人間関係の断捨離効果は絶大!ストレスから開放される3ステップ

人間関係の断捨離効果は絶大!ストレスから開放される3ステップ

「ストレスを感じることが多い」「自分らしい時間の使い方ができていない」と感じているなら、セルフコントロールの能力がうまくできていないかもしれません。

縁切りや転職など転機をむかえるあなたには、人間関係の断捨離がおすすめです。

物を手放すという意味で広く知られるようになった断捨離を人間関係に応用することで、友人・仕事・人間関係。さらには、人生のストレスから解放されるなどのメリットを体感できます。

「いえじかん」では、人間関係の断捨離のメリットからスムーズに効果を体感するための3つの方法や、人付き合いやコミュニティの断捨離におすすめの書籍『アドラー心理学』まで、解説していきます。

本音を言い合える仲を記事で公開します。運気アップして成功しましょう!

関連記事

断捨離で人生変わった!?驚くべき6つの効果と人生が好転する理由

人との繋がりをリセット!幸運を呼ぶ生活スタイルを手に入れる方法

繋がり リセット 幸運 生活スタイル 方法

人との繋がりに目を向けることは、日常生活の中で幸福を感じるための大きなポイントと言われています。
もちろん正しい方法を習得しておくことが大前提となりますが、自分の意思で人との繋がりを調整できれば、精神的なゆとりや物質的な豊かさを手にできるでしょう。

これから解説していく、人との繋がりを整理することで得られるメリットや実践方法を確認し、幸福を呼ぶ生活スタイルを確立していくことをおすすめします。
その繰り返しによって、豊かな人生が構築されていくはずです。

人との繋がりを整理することで得られるメリット

 繋がり 整理 得られる メリット

前述の通り、人との繋がりを整理することには、精神的なゆとりと物質的な豊かさを手にできるというメリットがあります。
では、具体的にはどのようなメカニズムで、そのメリットを享受できるのでしょうか?

多くの方が求めている、いくつかのポイントと効果をピックアップして解説していきます。

ストレスが激減する

みなさんは日常生活の中で、どのくらいのストレスを感じていますか?
もちろん悪いことばかりではありませんが、ことストレスに関しては人間関係の中で感じてしまうケースがほとんどです。

自分が意図していない人間関係をもたなければならないといった、自分が人間関係に持っている意識に目を向けることから始めてみましょう。

関連記事

人間関係の断捨離効果は絶大!ストレスから開放される3ステップ

 

趣味や自分に費やす時間が増える

精神的なゆとりは、時間的な余裕から生まれるとも言われています。
どんなに仕事を頑張れる方でも、趣味などの自分に費やせる時間が全くなければ、疲弊してしまうのも時間の問題です。

自分がゆっくりと時間の流れを楽しめるような感覚を日常生活の中に用意できれば、自ずと気力も回復してくるはずです。

大切な人と過ごす時間が出来る

自分が意図していない人間関係の中で過ごす時間、仕事や家事をこなす時間に追われてしまっているという方々も多いでしょう。
そんな方々は一度、「本当に時間を過ごしたい人は誰?」と自分に問いかけてあげるのも良いかもしれません。

そして、自分が本当に会いたいと思えるような大切な人は、あなたに必要なヒントを運んできてくれます。

節約や貯金が出来る

人間関係の断捨離は、節約や貯金という金銭的な面でのメリットももたらします。
人間関係を意識し、自分が意図してないものを断捨離すること自体が簡単なことではないため、初めのうちは「周りに悪い」といった感覚を抱いてしまうでしょう。

しかし、本当に必要な人間関係だけを選定することにストイックになれれば、付き合わなければいけないという感覚で使っている無駄遣いを大幅に節約できます。

頭の中がスッキリし余裕ができる

人間関係の断捨離は正しく行いさえすれば、思考を整理する機会とすることもできます。
正しい実践方法については後述しますが、「本当に必要な人間関係か?」を整理するためには、人生のプランを見つめるという工程が必要となります。

