【勧誘を丁寧に断る方法】もう来ないで!電話&訪問営業を撃退しよう

【勧誘を丁寧に断る方法】もう来ないで!電話&訪問営業を撃退しよう

会社や自宅に押しかける電話&訪問営業に、辟易としているという方も多いのではないでしょうか?
貴重な時間を奪われ、対応が面倒な電話&訪問営業を歓迎する方はいません。

ただし、そんな迷惑な営業は、間違った対応をしてしまうことでエスカレートすることがあることも頭に入れておきましょう。
「いえじかん」では、場合によってはしつこさを増す可能性のある迷惑な営業を、スマートに撃退するテクニックを紹介していきます。

しつこい勧誘に悩まされてはいませんか?

しつこい 勧誘 悩まされて

気分の良い時に勧誘され、1日が台無しになってしまったという経験は誰にでもあるのではないでしょうか?
また、何度も断っているのに営業の電話が来るという方もいるでしょう。
そんな電話&訪問営業を確実に撃退するテクニックをお教えします。

「お断り」は感情的にならず丁寧に

ついつい感情的になってしまうお断りですが、丁寧に感情を押さえた言い回しで断ることがポイントです。
その理由については後述しますが、しつこい営業をしてくる組織や会社は揚げ足を取って、再びコンタクトを取る機会を探ってきます。

感情が高ぶってしまった時に発した言葉が相手に良いきっかけを与えてしまうことにも気をつけながら、丁寧に対応することを心がけましょう。

何度もかかってくる営業電話の断り方

何度も 営業電話 断り方

しつこくかかってくる営業電話の断り方を、会社編と自宅編の2パターン解説していきます。
会社いる時は会社にいる時の、自宅にいる時は自宅にいる時のメリットを最大限に活かすことで、スマートに電話&訪問営業を撃退できます。

会社編

会社編

会社にいる時にかかってくるしつこい営業電話に辟易としてしまうという方は、これから紹介する2つのポイントを活かして、周りの上司や先輩のストレスも軽減してあげましょう。
まずはいくつかある営業電話のパターンを知ることが、相手の意図に乗らないためのもっとも効率的な方法です。

営業電話のパターンを知る

会社にかかってくる営業電話ですがパターンは王道の1つしかないと言われています。
下記のような言い回しが良く使われる定型文とされているため、しっかりと押さえておきましょう。

  • ◯◯と申しますが、責任者の方はいらっしゃいますか?

冷静に考えてみれば、「取引先は絶対にしない」と思う方も多いでしょうが、とっさの判断が難しいという方も珍しくありません。

悪賢い営業電話を見抜く

また下記の例文のように、悪賢くあえて営業電話だとわからないようにかけてくるケースもあります。

  • ◯◯でお世話になっております。恐れ入りますが責任者の方はいらっしゃいますか?

◯◯でお世話になっていると言われてしまうと「もしかして繋がりがあるのかな?」
と思い込んでしまうこともあるため、しっかりと取引業者を把握しておくようにしましょう。

必ず要件を聞く

要件 聞く

これまで解説してきたケースのように、わかりにくい営業電話も珍しくありません。
しかし、必ず要件を確認するという癖さえ付けてしまえば、不要な電話に貴重な業務時間を取られてしまうということもないでしょう。

社会人の常識として「要点を伝えるために要件を確認させてください」と提案してみましょう。

曖昧にせず丁寧にお断り

要件を確認し、不要と判断した後は下記のような言い回しでキッパリと丁寧に断りましょう

  • 恐れ入りますが、こういったお電話はお断りするよう言われております。
  • 私から責任者に話しまして、必要でしたらお電話致します。

会社にいる場合には、「自分に決定権がないこと」を間接的に伝えるテクニックが有効です。
会社の方針や事務所の方針を理由にした言い回しを有効に活用していきましょう。

自宅編

自宅 編

会社にかかってくる営業電話とは違い、自宅にかかってくる営業電話は失礼に当たってしまっても大事にならないため、明確な意思表示をしても構いません。

営業電話だとわかったらキッパリとお断り

自宅への営業電話も会社にかかってくるケースと同様にわかりにくく、明確な意図を伝えずに話し始める傾向にあります。
ただし、一通り話を聞いてしまえば対応は難しくありません

仮に「ご主人様いますか?」と知り合いように話し始めたとしても、早合点してはいけません。
冷静に「要件を伝える」と切り返し、相手からの提案を聞いてしまいましょう。

訪問営業を断る8つのポイント

訪問営業 断る ポイント

訪問営業を受け、相手のペースに乗せられてしまったという経験のある方も多いのではないでしょうか?
会社や自宅への訪問で内心迷惑と感じていながらも、対応してしまう優しい方もいます。

自宅でも会社でも貴重な自分の時間を守るために、訪問営業を撃退するテクニックを身に着けましょう

【その1】自宅への訪問であれば居留守を使う

訪問営業を撃退するもっとも有効な手段が、居留守を使うというものです。
どうしてもインターホンに反応してしまうという主婦の方もいますが、必ず対応しなければならないというルールはありません。

モニターを確認して、知らない相手であれば放置しても構わないのです。

【その2】門前払いの対応が一番楽

気の優しい方こそ、不要なコミュニケーションは控えるべきでしょう。
直接顔を合わせてしまうことで情が湧いてしまう、話が長くて根負けするという流れで、不要な契約を結んでしまうこともあります。

インターホン越しに要件を確認し、門前払いしてしまうことがリスクを軽減する一番の方法と言えます。

【その3】相手がどこから何の目的で来たのか確認する

相手 どこから 目的 確認

「もしかしたら家族の関係者かもしれない」というケースではどこから来て、何が目的なのかをハッキリと確認しましょう。
関係者であっても訪問営業であれば、代わりに断ってしまっても問題になるリスクがないため、要件を聞くという工程を踏むことが大切と言えます。

