美味しいコーヒーを自宅で楽しむ3つのコツとおすすめアイテム

美味しいコーヒーを自宅で楽しむ3つのコツとおすすめアイテム

「コーヒーが好き」「リラックスタイムにコーヒーはつきもの」という方でも、自分で淹れる習慣があるという方は少ないのでしょう。
事実、コーヒーを淹れる作業を手間と感じている方も珍しくありません。

「いえじかん」では、思う存分家でのコーヒータイムを満喫するためのコツを解説していきます。
自分のレベルに合わせたコーヒーの味わい方で、日常的に楽しむことを目標にしてみましょう。

自分でも淹れられる?本格的なコーヒーを楽しむ手順

自分 本格的 コーヒー 楽しむ 手順

「面倒」というイメージをもってしまう方の多いコーヒーを淹れるという作業ですが、意外と簡単なものです。
なんとなくもっているイメージではなく、しっかりとした手順をマスターしておきましょう

ちなみに、コーヒーを自分で淹れる工程から楽しんでいる方のほとんどは、豆を挽く、抽出する、コーヒーを楽しむという3つのステップを実践しているだけです。
さらに豆を厳選する、焙煎するという工程を加えることで、自分だけのこだわりの味わいを楽しめます。

最高の一杯を楽しむ3つのコツ

最高 一杯 楽しむ コツ

自宅でのコーヒータイムを、「最高の一杯にしたい!」という方はこれから紹介する3つのコツをマスターしておきましょう。
「自分だけの一杯」という点にこだわることで、さらなるコーヒーの深みに出会えるでしょう。

【コツ1】好みのコーヒー豆を見つける

好み コーヒー豆 見つける

少し大げさかもしれませんが、コーヒーの味は豆で決まります。
ぜひ、自分だけの一杯にこだわる方は、豆を厳選することに注力しましょう

酸味や苦味、豆の香りやストレートで楽しむかどうかなど、趣向を凝らすことで異なった味わいが感じられます。
手間のかかる作業であることには間違いありませんが、好みの味わいを感じられた時の感動は別格でしょう。

酸味や苦味で選ぶ

「コーヒーを淹れる習慣がない」という方のために、豆の種類と酸味や苦味のバランスについて解説していきます。
豆は原産国によって異なる味わいがあるとされており、日本人が好んで口にしている代表的なコーヒーがジャマイカ産のブルーマウンテンです。

ブルーマウンテンは酸味や苦味のバランスが良いという特徴があり、好みの味わいにアレンジし易いという特徴のある豆として知られています。
その他にもまろやかな酸味が特徴とされるエチオピア産のモカ、上品な苦味のあるグァテマラなどの品種が一般的に知られています。

関連記事

コーヒーの酸味が強くなる3つの原因と味を決めるコツ

 

豆の香りで選ぶ

酸味や苦味の他に、コーヒー豆の特徴の香りが異なるという特徴もあります。
前述のエチオピア産のモカには、コーヒーの中では珍しくフルーティーな香りが感じられる種類のコーヒーです。

コロンビアの甘い香りやベネズエラの少し控えめな香りなどの特徴を知っておくことで、嗅覚を使った楽しみ方を体感できます

ストレートかブレンドかで選ぶ

コーヒーにはストレートで豆そのものの特徴を楽しむだけでなく、ブレンドしそれぞれの長所を掛け合わせるという魅力もあります。
多くの方の好みにマッチしやすいブルーマウンテンに、少しの酸味を加えたい場合にはモカをブレンドするといった要領で、数多くのレパートリーを楽しめます。

自宅でのコーヒータイムの魅力をこれから体感していきたいという方は、失敗の少ないブレンドの割合を軸に好みの味わいを見つけていきましょう。
初めから独自のやり方をしてしまうと、好みにマッチする味わいに出会う前に意欲を失ってしまう危険性がありますので注意が必要です。

【コツ2】新鮮な豆&粉を使用しよう

新鮮 豆 粉 使用

コーヒー豆を選ぶコツを身に付けた後は、新鮮な豆&粉の重要性についても知っておきましょう。
焙煎や抽出といった工程を経て淹れられる美味しいコーヒーですが、豆の鮮度が香りや苦味に大きく関わっています。

