コーヒーのカフェインにはメリットも!正しい知識を身に付けよう♪

コーヒーのカフェインにはメリットも!正しい知識を身に付けよう♪

コーヒーは大好きだけどカフェインの取りすぎが心配…
カフェイン摂取にメリットって何がある?
ということを思った経験がある人も多いですよね。

コーヒーはコクがあり味わいがあり大好きで毎日飲んでいるという人も多いです。
美味しいコーヒーでもカフェインが含まれていて不安に思っている人もいますよね。

そこでデメリットだけではないカフェインの正しい知識を身に付けることが大切です。
カフェインの知識があることで、毎日の「いえじかん」も美味しく楽しむことが出来ますよ。

カフェインの摂取は主にコーヒーやお茶から

カフェイン 摂取 コーヒー お茶

カフェインはコーヒーやお茶を愛飲していると良く聞く言葉です。
眠気覚ましに良いと聞いてコーヒーを飲んでいる人も多いですよね。

様々なドリンクの中でも特にコーヒーとお茶は、カフェインの含有量が多いとされています。
カフェインを積極的に取りたいと考えているときにはコーヒーやお茶は最適ですね。

コーヒーに含まれるカフェイン量

コーヒー カフェイン量

コーヒーはカフェインの含有量が特に多いとされています。
そのコーヒーの中でも抽出の方法などでカフェイン量に違いが生じてくるんですよ。
焙煎度の度合いが深くなるほどカフェインは少なくなります。

自分の好きなコーヒーの含有量を知って適切なコーヒーの飲み方をしたいですね。

エスプレッソ

エスプレッソ

エスプレッソに含まれるカフェインはドリップやインスタントよりも少量です。
深煎り焙煎になるので同じ量で測るとカフェイン量はドリップよりも少なくなりますよ。

ドリップ

ドリップ

ドリップは浅煎りになるのでエスプレッソコーヒーよりもカフェインが多くなります
しかしこれは同じ量での値になります。
厳密なカフェイン量は粉にしたときに違いが出てきます。

インスタント

インスタント

お手頃価格で人気のインスタントコーヒーはカフェインが気になる人も多いですよね。
インスタントコーヒーはドリップコーヒーと同量といわれています。
ドリップコーヒーと同じように飲みすぎを気にしておけば安心ですね。

紅茶や緑茶などに含まれるカフェイン量

紅茶 緑茶 カフェイン量

コーヒーとともに紅茶や緑茶などのお茶類はカフェイン摂取に最適です。
なかにはコーヒー以上にカフェインを摂取しやすいお茶もあるんですよ。

紅茶はコーヒーのカフェイン含有量の約半分で煎茶やウーロン茶と同じくらいの量です。
実はコーヒー以上の含有量なのが玉露の緑茶なんです。
緑茶の中でも若い葉を使うことでカフェインの量が多くなるといわれているんですよ。

そのほかのお茶はご紹介したようにコーヒーよりも少ないカフェイン量とされています。
コーヒー以外にもお茶を楽しみたいと思った時におすすめです。

1日のカフェイン摂取量の目安

1日 カフェイン 摂取量 目安

コーヒーが好きな人にとって飲みすぎが気になるものです。
1日のカフェイン摂取量の目安を知っていれば安心して飲むことが出来ますね。

健康的にコーヒーを飲むなら3〜5杯

健康的 コーヒー 3~5杯

コーヒーは飲みすぎるとカフェインが気になりますよね。

健康に良いとされる範囲で飲むとなると3~5杯程度にしておきましょう。
コーヒーは適度な範囲にとどめておけば体にも良いことばかりですよ。
適切な量を守って健康的にコーヒーを楽しみましょう。

カフェインの機能や効果について

カフェイン 機能 効果

眠気覚ましにコーヒーのカフェインが効くといわれていますよね。
そのほかにカフェインについての知識を持っているでしょうか。

カフェインという言葉を知っていても詳しい機能について知っている人は少ないものです。
機能や効果が分かればコーヒーやお茶の摂取をもっと効率よく楽しむことが出来ますよ。

