こだわりの美味しいコーヒーを自宅で淹れよう!ポイントを徹底解説♪

こだわりの美味しいコーヒーを自宅で淹れよう!ポイントを徹底解説♪

コーヒーに興味があるけどまだまだ分からないことが多い…
こだわりのあるコーヒーの淹れ方がわからない…
こう思った経験ありますよね。

毎日自宅で楽しむコーヒータイムは幸せな時間です。
しかしはじめはこだわりを持ってコーヒーを入れようと思うと難しく感じるものです。

そこでポイントをつかむことが出来ると美味しいコーヒーを楽しむことが出来ます
コーヒーのポイントを知って「いえじかん」をこだわりのある幸せな時間にしましょう。

自分の好みを突き詰めて最高に美味しいコーヒーを飲もう

自分の好み 突き詰めて 美味しい コーヒー 飲もう

コーヒーを楽しむためには、まず自分自身の好みを知ることが一番です。
コーヒーと一口にまとめても酸味や苦みなど味は様々ありますよね。

特にこだわりたいときにはコーヒー豆の専門店や通販もありますよ。
自分の好きな味を見極めて最高に美味しいと思えるコーヒーに出会いましょう

コーヒーを淹れるための準備

コーヒー 淹れる 準備

ここからはコーヒーをこだわるための準備についてご紹介します。
まずコーヒーにこだわりを持ちたいと考えているときには道具から揃えてみませんか?

本格的に楽しみたい人でも豆や道具などそれぞれこだわりポイントも違いますよね。
自分に合ったコーヒー器具を揃えるだけで味は変わってきますよ。

好きなコーヒー豆(粉)を用意

コーヒー豆は栽培を行っている国や産地によって味や香りに違いがあります。
スッキリとした味わいや深みのあるコーヒー、フルーティな香りなど様々なんですよ。

味の大部分はコーヒー豆自体から抽出されるのでしっかりとこだわりましょう。

抽出するための道具を用意

まず抽出するための道具をチョイスして用意していきましょう。
コーヒー豆を用意したらドリッパーが必要になります。
抽出するための道具は味を左右するのでとても重要になってきます。

またコーヒードリッパーを販売しているブランドは様々あります。
自分好みのデザインや機能性、使用感など確認して選んでみてくださいね。

道具を持たないならドリップパックがおすすめ

こだわりたいけれど物を持ちたくない、道具を増やしたくないと考える人もいますよね。

ドリップパックはフィルターに最初からコーヒー粉が入っている状態で販売しています。
コーヒーカップに直接引っ掛けることが出来てドリッパーが必要ありません。

味もたくさんの種類があるのでその日ごとに楽しみたい人にもオススメします。

コーヒー豆を挽く方法

コーヒー豆 挽く 方法 

こだわったコーヒー豆を楽しむためにはまず粉末にしますよね。
しかしこだわりがなく市販のコーヒー飲料で楽しんでいた人には馴染みの薄いものです。

そんなコーヒー豆を挽くためには2つの方法があるんですよ。
最初は自分に合った方法を試してみましょう。

コーヒーミルを使って自宅で豆を挽く

コーヒーミル 自宅 挽く

コーヒーミルはコーヒー豆を粉砕して粉末にするアイテムです。

ミルには手動式と自動式の2パターンがありますね。
こだわりポイントや生活パターンに合わせたコーヒーミルをチョイスすることも大切です。

電動式コーヒーミル

まずは電動式コーヒーミルについてご紹介していきましょう。

電動式は自動で短時間のうちに行ってくれるので手間がかからないメリットがあります。
挽く時間を他に充てたい人や手軽に本格的なコーヒーを楽しみたい人におすすめですよ。

手動式コーヒーミル

手動式にも沢山のメリットがあるんですよ。
一気に粉砕している電動式と違い自分のペースで粉にして行くことが出来ます。
ペースを気にせずにゆっくりと豆を挽く時間を楽しむことが出来ます。

