ミニマリストの部屋がおしゃれな理由|部屋作りで意識すべき12の極意を大公開!

ミニマリストの部屋がおしゃれな理由|部屋作りで意識すべき12の極意を大公開!

あなたは、「ミニマリスト」という言葉を聞いたことがありますか?
ミニマリストは必要最小限の物だけで生活する人のことをいいます。

「最小限」と聞くと不便なように思えますが、物が少ないこと=悪いことばかりというわけではありません。
掃除が楽、空間を有効に使える、家事の時短になるなど、長所がたくさんあるのです。

そんなメリットも多く、物が少ないからこそおしゃれに見せることもできるミニマリスト部屋の特徴をご紹介します。
男女共通で使えるエッセンスばかりなので、女性っぽい部屋が苦手な方もぜひ参考にしてみてくださいね。
すっきりしたシンプルな部屋で、「いえじかん」を楽しんでみませんか。

ミニマリストの考え方と部屋の特徴

ミニマリスト

ミニマリストとは、直訳すると「最小限主義者」となります。
身の回りの物を手放し、断捨離をすることで物への執着をなくし、自分の時間や空間を有効に使おうという考え方をもっています。

ミニマリストは最小限、かつ兼用で使っていくことも多いため物が少なく、普通の部屋に比べてスッキリ。
また、物が少ないことでインテリア・小物などの1つ1つに目がいくようになるというのも特徴。

もちろんミニマリストといっても、一人暮らしの方と家族一緒に暮らしている方とでは、家族構成やライフスタイル・好みによって「最小限」の基準が異なってきます。
しかし、物がより少ない=正しいということではありません。
もし、スッキリした部屋を目指したい・物の数自体を減らしたいと考えるなら、自分にあったやり方や基準を探して理想の部屋を作ってみてはいかがでしょうか。

ミニマリストブロガーのエリサさんをご存知でしょうか?
エリサさんは、札幌市にお住まいのミニマリストで、「トランクひとつのモノで暮らす」などの本も出版しています。

そんなエリサさんが、2018年3月31日にテレビ北海道『ぶっちゃけ!終活TV』で放送された内容がこちらです。

この動画内では、エリサさん流ミニマリストの考え方や部屋を紹介しています。
まずは理想とするミニマリストをイメージすることから始めてみませんか?

ミニマリストの考え方は男女共通

ミニマリスト 考え方 男女共通

ミニマリストの考え方などをご紹介してきましたが、この考え方にもちろん男女差はありません。
女性の方が化粧品など身だしなみに使う物が多いイメージですが、ミニマリストは女性特有のアイテムの中でも最低限の物だけに絞って生活をしています。

部屋に持つ物の数をある程度決めておく、兼用できないかと考えることがミニマリストの特徴なのです。

考え方が変われば部屋も生活も変わる

生活

ごちゃごちゃした部屋を片付けようと思うとき、普通は「整理整頓」をしようと思いますよね。
しかし、ミニマリストの考え方は異なります。

まず、ミニマリストは整理整頓の前に、物自体を減らす「断捨離」の作業から始まります。
ミニマリストは物が少ない程豊かになれるという考えを持っていますので、まず「整理整頓しなければ」という考えが浮かばないのです。
ミニマリストを目指すなら、「整理整頓」から物を手放す「断捨離」へ思考をシフトしていきましょう。

気になる6つのミニマリスト部屋を大公開!

ミニマリスト

それでは次にミニマリストなら気になる、ミニマリストの部屋についてご紹介していきます。
部屋ごとにご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

【その1】リビング・ダイニング

リビング

リビングやダイニングは一般的に、テレビやテーブル・エアコン・ソファなど必要な家具・家電が揃っている部屋ですよね。
しかし、ミニマリストのリビングやダイニングの特徴は、家具・家電も最小限。
当たり前にあるはずのテレビ・テーブル・ソファなどもない可能性があります。