仕事のパフォーマンスアップ

仕事 パフォーマンス アップ

コーヒーは仕事のパフォーマンスアップにもピッタリなんです。

コーヒーに含まれているカフェインの効能として興奮作用があるといわれています。
デスクワークをしていると、どうしても疲れが出てきてしまうこともありますよね。
長時間の仕事は眠くなってしまって困る人もいます。

なんだか仕事がはかどらないというときにカフェインを摂取してみるのもおすすめですよ。
カフェインの興奮作用を眠気覚ましに使うことも出来ます。
コーヒーの力で楽しく仕事ができれば嬉しいですね。

利尿作用によってむくみ解消

利尿作用 むくみ 解消

コーヒーに含まれているカフェインには利尿作用もあるんです。
この利尿作用を利用して気になる体の不調を改善できちゃいます。

体の水分がうまく排出できないと体がむくんでしまう人もいますよね。
むくみが気になるときにもコーヒーのカフェインが活躍してくれますよ。

カフェインの利尿作用が働くことでスムーズに水分排出をしてくれます。
むくみが気になる人にはとても魅力的な効果ですね。

ダイエット効果

ダイエット効果

コーヒーに含まれているカフェインはダイエットにも有効なのをご存知でしょうか。

カフェインには摂取するとアドレナリンなどのホルモン分泌を促す効果があります。
このホルモン分泌によって内臓脂肪の分解をしやすくする効果があるんですよ。
またカフェインの他にもクロロゲン酸というダイエット効果のある成分も含まれています。

この成分が脂肪分解する働きを助けてくれるなら積極的に飲みたくなりますね。

基礎代謝が上がる

基礎代謝 上がる

カフェインは基礎代謝を上げてくれる効果もあります。
コーヒーを飲むと基礎代謝が劇的に上がるといった効果があるんです。

もちろん基礎代謝だけが上がっても体に大きな変化はありません。
適度な運動と組み合わせることでダイエットにも大きな効果をもたらしてくれますよ。

血圧の上昇を緩やかにする

血圧 上昇 緩やか

健康に良くないイメージが強いコーヒーも現在ではメリットが多く発見されています。
今までコーヒーの飲みすぎはカフェインの過剰摂取で体に良くないといわれてきました。

しかしカフェインには血圧の上昇を緩やかにする効果もあるんです。
コーヒーと高血圧についての関係性を調査した研究結果があります。
その結果によるとコーヒーを摂取した人は高血圧の傾向が少ないといわれているんですよ。

大量の摂取は体に悪影響!

大量 摂取 体 悪影響

ここまでコーヒーでのカフェイン摂取に対するメリットをご紹介してきました。
仕事や健康にも良いところが多く素敵な飲みものですよね。

そんなメリットも沢山あるカフェインも大量の摂取は体に良くはありません。
カフェインには神経毒性があり過剰摂取はカフェイン中毒の危険も出てきます。

強い毒性を持つカフェインは神経圧迫から心身に悪影響を与えてしまうものです。
摂取量を上手に調整してバランス良くコーヒーを楽しみましょう。

カフェイン摂取に効果的な時間

カフェイン 摂取 効果的 時間

コーヒーのカフェインを摂取する目的としては眠気覚ましという人も多いですよね。
なかには摂取するタイミングが遅く夜寝付けなくなってしまった経験がある人もいます。

カフェインは即効性があるわけではありません。
カフェインの効果が分かるのは30分後といわれています。
効果を発揮し始めたら約5時間から7時間程度の時間持続しますよ。

効果を発揮してほしい時間に合わせて摂取することが大切ですね。

睡眠前は控えるように

睡眠前 控える

カフェインは持続時間をしっかりと分かっていないと不眠の原因にもなってしまいます。

夜に眠気が来てしまってコーヒーを飲んで寝付けなくなってしまったことはありませんか。
コーヒーを飲んだ後の興奮作用の効果がなくなるまで最長7時間はみてください。
しっかり眠りにつきたいときは夕食以降のコーヒーの摂取は控えることを意識しましょう。

関連記事

コーヒーがもたらす効能や害とは?効果的な飲み方までリサーチ

妊娠中や授乳中に気を付けたいこと

妊娠中 授乳中 気を付けたい

女性は妊娠中や授乳中にはコーヒーは飲んではいけないと良く耳にしますよね。
普段から飲んでいる人は我慢するのに苦労してしまいます。

なぜ大好きなコーヒーを我慢しなくてはいけないのかと思ってしまいますね。
それにはコーヒーのカフェインが関係しています。

危険性を理解して適切なコーヒーの飲み方を心がけたいですね

妊婦のカフェイン摂り過ぎには注意!

