ノンカフェインコーヒーの5大効果!除去方法を知って正しく選ぼう

ノンカフェインコーヒーの5大効果!除去方法を知って正しく選ぼう

健康への意識が高い方の中には、カフェインが身体に良くないという情報を耳にし、カフェインの摂取量を気にしている方も多いのではないでしょうか?
コーヒーが好きという方でも妊娠中の女性は特に、強いストレスを感じていることでしょう。

そんな「コーヒーが好きだけど我慢しなければならない」という方のために、「いえじかん」ではノンカフェインコーヒーを徹底解剖していきます。
ノンカフェインコーヒーの効果や楽しみ方を詳しく解説していきます。

妊娠中や授乳中にもおすすめなノンカフェインコーヒー

妊娠中 授乳中 おすすめ ノンカフェイン コーヒー

子供への影響を考慮し、好きなコーヒーを我慢しなければならないのが、妊娠中や授乳中の女性です。
ご存知の通りカフェインには脳を覚醒させる効果がある一方、長期的な摂取によって脳の発達に影響があるとされています。

そして、妊娠中や授乳中の女性の強い味方になってくれるのが、ノンカフェインコーヒーです。
カフェインを減らすことで実感できる効果を把握し、心置きなくコーヒーの香りを楽しまれることをおすすめします。

カフェイン摂取量を減らすことで得られる5大効果

カフェイン 摂取量 減らす 得られる 効果

前述の通りカフェインには脳を覚醒させる効果があり、集中力を高めるなどの効果を期待できる反面、摂取量を誤ってしまった際には弊害が顕著に現れてしまいます。
ノンカフェインコーヒーの良さを知るとともに、カフェインの摂取量にも目を向けてみましょう。

【効果1】睡眠の質が上がる

脳を覚醒させる効果とともに、カフェインを摂取には利尿作用もあります。
もちろんカフェインだけが原因というわけではありませんが、日常でコーヒーを飲みすぎている方、飲む時間を誤っている方は眠りの質が低くなっている可能性があります。

寝付きが良くない、疲れが取れた感じがしないといった不快な状態を自覚している場合には、カフェインの摂取量を減らし、睡眠の質をあげることも有効な手段と言えるでしょう。

【効果2】気持ちが穏やかになる

気持ち 穏やか

カフェインが「精神刺激薬」と呼ばれていることをご存知でしょうか?
脳の覚醒と同じ意味合いの言葉ではありますが、日々の摂取量によっては身体が常に高ぶっている状態になっていることも考えられます。

精神が高ぶっている状態はさまざまなことに意識が向いてしまい、本来気にしなくて良いことまで目に入る、耳に入るといった形で休まる暇がなくなってしまいます。

ビジネスマンにとっては研ぎ澄まされることも大切ですが、カフェインの量を減らし、気持ちが穏やかにすることで感じられるメリットもあるはずです。

【効果3】胃腸の調子がよくなる

日々ストレスに晒されるような働き方をしている方の中には、「気付けば胃痛がしている」「お腹の調子が良くない」という方も多いでしょう。
仕事のプレッシャーがキツいという事実もありますが、カフェインが胃腸を刺激してしまっている可能性もあります。

特に空腹時にはカフェインが胃の粘膜に直接触れてしまい、キリキリとした痛みを生じさせることがあります。

急激な変化はストレスを増幅させる可能性があるため、ノンカフェインコーヒーに切り替えるなどの方法で、少しずつカフェインの量を減らしていくことをおすすめします。

【効果4】頭痛が改善する

頭痛 改善

健康への意識が高い方の中には、カフェインが頭痛に効果的という情報を耳にした方も多いのではないでしょうか?
コーヒーの摂取量を増やすことで頭痛が改善されたという実体験も多く聞かれるため、決して間違った情報ではありません。

しかし、緊張性頭痛の方にとってカフェインが頭痛を増幅させることが明らかになっています。
ズキズキと痛むというよりも重い、ダルいといった不快症状がある方は、カフェインを控えたほうが良いでしょう。

【効果5】肌に潤いが出てくる

カフェインの摂取量を減らすことで感じられるメリットの一つに、肌に潤いがもたらされるというものもあります。
特に日常的に水を飲まないという方は、飲み物に目を向けるだけで肌の状態に変化が訪れるでしょう。