ソファについたテーブルで十分という方や、床で生活する場合はソファを使わずに済みます。
「本当に必要?」と考えるだけで随分最小限の基準が変わってくるはずです。

【その2】キッチン

キッチン

ミニマリストの部屋は、キッチンにも物が少ないのが特徴です。
シンクの上には何も置かず、コンロ周辺に調味料が出ていることもありません。
食器や食材のストック、消耗品など物で溢れてしまいがちなキッチンですが、収納スペースをほとんど使わずに済む方もミニマリストの中にはいるんです。

【その3】子供部屋

子供

子供がいると服やおもちゃ、絵本、子供が作った物など、ついつい物が増えていってしまいますよね。
ミニマリストの「最小限」という考えがあっても、服やおもちゃ、絵本はある程度の量になってしまうもの。

そこで、量を決めてそれ以上増えないようにします。
絵本は図書館や学校で借りることができますし、おもちゃも児童館に行けば遊ぶことはできますよね。
ミニマリストも、周囲の設備などを活用しながら自分に合ったやり方で、残す物を決めていくことが重要です。

【その4】寝室

寝室

寝室にある物といえばベッド、クローゼットやサイドテーブル、ドレッサー、キャビネットなどが考えられます。
ミニマリストはクローゼットの中は最小限の物、サイドテーブルやドレッサー、キャビネットはなし、ベッドすらない人もいます。

ベッドは折りたたむことができないため場所をとりますが、布団やマットレスであれば畳んでスペースを有効に使うことができますよね。
ミニマリストの考え方を使うと、こんな風に物を減らしていくことができるのです。

【その5】書斎

書斎

書斎には本棚に本がぎっしり並んでいるイメージですが、ミニマリストの書斎はちょっと違います。
書斎という名の部屋でも、小さいテーブルにパソコンだけといった人もいます。
本棚に並ぶ本の数も最低限、仕事や勉強をするための場所ですから、必要のない物を置かないのがミニマリスト。
物が少ない方が雑念が消えて目の前のことに集中できるので、ミニマリストの書斎は合理的なのです。

【その6】廊下

廊下

ミニマリストの家の廊下には、ほとんど物がありません。
リビングやキッチンには使う物を置く必要がありますが、廊下で使わなければならない物ってありませんよね。

置く必要のない物は手放すのがミニマリストです。
物がないと掃除がしやすいので、きれいな状態を保つことができますよ。

5名のおしゃれなミニマリスト部屋をご紹介

あなたの周りにミニマリストの友達はいますか?
ミニマリストたちが、一体どんな部屋に住んでいるのか気になりますよね。

ミニマリストのおしゃれでシンプルな部屋を見ることで、より一層自分の理想とする部屋がイメージできますよ。
今回私がピックアップしたミニマリストたちの部屋は、どれも清潔感があり快適に暮らすことのできる部屋ばかりです。

「私には、こんな部屋にするのは無理!」と思わず、おしゃれな方をマネすることから始めてみませんか?

misaさん(@aiemigram)がシェアした投稿

【その1】aiemigramさんの投稿

白と茶色で統一したとてもシンプルな部屋。
クッションに座りながらTVも見ることができ、のんびりくつろぐことができる快適な部屋ですね。

* n a k k o *さん(@pom_____na)がシェアした投稿

【その2】pom_____naさんの投稿

とてもナチュラルな雰囲気の部屋。
必要な物以外はきちんと収納されているので、掃除もしやすく、きれいな状態を常にキープできそうですね。

e r iさん(@ie___y)がシェアした投稿

【その3】ie___yさんの投稿

ブラウンを基調としたモダンな雰囲気の部屋。
小さなお子様がいるとは思えないほど、とてもスッキリとした部屋ですね。

maicoさん(@maicohome)がシェアした投稿

【その4】maicohomeさんの投稿

不要な物が置かれていないので、とても清潔感があるキッチン。
所々に観葉植物も飾られていて、毎日の料理が楽しくなりそうですね。

tdkさん(@kurashi_camera)がシェアした投稿

【その5】kurashi_cameraさんの投稿

白で統一されていて、とても清潔感がある寝室。
睡眠の質が格段に上がり、毎朝スッキリと目覚めることができそうですね。

部屋作りで意識する12の極意

意識

では、実際にミニマル(最小限)な部屋を作る場合、どんなことが重要なのでしょうか?
部屋作りで意識するとよいポイントをご紹介します。

【その1】理想の部屋をイメージしよう

イメージ

あなたが理想とする部屋はどんなイメージでしょうか?

