おすすめ人気フレンチプレス8選!選び方&淹れ方のポイントを解説

おすすめ人気フレンチプレス8選!選び方&淹れ方のポイントを解説

自宅で簡単に美味しいコーヒーを淹れたい人におすすめしたい「フレンチプレス」。
フレンチプレス本体の中にコーヒー粉を入れて後はお湯を注いで待つだけなので、誰でも自宅で本格的なコーヒーを淹れることができますよ。

今回は、ハンドドリップよりも手軽でコーヒーメーカーのように置き場所を確保する必要もないフレンチプレスの魅力を「いえじかん」がまとめました。
また、おすすめのフレンチプレスを紹介しながら使い方や淹れ方のポイントを解説します。

目次

理想的なフレンチプレスの選び方|3つのポイント

理想的なフレンチプレスの選び方を紹介します。

コーヒー粉とお湯を入れるだけと、手軽さが人気のフレンチプレス。
金属製のフィルターを使用することでコーヒー豆が持つ油分が十分に抽出されるため、コーヒー豆本来の香りや味を存分に楽しめます。

さらに、ハンドドリップより簡単なので自分でコーヒーを淹れたことのない初心者はもちろん、いつもとは違った味わいのコーヒーを飲みたい時にも活躍しますよ。
そんな便利なフレンチプレスを選ぶためのポイントをまとめました。

【ポイント1】最適なサイズを選ぶ

フレンチプレスを選ぶ際に最も気を付けたいのがサイズです。
フレンチプレスはハンドドリップなどと違い、サイズによって最適なコーヒー抽出量が決まっています。

1~2杯分を淹れられる小容量タイプから6~8人分を淹れることができる大容量タイプまで様々ですが、大容量サイズで1~2杯分を淹れようとしても美味しく淹れることができません

最高の1杯を飲むためにも、普段から淹れているコーヒーの量に合わせたサイズを選びましょう。

【ポイント2】用途に合わせて材質を選ぶ

フレンチプレス本体の材質は主にガラスが使われていますが、ステンレス製や珍しい陶製のものも販売されています。

特にステンレス製のものは割れる心配がなく、キャンプなど屋外で使用したい時には特におすすめですよ。

また、プラスチック製で本体がそのまま水筒になっているタイプは、軽くて持ち運びやすいためマイボトルとして普段使いにも向いています。

自宅だけで使用するのであればガラス製や陶製、それ以外で使用するならステンレス製やプラスチック製など用途に合わせて材質を決めると良いですね。

【ポイント3】デザイン・価格で選ぶ

フレンチプレス本体の機能や性能は、メーカーや材質によってあまり差がありません。
そのため、上記の容量や材質の他、気に入ったデザインのフレンチプレスを選ぶのも一案です。

上にも書いたようにフレンチプレスには容量や材質など様々なタイプがありますよ。
シンプルなガラス製の本体に金属やカラフルなプラスチック製の持ち手や覆いが付いたもの、全体がステンレス製のスタイリッシュなデザインのものなど。

数ある中から、きっとお気に入りのフレンチプレスが見つかるはずです。
また、価格も選ぶ際には大事なポイント。

容量、用途、デザイン、そして価格を考慮した上で、理想のフレンチプレスを見つけてくださいね。

機能やデザインも満足!おすすめ人気フレンチプレス8選

おすすめ人気フレンチプレスを紹介します。

人気のフレンチプレスを集めてみました。
どれもデザインや使い勝手が良いのはもちろん、入手しやすいものばかりです。
お気に入りのフレンチプレスを探す際の参考にしてくださいね。

【その1】ボダム|ケニヤ フレンチプレスコーヒーメーカー

耐熱ガラス製のおしゃれグラスなどのキッチンアイテムで有名なデンマークのボダム社。
フレンチプレスの種類が豊富なことでも有名です。

ホルダー部のデザインがラウンド(曲線)とストレート(直線)の2種類が用意されている「ケニヤ(KENYA)」シリーズは、ボダムのフレンチプレスの定番アイテム。
ガラスポットとシンプルでモダンな黒色のホルダー部や蓋部分がおしゃれです。