コーヒーに目が向いてしまいがちですが、お茶や清涼飲料水にもカフェインが含まれている商品が数多く出回っています。

そして前述の通り、カフェインには利尿作用があり、身体に必要な水分まで排出されてしまっていることも珍しくありません。

さらに、肌の表面は水分が後回しにされしまう部分であるため、肌荒れなどのトラブルにカフェインが関係している根拠とされています。

カフェイン含有量が少ないコーヒーを3種類に分類

カフェイン 含有量 少ない コーヒー 種類 分類

「カフェインの量を抑えつつ、コーヒーを楽しみたい!」という方の中には、すでにいくつかのアイテムを試した方もいるでしょう。

カフェインが少ないという共通点があるものの、デカフェやカフェインレス、ノンカフェインはそれぞれにカフェインの含有量が異なります。

それぞれの特徴を把握し、眠る前のコーヒー、作業に集中するためのコーヒーといった具合にアイテムを使い分けることで、カフェインを効果的に活用できます。

【分類1】デカフェ

カフェインの量を調整して体の調子を整えたいという方におすすめなのが、デカフェ飲料です。
コーヒーなどのカフェインが含まれている飲み物からカフェインを除去するという作業を経て、微量のカフェインだけを摂取できるという特徴があります。

【分類2】カフェインレス

微妙な差ではありますが、デカフェよりもカフェインの含有量を押さえた飲み物がカフェインレスと呼ばれます。
ヨーロッパでは0.1%以下、99%カットとった基準を設けて、デカフェとの区別を明確にしています。

【分類3】ノンカフェイン

カフェインフリーとも呼ばれ、まったくカフェインが含まれていない飲み物がノンカフェインと定義されます。
妊娠中や授乳中の女性に最も人気のあるコーヒーのほとんどがノンカフェインと言って良いでしょう。

コーヒー豆からカフェインを除去する3つの方法

コーヒー豆 カフェイン 除去 方法

デカフェやカフェインレス、ノンカフェインはいずれも抽出過程に、カフェインを除去するという工程を加えます。

自分でコーヒーを淹れる方は簡単にイメージできると思いますが、コーヒーは抽出の過程を変更することで味や風味が一気に変わる傾向にあります。

カフェインを除去しながらも美味しいコーヒーを楽しみたいという方は、除去する方法についても確認しておきましょう。

【方法1】有機溶媒抽出

もっとも手間をかけずにコーヒーからカフェインを除去できる方法が有機溶媒抽出です。
有機溶媒という物質を使用してカフェインを抽出する方法ですが、使用する物質によっては薬物が身体に蓄積されてしまうことがあります。

日本では薬物を使用したカフェイン除去が禁止されていますが、外出先のデカフェコーヒーなどを口にする場合には抽出方法まで確認すると良いでしょう。

【方法2】水抽出

先にコーヒーの風味だけを取り出し、豆に残ったカフェインを除去する方法が水抽出です。
水抽出でも有機溶媒が使用されますが、直接コーヒーに混ざってしまうことはありません。
また、有機溶媒抽出よりも風味や香りを楽しめるという特徴があります。

【方法3】超臨界二酸化炭素抽出

化学物質のような印象を受けるネーミングでありながら、身体への害がもっとも少ないとされている除去方法が超臨界二酸化炭素抽出です。
工程自体は複雑なものですが、二酸化炭素の働きによってカフェインを除去するという手法です。

有機溶媒を使用しない手法をとっている喫茶店が限られているためメリットの多い抽出法ではあるものの、値段が高くなりやすい傾向にあります。

ノンカフェインコーヒーを選ぶ4つのポイント

ノンカフェイン コーヒー 選ぶ ポイント

コーヒー好きの方にはノンカフェインコーヒーにもこだわりたいという方もいるでしょう。
前述のようなカフェインを除去する工程にによって風味に影響が出る、健康に少なからず影響するなど、普通のコーヒーとの違いが生じます。

