モカコーヒーの産地と種類を調査!美味しく味わう3つの方法とは

モカコーヒーの産地と種類を調査!美味しく味わう3つの方法とは

モカコーヒーって聞いたことはあるけど詳しくわからない…
モカコーヒーを美味しく淹れるためのポイントって何?
と名前だけ聞くと思ったことがある人もいますよね。

モカコーヒーとは名前は何となく知っていてもなかなか馴染みが薄いものです。
今回はモカコーヒーを美味しく飲むためのポイントをご紹介します。
モカコーヒーの情報と淹れるコツを理解して素敵な「いえじかん」を過ごしましょう。

カフェモカとは別物ってホント?特徴や違いを徹底リサーチ

カフェモカ 別物 特徴 違い リサーチ

モカコーヒーとカフェモカどちらも良く聞きますよね。
しかしこの二つは全くの別物なんですよ。

まずはモカについての特徴をそれぞれ理解していきましょう。
どのモカもコーヒー好きにはたまらないものばかりですよ。

「モカ」と呼ばれるコーヒーは3種類ある

モカ コーヒー 3種類

「モカ」といってイメージするのはホイップクリームの乗った甘い飲み物という人もいますよね。
しかしそれ以外にもモカと呼ばれているコーヒーがあることを知っていますか?

実はモカと呼ばれているコーヒーは3種類に分類することが出来るんですよ。
分類していくとそれぞれ全く違ったものであることが分かります。
ここからはモカと呼ばれているコーヒーについて詳しくご紹介します。

【その1】コーヒー豆の銘柄のこと

コーヒー豆 銘柄

先程からモカコーヒーと呼称しているものはモカというコーヒー豆の銘柄のことです。

まずモカコーヒーと聞くとカフェモカに似たような甘いコーヒー飲料を想像しますね。
しかしモカコーヒーとカフェモカとはまったく違います。

モカコーヒーはコーヒーの始まりの地といわれているモカという場所名から来ています。
酸味のある味とさわやかで豊かな香りを特徴としているんですよ。

日本でも良く聞く名前であるようにとても人気の高いコーヒーですね。
モカコーヒーは一般的なコーヒー豆よりもカカオに近い味といわれています。

産地はイエメン&エチオピア

モカコーヒーの産地はイエメンとエチオピアです。
コーヒーの原産地であるエチオピアに広まる以前に、イエメンのモカという土地からコーヒー豆が輸出されたことからモカコーヒーと呼ばれています。

モカのあったイエメンはコーヒー発祥の地ともいわれているんですよ。
モカコーヒーは人気でしたが今では規制などもあり希少な豆となっています。

そこでこのモカコーヒーに似た味わいを出すためにエスプレッソから作られているのがカフェモカといわれています。

【その2】チョコシロップを使ったカフェモカのこと

チョコシロップ カフェモカ

次にチョコシロップが混ざり合う甘い見た目で好きな人も多いカフェモカについてです。
良くモカコーヒーと誤解されがちなカフェモカですが詳しくご紹介していきます。

特徴

カフェモカはエスプレッソにチョコとスキムミルクを混ぜた飲み物のことを言います。
飲み物の上にホイップクリームをのせていて甘い味が好きな人も多いですよね。

最近ではコーヒーチェーン店でも販売されているのをよく目にします。
ちょっとした自分へのご褒美にもぴったりですね。

作り方

ここで簡単に出来るカフェモカの作り方をご紹介します。

  1. マグカップにまずミルクを入れてあたためましょう。
  2. コーヒーとチョコレート(ココアでも可能)をホットミルクに良く混ぜて完成です。
  3. お好みでホイップクリームやチョコソースをトッピングすれば特別感も出ますね。

【その3】抽出器具マキネッタで淹れたコーヒーのこと

抽出器具 マキネッタ 淹れた コーヒー

ここまで紹介したものはモカといわれてもなじみ深いものでしたよね。
次にご紹介するマキネッタという抽出器具で淹れたコーヒーのこともモカというんですよ。
このマキネッタはモカエキスプレスというイタリアの器具のことを指します。

マキネッタとは?

