女性ミニマリストの買う服・残す服の選び方|少ない服はメリット多!

女性ミニマリストの買う服・残す服の選び方|少ない服はメリット多!

あなたは毎日のコーディネートに悩んではいませんか? 服はたくさんあるのに着られるものがない…このような声もよく聞きます。

その悩み、ミニマリストの服選びを参考にすれば解決するかもしれませんよ。

シーズンごとのトレンドに囚われることなく、あなたに似合うものだけを厳選して着回し上手になりましょう。

リラックスした心地よい「いえじかん」を送るには、身に着ける服も大切。思い切って手持ちの洋服を見直してみましょう!

ミニマリストから学ぶ “残す服” の選び方

ミニマリスト 学ぶ 残す服 選び方

あなたのクローゼットに並んでいる服は、どのように選んで買ったものですか?

「ファッション誌のトレンドや、友達のコーディネートを意識して…」

「 ウィンドウショッピングで見てるうちに欲しくなって」

「 クローゼットにある手持ちの洋服に合うものを考えて」

そんなふうに、いろいろな情報をもとに選んできたかもしれませんが、深く吟味はしたでしょうか。そうして選んだ服はあなたに似合っているでしょうか。着心地は快適ですか。

“なんとなく” 選んだ服が溜まっているなら、不要な服を手放すことから始めましょう。

ミニマリスト的ワードローブの考え方をもとに、まずは “残す服” の選び方をご紹介します。

まず手放すべき不要な服とは

ボタンが外れたまま放置している服、洗濯してもシミが取れなかった服、布地が綻んでしまった服は、今後お出かけの際に着たいとは思いませんよね。

また、サイズが合わなくてぴちぴち、あるいはブカブカな服も、一昔前に流行った服も、今着るには抵抗があるのではないでしょうか。

“タンスの肥やし” にしかならない服や、部屋着としての利用価値しかない服は真っ先に処分してしまうのがおすすめです。

クローゼットにある服の数を少しでも減らすことができれば、これからの “残す服” を選ぶ作業もスムーズに進めることができますよ。

着心地のいい、今の自分に似合う服を選ぶ

女性も男性も歳を重ねるにつれ、容姿や肌の質感、体型などが少しずつ変化していきます。

そのため、20代の頃に似合っていたスタイルが、30代ではしっくりこないなんてことは当たり前で、2,3年のスパンでも、似合う形、似合う色、似合う組み合わせは変わるものです。

毎日のコーディネートを楽しむためには、今の自分に似合う服を選ぶのが大切。そして着心地のよさも意識するといいですね。

仕事とプライベートの両方で着られる服を選ぶ

仕事 プライベート 両方 着られる 服 選ぶ

ミニマリストは〇着までしか服を持ってはいけない、という決まりはないので、個人によって持っている服の数は異なりますが、総じて少ないもの。

服の数を減らして、効率的に着回しをするなら、残す服を仕事でもプライベートでも着られるものに絞るといいでしょう。

同じ服の組み合わせでも、アクセサリーや小物使いを工夫すれば、普段とは違ったお出かけスタイルを楽しむこともできます。

シンプルなデザイン、ベーシックな色味を選ぶ

 

View this post on Instagram

 

Miiさん(@mii_wear)がシェアした投稿

@mii_wearさんの投稿

少ない服で最大限着回すことを考えると、流行に左右されないシンプルなデザインが理想的です。基本は無地のもの、柄はあってもボーダーやストライプ、ドットくらいがおすすめ。

トップスはパンツにもスカートにも合うもの、ボトムスはベーシックな色味のものを選ぶと、組み合わせの選択肢がぐんと広がります。

派手な色や柄が好きな場合、靴下やタイツのワンポイントや、ストールなどの小物でプラスしましょう。

オールシーズン着られる素材を選ぶ

 

View this post on Instagram

 

Riekoさん(@0607_licca)がシェアした投稿

@0607_liccaさんの投稿

コートやアウターなど防寒を目的とした服や、真夏用のノースリーブや半袖は別ですが、秋~春に掛けて着られる素材やデザインを選ぶと、一年間を通して着回しができます。

特におすすめなのが、綿の白いブラウスやシャツ。春と秋は一枚で着て、涼しい夏は羽織って、冬場はニットの中にインナーとして使えるという優れもの。

そのほかにも、カーディガンやパーカーなどは定番の着回しアイテムで、どんな服にでも合わせやすいのが魅力です。

クローゼットに一枚あると便利なので、気に入ったものがあれば残しておくといいですね。

持っておくべき “基本アイテム” の選び方

基本アイテム 選び方

少ない数での着回しは、どのアイテムも出番が多くなります。

クローゼットの整理をして新たに服を買い足す場合は、基本のアイテムと遊び心のある+αを分けて考えると失敗がないでしょう。

また、出番が多くなることで、洗濯や手入れの回数も増えます。すぐに布地がくたびれてしまうチープなものよりも、気に入って長く愛用できる品質のよいものを選ぶことをおすすめします。

