美味しいコーヒーと温度の2つの重要な関係性|抽出に熱湯はNG!

美味しいコーヒーと温度の2つの重要な関係性|抽出に熱湯はNG!

コーヒーは、淹れるお湯の温度によって味が大きく変わってきます。
抽出するのに適したお湯の温度は82~96℃。

それ以下の温度のお湯では味や香りが引き出されずに、ぼんやりとした味のコーヒーに。
逆に熱湯で淹れたコーヒーは苦味や雑味ばかりが目立つ不味いコーヒーになってしまいます。

「いえじかん」が、美味しいコーヒーを淹れる適温と飲むのに適した温度を調査しました。適温を知ることで、いつものコーヒーをより美味しくできますよ。

コーヒーの美味しさを左右する温度の2大重要性とは

コーヒー 美味しさ 左右 温度 重要性

美味しいコーヒーを淹れるための条件として良い豆や良い水などがあげられることがありますが、実は2つの「温度」がとても重要です。その2つ温度とは、以下のようになります。

【その1】コーヒーを淹れる適正な温度

コーヒーを美味しく飲むには、お湯の「適温」を見極めることがとても重要となります。

温度の高いお湯では苦味や雑味が出やすくなってしまいます。逆にぬるいお湯では味が出にくく香りも立ちにくくなってしまうのです。
コーヒーを美味しく淹れるためにも適温を知っておきましょう。

温度によってコーヒーの味がどのように変化するかについては下で具体的に説明するので、そちらをご覧ください。

【その2】コーヒーがより美味しく感じられる温度

もう1つの温度は、カップに注いだ飲む状態のコーヒーの温度です。人間の味覚は食品の温度によって味の感じ方が変わってきます。コーヒーも例外ではなく、淹れたての熱いコーヒーと冷めた状態では味に違いを感じるようになるのです。

また、コーヒーの持ち味である「香り」も温度によって変化しますよ。そのため、より美味しくコーヒーを飲むにはコーヒーを適温に保つ工夫をすると良いでしょう。
こちらについても、下で詳しく説明するので参考にしてくださいね。

抽出するお湯の温度によってコーヒーの味は変わる

抽出 お湯 温度 コーヒー 味

毎日同じ条件でコーヒーを淹れているのに「今日はいつもとコーヒーの味が違う」と感じたことはありませんか?これは、ハンドドリップでコーヒーを淹れる際、お湯の温度の違いが味に反映されているため。

美味しいコーヒーとは、苦みと酸味のバランスが良くコクや甘みなどが感じられるものです。加えてコーヒーの一番の魅力である香りも大事な要素となります。

個人の好みもありますが、香りが薄くて苦みだけ、または酸味だけが強いコーヒーは美味しくないと言えるでしょう。

では、コーヒーを抽出するお湯の違いによって、味はどのように変わってくるのでしょうか。

低温(80℃以下)の場合

80℃以下のお湯で淹れたコーヒーは、低温でも出やすい酸味が強くなる傾向があります。苦味や雑味はあまり感じられませんが香りもあまりないため、ぼんやりとしたキレのない味のコーヒーになってしまいます。

時間をかけてじっくり苦味を抽出する水出しコーヒーは例外として、通常のハンドドリップで淹れる場合は低温のお湯を使うメリットは特にないようです。

高温(90℃以上)の場合

高温のお湯で淹れたコーヒーは酸味が弱く、苦味とコクが強く出ますが雑味も出やすくなってしまいます。

また、苦いコーヒーが好きだからといって沸騰したてのお湯(100℃)でコーヒーを淹れるのはNGです。なぜなら、酸味が出ないだけでなく苦味と雑味ばかりが抽出された不味いコーヒーになってしままうので注意してくださいね。