マキネッタといわれてピンとくる人はなかなか少ないですよね。
このマキネッタはコーヒーの抽出を水蒸気で行う直火式のエスプレッソメーカーです。

特殊な形状をしていて目を惹くデザインも素敵ですよ。
コーヒーの抽出をするときに一度は試してみたいアイテムでもありますね。

特徴

マキネッタの特徴は日本の急須のような抽出の仕方にあります。
下にある沸騰したお湯がコーヒーフィルターに上っていくことで抽出してくれます。

一般的なエスプレッソコーヒーは豆そのものの味が楽しめますよね。
このマキネッタで抽出されたモカは粉の他に加熱を行ったものによっても変化します。

加熱時の温度がエスプレッソよりも高くなるのでより濃厚なコーヒーになるんです。
コーヒーにこだわって味わいたい人にぴったりですよ。

関連記事

豆の挽き方でコーヒーの味が変化!挽き目とミル4種類の特徴を解説♪

 

代表的な豆の産地と種類

代表的 豆 産地 種類

さてここからはモカコーヒーの代表的な産地と種類についてご紹介します。
モカコーヒーとひとくくりにしても何種類ものモカコーヒーがあるんですよ。
ご紹介するものの中から自分に合ったコーヒーを淹れてみたいですね。

イエメンのモカ

イエメン モカ

イエメンのモカとはコーヒーの生産地のことではありません。
生産地でもないのにモカコーヒーが有名になるなんて不思議と思った人もいますよね。

実はモカはコーヒー豆を輸出していた大きな港があった場所だったんです。
コーヒー豆は産地分けしておらず港の名前からモカコーヒーと呼称されていたんですよ。

モカ・マタリ

イエメンモカの代表的なコーヒー豆です。
独特の酸味と、味わい深いコクと香りが特徴的です。
モカコーヒーの中でも最高級品といわれていますね。

モカ・ハラーズ

イエメンのモカの中でもマタリとならんで名高い豆なんです。
フルーツのような甘みがあり香りも上品といわれていますね。

エチオピアのモカ

エチオピア モカ

コーヒーの原産地としてとても有名なエチオピアにもモカがあります。
エチオピアのモカにも種類があるのでご紹介してきますよ。

モカ・シダモ

エチオピアモカの中で最も有名なのがエチオピア南部で栽培されているモカ・シダモです。
モカ・シダモにはコーヒーの女王という別名まであるんですよ。

モカ・ハラー

エチオピア中東部にて栽培されてるのがこのモカ・ハラーという豆なんです。
以前はモカコーヒーの中でも高級品として扱われていました

モカ・イルガチェフ

モカ・イルガチェフはコーヒーの中でも美味しいとされるコーヒー豆の一つです。
モカ・シダモの産地であるシダモ地区の中でも特に良いとされる場所で生産していますよ。

モカ・ディマ

モカ・ディマはエチオピアコーヒーの中で世界中で愛されている種類の豆です。

関連記事

甘い芳香♪エチオピアコーヒーの基礎知識と美味しく飲む4つのコツ!

 

焙煎度合いで変わる香りと味

焙煎度合い 香り 味

モカコーヒーは強い酸味が特徴的なコーヒーです。
その味は焙煎の度合いでガラッと変化するんですよ。

自分好みのモカコーヒー豆の焙煎度を見つけて楽しみましょう。

ハイローストで酸味を

ハイロースト 酸味

ハイローストの焙煎度だと酸味を残しつつ苦みや甘みも楽しめますよ。
強めの酸味の中の苦みが好きな人におすすめです。

シティローストで酸味と甘い風味を

シティロースト 酸味 甘い風味

焙煎度が好みだという人も多いシティローストはバランス良い飲みやすさが特徴です。
酸味に甘さのある風味もバランス良く日本人の味覚に合った焙煎度ともいわれていますね。

