観葉植物の育て方|これが基本の「き」!元気に大きく育てる方法とは

観葉植物の育て方|これが基本の「き」!元気に大きく育てる方法とは

観葉植物は難しい…
すぐ枯らしてしまう…
そんなお悩みはありませんか?

実は基本の管理をしっかり行うと植物はとても元気に成長します
ビギナーさんも育てるのが苦手だと思っている方も、ちょっとしたお手入れの見直しでプロ顔負けに変身できます。

「いえじかん」の中で簡単にできる管理、メンテナンスのコツをご紹介します。
お気に入りの観葉植物を見つけたらぜひ試してみてくださいね。

曖昧な知識で観葉植物を育てていませんか?

 

View this post on Instagram

 

MINORU_CAFEさん(@minoru_cafe_)がシェアした投稿


 minoru_cafe_さんの投稿

最近では、ミニ観葉植物など可愛らしく手軽に入手できるインテリアグリーンが多く登場しています。
どんなに小さな植物でも手入れの仕方によっては、元気よく成長させ育てることが可能です。

購入するとき簡単なお手入れ方法や品種のタグやラベルがついていると管理しやすいですが、何もない場合もあります。

そんな時はインターネットなどで情報収集しますが、曖昧な場合もありますよね。
まずは、基本のお手入れ方法をご紹介します。

観葉植物を元気に育てるための4大要素

観葉植物 元気 育てる 要素

観葉植物を元気に育てるポイントは「光・風・温度・水」の4つです。
どれが欠けても元気には育ちません。
種類によってそのバランスは変わってきますが、まずは基本の管理方法をマスターしてみましょう。

【その1】観葉植物が好む日当たり・日陰

室内で育てることの多い観葉植物ですが、日当たりを好むもの、やや日当たりを好むものと分かれます。
原産地でさんさんと日光を浴びているタイプ、大きな木の陰にひっそりと生きているタイプなどがあります。
原産地での生え方や性質を知っておくと管理の役に立ちます。

日陰を好む日当たりが弱くても大丈夫でも、植物である以上日光は必要です。
日の当たらない玄関やトイレ、風呂場では元気に生育できません。
もし元気がないなと思ったら、置いている環境を見直すようにしましょう。

【その2】風通しのよい場所

風通し 場所

風通しはとても大切です。
病害虫を防ぎ、光合成を助けます。
風通しを良くすることで適度な温度と湿度を自然に保てます。

猛暑などでなかなか窓が開けられない時はサーキュレーターなどで風の流れを作っておくと良いでしょう。
しかし、エアコンの風はよくありません。
極度の冷風や温風は葉を痛めてしまい、乾燥してしまうので枯れる原因になってしまいます。

【その3】適した温度で管理

それぞれの植物には適した温度があります。
成長が促される春から秋は暖かく、成長が止まる冬場は温度が低くなりすぎないよう暖かく保つ必要があります。

逆に寒くなると花が咲く多肉植物などもあるので、購入する時それぞれの植物の特性をよく調べる必要があります。

冬には何度までが耐えられますよ、という「耐寒温度」がそれぞれの植物で決まっています
この耐寒温度が高い場合は、冬でも一定の温度が必要になってくるので、管理が難しくなってきます。
ビギナーさんの場合は冬越し温度にも注意しましょう。

【その4】時間と量を意識した水やり

時間 量 意識 水やり

観葉植物への水やりは、最も気を使う作業です。
大切なのは、たっぷりと季節ごとに適した時間に行うことです。

基本は、鉢の底の穴から水が出てくるくらい勢いよくあげます。
土全体に水を行き渡らせると、土の中の汚れやガスを押し出してくれます。
土の中の環境が新鮮で安定した状態になると根も元気に育つのでしっかりマスターしましょう。

水やりに適した時間帯とは

水やりには適した時間帯がある事をご存知ですか?
基本は朝から午前中ですが、春など気候が穏やかな時は構いません。
しかし、夏は夕方から夜にあげます。

朝に水をたっぷりあげてしまうと、鉢の中の水分が熱くなってしまい根にダメージを与えてしまいます。
逆に冬場は午前中から日中にあげます。
鉢の中の水が極度に冷たくなったり、凍るのを避けるためです。