【その4】遠回しな断り方や曖昧な表現はNG

断り方については、ハッキリと意志を伝えることが大切です。
勢い良く話す営業マン、信用できそうな営業マンが訪問してきた場合に、ついつい「検討する」「相談する」といった表現を使ってしまいがちです。

しかし、その場で不要とわかっているケースでは、「いりません」「必要ありません」と言い切ってしまいましょう。

【その5】簡単なお願いも断る

訪問営業の場合には直接顔を合わせるシチュエーションを活かし、さまざまなお願いをすることで機会を図るという手法も存在しています。
その最たるものがアンケートやモニターです。

「数問しかない簡単なアンケート」
「無料で使ってもらう」
など、気楽に答えられるお願いほど注意して対応する必要があります。

【その6】丁寧な対応をしても優しさは見せない

丁寧 対応 優しさ 見せない

言い回しや態度で、相手を不快にさせない気遣いを表現することは重要なことです。
ただし、節度のある対応と優しさを混同しないという点には注意が必要です。

優しさは迷惑な勧誘を助長する事になりかねないため、情に流されずに対応することを心がけましょう。

【その7】相手のペースに乗らない

訪問営業の中にも巧みなトークで自分のペースに持ち込むことができる営業マンが存在します。
簡単な質問をきっかけにどんどんと話を広げられ、良い気分にさせられ、冷静な判断ができないまま契約に至ってしまうということもあります。

訪問営業には隙を見せないくらいの気構えをもち、「個人情報なので答えられません」「答える必要がありません」と回答しましょう。

【その8】絶対に契約やサインをしない

間違っても玄関先で契約やサイン、捺印をしてはいけません
仮に本当に興味ある提案だったとしても、しっかりと話を聞く機会くらいは設けるべきでしょう。

諦めてくれない悪質な訪問営業の場合

諦めてくれない 悪質 訪問営業 

同じ訪問営業でも、諦めの悪い悪質なパターンも存在します。
どんなにキッパリ断っても引き下がらないような場合には、さらに明確な意志を表現せざるを得ないでしょう。

「帰ってください」と言う

丁寧に相手を不快にさせない態度で接することは重要ですが、あくまでも常識が通じる相手だった場合と心得ておきましょう。
悪質な訪問営業を撃退するケースでは、「帰ってください」などの明確な意思表示が必要な場合もあります。

また、どうしても引き下がらない場合には、警察に連絡するなどの手段を準備しておく必要もあるでしょう。

身分証の提示を求める

社員証や身分証の提示を求めることで、強制的に引き下がらせることも手段の1つです。
会社への通告や警察への相談に使用するために、身分を証明するものを写真などのデータに残しておきましょう

また、会話の内容を録音しておくことで、第三者に迷惑の度合いを伝えられます。

しつこい勧誘に繋がるNGフレーズ4選

しつこい 勧誘 繋がる フレーズ

丁寧さのない断り方は、しつこい勧誘を助長してしまう可能性があることも念頭においておきましょう。
前述の通り、不要と判断するためには門前払いをするか、簡単なお願いを断りながら話を聞くことが、適切な断り方になります。

これから紹介する4つのフレーズは、「また来ます」「ならば聞くべき」といった相手にチャンスを与える言い回しとなるためしっかりと把握しておきましょう。

【その1】今時間がないので、忙しいので

面倒な営業を助長してしまう可能性がある1つ目の表現が時間がない・忙しいというものです。

このような断り方は営業の行う側で対策されていることが多く、
「ならば、時間のある時に来ます」
と前向きに捉えられてしまうことがあります。

また、この一言をきっかけに、話を広げるテクニックを持っている営業がいることも頭にいれておきましょう。

「いつ頃なら時間がありますか?」
「どんなお仕事をされているんですか?」
と簡単な質問を繰り返し、気が付けば相手のペースに巻き込まれていることも珍しくありません。

【その2】決定権のある者(夫)がいないので

時間がない・忙しいという断り文句と同様に、決定権のある者がいないという表現も避けるべきです。
よく使用されている断り文句として研究されているという点も、時間がない・忙しいと非常に似ています。

矢継ぎ早に「ご不在なのであれば、直接いらっしゃる時にご連絡(訪問します)」
と言われてしまえば、勢いに押されてしまう方も多いでしょう。

【その3】いいです、結構です

相手の目的を聞かないうちに断ってしまうパターンも、迷惑な営業を助長させてしまうことがあります。
本当に忙しい時ほどすぐに断ってしまいたくなるものですが、しつこい勧誘を断る一番の方法が丁寧に対応することであることを思い出しましょう。

初めから「いいです」「結構です」と断ってしまうと、簡単なアンケートやモニターの提案を断ることに対しての抵抗が生まれやすくなってしまいます。

【その4】お金がないので

お金がないという表現も非常に危険であり、使用するのであればタイミングを図りましょう。
あまりに早すぎてしまうと、「お金をかける価値があるかだけでも」と粘られる可能性を高めてしまいます。

まとめ

「もうこないで!」と疎ましく思う時ほど、丁寧に対応することが迷惑な電話&訪問営業を撃退する一番の近道です。
さらにしつこさを増す可能性にも配慮しながら、毅然とした態度を心がけましょう。

こちらに誘いの断り方のコツをまとめました。ぜひ参考にしてみてくださいね。
>>誘いの断り方にもコツがあった!ビジネス・友達・恋愛関係別に紹介