コーヒー豆の焙煎は家でも簡単にできる!ポイントと手順をご紹介♪

コーヒー豆の焙煎は家でも簡単にできる!ポイントと手順をご紹介♪

普段、お店で飲んでいる美味しいコーヒー。
家で淹れてみると、お店とは何か違う…と思ったことはありませんか?

そんな違いを感じるコーヒー好きな人こそ、コーヒー豆を家で焙煎をしてみては?
お気に入りの豆を自分で焙煎して淹れたコーヒーの味は格別!

焙煎のポイントとコツさえ覚えれば意外と簡単
ですよ。
ぜひ、自宅で焙煎した豆で淹れたコーヒーで至福の「いえじかん」を過ごしてくださいね!

目次

焙煎(ロースト)とは具体的に何?

焙煎 ロースト 何

焙煎とは、油などを使わずに食材を加熱して乾燥させる方法でローストとも言います。
チョコレートになる前のカカオ豆やお茶なども、焙煎処理されたのちに加工や袋詰めされて商品となるのです。

皆さんが普段飲んでいるコーヒーも、焙煎されて茶色くなった豆を挽いたものが使われています。
本来のコーヒー豆は農作物ですから、色は生の大豆のような薄い黄緑っぽい色をしています。

この生豆のままでは何の香りも味もしません。
それらを焙煎することで茶色~ツヤのあるこげ茶色へと変化し、同時に味も酸味から苦みへと移り変わります。

そんな焙煎には過程があり、それによってコーヒーの味や香りが大きく変わってきます。
よって、コーヒー豆を焙煎することはコーヒーの味を決める重要な工程の一つとなるのです。

焙煎によって変化する生豆の様子

上に書いたように、生のコーヒー豆(生豆=なままめ、きまめと読みます)は大豆のような色合いをしています。
あの芳ばしい香りや苦みや酸味などのコーヒーの味は焙煎することによって引き出されます

では、生豆を焙煎するとどうのように変化していくのでしょうか?
焙煎を始めて数分で、生豆の色は薄い茶色になります。

そのまま焙煎を続けると徐々に豆の色が濃い茶色へと変化し、私たちが良く知っているコーヒー豆の色に近づくのです。

焙煎の最終段階は、黒に近い濃い焦げ茶色となり表面にツヤが出てきます。
これ以上の焙煎は加熱し過ぎとなり単なる苦いだけのコーヒーとなるため、必ず火からおろしましょう。

なお、コーヒー豆の色の変化は焙煎の度合いを判断する重要な基準になります。
下でさらに詳しくご説明しますね。

焙煎で変わるコーヒーの味

生豆を焙煎することで豆の色が変わっていきますが、それと同時に味も変化していきます。
農作物であるコーヒーの生豆は青臭い味と香りを持ち、あのコーヒー独特の香りもコクもほとんどありません。

焙煎が進むにつれて酸味が、その後甘みや香りが
加わります。
さらに焙煎していくと徐々に酸味が減り、かわりに苦みが強くなっていきます。
では、どの程度の焙煎で、どのような味となるのかを詳しく見てみましょう。

焙煎度は8段階に分けられる

焙煎度 8段階 分けられる

焙煎の進み具合を焙煎度と言い、焙煎時間によって変わってきます。
焙煎度は、一般的に8段階に分けられます。

浅煎り

豆の焙煎を始めた直後で生豆の風味や酸味が強く、まだ苦みはありません。

ライトロースト

豆が薄い茶色に色づいてきますが、まだ生豆に近い状態です。

シナモンロースト

シナモンの色に近いことから、こう呼ばれます。
焙煎中に「パチッ!パチン!」という皮がはぜる音(1ハゼと呼ばれています)が聞こえだした頃。
色は濃くなりつつありますが、まだ酸味が強い段階です。

