コーヒーの酸味が強くなる3つの原因と味を決めるコツ

コーヒーの酸味が強くなる3つの原因と味を決めるコツ

「コーヒーを楽しみたい! だけど酸味は苦手」とあなたも頭を抱えているのではないでしょうか? 実は、コーヒーは抽出するまでの3つの原因で酸味が強くなってしまうと言われています。

自分好みの贅沢な味わい、香りを思う存分楽しむために「いえじかん」で紹介するコーヒーの酸味が強くなる3つの原因をチェックしておきましょう。

また、酸味をおさえるためのいくつかの方法を把握しておくことで、新たなコーヒーの魅力を体感できるはずです。

目次

コーヒーの酸味は淹れかたや煎りかたで変わる!

コーヒー 酸味 淹れかた 煎り方 変わる

これからコーヒーの楽しみかかたを発掘していきたいあなたは、酸味が淹れかたや煎りかたで変化するということから知っていきましょう。

同じ酸味でも舌を刺すような刺激を伴う酸っぱさを感じる場合には、コーヒー本来の味わいを引き出せていないかもしれません。

コーヒー本来の味わいには酸味だけでなく、コクや苦味が伴うため非常にマイルドさがあります。

そんな、豆に隠された魅力を体感するために、正しい知識を身につけましょう。

 

酸っぱさが出る3つの原因

酸っぱさ 原因

酸っぱさが強く感じられてしまうコーヒーは、3つの原因が抽出するまでの工程に隠されています。
自分好みのコーヒーを楽しみたいのに酸味が気になるあなたは、

  1. 「豆の鮮度が落ちていないか」
  2. 「淹れかたが間違えていないか」
  3. 「そもそも酸味の強い豆をチョイスしていないか」

をチェックしてみましょう。

コーヒーは抽出するまでの工程の違いによって、味わいの感じかたがまったく異なるという魅力も隠されています。

【原因1】コーヒー豆の鮮度が落ちている(保存状態が悪い)

原因 コーヒー豆 鮮度 落ちている

まずは、コーヒーの鮮度が落ちていないかを確認してみましょう。

いつも焙煎されたもの、インスタントを使用しているという場合には馴染みがないかもしれませんが、コーヒー豆も植物のひとつ。

コーヒーの鮮度をしっかりとキープするためにも、正しい豆の扱いかたをマスターしておきましょう。

関連記事

コーヒーの保存方法を見直して、もっと美味しいコーヒーライフを♪

賞味期限が過ぎている

自分で挽かれている前の豆から厳選したいあなたは、いつまでに使い切らなければならないかを忘れずに記録しておきましょう。

コーヒー豆を購入してからかなりの時間が経過しているような場合は、賞味期限を確認することからはじめることをおすすめします。

 

保存方法が間違っている

コーヒー豆はすぐに使い切らないという特徴があるため、「遮光性」「密封性」「温度」の3つのチェックポイントを確認しておきましょう。

前述の通り、コーヒー豆も植物のひとつであるため、冷蔵や冷凍で保管しておけば問題ないと思っている人も珍しくありませんが、実は保存方法にはいくつかの工夫が必要です。

 

焙煎してから時間が経っている

「焙煎によって酸化したコーヒー豆は時間が経過しても変化しない」というイメージがありますが、実は酸味は2日後をピークに酸っぱさに変化してしまいます。

酸味が強くなってしまう原因は、焙煎してからの時間にも隠さています。

焙煎後のコーヒー豆の変化を計算することも、思い通りの味わいを表現するポイントと言えるでしょう。

 

酸味のあるコーヒー豆の品質だった

この欠点豆が通常のコーヒー豆に混じると、酸味やえぐみといった雑味の原因になるのです。

農園から出荷されたコーヒー豆のなかには「欠点豆」と呼ばれる、未成熟だったり出荷工程で割れたり欠けたり、カビが生えたりといった豆が混入しています。

欠点豆は、機械などである程度は取り除かれた状態で小売店に並びますが、最後は目視しながら人の手で取り除く「ハンドピック」とよばれる作業が必要です。

しかしハンドピックをおこなうとコーヒーの価格が高くなってしまうため、安価なコーヒー豆の多くはハンドピックされていません。

コーヒーを淹れて嫌な酸味を感じたら、挽く前のコーヒー豆をよく観察して変形や変色した欠点豆を取り除いてみてください。

手間はかかりますが欠点豆を取り除くことで、コーヒー豆本来のクリアな酸味を味わうことができるでしょう。

 