  • 物が少ない部屋
  • 和風なテイストの部屋
  • おしゃれな絵画や見せる収納がある部屋

など、イメージは人それぞれあるはずです。

おしゃれな部屋にするためにはおしゃれさがわかるように、ある程度片付けを行う必要があります。
しかし、片付けやミニマリストになること自体を目的にすると、うまくいきません。
たとえば物を減らして片付けた後、どのような状態だったら理想なのかをイメージしてみてください。

その理想の状態を作るために、片付け・ミニマリズム・断捨離などさまざまな考え方の中から自分に合ったものを選ぶことが重要になってきます。

【その2】欲張り過ぎず、少しずつ行おう

欲張り過ぎず 少しづつ

さまざまな片付け術に共通しますが、ミニマリストになるための片付けは一気にやるのではなく少しずつ行うことが重要。
気合いを入れて一気にやると、疲れてしまい継続が難しくなります。
少しずつでも、継続して行うことがリバウンドを起こさずうまく継続していくコツなのです。

【その3】収納とインテリア機能を兼ねたアイテムを選ぼう

収納

収納だけに役立つ物、インテリアとして使う物、これらをどちらも部屋に置こうと思うと物の数が多くなっていきますよね。
ミニマリストは、物を減らしながらどちらの機能も兼ねたアイテムを選んでいきます。
そうすることで部屋の中に物が増えることなく、インテリアを楽しむこともできるのです。

【その4】インテリアは1箇所にまとめよう

インテリア

せっかく物を減らしても、インテリアのために物が増えるようでは意味がありませんよね。
飾りとしてのインテリア小物がたくさんあっても、ごちゃごちゃした印象を与えてしまいます。
シンプルなものを数個だけ、1箇所にまとめて置くとすっきりしますよ。

【その5】壁面収納を有効活用してシンプルな部屋に

壁

ミニマリストは基本的に床に物を置きません。
収納も壁を有効利用することで、物が出ていない部屋になり、シンプルに見えてくるのです。
床に物を置かないので、掃除も楽なのが魅力。

【その6】シャワールームには物を置かない

アイテム

シャワールームにはシャンプーやコンディショナー、ボディソープなどたくさんの物を置いてしまいがちですよね。
ミニマリストは最低限の物だけ、またはシャワーのたびに持ち込むスタイルをとっている人もいます。
置きっぱなしにしていると、ボトルの底をお掃除する必要も出てきますが、そもそも物を置かなければその心配もありません。

また、物をどかしてお掃除しなくてもいいので、本当に楽になります。

【その7】ベッド周りは物を置けない環境に

シンプル

ベッドの近くにサイドテーブルやキャビネットがあると、読書用の本や携帯を置くことができて便利ですよね。
しかしミニマリストはサイドテーブルやキャビネットすら置かず、物を置かない環境作りができているのです。
物を置けない環境作りも、シンプルな部屋作りの秘訣です。

【その8】お掃除アイテムは厳選する

アイテム

部屋をきれいにしようと思うと、お掃除アイテムが増えていくこともあるかもしれません。
ミニマリストの場合は、お掃除アイテムも厳選します。
1つで何役もこなすアイテムや、収納しやすいアイテムなど、自分に合ったものを見つけて厳選するのがおすすめです。

【その9】すっきり・シンプルを心がける

シンプル

ミニマリストの部屋は物が少なく、すっきりしているイメージではありませんか?
家具や家電がビッシリ並んでいる部屋よりも、物が少なく整然としている部屋の方が洗練された印象にもなりますよね。