中煎り

だんだんと豆の色が濃くなり、この辺りからコーヒーらしい味と香りが強まります。

ミディアムロースト

「1ハゼ」が終わり、酸味もありますが若干の苦みが出てきます。
別名として「アメリカンロースト」とも呼ばれています。

ハイロースト

ミディアムローストより濃い茶色になった状態。
酸味は残りつつ、コクとほのかな甘みや苦みが感じられるようになります。

深煎り

市販にも多い、一般的に好まれる焙煎度になってきます。

シティロースト

「ピチピチ」や「プチプチ」という音(2ハゼと呼ばれます)が始まった頃の状態です。
酸味と苦みのバランスが絶妙で、万人に好まれる焙煎度と言えます。

フルシティロースト

2ハゼが激しく聞こえている頃で、酸味が減り苦みが強くなってきます。
あのコーヒーの香りが強くなり豆の表面にツヤが出てくるのも、この頃です。

フレンチロースト

豆は濃い焦げ茶色になると酸味はほとんどなくなり、苦みが増します。
カフェオレやアイスコーヒーに向いています。

イタリアンロースト

豆の色は黒に近い濃い茶色になって、2ハゼ音も聞こえなくなった頃が焙煎の最終段階。
苦みと香りが一番強く、アイスコーヒーなどに向いています。

浅煎りと深煎りで変わる4つの特徴

浅煎り 深煎り 特徴

煎り方で変わるコーヒー豆の特徴をまとめてみました。

【その1】苦味や酸味のバランス

上に書いたように、コーヒーの味は焙煎度によって大きく変化します。
豆が薄茶色の時点では酸味が強く、深煎りになるにつれて豆の色が濃くなり苦みが強くなることを覚えておいてください。

【その2】焙煎が深くなると表面に油分が出る

焙煎が進み深煎りの頃になると豆の表面にツヤツヤとした光沢が出てきます。
このツヤの正体は、豆自体が持っている油分が内部からにじみ出てきたもの
コーヒー豆は植物の種子ですから、他の種子(菜種やゴマ)と同様に油分を含んでいるのです。

そして、この表面ににじみ出た油分こそがコーヒー独特の香りやコクなどのうま味となる大事な成分
コーヒーを楽しむうえには無くてはならないものなのです。

【その3】ドリップ時の粉の膨らみ

ドリップ式でコーヒーを淹れる際、お湯を注ぐと粉が膨らむのを見たことがありますか?
一般的には、ドリップ時の粉の膨らみが足りないのは焙煎してから時間が経っているためと言われています。

ところが、焙煎直後の豆でも浅煎りと深煎りで膨らみ具合が異なるのです。
深煎りの豆には炭酸ガスが多く含まれますが、これは豆の組織が過熱で膨らんだため。
そこにお湯をかけることで豆に含まれた炭酸ガスが放出されるので、深煎り豆の粉はよく膨らみます。

それに比べて豆があまり膨らんでいない浅煎り豆にはガスが多くありません
よって、浅煎り豆にお湯をかけても、それほど膨らまないのです。

【その4】煎り時間で成分が増減する

コーヒー豆に含まれる代表的な成分としては、カフェインやクロロゲン酸があげられます。
カフェインは集中力を高めたり、眠気を覚ましたりとおなじみの成分ですね。

クロロゲン酸は、コーヒー生豆に多く含まれているポリフェノールの一種。
ポリフェノールは強力な抗酸化作用が期待できるとして、茶カテキンや大豆イソフラボンなどが有名です。

これらの成分は、コーヒー豆を焙煎することで含有量はどう変化するのでしょうか?
クロロゲン酸の含有量は生豆の時が一番多く、焙煎が進むことでどんどん減少していきます。
もし、クロロゲン酸を多く摂りたい場合はミディアムロースト程度の豆を使用すると良いでしょう。

次にカフェインの量ですが、こちらは焙煎の度合いにかかわらずほぼ変化がありません
浅煎りのように苦みを感じなくても、深煎りの苦みの強くなったコーヒーとカフェインの量は同じ程度です。

妊婦さんや授乳中の人は、できるだけカフェインを摂りたくないはず。
その場合は、あらかじめカフェインを除去した「カフェインレスコーヒー」や「デカフェ」を選ぶようにしてください。

自家焙煎は意外と簡単!?

自家焙煎 意外 簡単

コーヒー豆はお店や工場で焙煎するものだと思っていませんか?
ところが、自宅でコーヒー豆を焙煎することは意外と簡単!
自家焙煎には以下のような魅力がありますよ。

自宅で焙煎をするメリット

焙煎したてのコーヒーが飲める

美味しいコーヒーを淹れるには、焙煎直後の豆を使うのが一番です。
焙煎時期がはっきりしない市販品の豆は鮮度が落ちている可能性も。
自宅焙煎することで最も美味しいタイミングでコーヒーを味わうことができますよ。