コーヒーを抽出する適温を探る4つのポイント

コーヒー 抽出 適温 探る ポイント

お湯が適温かでコーヒーの味が変わることがわかりましたが、コーヒーを淹れるには何℃が良いのでしょうか。

コーヒーやメーカーや専門家、有名カフェなどの意見をまとめると、コーヒーを抽出するのに最適なお湯の温度は82~96℃になります。

適温にかなりの幅があるのは、豆の種類や焙煎の度合いによって、最適なお湯の温度が変わってくるため。同時に、コーヒーを美味しく感じる温度も個人差があるため、一概に「最適な温度は○○℃」とは言い切れないのです。

上記の適温は一般的なコーヒー豆を抽出する際の目安として念頭におき、あとは好みの温度=最適な温度を自分で探すことになります。
ここでは、「自分が一番コーヒーを美味しく感じる温度」を探るポイントを紹介します。

【ポイント1】最初は高温で味を確認する

まず、最初は高温でコーヒーを淹れて飲んでみましょう。ただし、上に書いたように沸騰直後のお湯はコーヒーを不味くするだけなので、90℃を目安にしてください。

お湯の温度確認の方法を下にまとめましたが、沸騰直後のお湯をドリップポットに移せば約90℃になりますよ。

そして90℃のお湯で淹れたコーヒーを飲んでみて苦味が強いと感じるか、もっと苦い方が好みなのかを確認しましょう。

【ポイント2】苦味を強く感じたら温度を下げる

苦味 強く 感じ 温度 下げる

90℃で淹れたコーヒーが苦いと感じたら、お湯の温度を下げてみましょう。逆に苦味が足りないと感じた時には、お湯の温度を上げてみてください。

上げる、または下げる温度は3~5℃を目安にし、それを何度か繰り返すことで自分好みのコーヒーに合うお湯の温度が把握できますよ。

【ポイント3】浅煎りは高温、深煎りは低温が目安

コーヒー豆の焙煎度合いによっても適するお湯の温度は変わってきます

浅煎りのミディアムロースト(アメリカンロースト)やハイローストは、酸味が強く苦味が弱いという特徴があります。
そのため、苦味と酸味のバランスを取るために高温のお湯で淹れると良いでしょう。

フルシティローストやフレンチローストなど深煎り豆の場合は、苦みが強く酸味が弱いため、低温のお湯で淹れることで苦味が強くなりすぎるのを防ぎます。

ひとつの目安として「浅煎りの豆は高温で淹れる」「深煎りの豆は低温で淹れる」と覚えておいてくださいね。

【ポイント4】古くなった豆は高温でごまかす

古く 豆 高温

うっかり常温で長期間放置してしまったコーヒー豆は、酸化や湿気で味が劣化することも。ただ、傷んでいる訳ではないので捨てるのは勿体ないですよね。

このように古くなった美味しくない豆は、味をごまかすために高温のお湯で淹れてしまうと良いでしょう。

上に書いた通り、高温のお湯で淹れたコーヒーは苦みとコクが強くなり酸味が弱くなります。そのため、古くなって酸味が強くなってしまった豆の味をごまかすことができるのです。

この方法はあくまで、古い豆のレスキュー的処置なので決して美味しいコーヒーになる訳ではなりません。そのままブラックで飲むより、ミルクを入れてカフェオレなどして飲めば、ミルクのまろやかさで味がごまかせますよ。

どちらにせよ古くなったコーヒー豆を使う場合は、できるだけ早く処理してしまうことをおすすめします。

お湯の温度を計る3つの方法

お湯 温度 計る 方法

美味しいコーヒーを淹れるには適温のお湯を使う必要がありますが、お湯の温度を知るにはどのような方法があるのでしょうか?
お湯の温度の計り方を3種、紹介します。

【方法1】大体の目安で判断する

ヤカンや鍋を使ってお湯を沸かす場合、沸騰後火を止めてから約20~30秒ほど置くと90℃~96℃までお湯の温度が下がります。
また、沸騰したてのお湯をドリップポットに移し替えると90℃前後の温度になりますよ。