やり方がよくわからない、という方は「この部屋はすっきり・シンプルな状態か」と問いかけるようにすると、理想の状態を保ちやすくなるはずです。

【その10】統一感をもたせる

統一

ミニマリストの部屋は、統一感があるという特徴もあります。
物が少ないだけではなく、置かれている家具の色合いや素材を揃えているのです。
ナチュラルな雰囲気が好きならば木目調の家具、シックな雰囲気が好きであればオーク材やワックスを塗った木材で揃えるなど、色味の調整をして自分の好みに合わせてみてくださいね。

【その11】白と黒で統一する

白と黒

一番簡単なのが白と黒、つまりモノトーンで統一するやり方です。
壁や床の色と家具を合わせると、部屋の印象がまとまって見えます。
壁が白の部屋はマンションなどで一般的ですよね。

家具を選ぶとき白あるいは黒のものを選ぶと、部屋の大部分を占める壁紙の白の1色か2色しかないので、自然と家がスッキリ見えます。
自分のセンスに自信がないという人でも、シンプルな部屋が簡単に完成させられますよ。

【その12】部屋のテーマに沿った色を使う

テーマ

自分の好みで部屋の色合いを統一したいという場合は、テーマを決めてみましょう。
北欧テイストが好きならば淡い木目調にポイントでカラフルなものを入れてみたり、パステル系が好きであればパステルカラーを取り入れてみるといったようにテーマに沿ったカラーを選んでみてください。

物を最小限にする長所とは?

長所

ミニマリストのように物を最小限にすると、どのようないいことがあるのでしょうか。
部屋が片付く、きれいな状態を保てること以外にも長所はいろいろあるんです。

狭い部屋でも空間を広く使える

空間

物を減らして部屋が片付くと、一人暮らしの狭い部屋でも空間を広く使うことができます。
これまで物で埋もれていた空間を有効に使うことができるのは、魅力的ですよね。
部屋の空間に余裕が生まれると片付ける必要もなくなるため、自分の気持ちや時間にも余裕が生まれますよ。

おしゃれに見える

おしゃれ

部屋が物で溢れていては、おしゃれに見えるどころではありませんよね。
おしゃれな部屋を目指すのであれば、まずは部屋の物を減らしてみましょう。
少ない物の中にセンスのいいインテリアがあると、目立って見えるようになるため、以前より映えてみえるはずです。

ミニマリスト部屋を楽しむためのコツ

楽しむ

ミニマリストは物が少なくて不便ではないのか?
実は物が少ないことでストレスを感じているのではないか?

上記のように、疑問に思っている人もいるかもしれません。
「物が少ないことが全て」と思い込んだり、吟味せず何でも物を捨てていたりしては、部屋作りが楽しくありませんよね。

ミニマリストの部屋を楽しむには、コツがいるんです。

  • 「洗濯機がなくても手洗いでもいいのではないか」
  • 「代わりに◯◯を使えるのでは?」

と、試行錯誤してみることが楽しむコツです。
無理をせず、自分に合ったやり方で楽しみながら行いましょう。

インスタやブログなどで共有する

投稿

ミニマリストになるために物を減らすのは難しく、強い意志や目標がなければ継続できないこともあります。
そんなときにおすすめなのが、インスタやブログなどを活用して人と共有することです。

「人に見られる」意識をすることで、キレイな部屋を維持することができますよ。
同じ目標を持った仲間の投稿を見たり、やり取りをしたりすることで意識が高められるはずです。

まとめ

ミニマリスト 部屋 おしゃれ

ミニマリストの考え方や特徴、部屋作りをする際に意識するポイントをご紹介しました。
ミニマリストを目指して物が少なくなったことが、不便さにつながるわけではありません。

最小限の物だけで暮らすことには、たくさんの長所があることを忘れないでください。
一人暮らしの方だけでなく、家族一緒に暮らしている方もぜひ、今回ご紹介した部屋別の特徴を取り入れながら、おしゃれなミニマリストの部屋を目指してみてはいかがでしょうか。

ミニマリストを目指す第一歩として、洋服の処分から始めてみませんか?
こちらに無駄を省いて、洋服を上手に処分する方法をまとめました。
ぜひ、参考にしてみてくださいね!