【原因2】淹れかたで酸っぱさが際立つ

原因 淹れかた 酸っぱさ 際立つ
豆の状態と酸味との関係を把握できたら、次は淹れかたをチェックするようにしましょう。蒸らしの時間やお湯の温度によっては、酸味が強く引き出されてしまう危険性があります。

蒸らしが足りない

ドリップコーヒーを淹れる際にはお湯を3回にわける、「の」の字を描くように注湯するといった点に注力しましょう。

まず、豆を蒸らす時間についてですが、特にドリップコーヒーを淹れる場合は注意が必要です。

蒸らしの時間が足りない場合には、豆のコクや苦味までを抽出できず、酸味だけを感じやすい状態になります。

 

お湯の温度が適温でない

コーヒー本来の味わいを引き出すために、最適なお湯の温度は95℃。

水分が100℃以上に達することはないため高すぎるケースは考えにくいですが、温度が低すぎる状態で注湯してしまうとと苦味や深みを引き出すことが難しくなってしまいます。

 

【原因3】コーヒー豆の持つ特徴である

原因 コーヒー豆 特徴

コーヒー好きのあなたは品種による特徴に違いを知り、厳選していますか?

もし、「品種をなんとなく選んでいる」なら、コーヒーの魅力を見逃してしまっている可能性があります。

また、メキシコとキリマンジャロは、特に酸味が強く感じられる品種であることも把握しておきましょう。

ブルーマウンテンやモカと比較した場合に、苦味や香りが弱いため、酸味が強く引き出されやすいです。

 

コーヒーの酸味はおいしい証拠

苦手 酸っぱさ 旨味 ひとつ

コーヒーは酸っぱさを特徴として認識できれば、さらなる魅力を発掘できます。
料理のように調味料を加えることはありませんが、コクや苦味を引き立たせ、より豊かな味わいを体感するために酸っぱさも必要です。」

少しの酸っぱさが美味しさを引き立てる

コーヒーにおいては旨味を構成する要素のひとつとして、酸っぱさが非常に大きな役割を果たしている訳です。

人間の味覚は非常に繊細で、苦味やコク、香りなどのいくつかの要素を組み合わせによって旨味を感じとります。

悪い出方をすると美味しさが半減する

「面倒」と感じてしまうかもしれません。コーヒーの魅力の一面として受け入れることで、味わいの深みを見つけられるでしょう。

悪い出方とは?

悪い酸っぱさの出方とは、コーヒー本来の味ではないところから抽出されてしまった部分を指します。

賞味期限が切れている、蒸らす時間が短いなどの抽出の工程を間違えている場合に、酸っぱさが悪い出方をしてしまいます。

 

酸っぱさにも種類がある

酸っぱさ 種類

「酸っぱさにもレパートリーがある」という点もコーヒーの魅力のひとつと言えるのではないでしょうか? 梅干しの酸っぱさとお酢の酸っぱさが異なる食べもののように、コーヒーの味わいにもいくつかの種類が存在しています。

フルーティな酸っぱさ

この酸味は旨味につながり、決して不味いという感覚にはならないという点に特徴があります。

フルーティーな酸っぱさとは果実の種を使用し、酸味とともにどこか果物の甘みが感じられる酸っぱさを指します。

えぐみの強い酸っぱさ

もし「酸味が強くてコーヒーに興味がなくなってしまった」という場合、えぐみの強い酸っぱさを感じてしまった可能性があります。

えぐみの強い酸っぱさには刺激があり、人間が不味いと感じてしまう酸味です。

豆本来の旨味を上手に引き出せていれば、えぐみの強い酸味を感じてしまうこともありません。

 

コーヒー本来の酸味を味わうために

コーヒーの魅力のひとつであるおいしい酸味を味わいたいなら、コーヒー豆を選ぶことからはじめましょう。

1.新鮮なコーヒー豆を選ぶ

焙煎したコーヒー豆は時間とともに酸化していきます。そのため、できるだけ焙煎したてのフレッシュな豆を選びましょう。

2.品質のよいコーヒー豆を選ぶこと

前述したように欠点豆が混ざったコーヒー豆は、酸味やえぐみが抽出されやすくなります。

自家焙煎を自慢にするコーヒー豆専門店では、焙煎前後にハンドピックをおこなってからコーヒー豆を販売しています。

人の手が余分に入っているので価格は高くなりますが、専門店ならでは「焙煎したての品質にこだわったコーヒー豆」を一度味わってみてください。

きっと、そのおいしさに驚きますよ!