その軸を明確にし、自分がすべきことをできているという体感があれば、頭の中もスッキリ整えられている状態となります。

人間関係を断つことで感じるデメリット

人間関係 断つ デメリット

先ほどから「人間関係の断捨離は正しい方法で行うことが大切」と伝えていますが、誤った方法で行ってしまうとデメリットが強調されてしまうことがあります。
環境が変化するとさまざまな感情が生まれるものです。

今回は人間関係を断つことで感じてしまいやすい、後悔と寂しさについて解説します。

後悔することがある

人間関係の断捨離は別の表現をすれば、不要と判断した関係を手放すことです。
そのため、自分の意思で取捨選択をし、手放すという最終決定も自分が行うという過程を必ず踏むことになります。

そして、自分で決めているため、大小の個人差はあるものの少なからず、変化した自分に後悔することがあると認識しておきましょう。

寂しくなることがある

人間関係の断捨離のメリットとして、時間的な余裕ができることを紹介しました。
しかし、時間的な余裕は人によっては、寂しさや虚無感に繋がることがあることも認識しておきましょう。

「何がしたくて人間関係を手放すのか」という大前提を常に意識しておきましょう。

人との繋がりを上手に整理する実践方法|3ステップ

人 繋がり 上手 整理 実践 方法 ステップ

人間関係もインテリアなどの自分が所有しているものも、正しく手放すことが断捨離です。
もし「スッキリしたい」「なにかを変えたい」という願望を自覚している方は、これから解説していく3ステップを忠実に実行していきましょう。

人間関係の断捨離は、乱暴さや一時の感情で行うものではないという点を意識し、正しい手順を意識してすすめていきましょう。

【ステップ1】付き合っていてストレスを感じる人をリストアップ

付き合っていて ストレス リストアップ

人間関係が続いているにも関わらず、「なぜ付き合っているのか分からない」と感じてしまったことがある方もいらっしゃるでしょう。
少し冷たい表現になってしまいますが、そんな感情を抱いてしまった時がストレスを感じる時です。

「自分が会いに行きたい」と感じられないような相手は、ストレスを感じる人として紙にリストアップしてみましょう
「会わない」と伝える訳ではありませんが、自分の気持ちが決まるだけでスッキリするはずです。

顔色を伺っている人

周りの動向ばかりを意識し、顔色を伺ってばかりという方も珍しくありません。
そして、そんな方は無意識に周りの発言に同調してしまうため、自分の軸がないという特徴があります。

そんな人間関係の中では、通常の会話の中でも糧となるものが得られないでしょう。

愚痴や悩みばかりを話してくる人

これも無意識の癖であるため本人に悪気はありませんが、愚痴や悩みしか話せないという人もいます。
そんな方々との付き合いを続けていると、悩みがなかったはずの自分さえも問題を抱えているつもりになってしまうため注意が必要です。

奢らされてばかりの人

なにかにつけて奢らせるような方との付き合い方にも注意しましょう。
あくまで傾向であり、明確なことは言えませんが、奢らせるような方は豊かな発想をもちにくいと言われています。

自分都合の発言や言動が多く、付き合いを続けていてもプラスになることは少ないでしょう。

【ステップ2】本当に切っていい縁なのかよく考える

本当 切っていい 縁 考える

付き合っていてストレスを感じる人のリストアップが終わったら、「本当に切っていい縁なのか?」を良く考えてみましょう。
切っていい縁の考え方はそれぞれですが、その基準を明確にしておくことが大切になります。

前述の通り、無理やり切るのではなく、手放して後悔しないという感覚が重要です。

【ステップ3】少しずつ距離を置く

少しずつ 距離 置く

切ることを決めた人間関係も突然ではなく、少しずつ時間をかけて距離を置くようにしましょう。
特に定期的に会わなければならないような関係性ができている場合は、少しずつ頻度を減らしていくイメージを持つことをおすすめします。

断り方に気をつけよう

人間関係の断捨離を効果的に進めていく上で、断り方は非常に大きなポイントです。
「ストレスを減らせる」「自分の時間が設けられる」などのメリットを体感するための断捨離ですが、相手を不快にさせてはいけません。

