シンプル生活のメリット

シンプル 生活 メリット

漠然と「シンプルな暮らしっていいな」と憧れを抱いている人もいるかもしれません。
実際のところ、シンプルな生活にはどのようなメリットがあるのでしょうか。
代表的な3つのメリットをご紹介します。

1つめのメリットは、掃除が楽になるという点です。
掃除機をかけることだけを考えてみても、物で溢れている部屋と最小限の物しか置いていない部屋であれば、どちらが楽なのかは一目瞭然ですよね。

家具が多いか少ないかだけでもかなりの違いがありそうです。
キャビネットや棚の上にあれこれ物を乗せていると、ホコリを払うのでさえ物をどかさなければなりません。

掃除が楽になれば、自然と掃除をする頻度が高くなります。
年に一度の大掃除をしなくても、日々簡単な掃除をするだけで済むのであれば楽ですよね。

2つめのメリットは、本当に必要な物が何なのかがわかるようになることです。
「あれば便利だけど、なくてもいい」物はたくさんあります。
シンプルな生活では、そのような物は「絶対に必要ではない」と判断します。
「あったら便利なもの」は、「なくてもいい」のです。
シンプルに暮らしていると、生活する上で本当に必要な物は何かがわかるようになってきます。

3つめのメリットは、お金の無駄遣いが減るという点です。
シンプルな生活を送ると、物を買うことが減ります。
物を買うときは本当に必要かどうかを吟味してから買うので、無駄遣いではありません。

安い物とはいえ「買っては捨てる」を繰り返す生活よりも、少し高くても長く大切に使うほうがお得です。
そうすると必然的に無駄遣いが減り、節約になりますよね。
シンプルな暮らしを送ることで貯金が増えるのであれば、そんなにいいことはありませんよね。

他にもシンプルな生活を送るメリットはたくさんあるので、ご紹介します。

ストレスが減り疲れにくくなる

ストレス 減る 疲れ

部屋に物がたくさんあると、落ち着きたい場所なのに心が休まりません。
探し物がなかなか見つからなかったり、使用頻度の低い物をどこに収納したのか忘れてしまったり…物が多いとストレスになってしまうことが多いんです。
その上、物が多いと行動する上で選択肢が増えてしまいますよね。

例えば料理をするとき、食材や調理道具が多いと何を作ろうか悩んでしまいます。
必要最低限の食材や物だけを置くシンプルな生活なら、悩まずに済みます。
物が少ないとストレスが減り、疲れにくくなりますよ。

気持ちに余裕ができる

気持ち 余裕

部屋に物がたくさんあると、服を選ぶときや食器を選ぶときに迷ってしまいますよね。
選択肢があることで選ぶ時間が必要になります。

忙しい朝も、物が少ないと時間に余裕が生まれるんです。
物が少ないシンプルな生活を送ることで、時間にも心にも余裕が生まれますよ。

毎日充実した生活が送れる

充実 生活

物が少ないと、不便さや困りごとに悩まされるのではと思っていませんか?
しかしシンプルな生活を送る人は、毎日充実した生活をしています。
自分なりの基準で必要な物だけを残し、それらの物を大切に使い続けます。

物が少ないとストレスもなくなり、時間や気持ちにも余裕が生まれるのです。
時間に余裕が生まれると、好きなことに時間を費やせますよね。
読書や映画など趣味の時間を満喫することができると、これまで以上に充実した毎日を送ることができるはずです。

物を「捨てる」から「増やさない」生活へ

物 捨てる 増やさない 生活

物を持たない暮らしに憧れて一度は思い切って片付けをしたものの、リバウンドしてしまったという経験はありませんか?
「捨てる」ことがとても大事ですが、お部屋がきれいになったあとは「増やさない」ことが大事になってきます。

物を「捨てる」から「増やさない」暮らしへシフトさせてみましょう。
今まで以上に充実したシンプルライフを送れますよ。

物が増える原因を知ろう!

物 増える 原因

物が増えてしまうことには、いくつかの原因が考えられます。

1つ目は買い物が趣味であることです。
今家にある家具や家電だけでも生きられるのに、100均や無印良品、ネットショップなどで買い物をしてしまうという人は要注意!
「なくてもいいもの」をつい買ってしまい、家に物が溢れていってしまいますよ。

2つ目は、安いものや値引きされた物を買わずにはいられないことです。
安いからといって買ったものが、いざ使ってみると不便だったということはありませんか?
だからといって買ったものはなかなか捨てられません。
このように物が増えていく悪循環になるのです。

3つ目は、面倒なことを後回しにしてしまうことです。
使っていない物やいらなくなった物を捨てずに「後回し」すると、部屋にはどんどん物が増えていきますよね。
「いらないかも」と思ったときに、思い切って処分するようにしましょう。

これ以上物を増やさないための工夫

物 増やさない 工夫

物が増えてしまう原因がわかったところで、次は物を増やさないための工夫を考えてみましょう。

部屋にある物を必要か不要かに分けて、不要な物を捨てる。
これができれば物で溢れた部屋にはなりませんよね。
言葉で言うのは簡単ですが、実際にやるとなると案外難しいのです。

まず物を手放すときは「捨てる」以外の選択肢、「売る」「譲る」ことで手放すハードルが下がります。
物を買うときはしっかり吟味し、買う物を部屋に収納できるかどうかを想像してみることが大切です。

また他の物で代替できないか、レンタルでまかなえないかを考えてみると、より無駄のない暮らしを送ることができますよ。

家の在庫をきちんと確認する

在庫 確認

消耗品や日用品のストックが必要以上に家にありませんか?
服や靴、アクセサリーがどこにどれだけあるのか、把握していますか?