自分で好みの豆と焙煎度が選べる

「コロンビア」「ブラジル」「ブルーマウンテン」など、市販のコーヒー豆にはいろいろな種類がありますね。

焙煎度も「イタリアンロースト」や「フレンチロースト」などと書かれていることもありますが、豆ごとに焙煎度が選べない場合がほとんどです。

「もう少し酸味が欲しい」
「好きな豆でいろいろな焙煎度を試したい」

市販のコーヒーに物足りなさを感じている人にこそ自宅焙煎をおすすめします。
焙煎したてのコーヒーの味には、きっと驚きますよ。

上質な豆も手頃な価格で手に入る

コーヒー豆には高価な種類も多くありますが、生豆の状態であれば手頃な値段で購入することができるのです。

また、焙煎した豆は酸化するため消費期限が短くなりますが、生豆であれば常温での長期保存もできます。
割引されている時期にまとめて購入しておくとお得ですね。

関連記事

ルカフェのコーヒーはサッカー本田選手もオススメ!口コミや試飲できるお店や最安値もチェック

 

挑戦しやすい手網を使った焙煎方法

朝鮮 手綱 焙煎 方法

実際に家でコーヒー豆を焙煎するには、どのような道具必要なのでしょうか?
今回は手網を使った焙煎方法について用意する道具と手順を説明します。

手網は豆の色を確認しながら焙煎ができ、価格もお手頃なので初心者にも扱いやすい道具としておすすめです。
また、自家焙煎を成功させるポイントも併せて紹介するので、ぜひ参考にしてください。

準備するもの(材料と器具)

新越ワークス 18-8ステンレス 煎り網 16cm

created by Rinker
新越金網
¥2,457 (2020/08/09 02:41:41時点 Amazon調べ-詳細)
  • お好みの生豆(水分含有量が少なめの種類がおすすめ)200~250g程度
  • 手網(ギンナンやゴマを煎る用具):生豆を煎るために使用。
  • コンロ(カセットコンロでもOK):ガスなど火力の強いものがおすすめ。
  • コーヒーミル:焙煎した豆を挽くために使用。
  • ドリッパー一式:コーヒーを淹れるための道具なら何でもOK。
  • 軍手や厚手の手袋:焙煎作業時に手を守るために必要。
  • 金属製のザルなど:焙煎した豆を冷ます際に使用。
  • ドライヤーやうちわ、小型扇風機など:焙煎した豆を急冷時に使用。

また、室内で焙煎をする際には煙対策として必ず換気扇を回してください。
焙煎することで、はじけた豆の薄皮(チャフと言います)が飛び散ることが予想されます。
作業前にコンロの火口の周りをアルミホイルなので覆っておくと後々の掃除が楽になりますよ。

手順


材料が揃ったら、いよいよ焙煎に取りかかりましょう。
なお、焙煎作業は単純ですが、火を使うので火傷などには十分気を付けて作業してください。

生豆を手網にセットする

手網に生豆を投入して蓋をしっかりと閉めます。
蓋がゆるいようなら、目玉クリップなどで蓋が開かないように固定すると良いでしょう。

火にかけながら振り続ける

火をつけたコンロの上で手網を振りながら焙煎します。
上手に焙煎するためには、下の2つのポイントに気を付けてください。

火力は中火
焦げを心配して弱火にしてしまうと焙煎に時間がかかってしまいます。

手網は炎から15センチほど離す
手網が火から近すぎと、豆の表面だけが焦げてしまう可能性があります。

好みの焙煎度まではじけさせる

上に書いた焙煎度の目安を参考にして、好みの焙煎度になるまで煎り続けます。
焙煎の進み方は火力や豆の状態によって変わってきます。
目安としては、以下を参考にしてください。

~7分前後:1ハゼの「パチッ」という音が聞こえ始める。音がしなくなった頃が中煎りくらいの焙煎度です。
~10分前後:2ハゼの「ピチピチ」という音が聞こえてきたら深煎りの初期、音が聞こえなくなったら焙煎終了になります。

1ハゼから2ハゼの間は焙煎がどんどん進むので、豆の色を確認しながら焙煎をしてください。
2ハゼ音が聞こえなくなったら一番の深煎り「イタリアンロースト」の完成です。
これ以上の焙煎は、豆に火が移る可能性もあるので必ず火を止めてください。

焙煎後はすぐに冷ます

焙煎直後の豆はかなり熱くなっているため、そのままだと焙煎が進行してしまいます。
ザルなどに豆を移して、ドライヤーの冷風やうちわを使って急冷してください。
豆を素手で触れるくらいの温度まで下がったら、そのまま完全に冷まします。