「これから断捨離に挑戦しよう」という方は、「誘ってくださったのに申し訳ありません」という断り方のテンプレートをひとつ用意しておきましょう。
人間関係の断捨離は相手を切り捨てていくことではなく、少しずつ距離を置くというイメージをもつことが重要です。

会いそうな場所には行かない

同じ趣味をもつような人間関係は、会いそうな場所に行かないことも大切です。
せっかく離れかけた関係が偶然の再会で、また断らなければならないという状況になってしまうことがあります。

同じ苦労を繰り返さないためにも、行く場所に再会がないかについてもチェックしておきましょう。

人間関係をスッキリさせるのに効果的な5つのコツ

人間関係 スッキリ 効果的 コツ

人間関係を手放す決意をし、スムーズに人間関係の断捨離を進めていくためにはいくつかのコツがあります。
必要な関係だけを残し、不要と考えられる人間関係をスッキリさせる5つのコツを確認していきましょう。

【その1】連絡が来ても返さない

人間関係をスッキリさせるための一つ目のコツは、連絡が来ても返さないことです。
愚痴や悩みばかりを話す人、いつも奢らされるような方との連絡は断ってしまい、その相手との関係性を観察する時間を設けましょう。

【その2】自分から連絡をしない

人間関係を断捨離する時に多くの方がやってしまうのが、自分から連絡してしまうことです。
特にデメリットとして挙げた、寂しさを感じた時に自分から連絡をとりたくなってしまいます。

そんな時は、人間関係の断捨離で得たかったものをもう一度思い出し、ぐっと堪えることを意識しましょう。

【その3】SNSの繋がりや電話帳を整理する

SNS 繋がり 電話帳 整理

SNSはひょんなことから、手放したはずの人間関係が戻ってしまうツールになることがあります。
意識的に遠ざけた相手とは、SNS上でも極力接触しないようにあらかじめ対策を講じておきましょう。

また、ついつい電話帳を見てしまうという方は、電話帳から相手の情報を消すことも大切なアクションと言えます。
「昔の良い思い出がある相手」の名前や連絡先、過去のやり取りを思い出すごとに、人間関係の断捨離を行う意志が揺らいでしまいます。

【その4】コミュニティ・グループへの参加を徐々に減らす

コミュニティやグループへの参加は、徐々に減らしていくと良いでしょう
ママ友や女子会などのコミュニティで「突然姿を消した」という印象をもたれてしまうと、不要な心配をさせてしまうことがあります。

心配という良心的な気持ちが、自分らしい時間をもつための人間関係の断捨離の障害となってしまうことがあると認識しておきましょう。

【その5】嫌われる勇気を持つ

人間関係の断捨離は自分から距離を置くことに他なりません。

自分の時間を大切にするという他の人とは違う感覚として、嫌われる勇気をもつことも大切なことです。

始めたばかりの頃は自分で選択しているという意識を持ちにくく、精神的に不安定になってしまうことも考えられます。そんな時にも嫌われる覚悟さえ持てていれば、手放した人間関係に戻りたいと考える自分をコントロールできるでしょう。

そこで、おすすめなのがアドラー心理学の『嫌われる勇気』です。

アドラー心理学では、「すべての結果には必ず原因がある」として未来を変えることができなくなるとして、原因ではなく、目的を考えます。

対人関係で悩むならおすすめの1冊です。

まとめ

人間関係の断捨離の効果をいち早く体感するためには、「自分らしくいること」を常に意識しましょう。
もとに戻ろうとする自分との戦いを制することで、自分の時間を手に入れられるだけでなく、ストレスからも自然に開放されるはずです。

断捨離をすると心も変わるとわかりました。お部屋の断捨離も実行すると、さらにいろいろ変わってきますよ。思い切って洋服の断捨離をおこないませんか? オシャレが楽しめないと心配しているならファッションレンタルサービスがあります。

こちらの記事もぜひご覧ください>>ファッションレンタルサービス【比較人気7選】借り放題やスタイリスト付きのオススメは?断捨離したい人必見