手動式で豆を挽くとゴリゴリとコーヒーが粉砕されていく感触や香りを楽しめますね。
この時間を楽しむためにも手動式も根強い人気がありますよ。

お店で豆を挽いてもらう

お店 豆 挽いてもらう

自宅で豆を挽くよりもお店で頼んでしまうのも一つの手ですね。

お店で豆を挽いてもらうとプロの使っている道具なので安定した味が楽しめますね。
専門店なら自分に合うコーヒーを確実に選んでくれるでしょう。

中細挽きが一般的でバランスがいい

コーヒーを挽くときは中細挽きがおすすめです。

中細挽きは粉末の大きさがグラニュー糖程で大体の一般的なコーヒー器具に適しています。
コーヒードリッパーやコーヒーメーカーを選ばずに使えるので便利ですよね。

コーヒーを淹れよう

コーヒー 淹れよう

ここまで美味しいコーヒーを楽しむ道具をご紹介しました。
便利なものから楽しめるものまで様々な方法がありましたよね。

次にコーヒーの道具を揃えたら早速コーヒーを淹れてみましょう。

美味しいドリップコーヒーを淹れる4つのポイント

美味しい ドリップ コーヒー ポイント

ドリップコーヒーを淹れるときはいまいちコツがつかみきれない人もいますよね。
コーヒーを淹れるときは美味しくするポイントに気を配ってみてください。

これからご紹介する4つのポイントを踏まえることでコーヒーを楽しめますよ。

【その1】事前に道具を温めておく

コーヒーを美味しく入れるためには道具の下準備も大切です。

喫茶店でも使われている方法で一番最初に出来るのが道具を温めて置くことです。
食器棚から取り出してすぐのコーヒーカップを思い出してみてください。
カップの表面は触ると冷たく感じますよね。

このカップの表面温度とコーヒーの温度の差が味を左右してしまうんです。
温度が下がることでコーヒーの風味が弱くなってしまうデメリットもあるんですよ。

【その2】お湯の温度に注意する

お湯を入れるときに沸騰したばかりのお湯で淹れている人は多いですね。
実はコーヒーの温度は高すぎても低すぎてもいけない適温があるんですよ。

その適温は沸騰直後より若干低めの約80℃~85℃程度の温度といわれています。
苦みがあまりないコーヒーを楽しむために温度もしっかり確認したいですね。

【その3】まずは蒸らす

コーヒーを淹れる最初の動作で一番注意しなくてはならないのが蒸らしの作業です。
コーヒーにお湯をかけると吸収することでコーヒーがぷくぷくと盛り上がってきますね。

水分とコーヒーの中のガスが膨張するこの時間を、蒸らしの作業といわれているんですよ。
この膨れてくる時間は30秒程度見ると安心です。

【その4】お湯は「の」の字を意識する

コーヒーの蒸らし終えたらコーヒー抽出をしていきます。

お湯を淹れるときは「の」の字になるように意識しましょう。
こうすることでお湯がコーヒー粉末に均一にいきわたります。

コーヒーメーカーで美味しく淹れる4つのポイント

コーヒーメーカー 美味しく 淹れる ポイント

ドリッパーでのコーヒーを淹れるポイントはわかりましたか?