コーヒーの酸味と苦味の関係

コーヒーの味の好みは人それぞれですが、酸味と苦味はどちらかが皆無でも物足りない、いわば切っても切り離せない関係にあると考えられます。

一般的な喫茶店やカフェなどで提供される「ブレンドコーヒー」の多くが、ほのかな酸味とほどよい苦味が味わえる万人向けのコーヒーであることからも明らかです。

実はコーヒーの味は豆の種類だけでなく、焙煎度合いや豆の挽き目、お湯の温度とさまざまな条件によって左右されます。

なかでもコーヒーの味を決めるうえで、重要な役割を持つのが火を用いた焙煎(ロースト)です。

焙煎は8段階(度合い)にわかれていて、短い時間で焙煎した豆を「浅煎り」、焙煎時間が長いものを「深煎り」と呼び、それぞれの焙煎度合いでコーヒーの味が変わります。

焙煎初期の浅煎り豆は、青臭く酸味ばかりが強くてコーヒーとよぶにはひどいものです。

逆に深煎りしすぎると、焦げ臭のする苦味ばかりが強い液体に……。

もちろん、浅煎りには切れのよい酸味とほのかな苦味を味わえる焙煎度合いもあります。深煎りの焙煎度合いには酸味が抑えられ苦味とコクが増し、アイスコーヒーやカフェオレ向きのコーヒー豆も存在します。

上記のブレンドコーヒーに使われるコーヒー豆は浅煎りと深煎りの中間あたり、酸味と苦味の絶妙なバランスが味わえる焙煎度合いになります。

このようにコーヒーの旨味は、酸味と苦味のバランスによって成り立っているのです。

酸っぱさを抑える5つのコツ

酸っぱさ 抑える コツ

コーヒーの酸味が強く引き出されてしまう原因や酸っぱさの種類を把握したところで、酸味が苦手というあなたは酸っぱさを抑えるコツについても確認しておきましょう。

  1. 「焙煎の度合いを調整する」
  2. 「味を調和させる」
  3. 「豆の挽き具合を変える」
  4. 「フライパンで煎る」

という4つの方法を活用すれば、コーヒーの酸味をおさえられます。

【コツ1】焙煎度合いで調整

コーヒーの味わいは豆の状態と焙煎度合いで調整できます。

旨味にアクセントを加えたいときも、ローストの度合いごとの特徴を知っておきましょう。

浅煎りは酸っぱさが強くなる

豆を浅煎りの状態から抽出するコーヒーには、酸味が強くなるという特徴があります。

あまりローストされていない豆を使用するため苦味が弱く、酸っぱさを感じやすいとも言えます。

 

深煎りは苦味が強くなる

浅煎りで酸味が強くなる反面、しっかりとローストした深煎りの豆には苦味が強くなるという特徴があります。

苦味を強く感じることで、コーヒーのコクや深みを一緒に感じやすくなるため、相対的に酸味が弱く感じられます。

 

【コツ2】ミルクなどで中和する

酸味に限ったことではありませんが、マイルドな味わいが好きならミルクがおすすめ。

脂肪酸などの健康の害につながる要素に注意しながら使用することで、酸味や苦味などの強く感じられやすい要素に丸みを加えてくれるでしょう。

 

【コツ3】豆の挽きかたを変えてみる

挽きかたに合わせたミルの使いかたにすることで味わいの変化を感じられるでしょう。

コーヒー豆には細挽きや粗挽きなどの引き具合があり、旨味の感じかたにも違いがあります。

また、細かく挽かれているほど短時間の抽出向き、粗挽きであればある程度の時間をかけた抽出方法が向いているとされています。

 

