マインドフルネスに潜む4つの危険|知らないと損する正しい実践法

マインドフルネスに潜む4つの危険|知らないと損する正しい実践法

マインドフルネスには危険性もあるのか知りたい…
マインドフルネス瞑想にも注意点があるのか分からない…
慣れてくるとこういったことを考えたことはありませんか?

暮らしのためにマインドフルネスを活用している人も多いのではないでしょうか。
しかし耳にするのは良さを教えることばかりです。

危険な部分もあることを理解するだけで無理のないマインドフルネスが行えますよ。
上手に使って「いえじかん」を素敵なものにしていきましょうね。

関連記事

マインドフルネスのメリットとデメリット|上手におこなう5つのコツを伝授

人気のマインドフルネス|問題視されている4つの危険

人気 マインドフルネス 問題視 危険

近年人気になり行う人口も増えてきたマインドフルネスはメリットが多く素敵ですよね。
ですがその反面上手に活用できない場合の危険性について目にする機会は少ないものです。
ここからは危険があると問題視されている4つのことについてご紹介していきますよ。

【危険1】「禅病」という自律神経失調症になるリスク

禅病 自律神経失調症 リスク

瞑想は自律神経に作用してリフレッシュするためにも素敵なものといわれていますよね。
しかし精神的に訴えかけることで良くない影響を及ぼすリスクもあることを理解しておく必要もあるんです。

活用しきれないと禅病といった病気になる恐れもあります。
予防のためにも、どのような状態でなりやすいかなど知っておきましょう。

禅病とは

精神が不安定な時に瞑想を行うと瞑想の悪い面が現れる危険があります。
瞑想は自律神経を整え落ち着いた気持ちになれる等のメリットがあるとされていますよね。
しかしそれは健康な人が行った場合です。

精神不安定な状態や、何かに強い不安を抱いている状態の場合には注意が必要なんですよ。
自律神経が乱れすぎていると瞑想を行っても良い方向に向きにくくなってしまいます。

瞑想中に突然気が動転してしまったり、泣き出してしまったりということもあるようです。
体に異常をきたすようなことに瞑想をするだけでなってしまうなんて恐ろしいですね。

精神的なことであり真相の研究があまり進んでいないこともあります。
原因不明に近い状態なので不安症状のある状態のときには瞑想も控えるようにしましょう。

適度な有酸素運動を取り入れることで改善

長時間ゆったりと瞑想を行うということは体を動かさずにいることにもつながります。
そして慢性的な運動不足にもつながる恐れもありますよね。

瞑想状態に入るには体がリフレッシュしている状態が一番です。
適度にジョギングやサイクリングをするなどの有酸素運動を生活に取り入れてください。

それだけでも禅病は改善に向かいやすくなるとされているんです。
運動不足は悪いことだらけです。
禅病のリスクをなくすためにも意識して行ってみてくださいね。

【危険2】悩みやストレスを悪化させてしまうというリスク

悩み ストレス 悪化 リスク

瞑想は自分の状態を把握できるので良いことばかりというイメージがあります。
しかし状態を把握するということは自分の問題にも向き合うことになります。

今まで目を向けてこなかった悩みやストレスに目を向けてしまうことで身体に異常が出てくることもあり得ます。
自分が悩みに向き合う力がない人や、精神状態が不安定な人は控える必要もありますね。

瞑想難民と呼ばれる人々

瞑想は最近ではテレビで特集されたりと良い部分が多く、試したいという人も増えています。
しかし紹介しているようなリスクを知らず、安易に始めてしまったことで今までの悩みに悪影響を与えてしまった人も多いんですよ。

この悪い状態に陥ってしまった人のことを瞑想難民と呼んでいます。
瞑想を行うことでこうなりたいと願っていた人が、違う方向に影響を与えることもあります。
自分の理想のままに行かないと、瞑想を行う自分自身を責めるようになる人もいますね。