フルシティローストでほろ苦さとコクを

フルシティロースト ほろ苦さ]コク

フルシティローストはご紹介した中で一番深い焙煎度になりますね。
モカ特有の酸味も若干控えめになりほろ苦さと飲んだ時のコクが出てきます

自宅でも美味しい味を引き出す3つの方法

自宅 美味しい 引き出す 方法

モカを楽しみたいと思ったときにしっかりと美味しい味を出せるかが不安になりますね。
コーヒー店と違って専用の器具があるわけでもないと難しく考えてはいませんか。

ご紹介する3つのポイントでモカコーヒーの美味しさを引き出すことが出来ますよ。

【方法1】ドリップで楽しむ

ドリップ 楽しむ

コーヒーを美味しく楽しむためには道具もこだわってみませんか。
モカコーヒーは酸味が出やすいのでドリッパーを使って楽しむことをオススメします。

種類も様々でデザイン性も高いものが多いのでコーヒーを淹れる時間も楽しくなりますよ。

淹れる手順

まずドリッパーやコーヒーを入れる容器、ポットを用意しましょう。
今あるものでも構いませんがポットなどドリッパー以外の器具にもこだわりを持つとさらに美味しくなるといわれていますよ。

手順としては以下の通りになります。

  1. フィルターをドリッパーにセットしてコーヒー粉を入れましょう。
  2. 蒸らすためのお湯を少量コーヒー粉に注ぎます。
  3. 蒸らす時間を決めてその時間待ち、コーヒーを抽出していきます。
  4. 円を描くようにゆっくりとお湯を注いでくださいね。
  5. 注いで、いったん留めてを必要な量が落ちるまで繰り返します。
  6. 注ぎ終わったら最後の一滴が入らないようにしてドリッパーを取り除きましょう。

ポイントは「蒸らし」

ドリッパーでのコーヒー抽出の中で最も大切なのが蒸らし作業です。

初めに注いだお湯がコーヒーのうまみを引き出す作業をしてくれます。
注いだ瞬間にコーヒー粉末が炭酸ガスで膨らんでいきますよね。

その膨らみがコーヒーの味が解放されていく合図になります。
モカを抽出するときにはこの工程を特に大事に行いましょう。

最初にお湯を注いだ時に蒸らす時間を適切に持たないと美味しさを最大限まで引き出せなくなってしまうんですよ。
大切に蒸らしを行って美味しいコーヒーを飲みたいですね。

【方法2】密封状態での保存がおすすめ

密封状態 保存 おすすめ

コーヒー豆は保存をしっかりとしていないと味が一気に損なわれてしまいます。
味の損なわれた豆で抽出したコーヒーは美味しさが出ず酸味が強くなりやすいんですね。

美味しいコーヒーを楽しむために密封状態を保った新鮮な状態に近い豆を使用しましょう。
ガラス瓶やフレッシュロックなどに入れると安心ですよ。

【方法3】欠点豆を取り除く

欠点豆 取り除く

コーヒー豆には欠点豆といわれる美味しさを損なう豆が混ざっている場合がありますよね。
この豆を取り除くハンドピックという作業が美味しさの上にはとても重要になってきます。

この欠点豆を取り除く作業を加えることでも美味しいコーヒーを楽しむことが出来ますよ。

欠点豆とは?

コーヒー豆は私たちの手に届くまでに海外から様々な工程を経て運ばれてきますよね。
この欠点豆は様々な原因から出てきてしまう物なんですよ。

移動間に割れた欠豆やつぶれて形の悪いつぶれ豆、中身のない貝殻豆など様々あります。
そのほかにも異物が混ざっていることもまれにあることですね。

万が一小石など異物が混入していた場合ミルを壊してしまうこともあります。
そういった危険を避けるためにもハンドピックは大切な作業になるんですよ。

こういった欠点豆はどうしても入ってしまう物です。
しかしこの欠点豆は焙煎に掛けると雑味の原因になってしまうんですよ。

美味しいコーヒー豆を用意したならちょっとした手間を惜しまないようにしましょう。
欠点豆を丁寧に取り除くひと手間で美味しいコーヒーに出来ます。
手間がかかったからこそ、さらに美味しく感じることもありますね。

まとめ

モカコーヒーは産地の特徴や味わうための方法を知ることで美味しく味わうことが出来ます。

苦手だったコーヒーも3つの方法を実践することで劇的に変化します。
皆さんもモカコーヒーについて知って美味しいコーヒーを楽しみましょう。

コーヒーは飲むだけではなく、香りを楽しむのもおすすめです! 自宅で淹れたてだと美味しさも格別です。本田圭佑選手もおすすめのコーヒーメーカーがあります。くわしくはこちらの記事>>ルカフェのコーヒーはサッカー本田選手もオススメ!口コミや試飲できるお店や最安値もチェック