整理されていない部屋には、同じような服やアクセサリー、靴などが隠れていることもあります。
物を増やさないために、まずは家にある物の在庫をきちんと確認してみましょう。

物の必要な数をきちんと把握する

物 必要 数 把握

住んでいる人数や生活スタイルによって、必要な物の数は変わります。
自分にとって、部屋にある物の数は適正でしょうか。
家の在庫がわかったら、次は必要な数をきちんと把握しましょう。

食器で考えるとわかりやすいです。
一人暮らしなのに何十枚もの食器があったり、似たようなサイズや色合いの食器があったり、5人分ほどのカトラリーがある場合は明らかに適正ではありません。

シンプルな白い食器や、ワンプレートで使いやすいような大皿を揃えるだけでも十分です。
和食にも洋食にも使えるお皿を買っておくと便利ですね。

いただき物の食器を使わないまま奥にしまっているということもあるかもしれません。
たんすの肥やしにしていてはもったいない、かといってまだ使える物を捨てるのはもったいない。
そんなときはリサイクルショップやフリマアプリなどで売ることもできますよ。

レンタルを上手に活用する

レンタル 活用

レンタルを上手に活用すると、少ない物で快適に生活することができます。
子育て中であればベビーカーやチャイルドシート、ベビーバスのように、使う期間が限られているものってありますよね。

使っているときは問題ありませんが、一定期間が過ぎると場所をとるだけになってしまいます。
使う期間が限られているものやかさばる物などは、増やさない暮らしではレンタルする方法をとります。
全部買い揃えると家のスペースもとる上にお金もかかりますが、レンタルするとどちらも最小限に抑えることができますよね。

他にも都会の暮らしでは特に役立ちそうなのが、レンタカーやカーシェア、レンタサイクル。
車は便利ですが、使用頻度が少ないと維持費や駐車場代がかさむ一方です
レンタカーやカーシェアは車を使いたいときにだけ使うことができるので、増やさない暮らしにはぴったりです。

生活に1番密接な関係があるのは、洋服ですよね。ファッションレンタルサービスもあります。

こちらの記事をご覧ください>>ファッションレンタルサービス【比較人気7選】借り放題やスタイリスト付きのオススメは?断捨離したい人必見

 

収納アイテムは物を捨て終わってから購入する

収納アイテム 物 購入

片付けをしようと意気込むと、収納アイテムを買ってしまいたくなることってありませんか?
気持ちが先走って収納アイテムを買いたくなる気持ちはわかるのですが、我慢です。
物を捨て終わってから収納アイテムを購入することが鉄則。

まずは物を捨てて、部屋に収納しなければならない物を改めて確認しましょう。
どれとどれをどこに収納すると使いやすいのか、近くにあると便利な物、などグルーピングしてください。

そうすると自然に、ここにはこういう収納が必要だな、とわかってくるはず。
収納がうまくいったら、その収納から物が溢れないようにしなければなりません。

そのためには「物を1つ買ったら1つ捨てる習慣」をつけましょう。
増やさない暮らしに絶対必要なルールです。

物の手入れを定期的に行う

物 手入れ 定期的

少ない物で生活している人は、部屋にあるすべての物が大切な物のはずです。
そんな大切な物を長く使うためには、物の手入れを定期的に行う必要があります。

傷みやすい物や保管が難しい物など、正しい方法でしっかり手入れをしてあげてください。
せっかく物が減っても、手入れをしなければまた新しい物を買うことになってしまいます。
無駄遣いを防ぐためにも、大切な物を愛着持って長く使いましょう。

お気に入りのアイテムを長く愛用する習慣を身につけよう!

お気に入り アイテム 長く 愛用 習慣

物を買うとき「安いし、いっか」と、つい思ってしまうことってありませんか?
吟味せずに安い物を買うと、すぐに飽きてしまったり使い勝手がよくなかったり、使わなくなってしまうことがあります。

流行の物も同じように、自分には合っていなかったりすることもあります。
結局捨てることになってはもったいないですよね。

長い目で見ると、少し高くても気に入った物を買うほうがお得なんです。
買うときによく考えるので、失敗することも少ないんですよ。
本当にお気に入りの物だけを長く使い続けることは、増やさない生活につながっていきます。

まとめ

シンプル 捨てる 生活

シンプルな生活を送るためには、物を増やさないことが重要です。
安い物よりも、少し高くても気に入った物だけを買うこと、長く使うためにお手入れを欠かさないことは、増やさない暮らしにつながります。

風水などでもよく、不要な物を捨てると運気が上がると言われているのはご存じですか?
物を手放すことで得られる「幸せ」とは何かについて、こちらにまとめました。
ぜひ、参考にしてみてくださいね!