終わった後は薄皮掃除を…

焙煎後のコンロ周辺には、はじけたチャフ(豆の薄皮)が散乱していると思います。
前もって敷いておいたアルミホイルをはがし、コンロに残ったチャフを取り除いてください。
屋外で焙煎作業ができるのであれば、風のない日を選んで外で作業をすると後片付けが楽ですよ。

焙煎を成功させるための3つのポイント

焙煎 成功 ポイント

焙煎を初めて行う場合は、うまくできるかどうか心配ですよね。
できるだけ失敗しないためにも下にあげた3つのポイントに注意することで、焙煎の成功率が上がります。

【その1】ゴミや状態の悪い豆は除いておく

購入した生豆のクオリティにもよりますが中には、雑味や濁りの原因と言われる「欠点豆」や「異物」が混じっている場合があります。

そんな欠点豆を焙煎前にできるだけ取り除く作業「ハンドピック」を行うことで、より美味しいコーヒーが出来上がるのです!

ハンドピックで取り除くのは、以下のような状態の物です。

  • 虫食い豆
  • 黒く変色した豆
  • カビ豆
  • 割れた、欠けた豆
  • 見た目が他と違う豆

欠点豆以外にも小石や木くず、コーヒー豆の皮などの異物が混じっている場合もあるのでしっかりと取り除きましょう。

焙煎後にも念のため豆の状態をチェックして良くない豆を取り除けば、更に美味しいコーヒーに近づけますよ。

【その2】熱が均等に行き渡るように振る

上手な焙煎とは、豆に熱がまんべんなく均等に伝わる状態を指します。
その為には手網と炎の距離を保ちつつ、一か所に火力が集中しないように手網を振るように気を付けてください。

【その3】蒸らさないように急冷する

せっかく焙煎した豆を冷まさずに置いておくと焙煎度が進んでしまう場合もあります。
好きな焙煎度になったら手網を火からはずして、蒸れないようにザルや金網に素早く豆を移します。
うちわやドライヤーの冷風、扇風機などを使って急冷するようにしましょう。

焙煎したコーヒー豆の抽出はガス抜き後に行う

焙煎 コーヒー 抽出 ガス抜き 行う

焙煎直後の豆にはガスが多く含まれています。
このまま豆を挽いてコーヒーを淹れることもできますが、ガスが邪魔をしてコーヒーの成分が十分に抽出できない状態です。

一番美味しいコーヒーを淹れるには、焙煎から1~3日間ガス抜きをした状態の豆を使うことをおすすめしますよ。

家庭用の焙煎用具でもっと簡単に

家庭用 焙煎器具 簡単

今回は手網を使用したコーヒー豆の焙煎について紹介しましたが、他にも焙煎する器具はたくさんあります。
ここでは大手の通販サイトや実店舗でも購入できて、自宅焙煎が手軽になる焙煎用具をまとめてみました。

手回し式焙煎機

金属でできた筒の部分に生豆を入れて火にかけ、手でハンドルを回すことで筒が回転し焙煎ができる道具。
ハンドルを回すだけなので手網での焙煎に比べて非常に楽に作業ができますし、煎りムラも出来にくいというメリットがあります。

熱源としてコンロ上に直接セットできるタイプやアルコールランプを使うタイプの物がありますが、手網に比べて価格は高めです。

電動式焙煎機

電動で生豆を煎れた筒が回転するため、人の手が必要ないタイプの焙煎機です。
手回し式と同様にアルコールランプを使うもの、コンロ上に置けるタイプの物があります。
回す手間がないので非常に楽ですが、手回し式よりも値段は高くなります。

電気式焙煎機

熱源や生豆を入れた筒の回転の他、焙煎度の設定など全てが電動で行えるタイプの全自動焙煎機です。
全自動だけあって煎りムラなの失敗はほとんどなくなりますが、数万円以上とかなり高価な物なので個人で買うかどうかは悩みどころかもしれませんね。

まとめ

それなりの手間はかかりますが、コツやポイントを押さえれば焙煎作業は単純です。
焙煎する楽しみと、自分で焙煎したコーヒーの美味しさ。
ぜひ、同時に味わってみてくださいね!

コーヒー好きなのに、妊娠中は飲めなくてストレスがたまっていませんか?
こちらに、ノンカフェインコーヒーの効果についてまとめました。
ぜひ、参考にしてみてください。