安易に始めて身を滅ぼしてしまっては意味がありません。
何かおかしいと感じたら一度立ち止まって瞑想を中止する決断も必要ですよ。

【危険3】瞑想中は暗示にかかりやすいというリスク

瞑想中 暗示 かかりやすい リスク

瞑想を行うと自分自身の状態に気づきやすくなります。
気付きを得るために精神を開放する状態になることでスッキリとした状態になれますよね。

人気になってきたことによって講習会やセミナーも開催されるようになってきました。
紹介してきたような危険もあるのでセミナーに参加して正しく行いたい人もいるのです。
しかしその瞑想も悪用されるような危険もあるといわれています。

コーチや指導者による洗脳

瞑想は一度精神を無に近い状態に持っていくことで行います。
スッキリして気持ちのいい状態ですが、洗脳するのに最適な状態ともいわれているんです。

指導者が悪用して洗脳状態にすることで高額なセミナーに参加させられる心配もあります。
一度洗脳状態になってしまうとなかなか冷静にはなれませんよ。

カウンセラーなら安心

マインドフルネス瞑想は誰でも行えるものですが資格もあるのをご存知でしょうか?
ポジティブ心理カウンセラーというような資格もあります。

無資格の怪しいセミナーに行くよりも適切なカウンセリングを行える場所に行きましょう
安心して瞑想を行うためにも一度注意して確認してくださいね。

【危険4】瞑想に依存してしまうリスク

瞑想 依存 リスク

良いことばかりの瞑想ですが、依存には最大限の注意を払いましょう。
日々取り入れて習慣化することが効果的に行うポイントですよね。

しかし行わないと落ち着かないといった状態は危険サインです。
依存を防ぐためにも長時間の瞑想状態にならないようにしてください。

現実社会の生活を疎かにしてしまう危険性

瞑想状態は良い方向に働きすぎても大変です。
自分の状態に気づけて心地の良い瞑想は癖になってしまう人もいるんですよ。

瞑想しないと落ち着かないようになることで生活がおろそかになることもあります。
自分のペースを乱してしまうほどのめりこまないように注意しておこなってくださいね。

瞑想のやり方などこちらの記事でも紹介しています>>マインドフルネス瞑想のやり方・基本編&応用編|実践のポイント3選

 

正しいやり方で効果大!覚えておきたい実践のコツ

正しい やり方 効果 実践 コツ

瞑想を行う時には正しいやり方で行うことでより効果を感じられるようになります。
とはいっても、正しい方法は意外と身についていないことが多いですよね。
実践するときに押さえておきたいポイントを覚えておくことで効果は大きくなりますよ。

呼吸している自分に集中する

瞑想をするときには意識の集中する方向が大切になってきます。
自分が瞑想状態に入っているとき呼吸にしっかりと集中しましょう。
自分の呼吸を理解して置くことでより深くまで意識を向けることもできますね。

自分に合ったペースで行う

瞑想は毎日意識的に継続することで効果が得やすくなるといわれています。
効果が出るまで1か月ケースもあるということで瞑想を毎日欠かさず行う人もいますよね。

しかし無理して義務感だけで続けるようになってしまっては逆効果です。
疲労状態で行ってしまうと禅病の危険も出てきてしまいます。
自分のペースで疲れているときは一時休止することも大切なんですよ。

毎日行うことが効果に繋がる

瞑想は継続することで効果を発揮してきます。
効果が出てくるまでも時間がかかるものなので毎日30分から1時間を設けてください。
毎日瞑想を行う癖をつけることで日常に馴染み深いものになってきますよ。

瞑想は悪影響?陥りやすい注意点とは

瞑想 悪影響 陥りやすい 注意点

危険性もはらんでいるマインドフルネス瞑想は悪影響だけというわけではありません。
とはいってもやはり悪影響の内容も気になりますよね。

ここからは瞑想をするうえで陥りがちな注意点をご紹介していきます。
注意するべきところをしっかりと把握して瞑想の危険を理解したうえで行いましょう

主治医に相談してから始めた方がよい場合もある

主治医 相談 始めた 場合

瞑想を行うことは自分を知ることが出来るので良い効果が多いです。
しかし瞑想を行うことには向き不向きがあることをご存知でしょうか。

そういった状態の人は禅病の危険も考えて行動しなければなりません。
もし始めたいときには自分の健康状態を主治医さんに相談してから始めていきましょう。

身体的に不安がある場合

疲労感があり弱っている状態であったり病気がちであったりというときには瞑想にも気を付ける必要があります。

瞑想を行うことに不安があるときは自己判断をせずに医者の判断をもらいましょう
せっかく瞑想で良い効果を得ようとしているのに病気になってしまうのは嫌ですよね。
しっかりと適正な判断で瞑想を始めてくださいね。

