女性ミニマリストのバッグを調査!選ぶときに重視する4つのポイント

女性ミニマリストのバッグを調査!選ぶときに重視する4つのポイント

最小限の持ち物だけで生活するミニマリストは、バッグをいくつくらい持っているのでしょうか?また、選ぶ基準も気になりますね!

ミニマリストは、オールシーズンどんなシーンにでも合うバッグを選ぶことで手持ちの個数を5個程度に制限しています。

今回は、ミニマリストの女性が持つバッグの数や中身について「いえじかん」が調査しました。
ミニマリストのバッグの選び方や中身の整理術などをお手本にして、バッグの中身もミニマルにしてみましょう。

ミニマリスト女性はバッグをどのぐらい持ってるの?

ミニマリストの女性はいくつバッグを持ってるか知っていますか?

生活に関するものは必要最低限しか持たずに暮らすミニマリスト。洋服も限度枚数を決めて着まわすことで、おしゃれを楽しんでいるようです。
しかし、バッグなど使い回しにくいものは、どのようなものをいくつくらい持っているのか気になりますね。

調べてみたところミニマリスの女性が所持するバッグの平均個数は5個程度とのこと。
中には、たった2、3個しか持っていないミニマリストもいるようです。

ちなみに、一般的な女性の場合の平均所持数は10個前後、多い人は20個以上と言われています。
やはりミニマリストは、バッグの数も最低限に抑えているようです。

では、季節やシーンに合わせて使い分ける必要があるバッグをミニマリストは、どのような基準で選んでいるのかまとめてみました!

バッグ選びで重視する4つのポイント

バッグ 選び 重視 ポイント

バッグの所持数も最低限のミニマリストは、下記のようなポイントを重視してバッグ選びをしています。

なお、冠婚葬祭用のバッグや旅行用のスーツケースなどは、必要に応じてレンタルしたり人に借りて済ます場合も多いとのこと。

このように使用頻度が低い物は、バッグでも手元に置かないのがミニマリストの基本の考え方となりますよ。

【ポイント1】万能に活躍するデザインのもの

ミニマリストは流行に左右されず、どんなシーンでも使用できるデザインのバッグを選びます。
オーソドックスな色と形、仕事でもプライベートでも使えるデザインのバッグを探してみましょう。

デザインや色が個性的なバッグは洋服とのコーディネートや使い回すのが難しいため、避ける方が無難ですよ。

【ポイント2】オールシーズン使えるもの

オールシーズン 使える

ミニマリストはオールシーズン使える色や素材のバッグを選ぶのが基本です。
ただし、デザイン的にオールシーズン使えそうであれば素材にこだわりすぎる必要はありません。

色に関しては黒や茶色などが、どんな季節でも無難に合わせることができますね。
しかし、夏場には少し重いと感じる場合は、薄い色合いのものを1つ選ぶと良いでしょう。

【ポイント3】機能性を兼ね備えているもの

バッグを選ぶ際にはデザインだけでなく機能性も重視しましょう。
デザインが良くても使い勝手が悪いものは結局、使用する機会が少なくなって「無駄なもの」になってしまいます。

購入する際には実際に手に持ってみて、ハンドルの長さや蓋やジッパーを開け閉めするなど使いやすさを試してみると良いですね。また、持ち物が少ないミニマリストはバッグも小さなサイズで事足りることが多くなります。

もし、仕事で書類やノートパソコンを持ち歩くことがあるようならA4サイズが入る大きさのものを1つ用意すると重宝しますよ。どんなシチュエーションで使用するバッグなのかを想定して購入すれば失敗せずに済みますね。

【ポイント4】耐久性があり長く使えるもの

耐久性 長く 使える

ミニマリストが持つバッグにはある共通点が多く見られます。それは“良いバッグを長く使う”ということ。
長く使うためには耐久性のある丈夫な素材のバッグを選びたいですね。

皮製品は定期的にメンテナンス(お手入れ)をすれば長い間使用できますし、使い込んだ皮素材の味わいも加わります。耐久性のあるナイロン製のバッグであれば軽くて丈夫、水濡れにも強く手入れも簡単です。

ミニマリスト女性の持ち物チェック!バッグの中身は?