沸かしたお湯の量、季節や気温によってお湯の冷め具合は変化するので、あくまでも「大体の目安」として覚えておくと良いですね。

【方法2】温度計を使用する

温度計 使用

もっと確実にお湯の温度を知りたい時は食品用温度計を使って、しっかり計ってみましょう。
コーヒーを淹れる度に温度を計るのは手間だと感じるかもしれませんが、好みの温度を確認しながらコーヒーを淹れることができますよ。

【方法3】温度設定機能付きの電気ケトルを使用する

温度計よりも、もっと簡単なのが良い人には温度設定ができる電気ケトルがおすすめです。
ドリップポット型の電気ケトルであれば、温度設定をしてお湯が沸いたらすぐにコーヒーを淹れる作業に移ることができるので手間がかからずに済むという利点がありますよ。

コーヒーを美味しく感じる適温で飲む4つの工夫

コーヒー 美味しく 感じる 適温 飲む 工夫

淹れたてのコーヒーの香りと味をゆっくりと味わうのは、コーヒー好きな人にとっては至福の時ですね。淹れたてのコーヒーをできるだけ長く美味しく味わうためには、どうしたら良いのでしょうか。

一般的に、コーヒーが美味しく感じられる飲み頃の温度は60〜70℃と言われています。ここでは、コーヒーの飲み頃である適温を保つ工夫についてまとめました。

【工夫1】事前にカップやサーバーを温めておく

コーヒーを淹れる時に使う道具類、サーバーやカップ類を前もって温めておきましょう。たったこれだけで、いつもよりもコーヒーが冷めにくく暖かい飲み頃の温度がキープできるようになりますよ。

温め方は簡単です。お湯を多めに沸かし、熱湯をカップとサーバーに注ぎます。その時、カップにはお湯をたっぷりと入れてください。サーバーには半分くらいまでお湯を入れ、サーバーを揺り動かしてお湯が全体に行きわたるようにして温めます。

その後、サーバーとカップのお湯を捨てて、いつも通りにコーヒーを淹れてください。そして温めたカップに淹れたてのコーヒーを注ぎましょう。

もし、一口目のコーヒーが熱すぎる・ぬる過ぎると感じた場合は、カップを温めておく時間を調整して様子を見てくださいね。

【工夫2】底の厚いカップを使用する

コーヒーの飲み頃の温度をキープするには底が厚いタイプのカップを使用すると、さらに効果的です。底が厚いカップであれば、カップそのものが熱を蓄えてくれるので冷えにくくなるという利点があります。

お客様用のカップも華奢なタイプもおしゃれで素敵ですが、長く温かい状態でコーヒーを飲んでもらいたい時には、少し厚手のものを選ぶと良いでしょう。自分用であれば大きめマグカップなどがおすすめですよ。

【工夫3】ソーサーやクロスのコースターを使用する

ソーサー クロス コースター 使用

コーヒーを冷まさない工夫としては、ソーサーやコースターを利用するのも良い方法です。
ソーサー付きのカップであるならソーサーも軽く温めておくと、より長く飲み頃のコーヒーの温度をキープできますよ。

マグカップの場合は布製のコースターなどを使用するとコーヒーの温度が下がりにくくなります。同時に蓋もすれば、さらに効果的となります。

【工夫4】カフェオレにするならミルクも温める

コーヒーをミルクで割ってカフェオレにする場合は、冷たいミルクをそのままコーヒーに加えてしまうと、温度が下がってぬるくなってしまいます。そうならないようにミルクも前もって温めておきましょう。

ミルクを小鍋などで温めるか、カップに適量を入れてレンジで温めておくだけでアツアツのカフェオレが楽しめますよ。

まとめ

美味しいコーヒーには、お湯の温度と飲む温度が大きく関係します。熱湯で淹れるコーヒーは苦味と雑味ばかりが目立ち、ぬるすぎると味や香りが物足りなくなってしまいます。
コーヒーを美味しく飲むための適温をぜひ参考にしてくださいね。

やっぱりちょっとむずかしいなぁと思ったあなたには、水出しコーヒーをおすすめします。こちらの記事を一緒にご覧ください>>簡単!美味しい!水出しコーヒーを作る5つのポイントと淹れ方を紹介