妊婦 カフェイン 取り過ぎ 注意

コーヒーに含まれるカフェインはお腹の胎児に悪影響を与えるとされています。
妊娠中はカフェインの分解が遅くなり時間がかかってしまうんです。
胎盤から成分が赤ちゃんに移行してしまい、早産や流産、障害を引き起こす原因になってしまいとても危険です。

赤ちゃんに対する悪影響を考えて飲みすぎに気を付けることも大事ですね。

授乳期間中は授乳後がおすすめ

授乳期間中 授乳後 おすすめ

また授乳中にもコーヒーは適度に飲むことをオススメします。
コーヒーによってカフェインを摂取するとその成分が母乳に含まれてしまいます
母乳を赤ちゃんが飲むことで赤ちゃんが興奮状態になり不眠になることもあるんですよ。

夜寝なくなってしまうということも考えて飲む時間を工夫しましょう。
コーヒーを飲む時間は授乳を済ませた後にすれば赤ちゃんもゆっくりと眠ってくれますね。

カフェイン含有量の少ない飲みもの

カフェイン 含有量 少ない 飲みもの

カフェインが気になるときにはカフェイン含有量の少ない飲みものがおすすめです。

妊娠中などカフェインを控えたい人でも気軽に楽しめる飲みものが出ています
カフェインレスの麦茶やハーブティーもお茶を楽しむのに最適ですね。

しかしコーヒーはカフェイン含有量が多く飲みたいのに飲めないときは困ってしまいます。
苦みとコクのあるコーヒーを飲む時間が無くなってしまうなんて嫌ですよね。

どうしても飲みたいというときはカフェインレスのコーヒーも流通していますよ。

たんぽぽコーヒー

たんぽぽ コーヒー

カフェインを摂取できないときにおすすめなのがたんぽぽコーヒーです。
コーヒーと名前についていますが原料はたんぽぽなんですよ。

焙煎したたんぽぽの根を使って作られていてカフェインを気にせずに飲むことが出来ます
味はコーヒーよりもお茶に近いですが雰囲気を楽しみたいときには良いですね。

たんぽぽコーヒーなら無添加で自社工場製造の「森下薬農園」のたんぽぽコーヒーはいかがでしょうか?

森下薬農園たんぽぽコーヒー

ひよこクラブにも掲載されたのでプレママや育児中のママならご存知かも!

公式サイトはこちら>>無添加森下薬農園のたんぽぽコーヒー

 

デカフェ

デカフェ

どうしてもコーヒーが飲みたいといったときにはデカフェのコーヒー飲料もあります。
脱カフェイン処理がされていてカフェインを気にせずに飲むことが出来ますよ。

デカフェコーヒーは水や二酸化炭素を使ってカフェインを取り除いています。
完全に取り除かれていませんが、限りなく少ないので影響が気になる人にぴったりですね。

過剰摂取が心配ならカフェイン断ち

過剰摂取 心配 カフェイン断ち

どうしてもカフェインが気になってしまう時にはカフェインを断ってしまいましょう。

コーヒーやお茶を飲んで心配になってしまうのであれば摂取しないほうが良いですよね。
ノンカフェインの飲みものは麦茶など探すと沢山ありますよ。

我慢できる範囲でカフェイン断ちをすれば気持ちも楽になります。
ストレスを溜めない方法でカフェイン断ちが出来ることが一番ですね。

まとめ

コーヒーはカフェインについて知っておけばさらに楽しめる飲みものです。

私もカフェインに気を配りながらコーヒーを飲んでいます。
ご紹介してきた知識をしっかりと身に付けてコーヒーを飲めたら良いですね。

サッカーの本田圭佑選手もコーヒー好きで有名ですが、カフェインの摂取にはとても気をつけているそうです。そんな本田選手が選んだコーヒーメーカーが、イタリアのルカフェです。

こちらの記事でくわしく解説しています>>ルカフェのコーヒーはサッカー本田選手もオススメ!口コミや試飲できるお店や最安値もチェック