【コツ4】フライパンで豆を煎る

前述の煎り具合を調整するというテクニックにもつながりますが、フライパンを使って自分で豆を煎ることも酸味を抑えるための手段です。

いくつかの注意点はありますが、アルミホイルを使用したうえで火加減に注意しながらゆっくり焙煎しさえすれば、思い通りのコーヒーを味わえるはずです。

 

【コツ5】保存方法に気をつける

コーヒー豆の酸化を抑えることで、コーヒーが酸っぱくなるのを防げます。

そのためにもコーヒー豆の保存方法に注意しましょう。焙煎後のコーヒー豆は、光と湿気と高温を嫌います。

コーヒー豆は缶などの密閉できる容器に入れて、湿気の少ない冷暗所で保存してください。

2週間前後であれば常温での保存が可能ですが、量が多いときは冷蔵庫に保存して1か月程度で飲み切るようにしましょう。

もし1か月で飲み切れない量であれば、フリーザーバッグなどに少量ずつ小分けにして冷凍保存することをおすすめします。

冷凍保存のコツは酸化を防ぐためにしっかり空気を抜くこと!

なお冷凍保存の場合は使う量だけ、その都度取り出し、そして3か月を目安に飲み切ってしまいましょう。

いずれの方法も、ある程度は豆の酸化を防ぐことができるので「飲み切れない」と思ったときは、ぜひ上記の保存方法を試してくださいね。

 

酸っぱさが少ないコーヒー豆の種類や特徴

酸っぱさ 少ない コーヒー豆 種類

コーヒーの種類による特徴を把握しておくことは、自分好みの味わいを実感するための1番の近道です。

今回は、特に酸っぱさが少ない豆の種類を紹介していきます。

コーヒーそのものの味わいを体感したい人も、ブレンドして自分好みの味に仕上げたい人もぜひそれぞれの特徴について知っていきましょう。

ブルーマウンテン

苦味やコク、香りのバランスがもっともよいコーヒー豆として、多くの人々に愛されているという点に特徴があります。

ブルーマウンテンは、缶コーヒーにもなっているほど日本人に馴染みのある品種です。

ブラジル・サントス

日本にとって馴染みの深いブルーマウンテンと比較した場合には、甘みと感じられるさわやかな酸味があるという点に特徴があります。

カフェや喫茶店でもあまり聞かない名前ではありますが、世界一の生産量を誇っている品種がブラジル・サントスです。

 

マンデリン

苦味とコクが引き立ち、独特の後味があるためブレンドとして活用されることが多いという点に特徴があり、酸味はほとんど感じられません。

インドネシアで栽培されていることで知られている品種が、マンデリンです。

日本ではブルーマウンテンが多くの人に認識されるまでは、マンデリンが最高の品種と評されていたという歴史があります。

関連記事

マンデリンコーヒー|5つの基礎知識と特徴を解説!苦味とコクが魅力

 

コロンビア

コロンビアは甘みが強く、まろやかな口当たりを楽しめるという点に特徴のあるコーヒーの種類です。

同じコロンビアコーヒーにもさまざまな種類があり、等級にもよりますがティピカやブルボンなどの品種は希少であり、高価な値がつくことで知られています。

関連記事

コロンビアコーヒーの基礎知識と特徴!美味しく飲む4つのコツとは?

 

カロシ・トラジャ

酸味はほとんど感じられないものの甘みがさっぱりとしているため、キレのある味わいに仕上がりやすいという点に特徴があります。

カロシ・トラジャはインドネシアで栽培される品種のひとつです。

ケニア

アフリカ産のコーヒーらしくフルーティーな甘みと香りに大きな特徴があるため、酸味が感じられることはほとんどありません。

ケニアはその名の通り、アフリカ大陸の最南端に位置する広大な土地で栽培されている品種のひとつです。

まとめ

コーヒーの酸味が強く引き立つ原因は、豆のチョイスから抽出するという工程に隠されています。

「コーヒーを思う存分味わいたいけど酸味が気になる」というあなたは、抽出方法と豆の特徴をもう一度確認してみましょう。

美味しいコーヒーを味わいたいのであれば保存方法を見直しましょう。

100%酸化しないパッケージに入ったルカフェなら味が落ちることはありません。サッカー本田選手も愛用するイタリア製のマシンのご紹介です>>ルカフェのコーヒーはサッカー本田選手もオススメ!口コミや試飲できるお店や最安値もチェック