ミニマリスト 女性 持ち物 チェック バッグ 中身

余分な物を持たないミニマリストが普段持ち歩いているバッグの中には何が入っているのでしょうか?
気になるミニマリストの女性の持ち物をチェックしてみましょう。

関連記事

ミニマリストの持ち物まとめ|生活に必要な最小限の物とバッグの中身

最低限必要なもの

ミニマリストが最低限必要なものとは?

まず、外出時に誰もが持ち歩く必要最低限のものがあげられます。
どれも特別なものではありませんが、持ち物を減らす工夫がされているものもありますよ。
ぜひ、お手本にしてくださいね。

【その1】財布

ミニマリストの財布の中身は、お金の他にクレジットカードが1~2枚、キャッシュカード、保険証など。
余計なポイントカードなどは持たないため、ミニマリストのお財布は小さめの場合が多いようです。

レシートなども、帰宅後すぐに財布から取り出すため「ブタ財布」とは無縁です。
やはり、ミニマリストは財布の中身もミニマルですね。

【その2】ティッシュ&ハンカチ

女性の身だしなみとして、ハンカチとティッシュは入れておくのが基本です。
最近では店舗によって使い捨てのおしぼりが貰えたり、トイレにペーパータオルが用意されたりと便利になっています。

しかし、いざという時の為にもハンカチとポケットティッシュは持っておくと安心ですよ。
ミニタオルやミニティッシュなど小さなサイズのものを使用すれば、バッグの中でかさばらず済みますね。

【その3】スマホ

スマホは今や、なくてはならない必需品ですね。
ミニマリストはポイントカードやスケジュール、書籍などデジタル化できるものをスマホに一括することでバッグの中身を少なくする工夫をしていますよ。

電子マネー登録をしておけば電車やバス代、自販機やコンビニの支払いもできることから財布代わりに使っても良いですね。

【その4】カギ

自宅の鍵も必ず持っておかなくてはならいものですね。
バッグの内側にキーリングを付ければ、バッグの中で鍵が迷子になるのを防げますよ。

必要に応じて持ち歩くもの

必要に 持ち歩く

必要最低限の持ち物以外で、ミニマリストが必要に応じて持ち歩くものには何があるのでしょうか?
ここでは一例として、いくつかのアイテムを紹介します。

【その1】手帳

タブレットやパソコンが普及したことでビジネスシーンでもそれらを手元に置いてのミーティングも増えました。中には、スマホをビジネスシーンで活用している人も多いと思います。

できるのであればスマホやパソコン、タブレットにメモやスケジュールを直接入力し、手帳は手放してしまいたいですね。

しかし、会議や打ち合わせ中、特に取引相手の目の前でスマホを操作するのは不適切との考え方も根強く残っているようです。そういった事情から手帳や筆記用具を持ち歩く場合も考えられますよ。

【その2】小さめのポーチ

余分なものはバッグに入れないミニマリストですが、必要に応じてポーチを持参している人は多いようです。
ポーチの中身はリップなどのコスメや目薬・常備薬などが入っています。予備の使い捨てコンタクトレンズやナプキン、イヤホンといった細々したものも必要ならば全てポーチにまとめると良いでしょう。

ミニマリストは普段から大幅な化粧直しなどが必要のない「崩れない」メイクを基本としているため、持ち歩くメイク道具も必要最低限。そのため、ポーチは小さめのもので用が足りるのが特徴です。

【その3】エコバッグ

ミニマリストの買い物はあらかじめ計画を立てて、スーパーに行く日にはエコバッグを持参します。

最近ではビニール袋が有料のお店も増えていますし、無料でもゴミになるだけなので家に持ち込まないためにもエコバッグは重宝しますね。エコバッグは小さく折りたためるものが携帯するには便利ですよ。