「いつもの香りを楽しみたい」という方は、これから紹介する4つのポイントを意識すると良いでしょう。

【その1】生産国が日本のものを選ぶ

一つ目のポイントが日本で生産されているものを選ぶことです。
本当にこだわる方はどのような製造工程を経て、どのようなカフェインの除去の仕方をしているかまでチェックすべきでしょう。

ただし、生産国が日本と書かれていれば、有機溶媒を使用した除去が禁止されているため基本的に安心して良いと言えます。

【その2】オーガニックのものを選ぶ

オーガニック 選ぶ

コーヒーに含まれている成分が豊富な、オーガニックのものを選ぶというのも大切なポイントです。
すべてのアイテムが統一されているというわけではありませんが、健康志向の方に向けられたオーガニックのアイテムであれば、カフェイン除去にもこだわっているはずです。

【その3】使用されているコーヒー豆をチェック

コーヒーにこだわりのある方であれば、コーヒー豆をチェックするという作業は習慣になっているでしょう。
また、これからコーヒーを知っていきたいという方も、香りやコクが豆によって違うことはご存知なのではないでしょうか?

香りやコクの違いがあることは、通常のコーヒーもカフェインレスコーヒーも共通しています。
カフェインレスコーヒーは香りが落ちてしまいやすいため、豆の鮮度に注目すると良いとされています。

【その4】風味を損なわない二酸化炭素抽出を選ぶ

カフェインの除去方法によっても風味に違いが出てしまいます。
特にコーヒーの香りを楽しみたいという方は、二酸化炭素抽出によって除去されているアイテムを厳選しましょう。

カフェインレスコーヒーでも、自分の時間をゆったり過ごせるでしょう。

ノンカフェインを探すなら楽天市場などで口コミをチェックするのも大切ですよ>>楽天市場をのぞくならクリック:ノンカフェインコーヒー

 

ノンカフェインコーヒーの楽しみ方4選

ノンカフェイン コーヒー 楽しみ方

ノンカフェインコーヒーにこれから挑戦するという方は、さまざまある魅力を知っておきましょう。
自宅で豆を挽く、手軽に楽しむなど、好みに合わせた楽しみ方があるという点は、通常のコーヒーと共通しています。

【その1】自宅でゆったりと豆を挽いて淹れる

ノンカフェインコーヒーを豆から準備すれば、自分で抽出できます。
「カフェインは控えたい。だけど、自分のコーヒーを豆から挽くことが楽しみ」という方は、ノンカフェインコーヒーの豆をしっかりとチョイスしましょう。

健康に良いアイテムでありながら、リラックスもできるという用い方ができれば、コーヒーよりも魅力的と言えるでしょう。

【その2】ドリップタイプやインスタントで手軽に

ドリップ インスタント 手軽

この楽しみ方も通常のコーヒーとかわりありませんが、手軽に楽しみたい方はドリップタイプやインスタントタイプのカフェインレスコーヒーを選択しましょう。

忙しい朝でも健康に配慮できるという点で、ビジネスマンの強い味方になってくれるアイテムと言えます。

【その3】ボトル飲料タイプならお出かけ先でも

自分でコーヒーを淹れないという方には、コンビニなどで購入できるボトル飲料タイプがおすすめです。
ただし、メリットだけでなく、デメリットに目を向けることも大切です。

手軽にノンカフェインコーヒーを楽しめるものの、どんなカフェインの除去方法が用いられているかなどの情報が不透明なことも珍しくありません。

【その4】カフェや喫茶店で一息

最近ではノンカフェインコーヒーをメニュー化しているカフェや喫茶店も珍しくなくなりました。
淹れ方にこだわりのあるカフェや喫茶店であれば、どんな抽出方法をしているのかといった情報も得られ、コーヒーの楽しみ方がグッと広がるでしょう。

まとめ

ノンカフェインコーヒーは抽出方法や味わうシチュエーションによって、通常のコーヒーと変わらない楽しみ方ができるアイテムです。
正しい選び方さえできれば、コーヒーの代わりとして多くのメリットをもたらしてくれるアイテムと言えます。

コーヒーは色々種類があり、どれを選ぶか迷いますよね。もちろんカフェインにも効果があります。こちらの記事でまとめました>>コーヒーのカフェインにはメリットも!正しい知識を身に付けよう♪