人気のコーヒー豆を見つける4つのポイントとアレンジレシピ

人気のコーヒー豆を見つける4つのポイントとアレンジレシピ

「いつも美味しいコーヒーを楽しみたいけど、どこから手を付けていいか分からない」と頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか?
事実、コーヒーの味わいは奥深く、初めからアレンジを加えてしまうと非常に難しく感じられるものです。

「いえじかん」ではより多くの方が着実に本来の魅力を感じられるよう、人気のコーヒー豆を見つけるために必要な4つのポイントとアレンジレシピについて解説していきます。

人気があるコーヒー豆の見極め方を徹底リサーチ

人気 コーヒー豆 見極め方 リサーチ

これからコーヒーの魅力を探求していきたいという方は、まず人気には流行りがあるということから把握していきましょう。
人気のあるコーヒーには、ロングセラーとして王道と認識されているような種類、コアなファンにハマるような種類といったレパートリーがあります。

また、これから解説していく人気のあるコーヒー豆の見極め方は、自分の好みを把握した上でチェックしていくことをおすすめします。
あちこちに手を出してしまうと一時的に盛り上がった結果、コーヒーの本当の楽しみ方には至ることができません。

評価が高いコーヒー豆を探す4つのポイント

評価 コーヒー豆 ポイント

自分の好みをしっかりと軸に据えた上で、評価の高いコーヒーの探し方から確認していきましょう。

最近は口コミが主流であるため、本当に評価の高い豆を発掘するためには品種ごとの特徴だけでなく、良い口コミと悪い口コミを精査するという行動が重要になると言えそうです。

そんな趣向を凝らした行動があれば、コーヒーを楽しむ時間がより一層深まるでしょう。

【ポイント1】人気店のおすすめ商品を試してみる

まず、「これからコーヒーのことを知っていきたい」という方は、人気店に足を運ぶことから始めてみましょう。
なかには足を運ぶ必要がない、わざわざ時間をとる必要がないと考えている方もいるかもしれませんが、人気店に赴くことにはメリットがあります。

評価の高いコーヒー豆を見つけるための情報収集ができるということはもちろん、豆本来の香りを感じることも可能です。
そして、店員さんとのコミュニケーションに、楽しみを見いだせることも考えられます。

【ポイント2】グレードの高いコーヒー豆を選ぶ

自分で評価の高いコーヒーを楽しむためには、どのように豆の旨味が評価されているかについても把握しておきましょう。
グレードの高いコーヒーほど、手間をかけずに豊かな香りや深みを体感しやすいという特徴があります。

評価の仕方は生産国で違う

実はコーヒー豆のグレードの決められ方は日本で規格化されているものではなく、馴染みのない方には複雑に感じられることがあります。
グレードは生産国によって異なり「タンザニアAA」「グアテマラSHB」といったように、原産国のあとにグレードが表記される仕組みになっています。

国ごとでグレードが規格化されているため、主流とされている原産国の等級から把握していきましょう。

【ポイント3】通販のランキングを参考にする

通販のランキングには、通販の売れ筋を把握できるというメリットが隠されています。
人気店に足を運ぶメリットは前述の通りですが、通販のランキングをチェックすることで多くの店舗の動向を確認できます。

人気店の売れ筋と通販の売れ筋にはスケールの違いがあるため、双方を確認すると相乗効果を体感できると言えそうです。

楽天市場のランキングはこちら>>楽天市場コーヒー豆

 

【ポイント4】口コミをチェックする

実物をチェックせずに豆を厳選するという方は、必ず口コミを確認しましょう。
あまり参考にならない口コミがあることを認識しつつ、リアリティのある口コミを参考にすることがポイントです。

口コミを投稿している方の好みや抽出方法などの情報まで記載されているような口コミは、非常に参考になるでしょう。

評価の低い口コミもチェック

評価の低い口コミも「なぜ低い口コミを投稿しているのか?」という視点でチェックすることで、メリットを体感できるでしょう。
「◯◯を期待したのに違った」といった豆の特徴を記載したような口コミは、人気のコーヒー豆を厳選していくためには非常に大切です。