また、350ml(約2杯分)、500ml(約3杯分)、1L(約6杯分)と3種類のサイズがあるので普段淹れているコーヒーの量に合わせて選ぶことができますよ。

【その2】ボダム|シャンボール フレンチプレスコーヒーメーカー

ボダム社の「シャンボール(CHAMBORD)」シリーズは、ホルダー部のデザインが2種類あります。

ステンレス枠が細く脚付きタイプはオーソドックスなデザインで、色は銀とブロンズの2色。

もう1つは、ステンレス枠が太く脚がないタイプでモダンなデザイン、色は銀のみとなります。
「ケニヤ」と同様に350ml、500ml、1Lと3種類のサイズが展開されています。

【その3】ボダム|アイリーン フレンチプレスコーヒーメーカー

ホルダーのデザインが特徴的なボダム社の「アイリーン(EINEEN)」シリーズ。
このスタイリッシュでモダンなデザインは、デンマークの女流家具デザイナーのアイリーン・グレイが手掛けたもので、シリーズ名にもなっていますよ。

350ml、500ml、1Lと3種類のサイズ展開に加えてホルダーに使われているステンレスの色もシルバーや艶消しブラック、ブロンズの他にも数色が用意されているので好みに合わせた色を選ぶ楽しみがありますよ。

【その4】ハリオ|ハリオール ブライトN

日本の耐熱ガラスメーカー、ハリオ社のフレンチプレス「ハリオール」シリーズのブライトN(品番:THJN-2HSV)です。

ホルダーのステンレス部分はインダストリアルなデザインで、どんなキッチンにもしっかりと馴染みますよ。

サイズは350ml(約2杯分)の1種類のみとなりますが、もう少し大きい容量を希望する時は同じデザインで600mlのブライトjがおすすめです。

【その5】ハリオ|カフェプレス スリムS

容量240mと一人用のコーヒーを淹れるのにぴったりなサイズのハリオ社製「カフェプレス スリムS(品番:CPSS-2TB)」。

フィルター部分にシリコンを使うことで、従来のフレンチプレスに比べてコーヒー液にコーヒー粉が混じりにくくなっているのが最大の特徴です。

取っ手が一体型のガラスポット部分にはカフェ風のイラストが描かれ、蓋部分はシックな黒とビビッドな赤の2色が用意されていますよ。

【その6】ハリオ|ダブルグラス コーヒープレス

蓋や装飾に優しい風合いのオリーブウッドと革ひもを使用することで北欧をイメージさせるデザインのハリオ社「ダブルグラス コーヒープレス(品番:DGC-40-OV)」です。

おしゃれでデザイン性の高さが際立っているのはもちろん、注目すべきは「ダブルグラス」の採用。

ポット部分をガラスで覆うことで間にできた空気層が保温効果を高めてくれ、さらに断熱することで外側が熱くなりにくいという特徴がありますよ。
サイズは、たっぷり飲める400ml(2~3杯分)です。

【その7】パール金属|フレンチプレス ブレイクタイム

圧力鍋などのキッチンウェアが人気のパール金属社から販売されているフレンチプレス「ブレイクタイム(品番:HB-552)」。

ホルダー部や蓋はメタリックブラック、取っ手はシリコンでカバーされているため熱くなりにくいという工夫がされています。

容量は350ml(約2杯分)、シンプルなデザインと他のメーカーのフレンチプレスに比べると安価な点でも人気がありますよ。

【その8】エスプロ|トラベルプレス

カナダ発祥のエスプロ社から販売されている「トラベルプレス(品番:5012C-BS)」の特徴は、フレンチプレスと保温ボトルが一体となっているところ。
そのため、淹れたてのコーヒーをそのまま外出先に携帯できます。

容量300ml(約2杯分)の水筒型のボディは丈夫なステンレス製、旅行先に持って行っても邪魔にならないコンパクトサイズです。

加えて、超微細ダブル・マイクロフィルターがコーヒー液に微粉(細かなコーヒー粉)が混じるのを防いでくれます。

カラーは定番のシルバーや黒の他、ポップなイエローなど全7色が用意されているので、お気に入りのコーヒー用マイボトルとしても最適ですよ。

フレンチプレス使用!コーヒーの淹れ方5ステップ

フレンチプレスを使ったコーヒーの淹れ方を紹介します。

フレンチプレスの構造は、ティーサーバーとほぼ同じです。
使い方は簡単で、未経験者でも問題なく美味しいコーヒーを淹れることができますよ。

特別な道具は必要ありませんが、コーヒー抽出の時間を計るためにタイマーがあると大変便利です。
キッチンタイマーやスマホのタイマーを利用すると良いでしょう。

【ステップ1】ポットにコーヒー粉を入れる

まず、ポット部分に適量のコーヒー粉を入れて軽く本体を振って表面をならします。
フレンチプレスの種類によってコーヒー粉の量が変わってくるので、説明書などをよく確認してくださいね。