バッグの中身をスッキリさせる3つの整理術

バッグの中身をスッキリさせる整理術を紹介します。

気が付くとバッグの中身がごちゃごちゃしていることはありませんか?
ボールペンが何本も出てきたり、広告入りティッシュペーパーがいくつも入っていたり。
中身がもので溢れているバッグは、必要なものをすぐに取り出せずイライラのもとになってしまいます。

そんな時にお手本にしたいのが、ニマリストが実践する「バッグの中身の整理術」です。
部屋同様、スッキリとしているミニマリストのバッグの中身を目指して断捨離してみましょう。

【その1】ポーチの中身はなるべくスッキリ

ミニマリストの一番の特徴は“本当に必要なものだけを厳選”すること。
これは部屋だけでなくバッグの中身にも当てはまります。

メイク用品や常備薬を入れているポーチがパンパンに膨らんでいませんか?
そんな時は、中身を全て取り出してみてください。

「使うかもしれない」と思って持ち歩いているコスメや使わずにヨレヨレになった絆創膏。
飲まずに入れっぱなしになっている胃腸薬、いつか誰かにもらった飴やガムなど…。口に入れるものは消費期限などがありますから、日付を確認した上で処分するか使ってしまうと良いでしょう。

持っていても使わないものを思い切って捨ててしまえば、ポーチの中身がスッキリします。
また、ポーチの大きさも中身の量に合わせれば、バッグ内で収まりが良くなりますよ。

【その2】本や手帳は極力データ化する

本 手帳 データ化

バッグの中身で場所を取り、重さもあるのが本や手帳などの紙類ではないでしょうか。
これらをデータ化すれば、バッグの中身をかなり軽量化することが可能です。

書籍などは電子書籍を購入して読む。
スケジュール帳はスマホのカレンダー機能を利用して管理。
手帳代わりにスマホにメモを残す。

このように、データ化してスマホで管理すればバッグの中身が一気にスッキリとしますよ。
実際、ミニマリストの部屋には書籍が少ないという特徴がありますが、これは電子書籍を利用していることもあるようです。

手帳に関しては、上記の「必要に応じて持ち歩くもの」の手帳の項を参考にして必要な時だけ持ち歩くと良いでしょう。

【その3】2ヶ月に1度くらいの頻度で中身を整理

バッグの中身がゴチャゴチャになってしまうのを防ぐには、定期的に持ち物を確認し不要なものを抜き出すこと。一部のミニマリストは帰宅したら一旦、バッグの中身を出して不要なもの処分し、またバッグに戻すという習慣をつけているそうです。

この方法であれば今日の不要品を明日もバッグに入れたままにしないで済みますが、慣れていない人には面倒な作業ですよね。
そこで2か月に1度くらいの頻度でバッグの中身を見直すことをおすすめします。

2か月間バッグの中に入れておいたものの使用頻度をチェックしてみましょう。
1度も使わなかったものは「不要なもの」としてバッグから出しても問題ありませんよね。

使ったけれど使用場面が限られているものであれば、常に携帯する必要はないと判断できます。
それらは、次に使う際に改めてバッグの中に入れることで事足りるはずです。

こういった持ち物チェックを繰り返すことで必要なもの・不要なものを確認でき、自然と持ち物が厳選されていきますよ。

また、日々バッグの中にたまるゴミなどは入れっぱなしにせず、できるだけ早くゴミとして処分する習慣を身につけましょう。こうすることで、ミニマリストの持つ中身がスッキリとしたバッグに近づけることができますよ。

まとめ

ミニマリストの女性が持つバッグの数は平均で5個くらい。
少ない個数で済むのは、オールシーズン、どんなシーンにでも合うバッグを厳選して持つことにありました。
また、バッグの中身をスッキリとさせる、ミニマリストの整理方法も参考にしてくださいね。