精神疾患で通院中の場合

精神状態が不安定であったりと精神疾患がある場合には特に注意をしなければなりません。
瞑想は気分を落ち着かせる効果も多く精神状態の回復にも良さそうなイメージですよね。

しかし瞑想状態に入り込みすぎることで逆に精神不安定になってしまったり、いきなり泣き出してしまったりということもあるんです。

メリットの多い瞑想も使う時の精神状態を選ばなければ効果が無くなってしまいますね。
こちらも医者の許可を得ることが出来てから始めることをオススメします。

行う場所をきちんと選ぶ

行う場所 選ぶ

マインドフルネス瞑想からより効果を得るためには行う場所も重要ですよ。
自宅で行うという人も多くいますが中にはしっかりと知識として知りながら行いたい人もいますよね。

しかし不適切な場所での瞑想は満足な効果を得られず不満が溜まることもあります。
そのために適切な場所を見極める力も必要になってきます。

セミナーや教室の利用は控える

マインドフルネスが有名になり流行しだしてきたことで学びたいと考える人もいます。
自分で簡単に家で調べて行うよりも効果が実感できそうという意見もありますよね。
しかしそこでの選択が後々の効果に影響を与えることもあるんですよ。

瞑想を学びたいと考えたときに教室やセミナーに行くことは控えるほうが得策でしょう。
なかには無資格の適当な知識だけで瞑想を教える講師もいるようです。
また集中して行う瞑想で洗脳状態に陥ってしまうなんてこともあり得ます。

マインドフルネスにもしっかりとした認定資格があるんです。
その資格を持ったカウンセリングを行っている場所もあります。
自分自身が安全と思える場所でマインドフルネス瞑想は行うようにしましょうね。

過剰な期待をしてしまう

過度 期待

瞑想は良いところばかり取り上げられていることもありついつい期待してしまいます。
自分も気づきを得ることで生活に変化があるかもしれないと感じるものですね。

しかし瞑想に過度な期待はしないほうが賢明といえます。
効果が出てくるまでに時間がかかってしまい効果にも個人差があるんですよ。

焦りやストレスを感じてしまう

過剰な期待は効果を得られないばかりか悪影響にもつながってしまいます。
中々効果が実感できず、せっかくの時間は何だったんだと思ってしまうこともあります。

そういう状態になってしまうと焦りから大きなストレスを抱えてしまうことになりますよ。
ゆったりとした気持ちでマイペースで進めるようにしましょうね。

体調や心の調子に合わせて行う

体調 心 調子 合わせて 行う

瞑想は体調が優れないときや精神状態が良くないときは控える必要があります。
調子が悪く集中力が切れてしまうとまともに瞑想が出来ないこともあるんですよ。

瞑想がうまく出来ず気持ち悪い気分になってしまうこともあります。
毎日することも大切ですがまずは自分第一で休息をとってくださいね。

なかなか上手に出来ず自己嫌悪に陥る

上手 出来ず 自己嫌悪 陥る

調子の悪さから瞑想が上手にできないとストレスがどんどん溜まってしまいますよ。
出来ない自分を責めて自己嫌悪に陥ってしまう人もいるんです。

それでは瞑想している意味もありませんよね。
無理のない範囲で行うことを意識して自分の負担にならない工夫をするようにしましょう。

まとめ

マインドフルネスは良いことばかりのイメージですが、健康状態で正しく行うことが一番効果的でしたね。
私も瞑想を行うときには体調に気を使って行うようにしています。
危険性を理解したうえで瞑想を生活に取り入れていきましょうね。

マインドフルネス瞑想とは少し違いますが、ヨガの瞑想も一味違って良いですよ!
こちらに、ヨガの瞑想の効果とやり方についてまとめました。
ぜひ、参考にしてみてください。