鮮度が落ちると美味しさ半減

焙煎や抽出といった工程が必要なコーヒーですが、栽培される植物であるという点についても目を向けてあげましょう。
甘みや香りが豊かな果物と同様に、豆自体も鮮度が落ちてしまうと本来の香りが損なわれてしまいます。

一度は美味しいと感じた品種やブレンド方法でも、豆の鮮度が異なると同じように味わうことが難しくなってしまうことも考えられます。

保存方法には気をつけよう

果物と同様にコーヒー豆にも、ジップロックや保管用の缶などのさまざまな保存方法が知られています。
食べ物の鮮度を保つためには冷蔵庫に入れて冷やすという方法が一般的です。

ただし、コーヒー豆においては、空気、湿度、紫外線の3つの条件をチェックすることが正しい保存方法を実践するためのコツと言えます。

【コツ3】好きな抽出器具を選ぶ

好き 抽出器具 選ぶ

コーヒーの香りや苦味、コクは抽出する機器によって違った個性があります
ここからは、「コーヒーメーカー」「ペーパードリップ」「フレンチプレス」「サイフォン」の4つの抽出方法の特徴について解説します。

コーヒーメーカー

誰でも簡単に、失敗することなく美味しいコーヒーを淹れてくれる抽出方法がコーヒーメーカーです。
自宅や職場などで、「コーヒーを淹れる時にはコーヒーメーカー」と習慣化されている方も多いのではないでしょうか?

基本的にすべてを自動的に行なってくれるため説明もいらないと思いますが、決まった量の豆や粉と水をセットすることで、コーヒーを抽出してくれます。
ただし、失敗が少ないというメリットがある反面、自分だけの味わいを表現ができないというデメリットもあるという点も把握しておきましょう。

ペーパードリッパー

軽い口当たりとカッコイイという点が魅力の抽出器具が、ペーパードリッパーです。
ペーパードリッパーはコーヒーメーカーと比較した場合に、豆を挽く、お湯を注ぐという工程が増えます。

手間が増えてしまうという点ではコーヒーメーカーよりも面倒にも思えますが、豆の挽き加減やお湯の注ぎ方によって味が大きく変わるという特徴のある抽出器具です。

フレンチプレス

深みのある味わいを楽しめると人気の抽出器具が、フレンチプレスです。
筒状の器具の中にお湯とコーヒー豆をセットし、抽出後に豆だけを取り出すという抽出をするために使用されるアイテムです。

「口の中に豆のザラザラ感が残って嫌」という意見があるものの、トロッとした口当たりの虜になる方も少なくありません。

サイフォン

コポコポと湧き上がるお湯と、少しずつ抽出されていくコーヒーの演出がたまらないと、コーヒーにハマっている方が使っている抽出器具がサイフォンです。
コーヒーの挽き具合や火加減によって抽出する時間を調整でき、コーヒーマニアにはたまらなく楽しい抽出方法と言えます。

ただし、さまざまな抽出器具のなかで工程がもっとも多い機器であるため、これからコーヒーの魅力を発掘していきたいという方は順序を踏んでいくことをおすすめします。

自宅用のコーヒーマシンを使用する人が増えています。サッカーの本田選手もイタリア製の機械を使用しています。

くわしくは>>ルカフェのコーヒーはサッカー本田選手もオススメ!口コミや試飲できるお店や最安値もチェック

 

簡単に美味しく淹れられる手順

簡単 美味しく 淹れられる 手順

コーヒーを淹れる方法は様々ありますが、まずは簡単に美味しく淹れるための手順からマスターしておきましょう。
特に豆から厳選したいという方は豆に潜んでいる本来の味を引き出すために、必須のコツとも言えるでしょう。

(1):ペーパードリップがおすすめ

「これから魅力を発掘していきたい」「コーヒーのある生活を習慣にしたい」という方には、ペーパードリップを使用した抽出方法から始めることをおすすめします。
すでに挽いてある豆を準備すれば、ペーパードリップにお湯を注ぎ入れるだけで、自分だけのコーヒーを楽しめます。

(2):カップを温めておく

どんな抽出方法を試してみる場合でも、美味しいコーヒーを楽しむためにはカップを温めておくという工夫が大切です。
豆を挽く、お湯を沸かすという時間をかけながら、カップに注ぎ入れる時に温度が変化してしまうと、せっかくの手間が無駄になってしまう可能性がある点には注意が必要です。