ミニマリストの服選びを参考に、しっかりと吟味をして毎日着たくなるお気に入りを見つけましょう。

トップス

トップス

トップスはボトムスとの相性を考えて、基本のアイテムはシンプルなものを選びましょう。白いブラウスやシャツ、ボーダーのカットソー、薄手のニットなどは着回しにとても便利です。

シンプルなデザインでも素材感やカラー選びで、おしゃれの幅は広がります。肌触り、着心地も事前にチェックしてくださいね。

持っているジャケットやパンツが オーソドックスな形なら、襟元に少し特徴のあるドレッシーなものや、色味のあるものを+αとしてトップスに取り入れてもいいでしょう。

パンツ

パンツ

カジュアルなジーンズやカーゴパンツ、きれい目なワイドパンツ、スラックスなどは定番で着回しやすいアイテム。ベーシックなカラーがおすすめです。

長く着回すためにも、自分の体のラインに合ったものを選びましょう。

動きやすさを重視したストレッチ素材のパンツも一枚あると、遠出や長時間の移動が必要な場合にも安心です。

スカート

スカート

「スカートはあまり履かないんだけど…」という方はボトムスの数を増やすのもあり。もちろんその逆も同様です。

黒いスカートは一着あると何かと着回しがききます。

裾がAラインに広がるフレアスカートはカジュアルで柔らかな印象、フィット感のあるタイトスカートは落ち着いた女性らしさが演出できます。

素材によってはオールシーズン使えるため、クローゼットに一枚用意しておくといいでしょう。

ワンピース

 

View this post on Instagram

 

IKOさん(@ikogallery)がシェアした投稿

@ikogalleryさんの投稿

スカート同様、黒のワンピースは用意しておくと便利なアイテムです。デートや “よそ行き” のおしゃれをしたいときにも役立ちます。

ノースリーブや半袖のタイプだと、ジャケットやカーディガンを合わせることで、オールシーズン使えて、着回しの幅も楽しめます。

黒が肌の色に合わない場合は、ネイビーやダークグレーなどのワンピースでもいいでしょう。

アウター

アウター

アウターは、暖かさを重視したダウンと、アンゴラやウール素材のコートを基本アイテムとして用意するといいでしょう。

カジュアルなショート丈か、きれい目なシルエットのロング丈かは、手持ちの洋服に合わせて選んでください。

カラーは、カジュアルな印象にするならカーキやベージュ、フォーマルなら黒かグレー、ネイビーがおすすめです。

少ない服で生活する5つのメリット

少ない服 生活 メリット

少ない服での生活には、いくつかの魅力的なメリットがあります。ミニマリスト的ワードローブを実践して、あなたも体験してみましょう。

【その1】収納スペースに余裕が生まれる

収納 スペース 余裕 生まれる

服が減ってクローゼットに余裕ができると、これまでぎゅうぎゅうに詰まっていたハンガーラックにも隙間ができ、服の出し入れが格段に楽になる上、空いたスペースを他のものの収納に充てることができます。

いつも出しっ放しになっていた掃除用具や雑貨なども整理してしまえば、部屋がすっきりと快適に片付きますよ。

【その2】ムダな服を買うことが無くなる

ムダ 服 買う 無くなる

一着一着が思い入れのある厳選されたアイテムになると、既に持っている服だけで満足ができるので、新たに洋服を買う必要性をあまり感じなくなります。

今買いたい気持ちが抑えられない方は、手持ちの洋服に不満を抱いてる証拠。ワードローブの見直しをしてみましょう。

【その3】服の管理がしやすくなる

服 管理

洋服の総数が少ないと、ほつれなどを見つけてもすぐに対応できますし、季節ごとの衣替えも必要なくなります。

今日着たい服が見つからない…!と、探す手間もありません。

【その4】服のコーディネートがしやすくなる

服 コーディネート

着回ししやすいアイテムを選んでおけば、互いに組み合わせしやすくなりコーディネートに悩みません。

例えばひとつのスカートに対し、手持ちのトップスがすべて合わせられたらどうでしょう。

「このスカートは個性的だから、トップスは白ニットしか合わせられない」なんてことが無くなり、どの洋服も最大限着回せるようになります。

組み合わせが固定化されたファッションから抜け出して、掛け算式に楽しみましょう。

【その5】毎日お気に入りの服が着られるようになる

毎日 お気に入り 服 着られる

ワードローブすべてが厳選されたものならば、毎日お気に入りの洋服を着ることができます。

“なんとなく”で買った二軍の洋服が無いので、いつでも心地いい服を身に着けることができ、常におしゃれでいられます。

まとめ

ミニマリスト 服

ミニマリストの服選びは洋服の管理が楽になり、質のいいものを長く着られて、その上毎日おしゃれでいられるという “いいことづくめ”。

あなたもぜひ、実践してみてはいかがでしょうか?

ミニマリストの部屋がなぜおしゃれなのかご存じですか?

その理由と特徴をまとめてみました。ぜひ、参考にしておしゃれなお部屋と素敵な空間を手に入れてみてくださいね!