家族との人間関係を断捨離する4パターンの方法。心の余裕を大切に!

家族との人間関係を断捨離する4パターンの方法。心の余裕を大切に!

自分のことを理解してくれている家族ですが、感謝の意をもたなければならないという想いが、その関係を複雑にしてしまうこともあります。
家族との人間関係に疲れを感じながら、付き合わなければならないという義務感に苛まれている方も多いのではないでしょうか?

「いえじかん」では、そんな方々のために、家族との人間関係を正しく断捨離する方法を解説していきます。
自分の気持ちを大切にしながら、配偶者や両親、兄弟のありがたみを再認識することに重きを置きましょう。

家族との関係に疲れたなら

家族 関係 疲れた

家族との関係に疲れを感じた場合には、親しい関係であっても断捨離をすべきと言えるでしょう。
職場の人間関係と比較した場合に「断捨離は気が引ける」という気持ちを抱いてしまいがちですが、我慢し続けないことが重要です。

人生のさまざまなシーンでは配偶者や両親といった自分のことを深く理解してくれている間柄でも、気持ちが通じ合わない、自己成長の妨げになると感じることもあります。

今まで通りの付き合い方をする必要はない

今まで通り 付き合い方 必要 ない

家族との人間関係に疲れを感じ、断捨離をする時は付き合い方そのものを変えましょう。
配偶者や両親を傷つける必要はありませんが、自分の意思を表現する必要があります

あなた自身が疲れを感じているのと同様に、家族もやりにくさを感じているものです。
疲れを隠し我慢し続けることは、双方ともにメリットはないと言えるでしょう。

あなたの心を大切に考えよう

あなたの心 大切に 考えよう

みなさんはどんな時に家族との人間関係に疲れを感じているでしょうか?
フラストレーションを感じてしまうケースは異なりますが、おそらく相手の求めていることが分からなくなってしまった時に疲れを感じてしまうでしょう。

気心の知れた関係である家族であっても、環境の変化によって疲れを感じてしまうことがあります。
親しいからこそあなたの心を大切にし、正しい意思表示を心がけることが重要です。

家族との人間関係を断捨離する方法

家族 人間関係 断捨離 方法

家族との人間関係を断捨離するためには、配偶者や両親といった関係性ごとにシミュレーションをしておかなければなりません。

自分の気持ちを大切にすべきという最重要となるポイントについては前述の通りですが、意思表示の仕方には注意が必要です。

特に親族ではなく、義理の両親が疲れを感じる相手だった場合には、配偶者の立場も考慮しなければなりません。

【その1】相手が配偶者の場合

相手 配偶者 

両親や兄弟など、一口に家族と言ってもさまざまな関係性があります。
そんな中でも、最も長い時間を同じ空間で過ごさなければならない配偶者との人間関係を断捨離する場合から解説していきます。

結婚以来ずっと同じ空間で過ごしている配偶者との関係も、ふとした時に変わってしまうことがあるため、お互いの気持ちを分かり合える時から準備を進めておくべきです。

お互いの職場やプライベートの人間関係の変化によって、お互いに考えていることが読み取れなくなり、読み取ろうとするほどに疲れを感じてしまうでしょう。

距離を置きたい気持ちを伝える

非常に勇気のいる行動ではありますが、距離を置きたいと思っていることの意思表示をすることが最善の策と言えます。
日本人の多くは良いことも悪いことも明言せず、ハッキリと表現することに恐れを感じています。

ただし、疲れを感じてるのはあなただけではないことに気づくことが最も大切です。
お互いに大切な存在であり、疲れを感じるような関係性を長引かせないためにも、明確な意思表示を行うべきと言えるでしょう。

同じ空間にいる機会を減らす

一度でも「疲れた」と感じてしまったら、同じ空間にいる機会を減らすという方法も有効です。
物理的に距離を置くことで、短時間ながら1人の時間を味わえるはずです。

寝室を一緒にしているなら別に、食事を別々にといった工夫で疲れを軽減させることができるでしょう。
顔を合わせる機会を減らして気持ちに余裕を作ることは、相手にとってもメリットが大きいと言えます。

表面的に接し心理的交流を減らす

寝室や食事を分けるといった物理的に距離を置くのが難しい場合は、心理的に距離を置くことも有効です。
表面的に接することに重きを置き、相手の言葉は意識的にシャットアウトするといった覚悟をしなければなりません。

そして、よく話をする間柄であった場合には、表面的に接する期間にも注意が必要です。
突然返事やリアクションを変えてしまうと、相手が過剰に反応してしまうことも考えられます。

また、配偶者との人間関係に疲れを感じてしまっている時は、投げかけられる言葉にストレスを感じてしまいやすい状態とも言えます。

正しいコミュニケーションが難しいと判断した場合は、とにかく表面的に接し、真に受けないという意識をもつようにしましょう。

【その2】相手が両親の場合

相手 両親 場合

次に相手が両親の場合の人間関係の断捨離の方法を解説します。
配偶者と比較してみると、身体的な拘束力が弱いため思い切った行動を起こしやすい間柄と言えるでしょう。

ハッキリとした意思表示を行っても、年齢によっては独立の兆しと捉えてくれるかもしれません。

同居はせず別々に暮らす

両親との人間関係を断捨離する際の最大の利点は、別々に暮らすことが許されていることでしょう。
あなたのことをよく知っているからこそ、家を出る決断をしてもすんなり受け入れてくれるかもしれません。