よく使われているおすすめ抽出器具3選

おすすめ 抽出器具

豆の品種を選びながら、抽出器具をチョイスするという段取りには、人気のコーヒーを発見しやすくするというメリットが隠されています。

今回はおすすめの抽出器具として、「コーヒーメーカー」「コーヒードリッパー」「フレンチプレス」の3つのアイテムの特徴と選び方を紹介していきます。

【その1】コーヒーメーカー

コーヒーメーカー

コーヒーメーカーは誰でも簡単にコーヒーを淹れられ、多くの家庭で活用されている抽出器具です。
基本的には豆と水をセットし、スイッチを押すだけでコーヒーが入れられるため、特に手間をかけたくないという方におすすめの器具と言えるでしょう。

選び方

非常に簡単で便利なコーヒーメーカーですが、アイテムを選ぶ際には「どんなコーヒーを楽しみたいのか?」を明確にすることがポイントです。

一般的なドリップコーヒーを淹れるだけのコーヒーメーカーだけでなく、エスプレッソも抽出できるアイテムなどさまざまな商品が販売さています。

そのため、コストと淹れられるコーヒーのレパートリーを吟味した選び方を心がけることで、失敗の少ない買い物ができるはずです。

コーヒー好きで有名な、本田圭佑選手も愛用しているコーヒーメーカーはこちらの記事を参考にしてください>>ルカフェのコーヒーはサッカー本田選手もオススメ!口コミや試飲できるお店や最安値もチェック

 

【その2】コーヒードリッパー

コーヒー ドリッパー

コーヒーを抽出するという工程の楽しみを、手軽に味わえる抽出器具がコーヒードリッパーです。
注湯の勢いやコーヒーが抽出される時間によって蒸らしの時間が異なり、豆の焙煎具合や挽き具合によって、まったく違った風味や香りが引き出されるという点に特徴があります。

選び方

コーヒードリッパーを選ぶ際には、「ポットに繋がる穴がいくつあるか」を必ずチェックしましょう。
前述の通りコーヒードリッパーで抽出する場合には、蒸らしの時間が味の決め手となります。

穴が多ければそれだけ早く抽出され、蒸らす時間が自然に短くなります。
豆の焙煎度合いや挽き具合によっては、コーヒー本来のコクや深みが抽出されにくくなり、せっかくの抽出器具が無駄になってしまう可能性があります。

【その3】フレンチプレス

フレンチプレス

「豆の存在を感じられる」と、トロッとした口当たりが好みの方に人気の高い抽出器具がフレンチプレスです。
挽いた豆に注湯し、コーヒーだけを抜き取るという抽出方法であるため、コーヒーオイルまで楽しめるというメリットのあるアイテムです。

選び方

フレンチプレスはコーヒーメーカーやペーパードリッパーと違い、機能性に大きな違いはないとされています。
そのため、デザイン性と容量をチェックしさえすれば、後悔する可能性も低いと言えそうです。

今回紹介した3つの器具から選ぶ場合には、フレンチプレスは比較的容量が小さく、「一日分淹れておく」といった使い方ができないという点に注意が必要です。

お家でも簡単!美味しいコーヒーアレンジ6種

お家 簡単 美味しい コーヒー アレンジ

コーヒーのさまざまな味わいを楽しみたい方にも、楽しみ方そのものを知りたい方にもアレンジ方法を習得することは、コーヒーの世界にハマれるおすすめの方法です。
人気のコーヒー豆を見つけるポイントを確認した後は、6つのアレンジ方法について掘り下げていきましょう。

【その1】チョコレートシロップの甘さがたまらない「カフェモカ」

チョコレート シロップ カフェモカ

特に甘いものに目がないという女性におすすめのコーヒーがカフェモカです。
カフェでも人気上位にランクインすることが多く、定番メニューとも言えるアレンジのひとつです。

作り方

カフェモカはエスプレッソと牛乳、チョコレートシロップで構成されています。
熱々のエスプレッソに30gほどのチョコレートシロップを注ぎ入れ、50ccの牛乳を投入すれば完成です。