土が乾いた時にたっぷりと与える

水やりのタイミングは、「土の表面が乾いたら鉢底から水が出てくるまであげる」ことが基本です。
しかし、表面が乾いてるってどうやって判断するの?
と思う方もいらっしゃいます。

まず、土が白っぽくカサカサとしてきた状態が乾いている状態です。
しかし、空調などによって、中はまだ水が含まれている可能性もあります。

そんな時は、割り箸や竹串を刺して確認してください。
十分に湿っているようなら、水やりはもう少し間隔をあけて行ってください。

霧吹きを使って葉・茎・幹へも水やり

霧吹きを使って「葉水」を与えることも植物にとってはプラスになることが多くあります。
葉の汚れを落とし、病害虫を防いでくれます。
しかし、霧吹きで葉水を行っても、根本の水やりにはなりません。

水は根に与えることが基本なので、一部のシダや着生植物などを除いてはまずは基本の水やりをしっかり行ってください。

更に元気にする正しい肥料の与え方

元気 正しい 肥料 与え方

適切に肥料を与えると、生育が早くなったり丈夫に育ちます。
しかし、肥料の種類やタイミングを誤ると逆効果になってしまいます。
ここでは、適切な肥料の与え方をご紹介します。

バランスの良い肥料を選ぶ

植物の肥料は窒素(N)・リン酸(P)・カリウム(K)がメインになっています。
肥料にはN5:P5:K5などと配合が記載されていて、この数値が大きいほど高濃度になってきます。

窒素は葉の元となる「葉緑素」に働きかけます。
リン酸は花や実を成育させる効果、カリウムは根や茎、球根を太らせる効果があります。
肥料には様々な種類があるので、あらかじめ配合されている「観葉植物用」を選ぶようにしましょう。

適切なタイミングで肥料を与える

基本は、肥料は「生育期」に与えます
活発に成長するとエネルギーが必要なので、ご飯を欲しがる状態です。
冬の寒い時期は眠っているので、ご飯は必要ないと思ってください。

与え方と量は規定を守る

肥料には液体タイプと固形タイプ、顆粒やスプレーもあります。
どのようなタイミングでどのくらいの量をあげるかは鉢の大きさによっても変わってきます。
必ず肥料のパッケージを確認してから使用しましょう。

肥料の間違った与え方には注意!

肥料 間違った 与え方 注意

肥料を間違った方法で与えると、枯れることがあります。
観葉植物の種類にもよりますが、一般的には植物が元気で生育を促したいときに利用します。
弱っているときに慌てて肥料を与えてしまうと枯れてしまうこともあるので注意が必要です。

これで安心!夏と冬の管理方法

安心 夏 冬 管理方法

観葉植物の手入れは季節によって変わってきます
よく育つ暖かい季節と休眠期と呼ばれる成長しない冬場では大きく異なってきます。

冬は温度が下がり、鉢の中の土も冷たくなり、水も蒸発しづらくなります。
逆に夏は温度が上がり鉢の中の水が温まりやすく、根腐れしやすくなります。

また、水がすぐ蒸発するので枯れやすくなることもあるので、長時間の直射日光を避けるなど管理に工夫が必要です。
元気に育て続けるために、それぞれの季節の管理方法のポイントを確認しましょう。

夏はエアコンによる乾燥対策を

夏は太陽光も強く大きく育つタイミングですが、エアコンには要注意です。
エアコンの風が当たってしまうと、部分的に乾燥し温度が下がります。
植物にとってはよくない環境になってしまうので、エアコンの風は直接当たらないようにしましょう。