ただし、配偶者との人間関係を断捨離するケースと同様に、必ず意思表示は行ないましょう
1人になり、気持ちのゆとりが生まれた時のことを見越した関係性は、保険として残しておいたほうが無難です。

連絡頻度を最低限にする

会社の人間関係であっても、プライベートであっても、そして家族であっても人間関係の断捨離には覚悟が必要です。
急に1人の時間が増え、寂しさを感じてしまうことも考えられます。

しかし、連絡の頻度は最低限に制限することが大切です。
精神的な相違がもたらした人間関係の変化を有効活用するためには、甘えてしまう自分を律することも重要と言えるでしょう。

心理的な交流はしない

家を出られないケースでは、極力心理的な交流は避けるべきです。
日頃のコミュニケーションも、「少し冷たいかもしれない」という具合に調整すると良いでしょう。

疲れを感じながらの付き合いは、家族であってもストレスが顕著に現れてしまうものです。

【その3】相手が義理の両親の場合

相手 義理 両親 場合

よく顔を合わせる義理の両親との人間関係を断捨離するケースは、家族と呼ばれる関係の断捨離の中で、最も難しいと言って良いでしょう。
配偶者との関係性は変えず、義理の両親との関係性だけを断捨離するため、気を遣いながら慎重に進めていかなければなりません。

配偶者に気持ちを伝える

義理の両親との人間関係を断捨離する場合には、第一に配偶者にその気持ちを伝えることから始めましょう
配偶者との人間関係を断捨離するケースでは、ハッキリと意思表示をすることが大切と紹介しましたが、義理の両親との関係性では配慮が欠けた行為とみなされてしまいます。

そして、相手に感じ取られないような気遣いも大人のマナーと言えるでしょう。
配偶者と相談しながら、少しずつ関係性を変えていくようなイメージをもつと良いでしょう。

顔を合わせる機会を最低限にする

顔を合わせる機会を調整することも、義理の両親との関係性を変えるためには有効と言えます。
もちろん、配偶者との相談が第一ですが、お誘いを受けたとしても理由をつけて断るといったルールを事前に決めておきましょう。

仮に不審に思われ配偶者に探りを入れられても、チームワークで乗り切ることが大切です。

表面的に接する

顔を合わせなければならないシチュエーションでは、とにかく愛想よく表面的に接するようにしましょう。
人間関係に疲れを感じてしまっている状態では、義理の両親の一言一言に過敏になってしまうことがあります。

仕事のこと、配偶者との関係、孫のことなど、疲れを感じてしまいやすい言葉が投げかけられるかもしれませんが、感情を押さえながら接することが重要です。

【その4】相手が兄弟の場合

相手 兄弟 場合

年齢を重ねるうちに兄弟の間柄でも人間関係の断捨離が必要になることがあります。
幼い頃からお互いをよく知る兄弟だからこそ、人間関係の断捨離を行う際に注意すべきポイントについても把握しておきましょう。

顔を合わせる機会をつくらない

兄弟という人間関係を断捨離する際の一番のポイントは、顔を合わせる機会をつくらないことです。
顔を合わせる機会をつくらないことで、余計な気を使わず、精神的なゆとりが違ってくるはずです。

自分のことをよく知る相手だからこそ、思い切って距離を置く覚悟が大切とも言えるでしょう。

連絡を取らない

両親の問題といった無視できない用事がない限りは、連絡を控えることも重要です。
人間関係の断捨離は自分の意思をハッキリさせるという意味でも重要であり、過去の人間関係から脱却しなければなりません。

そういった意味では、過去の自分を思い出させる関係性からも距離を置くべきと言えるでしょう。

家族との関係をきっぱりと断つのは難しい部分も

家族 関係 きっぱりと 難しい

自分の意思をハッキリさせるという決断のもとに行う断捨離ですが、家族との関係となると難しい部分もあります。
そして、その難しさについては、ある程度シミュレーションしておく必要があります。

断捨離という言葉を聞くと「無理やり断ち切る」というイメージをもつ方もいますが、そうではありません。
あくまでも今の自分には不要という根拠のもとに手放すことが、正しい断捨離と理解しましょう。

距離を置いたとしてもお互いの理解があるからこそ、後悔しない選択をしなければなりません。
家族との人間関係を断捨離する意味をしっかりと吟味することに重きを置くことをおすすめします。

心に余裕が生まれたら見えてくることもある

心に余裕 見えてくること

人間関係を断捨離する際には、手放したのちに手に入れられることを見越しておくことも大切です。
家族との人間関係を断捨離することで、精神的な疲れから解放されるというメリットが見込めます。

詳しくはこちら>>断捨離が必要な人間関係とは?関係を切るべき存在と得られる4大効果

自分らしい生活、将来のための投資など、有効な時間の使い方に専念しましょう。
そうすることで、一度は疲れ、煩わしいと思ってしまった家族との関係に隠される良さを再認識できるはずです。

配偶者や両親、兄弟などの家族は、距離が近いためにありがたみを忘れてしまいがちです。
そのありがたみをお互いに認識し直すために、家族との人間関係を断捨離するという考え方を大切にしましょう。

まとめ

長い人生を俯瞰してみると、家族との人間関係を考え直さなければいけないシーンもあります。
そんな時は決して無理をせず、自分の気持ちを大切にしましょう。
疲れから解放されることで、家族のありがたみを再認識できるはずです。

断捨離といえば、物の断捨離を思い浮かぶ人が多いのではないでしょうか。
こちらに、断捨離になかなか踏み切れない人への鉄則をまとめました。
ぜひ、参考にしてみてください。