美味しいコーヒー豆の選び方|自分好みを見つける3つの方法

美味しいコーヒー豆の選び方|自分好みを見つける3つの方法

コーヒー豆から焙煎は本格的で難しそう…
美味しく飲みたいけど保存の仕方がわからない…
と思った経験はありませんか。

コーヒー豆を抽出してみたいと思っても、最初の一歩はなかなか踏み出せないものです。
難しいと感じたときコーヒーのプロなら美味しく飲むためのコツを熟知しています。

今回はコーヒーを美味しく飲むコツ、コーヒー豆の保存方法をご紹介していきますよ。
自分に合うコーヒー豆を見つけてゆったり出来る「いえじかん」を過ごしましょう。

豆でコーヒーの味が変わる!美味しく飲むためのコツと保存方法

豆 コーヒー 味が変わる 美味しく 飲むため コツ 保存方法

美味しいコーヒーを飲みたいと思ったときはコーヒー豆にこだわってみたくなりますよね。
豆の品種が違うだけで全く違った味や飲みごたえになるんですよ。

最近ではコーヒー豆だけの専門店も数多く増えてきましたよね。
その専門店などではブレンド豆なども販売されていて様々な味が楽しめます。

そんなコーヒーの違いを楽しむためにも保存方法にはしっかりと気を配りたいですね。
ここからは美味しく飲むためのコツと保存方法についてご紹介します。
美味しく楽しむためのコツを知ってコーヒーを入れてみましょう。

自分に合ったコーヒー豆を見つける3つの方法

自分に合った コーヒー豆 見つける 方法

実際にコーヒー豆を見てみても自分だけではいまいち違いが分かりませんよね。
コーヒーの飲みごたえや好みの味といっても種類が多すぎます。
そんな中から自分に合ったコーヒー豆なんて見つかるのかと不安になってしまいます。

しかしそんな不安を解消してくれる方法が3つあるんです。
これからご紹介する3つの方法は、すぐに実践できるものばかりです。
もしコーヒー豆にこだわりたい、自分に合う豆を探したいと思ったときに便利ですよ。

【方法1】お店の人に選んでもらう

お店の人 選んでもらう「

コーヒー店の店員さんはコーヒーの専門家です。
気になることや分からないことは質問してみることが大切ですよ。
一番失敗の少ない方法がコーヒー豆に詳しいお店の人に選んでもらうことです。

まずは店員さんに遠慮せずに質問してみてください。
選ぶときにも自分の中での味のこだわりはそれぞれにありますよね。

苦みの強いものが好きな人やスッキリとした飲みごたえが好きな人など様々います。
きちんと好きな味の特徴を伝えることで、その味に近いものをおすすめしてくれます。
少ない情報でもどんなものが良いか教えるとおすすめのコーヒー豆を教えてくれますよ。

選んで貰ってお気に入りのものであれば一番ですが、違えばまた探す楽しみがあります。
店員さんとお話ししながら好みのコーヒー豆をセレクトしてもらうのも素敵ですね。

【方法2】人気の専門店で探してみる

人気 専門店 探してみる

コーヒー豆を選びたいときには口コミなどで人気の高い専門店で探すこともおすすめです。

人気の高い専門店には美味しいコーヒー豆が数多く取り揃えられています。
たくさんの種類の中から品質の良いコーヒー豆を選べるのはとても魅力的ですね。

また専門店では産地や焙煎法だけでなく好みでブレンドしてくれる店もあります。
本当に自分だけのブレンドを楽しめることが出来るのは専門店だけの魅力ですよ。

【方法3】お試しセットで好みを探る

お試し セット 好み 探る

コーヒーは好きだけど自分の好みがはっきりとしていないという人も多いですよね。
専門店でも種類が多くて選べないという人もいるかもしれません。

自分の好みがはっきりとしていないときにはコーヒー豆のサンプルを探してみてください。
お店も販売していますが、通販で手軽に選べるお試しセットを購入するのも良いですね。