(3):豆の場合はミルで挽く

豆を厳選する方は、挽くという工程も必ず行ないましょう
豆を挽く際にはミルという専用のアイテムを使用することで、ほどよい挽き加減の豆を準備できます。

また、自分で淹れて楽しむことが当たり前になっているという方は、挽いた後の粒子の大きさを調整できるミルを試してみることで、楽しみ方のレパートリーも広がるでしょう。

(4):お湯の温度は適温で

コーヒーを淹れる際のお湯の温度は95℃と言われています。
ただし、いちいち温度を計る必要はなく、沸騰した時に火を止め、1分ほど待つと自動的に適温のお湯になります。

温度が高すぎてしまうというケースは少ないかもしれませんが、沸騰した後に放置してしまうと抽出するには適さないお湯になってしまいます。

(5):注湯したら「蒸らし」が大切

コーヒーメーカーで抽出している、インスタントコーヒーを使用しているという方にとっては、「蒸らし」という工程自体が身近ではないでしょう。
実はペーパードリップ、フレンチプレス、サイフォンなどの抽出方法では、すべて蒸らしがコーヒーの味を決めるポイントになっています。

注湯後にどれだけお湯に浸っているかという時間でも、コーヒーの味が変化するという視点でさまざまな抽出方法を楽しんでみましょう。

より本格的にしたいなら使ってほしい道具5選

本格的 使ってほしい 道具

今味わっているコーヒーをより本格的に楽しみたい方は、これから紹介する5つの道具をチェックしておきましょう。
すでに使用しているアイテムに加えるだけで、いつものコーヒーを格段に美味しくできるはずです。

【その1】専用ならより美味しくなる「ドリップポット(ケトル)」

専用 美味しく ドリップポット ケトル

同じケトルでも美味しい美味しいコーヒーを飲みたい方には、ドリップポット(ケトル)を使用することをおすすめします。
ドリップポットには注ぎ口が細いという特徴があります。

コーヒーは注湯する時のお湯のやさしさによって味が大きく変わると言われており、注湯の勢いが強すぎると蒸らしの時間が長くなりすぎる可能性があります。
ドリップポット(ケトル)にはその勢いを調整できるというメリットがあるため、蒸らしの時間による味の変化を体感できるでしょう。

【その2】本格エスプレッソが味わえる「マキネッタ」

本格 エスプレッソ マキネッタ

ブレンドコーヒーと同じくらいエスプレッソを愛するとされるイタリアでは、一家に一台あると言われているエスプレッソを淹れるための道具がマキネッタです。
エスプレッソを日常的に口にするという方の少ない日本では、あまりなじみのないアイテムと言えるでしょう。

しかし、コーヒーの深みを発掘したいという方は、ぜひとも試してみることをおすすめする道具です。

エスプレッソと聞くと専用の器具が必要というイメージがありますが、マキネッタであれば豆をセットした後に、お湯を沸かすだけで簡単に美味しいコーヒーを抽出できます

【その3】挽きたてが楽しめる「コーヒーミル」

挽きたて 楽しめる コーヒーミル

豆選びからする方にとって、コーヒーミルは必須と言えそうです。
モカやブルーマウンテンなど、お気に入りの豆を挽く作業を楽しむという魅力を発見できるでしょう。

【その4】正確な分量がわかる「ドリップスケール」

正確 分量 ドリップスケール

自分好みの味わいに出会うためには、正確な分量を計るという工程が必須です。
そして、少しの分量で味が変わるコーヒーには、正確な分量を計れるドリップスケールが必要です。

同じ品種でも分量を調整することで、濃さの違った味わいを楽しめるでしょう。

【その5】美味しい状態を保てる「キャニスター」

美味しい 状態 保てる キャニスター

豆の魅力をしっかりと保管するためにおすすめのアイテムがキャニスターです。
一口にキャニスターと言ってもさまざまな形状の道具を販売されているので、できるだけ遮光性や密封性の高いアイテムをチョイスしましょう。

まとめ

まずは、自宅で美味しいコーヒーを楽しむために、必要な3つのコツをマスターしましょう。
コーヒーを味わうためだけではありませんが、何事にもしっかりと基本を抑えるから始めることが大切です。