冬は温度管理と水やりの頻度に気をつける

冬場は多くの観葉植物にとって「休眠期」と言って成長をお休みする期間になります。
この時期は根も休んでいるので、水は控えめにしましょう。

また、寒いので水分の蒸発も少なくなっています。
水やりは控えめに行ってください。

植物には種類ごとに「耐寒温度」、どのくらいの寒さまで耐えられます、という温度の目安があります。
同じ種類の植物でも、品種によっても異なってきます。
購入する時に確認をしておきましょう。

この温度が高いほど、冬場の管理が難しくなってきます。
耐寒温度が低い場合は、特別な対策は必要なく冬越しは容易です。
管理に自信がない時は、冬越ししやすいものを基準に選ぶと、通年楽しむことができます。

長く元気に大きく育てるための植え替えについて

長く 元気 大きく 育てる 植え替え

植え替えは成長を促進させる上でとても重要なポイントです。
慣れるまでは大仕事ですが、コツを掴めば簡単に行えます。

株を古い鉢からそっと引き抜き、古い土を落としてください。
新しい土を使って一回り大きい新しい鉢に植え替えます。
根を傷めないようにそっと行えば簡単にできます。

暖かい時期に行うので、鉢から引き抜いてそのまま放置すると根が乾燥してしまいます。
植え替えは手早く行いましょう。

大きな植物や専用の土が必要な植物などはビギナーさんには難しい場合があるので、園芸店にお願いしましょう。

植え替えるべきタイミング

植え替えのタイミングは、

  • 鉢と植物のバランスが悪くなってきたとき
  • 水やり時に、水が鉢底からうまく抜けない
  • 根詰まりが起きている
  • 鉢底から根が出てきている

このようなサインが見えたら行うようにしましょう。

1-2年に1回が目安になります。
根詰まりで古い鉢が抜けない時は、陶器鉢の時は叩いて割って外す方法もあります。
プラスチックやポットの場合は、手で揉むと中の土と根がほぐれて外すことができます。

5月〜9月の時期を守って植え替えよう

植え替えは、生育期の5月〜9月に行いましょう
植え替えは土を入れ替えたりするため植物にとってはストレスになることもあります。

休眠期の冬に行うとストレスに負けてしまったり、うまく根が育たず枯れてしまうことがあります。
生育期であれば、多少のストレスにも負けずに、新しい土にも順応しよく根を伸ばしてくれます。

土選び・鉢選びで気をつけたいこと

土は、観葉植物に適した土を利用しましょう。
市販の観葉植物専用の土やブレンドされた培養土で大丈夫です。
サボテン、多肉植物などは専用の土があるので必ずそちらを利用しましょう。

鉢は一回り大きな鉢に植え替えます。
例えば、6号の場合は7号サイズの鉢になります。

いずれ植え替えるからと、大きすぎる鉢に植え替えてしまうと根に対して土が多くなってしまいます。
そのため、水分が多く含まれ根腐れの原因となるので注意しましょう。

サイズは合っていても、ずんぐりと丸い形や深い鉢も、同様に土が多く入り過ぎてしまいます。
適したサイズを選ぶようにしましょう。

虫の発生や病気などのトラブルが起こったら

虫 発生 病気 トラブル 起こった

病害虫の発生は植物を枯らしてしまう原因となります。
見つけたらすぐに除去、殺虫する必要があります。

日々のお手入れで、葉の変色や変形を見つけたら害虫のせいかもしれません。
葉の裏まで細かく観察しておきましょう。
殺虫剤を使用すれば治る場合もありますが、ひどい場合は虫がついた枝は剪定をするようにしてください。

虫の駆除についてはこちらの記事も一緒にご覧ください>>観葉植物に発生する虫全8種の駆除方法|虫除け対策でさらに安心!

まとめ

観葉植物は、基本をマスターすれば、すくすくと元気に育ってくれます。
もし、元気が無くなった時は、基本をもう一度おさらいすると復活する場合もあります。
ぜひチャレンジしてみてくださいね。

観葉植物を育てたくても、水やりが面倒だったり日当たりが悪いと躊躇しがちになりますよね。
こちらに、水やりが不要な光触媒の観葉植物についてまとめました。
ぜひ、参考にしみてください。