通販では何パターンも入っているお試しセットが用意されていることが多いです。
手頃な価格のものが多く初めて試す場合でも飲み比べがしやすいんですよ。
セットを利用して自分の好みのコーヒー豆を探してみてくださいね。

コーヒー豆を選ぶ前に知っておきたいポイント

コーヒー豆 選ぶ前 知っておきたい ポイント

好みの味が大体わかってきたらすぐにでも選んで買いたくなりますよね。

しかしそこで買う前に立ち止まってコーヒー豆のポイントを知ってみてください。
コーヒーが好きでも豆についての知識はないという人のほうが多いですよね。

コーヒー豆の特徴を知ることでその豆の一番おいしい淹れ方が分かってきます
多くの観点から味の違いが出てくるのがコーヒー豆の面白さです。
これからご紹介するポイントをふまえてコーヒーを楽しんでみてください。

焙煎度合いによる味の違い

焙煎度合い 味 違い

焙煎という言葉がコーヒー豆を購入しようとすると頻繁に出てきますよね。
焙煎とはコーヒー豆をローストしていく加熱作業のことを言います。

そのままでは飲めないコーヒー豆を加熱して味に深みを出していく大切な作業なんですよ。
この焙煎の加熱時間や熱のかけ具合でコーヒー豆の味に差が出てくるんです。

コーヒー豆の焙煎の度合いで浅炒り、中炒り、深炒りといった味の違いが出ます。

浅炒りは生豆の飲めないくらいの酸味の強い状態を上品な酸味になった状態です。
この種類はブルーマウンテンやドミニカ、ブラジルのコーヒーに多いとされています。

中炒りは酸味よりも苦みの度合いが徐々に強くなった状態といえますね。
この種類はマイルドブレンド、ルワンダ、エチオピアなどのコーヒーに多いです。

深炒りは苦みがさらに強くなり香りなどコーヒー全体のバランスが取れてきた状態です。
この深炒りにはイタリアンブレンドなどの種類があげられます。

この炒り具合の状態によってさらに細かく分類されていきます。
特徴がご紹介した炒り具合よりも細分化されるのでコーヒー選びに便利ですよ。

しっかりと焙煎度を知ってコーヒーを見分けることも大切ですね。
それぞれの味を確かめてみて自分に合ったコーヒー豆を探してみてください。

精製方法で変わる酸味の度合い

焙煎方法 酸味 度合い

コーヒー豆の豆はコーヒーチェリーから出た生豆を焙煎して作られています。
焙煎も味の深みに大切ですが、前の工程の精製作業も酸味の違いを与えるものなんですよ。

精製作業はコーヒー豆の精製を行う国によって酸味の度合いに大きな差が出てきます。
代表的な方法にコーヒーチェリーの状態のまま乾燥されるナチュラル製法などがあります。

他にも独特な方法の物などたくさんの種類の精製の仕方があります。
自分の好きな酸味の度合いによって精製方法もチェックしてみることが大切です。

品種や産地で異なる特徴や風味

品種 産地 特徴 風味

コーヒー豆の味の違いで初心者でも分かりやすいのは国や産地の違いです。

詳しくない人でもキリマンジャロやブルーマウンテンは聞いたことがありますよね。
この二つはコーヒー豆の産地で分けられたブランドなんです。

ブルーマウンテンはジャマイカのブランド豆です。
コーヒー豆としてのバランスがとても良く、口当たりの軽さが特徴です。

ジャマイカのごく一部の産地のみがブルーマウンテンとされています。
産地が限られていて最高級の品質の豆が扱われています。

キリマンジャロは日本でのタンザニアコーヒーの呼び名です。
コクがあり酸味が強いところが特徴的なコーヒー豆です。

焙煎方法でそれぞれ違った味の深みが出て来る品種です。
キリマンジャロだけで飲み比べをするのも楽しそうですね。

このほかにもコーヒー豆は70か国以上と多くの国で生産されています。
産地の土地や気候の違いによって豆そのものの味に違いが出てきますよ。

また焙煎の工程が同じでも産地が違うだけで味に変化があります
こだわりたい人には大切なポイントになってきますね。

関連記事

コーヒー豆の焙煎は家でも簡単にできる!ポイントと手順をご紹介♪

 