【ステップ2】お湯を注いで蒸らす

コーヒー粉全体が浸かるように、沸騰させたお湯を注ぎます。
お湯の量はポットの1/3くらいまでで、そのまま30秒ほど蒸らしてください
なお、このタイミングでタイマーを4分にセットして作動させましょう。

【ステップ3】残りのお湯を注ぐ

蒸らしが終わったら残りのお湯を注ぎます。
この時、お湯の勢いが強すぎると雑味などが出やすくなってしまうため、なるべく静かに注ぎましょう

【ステップ4】放置して抽出させる

お湯を注いだら蓋をセットして、タイマーの4分が経過するまで放置しましょう。
この時、プランジャー(棒の部分)は上げた状態にしておきます。

【ステップ5】フィルターを押し下げて完成!

タイマーが鳴ったら、静かにプランジャーを押し下げます
なお、プランジャーを一番下まで押し込めてしまうと微粉がフィルターから出てしまうため、あまり強く押し下げないようにしましょう。

抽出されたコーヒーをカップに注いで出来上がりです。

美味しく淹れるための4つのポイント!

フレンチプレスで美味しく淹れるポイントを紹介します。

手軽にコーヒーが淹れられるフレンチプレスですが、より美味しく淹れるためのポイントをまとめました。

【ポイント1】豆の挽き目は中細挽き~粗挽きに

フレンチプレスはコーヒー粉がお湯に浸かっている時間が長いため、コーヒー豆の挽き目が細かすぎると渋みや雑味が溶け出しやすくなります。

また、挽き目が細かいと抽出されたコーヒー液に微粉が出やすくなってしまうことから、使用するコーヒー豆の挽き目は中細挽き~粗挽きが最適です。

【ポイント2】事前にポットを温めておく

ポットやコーヒーカップなどを前もって温めておくことで、淹れたての熱いコーヒーが長く楽しめます。

コーヒー粉を入れる前に沸騰したお湯をポットに入れ蓋をして全体を温めおくことで、コーヒーが冷めにくくなりますよ。
器具が温まったら、お湯を捨ててコーヒー抽出作業にかかりましょう。

【ポイント3】蒸らしを忘れずに!

コーヒー豆が持つ味や香りを引き出すために必要なのが「蒸らし」の工程です。
コーヒーの味のバランスが一番良い蒸らし時間は30秒ほどで、それ以上になってしまうと雑味が多く出てしまいます。

逆に短すぎるとコーヒー豆の持つ旨味や香りが十分に抽出できず、気の抜けた味のコーヒーになってしまう場合もあるので注意してくださいね。

【ポイント4】抽出後はお手入れを忘れない

フレンチプレスを使用した後は、ポットとシャフト(金属フィルター部)の洗浄を必ず行いましょう。

器具に付いた油分をしっかりと落とすことで、次回も美味しいコーヒーを淹れることができますよ。
手順は以下の通りです。

  • ポット部分に残ったコーヒー粉を捨てる(ホルダーとポットが外れる場合は、はずして作業を行いましょう)
  • シャフト部分を分解して、ポットと共に台所用洗剤でコーヒーの油分が残らないように良く洗う
  • 十分、乾燥させてから再び組み立てる

なお、ポットに残ったコーヒー粉を処理するには、粉が残った状態でポットに水を注ぎ生ごみ受けなどに水と一緒に流してしまうのが一番簡単ですよ。

まとめ

コーヒー粉にお湯を注いで待つだけで、誰でも簡単に美味しいコーヒーを淹れることができる人気のフレンチプレス。

理想のフレンチプレスを選ぶには容量や材質、デザインなどを考慮して気に入ったものを購入しましょう。

もっと手軽に本格的なコーヒーを楽しむならコーヒーメーカーがオススメ! こちらの記事ではイタリア製の「ルカフェ」について解説しています。合わせてご覧ください>>ルカフェのコーヒーはサッカー本田選手もオススメ!口コミや試飲できるお店や最安値もチェック