女性ミニマリストのファッション事情!なぜ少ない服でもお洒落なのか?

「女性ミニマリスト」が熱い!なぜ少ない服でもお洒落に見えるのか?

クローゼットにある服の中から今日の気分に合うものを…と見ているうちに面倒になってしまう経験ありませんか?

その原因は、持っている服が多すぎるという可能性もあります。
少ない服でもちゃんとお洒落に見える「女性ミニマリスト」のワードローブを参考に、あなたも一度自分のワードローブを整理してみませんか?

必要最低限でもちゃんとお洒落になるスマートな方法を実践することで、クローゼットも見やすくなり毎日の「いえじかん」をぐっとアップデートできますよ。

関連記事

上手に服の断捨離をする方法10選|DaiGoさん&こんまりさんに学ぼう

女性ミニマリストってどんな人?

女性 ミニマリスト どんな人

安価でたくさんの物が手に入るようになった今。
同時に物であふれつつある世の中に反発するように生まれたのが「ミニマリスト」です。
生活する中で必要なものを最低限におさえ、シンプルに暮らすという軸を持った人たちのことを指します。

「ミニマリスト」は主に独身の男性が多い傾向にありますが、「女性ミニマリスト」はもう少し楽しむ余地を持った人たちです。

ちょっとインテリアを飾ったり、小さな工夫で暮らしを楽しんだり、ミニマリストの軸をベースに暮らしをシンプルに楽しむ人たちの総称です。

女性ミニマリストたちのセンス・ノウハウをうまく取り入れて、あなたにしか作れないスマートでお洒落な暮らし、ファッションを見つけてみましょう。

女性ミニマリストが人気の理由

女性 ミニマリスト 人気 理由

近年人気が急上昇している女性ミニマリストたちです。
その理由は、暮らしやファッションにおいて少ない物の中から独自の感性を活かすことで、シンプルかつお洒落に見えるそのセンスにあります

女性ミニマリストの暮らし方・考え方は、「QOL(生活の質)」を追求した生き方モデルのひとつとも言えます。

共通して言えることが、女性ミニマリストたちは「ファッション計画」を通して計画的にお洒落を楽しんでいるということ。

そして、何より「自分に似合うものが分かっている」ということです。
さらには節約効果もあるからうれしいですね。

ミニマリストではない女性は服好きな人が多いです。
家に似たような服があるのに、同じ服を買ってしまったなんてこともあるのではないでしょうか?

しかし、ミニマリストは少ない物でも、ちゃんと見栄えには妥協しない。
そのような女性ミニマリストたちの精神が、多くの女性をとりこにしています。

センスの良いものを少しだけ持つ。
今回は女性ミニマリストたちのワードローブから整えるヒントを探っていきましょう。

女性ミニマリストは服を何着持っているの?

女性 ミニマリスト 服 何着

あなたは、現在部屋におよそ何着くらいの服があるか想像がつきますか?
普段あまり意識しない部分なので、わからない方も多いのではないでしょうか。

センスの良いものを少しだけ持つ、女性ミニマリストたちの平均的な服の数を参考に見ていきます。
人により多少誤差はあるものの、全てのシーズンを含め20~30着程度が平均と言われています。

アウターは3~5着程度が平均です。
トップスは、多い人でも10~15着ほど。
少ないと3着を着回している方もいらっしゃいます。

ボトムスはスカートとパンツ・キュロットなど全ての型を合わせて5~7着が平均です。
全シーズン含めなので、かなり枚数が少ないことがわかります。
今お持ちの枚数の方が多い印象を持ちませんか?

次は、実際に女性ミニマリストたちがどうやって断捨離をしていくか、その基準について迫ります。

服を捨てるときの判断基準

服 捨てる 判断基準

服を断捨離する場合は、まずは自分の持っているワードローブを全て見える状態にしてみましょう。
「こんなの買ってたっけ」「昔買ったけどもう着れないなあ…」という思いが湧くはずです。

その感情のままに、まずは振り分けをしてみることをおすすめします。
詳しくは以下のとおりです。

  1. 買ったことすら忘れていた服
  2. 昔着ていたけど、ここ数年着なくなった(似合わなくなった)服
  3. ずっと目に見える場所にあるけれど実は着ていない服
  4. 家で試着はするけれど着て外に出たことはない服
  5. その他