コーヒー豆の美味しい保存方法

コーヒー豆 美味しい 保存方法

コーヒー豆は味や酸味がそれぞれに特徴があるということが分かりました。
ご紹介してきたようにコーヒーは豆の品種や精製方法で味は全く変わってきてしまいます。

特徴を知ったらコーヒー豆をしっかりと保存して美味しく飲みたくなりますよね。
美味しいコーヒーを楽しむためにもしっかりと保存方法を知って実践してみましょう。

高温・多湿を避ける

高温 多湿 避ける

当たり前のことですがコーヒー豆にも賞味期限があるんですよ。
そんなコーヒー豆の保存には高温多湿は避けて保存することが大切になります

賞味期限内に品質の良いコーヒー豆を楽しむためにも高温多湿は豆の美味しさの天敵です。
その間の保存状態をしっかりとしていないと、コーヒー豆本来の美味しさは一気に失われてしまいます。

酸素にはなるべく触れさせない

酸素 触れさせない

コーヒー豆を焙煎してすぐの豆はとても香り高くついつい嗅ぎたくなりますよね。
そんな香りや味のコクはコーヒー豆にはとても重要です。

香りがよいコーヒーを美味しく楽しむために酸素に触れさせないよう気を付けてください。
酸素に触れさせると豆の酸化が進んでしまい、せっかくの良い香りが失われてしまいます。

劣化を防ぐためにも保存の際には密封の可能な保存容器に保管してください。

直射日光を当てない

直射日光 当てない

コーヒー豆の保存の際には直射日光を当てないこともポイントです。
直射日光は酸素や高温多湿と同じように、コーヒー豆の劣化を進めてしまいます。

劣化すると酸化することによって、飲んだ時に胃もたれを起こす症状が出る場合があります。
劣化したコーヒーも味がおかしくなっていない限り飲めないことも無いです。
しかしせっかくのコーヒーなのに美味しいものとは言えなくなってしまいますね。

出来るならそういった状態は避けたいものです。
品質の良いコーヒー豆を楽しむため直射日光に気を付け少なめに購入することも大切です。
豆の状態で2週間以内、豆をひいた場合は1週間以内で使用するようにしてくださいね。

最適な保存場所は「冷蔵庫」

最適 保存場所 冷蔵庫

コーヒー豆を保存する際にしないほうが良いことをポイントとしてあげてきました。
美味しさを保つためには、気を付けなければいけないことはたくさんあるんですね。

ここまで注意する必要があるコーヒー豆ですが、保存に最適な場所があります。
冷蔵庫は、直射日光の当たらない場所でコーヒー豆の保存に最適であるといえます。

一度開封したコーヒー豆はガスが放出されていき酸化していくものです。
しかし冷蔵庫内ではそのガスの排出が穏やかになることで、風味が損なわれにくいのです。
温度も低く保存容器さえしっかりとしていれば長期間も保存も可能になります。

冷蔵保存で注意しなければいけないのが冷蔵から常温に戻す行為です。
一度常温に戻してしまうと劣化がとても速くなってしまいます。
長く楽しむためにも冷蔵保存をうまく活用することが大切です。

まとめ

 

自分好みのコーヒーを楽しむためにも適切な保存方法を知っておいて損はありません

私も店に行きコーヒーを楽しむようになってから保存に気を遣うようになりました。
ご紹介したポイントを踏まえて美味しいコーヒーを飲んでくださいね。

コーヒー豆が分かってきたら、自宅で本格的なコーヒーを楽しみたくないですか? イタリア直輸入のルカフェならあなたの希望を叶えられますよ>>ルカフェのコーヒーはサッカー本田選手もオススメ!口コミや試飲できるお店や最安値もチェック