牛乳の温度によってカフェモカそのものの温度を調整できるため、熱いものが好きという方は牛乳を温めておくと良いでしょう。

【その2】たっぷりミルクで幸せに「カフェラテ」

ミルク カフェラテ

「コーヒーはマイルドに楽しみたい」という方におすすめのメニューがカフェラテです。
少しだけ甘味を感じたい時に、ピッタリのアレンジのひとつと言えそうです。

作り方

エスプレッソにお好みの量の牛乳を注ぎ入れれば、カフェラテの完成です。
カフェモカと同様に牛乳の温度を調整することで、違った味わい方もできます。

ぜひ、自分の好みの味わいをいつでも表現できるよう、牛乳は分量を計って注ぎ入れましょう。

【その3】アレンジコーヒーの定番「カプチーノ」

アレンジコーヒー 定番 カプチーノ

アレンジコーヒーの定番として人気のメニューがカプチーノです。
カフェラテと同様にエスプレッソと牛乳を使用しますが、フォームミルクを使用するという点に特徴があります。

牛乳を泡立てるという手間が、自分でコーヒーをアレンジしているという楽しみを引き立ててくれるメニューとも言えそうです。

作り方

美味しいカプチーノの作り方のポイントは、牛乳を分けて注ぎ入れる点にあります。
さらにカプチーノ味わいを引き立たせるコツは、コーヒーをマイルドにする牛乳と口当たりをまろやかにする牛乳に分ける点にあります。

投入するすべての牛乳をミルクフォーマーで泡立ててもカプチーノを作り上げることができますが、カプチーノの異なった口当たりもしっかりと味わいましょう。

【その4】エスプレッソをアレンジ「キャラメルマキアート」

エスプレッソ アレンジ キャラメルマキアート

同じ甘さでもチョコレートよりも大人の甘みを楽しめるアレンジが、キャラメルマキアートです。
カプチーノよりも工程が増えるため、さらに楽しみが広がるメニューでもあります。

作り方

キャラメルマキアートには、エスプレッソとキャラメルソース、3つの種類の牛乳を用います。
手順には、キャラメルソースをマグカップに注ぎ入れておくこと、そして3つの種類の牛乳を準備しておくことという2つのポイントがあります。

キャラメルソースを先に注ぎ入れておくことで自然にエスプレッソに溶け、混ぜるという工程を省略できます。
「工程が複雑」という印象のあるキャラメルマキアートですが、手順を守りさえすれば簡単に本格的な味わいを楽しめるメニューでもあります。

また、工程の複雑さも楽しむという意識をもつと、コーヒーの味わい方のグッと広がると言えるでしょう。

【その5】ホイップで簡単「ウインナーコーヒー」

ホイップ 簡単 ウインナー コーヒー

スッキリとした甘みがあり、男性に人気のアレンジがウインナーコーヒーです。
コーヒーに浮かべられたホイップクリームが最大の魅力です。

作り方

ウインナーコーヒーは濃く抽出し、グラニュー糖を加えておくというポイントがあります。
ホイップクリームを溶かしてまろやかさを出すこともできますが、口当たりが損なわれしまうため、グラニュー糖で甘みの調整を行いましょう。

【その6】難易度は少し高め?「ラテアート」

難易度 高め ラテアート

新たなコーヒーの楽しみ方として浸透しているアレンジが、ラテアートです。
練習を積み重ねることでハートや猫などのデザインができるという点が魅力です。

作り方

ラテアートの作り方は、カフェラテと同じです。
ただし、描きたいデザインがある場合には、それぞれの作り方をチェックしておきましょう。

牛乳の注ぎ方でデザインを描き出すフリーポア、スプーンを使用するエッチングなどさまざまな手法が知られています。

まとめ

人気のコーヒー豆を見つけ、自分だけの楽しみ方をひとつでも発見できれば、コーヒーの世界がグッと広がるはずです。
アレンジについても、まずは情報を整理し、少しずつ実践していくことをおすすめします。

大人のコーヒーを楽しむならコーヒーカクテルもおすすめですよ。くわしくはこちらの記事をご覧ください>>大人の楽しみ♪コーヒーカクテル45種類のレシピを紹介!食後にも◎