ドリッパーで淹れるのも本格的に楽しめますが、せっかくなら手軽に楽しみたいですよね。
コーヒーメーカーを使っても美味しく淹れることが出来るんですよ。

ここからはコーヒーメーカーの4つのポイントをご紹介していきます。

【その1】コーヒー豆と水の量を計量する

コーヒーメーカーで美味しく作るためには、豆と水分のバランスが大切です。

豆の量を増やす、または水の量を少なくすると濃くなります。
反対に豆の量を減らす、または水の量を多めにすると薄くなりますよ。

自分に合ったバランスを見つけてコーヒーを飲みたいですね。

【その2】豆の量を多めに使用する

コーヒーの味を楽しむためには豆の味をしっかりと抽出して楽しみたいものです。

コーヒー豆の量を増やすことでコーヒーの味わいがはっきりとでできます。
多めにといっても量の好みはそれぞれなので自分好みの量を使ってみてくださいね。

【その3】蒸らしの時間をつくる

コーヒーを美味しく淹れる過程で特に重要になるのがコーヒーの蒸らし時間です。

そこでコーヒーメーカーの機能で抽出過程で蒸らしの時間を設けてくれることもあります。
蒸らし機能のあるコーヒーメーカーは時間調整もできるのでおすすめですよ。

【その4】2~3人分をまとめて淹れる

コーヒーメーカーは量の調整がドリッパーよりもしやすく、粉砕機能が付いているのでミルが必要ないところが嬉しいポイントですね。

豆そのものを使って淹れるコーヒーメーカーではまとめて淹れたほうが美味しくなります。

抽出に最適な水を選ぼう

抽出 最適 水 選ぼう

コーヒーを淹れるときは水にもこだわってみることが大切です。

最適な水でコーヒーの味にも様々な変化が出てきますよ。
最適な水を選んで自分だけの好きなコーヒーを楽しみましょう。

軟水と硬水で変わる味わい

コーヒーを楽しむためには硬水と軟水の違いを理解しておくことも大切です。

味わいや香りにまで影響を与える水にも注目していきましょう。

軟水

軟水はコーヒーへの影響が比較的少ないのが特徴です。
口当たりも良く味わいをまろやかにしてくれます。

香りも強く出てくれるのでコーヒーとして飲みやすくなりますよ。
コーヒーの苦みが苦手な人におすすめですね。

硬水

硬水を使うとミネラル成分が軟水よりも強くなります。
コーヒーの苦みが強くなるのが特徴です。
ブラックコーヒーの苦みが好きな人にはおすすめですよ。

水道水はコーヒーを淹れるのにちょうどいい

気になるのが日本で使用されていて日常的に使っている水道水です。
水道水は軟水に分類されるので口当たり優しいコーヒーにぴったりだといえますね。

好みのコーヒーカップで美味しさアップ

好み コーヒーカップ 美味しさ アップ

美味しいコーヒーを淹れたら見た目にもこだわりたくなってきます。
自分が好きなデザインの好みのコーヒーカップを一つ持っておくとさらに楽しめますよ。

選ぶポイントは様々あるのでこれだと思えるものをチョイスしたいですね。

素材で選ぶ

コーヒーカップは素材の違いによっても見た目が変わってくるものです。

つややかな高級感があり贅沢な気分にしてくれる陶器がメジャーですよね。
そのほかにも丈夫で使いやすい磁器や、中身が見えやすくコーヒーそのものを楽しめるガラス製のものもおすすめです。

厚さで選ぶ

厚いものは保温性ありなので熱々の状態が好きな人にはもってこいです。
ぬるめや温度変化を楽しむなら薄いものがおすすめです。

楽しみ方に合ったコーヒーカップにすることも良いポイントなんですね。

ミルクと砂糖でアレンジする

ミルク 砂糖 アレンジ

コーヒーを楽しむときにはブラックコーヒーだけではなくアレンジするのも一つの手です。
ミルクと砂糖を使ってアレンジを楽しみましょう

ミルクの選び方

ミルクといっても様々ありますよね。
カップに入った液体クリームや瓶に入っているような粉末クリームもあります。
カフェオレのようにして牛乳(練乳)も良いですね。

アレンジのタイプや味の好みで使い分けちゃいましょう

砂糖の選び方

砂糖もコーヒーのアレンジではとても選択肢が多いです。
溶けやすいグラニュー糖やコーヒーに味馴染みの良いコーヒーシュガーもありますね。
少し変わったコーヒーを楽しむときには黒砂糖やはちみつもおすすめです。

まとめ

コーヒーにこだわるにはドリップのポイントをしっかり押さえることが大切でしたね。
私も自宅で楽しむときは蒸らすポイントを大切にコーヒーを楽しみにしています。
皆さんもコーヒーにこだわりを持って味わいを楽しんでみてくださいね。

お家で美味しいコーヒーを飲むには、色々なアイテムがあります。

サッカーの本田圭佑選手は、イタリア製のコーヒーマシンを使用しています。「ルカフェ」というメーカーですが、100%酸化しないパッケージに入っていて、いつでも美味しいをキープしています。

くわしくはこちらの記事をご覧ください>>ルカフェのコーヒーはサッカー本田選手もオススメ!口コミや試飲できるお店や最安値もチェック