この振り分け方法でいう1~4の服たち。
実はすべて今のあなたにとって、いわゆるタンスの肥やしとなっている服たちです。

5に残った服が必要最低限の服です。

振り分けしてみていかがでしたか?
ぐっと枚数は減ったはずです。

これらの原因は、「いつか着るかも」「これはあの時気に入って買った服だから」と、頭にフィルターをかけてしまっていた結果。
実は、そんな服がなくてもちゃんとお洒落に毎日着回しができるのです。

せっかく枚数が減ったワードローブ。
服を捨てると買いたくなるという心理もありますが、そこはぐっとこらえて。

次に、減らした服を増やさないためのコツをお伝えします。

服を増やさないための工夫

服 増やさない 工夫

一度整理するとすっきりまとまるワードローブ。
しかし、また買ってしまっては同じことの繰り返しになってしまいます。

今後も服の枚数をキープするために女性ミニマリストたちが意識している工夫についてご紹介しますよ。

ひとつ買ったらひとつ捨てる」というのはひとつの指針でもあります。
新しいシーズンになると、その時の新作や流行デザインの服が欲しくなるものです。

しかし、買う前に一度自分が持っている服を確認しましょう。
「あの服を買う代わりにこの服は手放そう」と納得してから買い物に行くのも良いでしょう。

また日頃からできる工夫として、「ワードローブをすべて見える場所に置く」というのも手です。
洋服ダンスの一番奥だと、目に触れる機会も必然的に少なくなるので持っていることすら忘れてしまいがち。

例えばクローゼットにすべて服は掛けて管理すれば、ひと目で持っている全部の服が把握できるのでおすすめです。

女性ミニマリストはなぜ少ない服でもお洒落に見えるのか?

女性 ミニマリスト 少ない服 お洒落

ここまでいかに洋服を少なくするか、その少なさを保つかをご紹介しました。
その少ない服でどうしてお洒落に見えるのか、一番気になるところですよね。
実は多くの女性ミニマリストは、シーズンごとでファッション計画を立てているのです。

ファッション計画とは、持っている服をベースに、こんなパターンのお洒落をしたい!
というのを具体的にノートでまとめたものです。
いわばコーディネート帳のようなもの。

描いてまとめることで、「このお洒落をするために必要なアイテム」が見えてきます。

買い物に行く→欲しいものが見つかる→買う、が多くの人の流れです。
しかし女性ミニマリストたちは、欲しいものを可視化する→買い物に行く→買う、という流れができるのです。

自分が「お洒落」だと思うコーディネートがはっきりと見えていれば、迷うこともありません。
ファッション計画を立てておけば、衝動買いもおさえやすくなるので節約にもつながりおすすめです。

シンプルで質のいいアイテムを選ぶ

シンプル 質のいい アイテム

女性ミニマリストたちは、ほとんどが衣替えをしないと言います。
夏服も、冬服のインナーとして着回すなど工夫しているんですね。

少ない服のコーディネートの場合、必然と着る頻度も高くなります。
そこで大事にしたいポイントが、「シンプルで質のいいアイテムを選ぶこと」です。

質のいい基準、というのも人それぞれではありますが、「生地感」「値段帯」が主な判断基準となるでしょう。

分かりやすい例がニットです。
どうしてもアクリルが入っていると毛玉ができやすい傾向にありますが、カシミヤはお手入れが必要ですが長持ちする、といったように。

また、凝ったデザインのものも魅力的ですが好みが大きく左右します。
その時は気に入って買ったけど、時間がたつと何でこんなデザインを買ったのか…と自分の心も変わってしまうものです。

ずっと着たい定番服を買い足すなら、シンプルで質のいいアイテムがおすすめです。

小物類でアクセントをつける

小物類 アクセント

「定番服はシンプルで質のいいもの、っていうのは分かったけど、それじゃあみんなと同じでつまらなくなってしまいそう…」なんて声も聞こえてきそうです。

女性ミニマリストたちにもそれぞれこだわりを見せて個性を楽しんでいるアイテムがあります。
それが「小物類」。バッグ、アクセサリー、靴などですね。

アクセサリー

かなり好みが見えるところではありますが、最低でもネックレス・耳もの(ピアス・イヤリング)があればぐっとお洒落に見えます。

とある女性ミニマリストの方は、

  • ネックレス3つ(ビジューがついたもの/ワンポイント/ロングタイプ)と
  • ピアス3つ(揺れるロングタイプ/アクセントになる大ぶりなもの/プチタイプ)

を使い分けていると言います。

バッグ

バッグに関して注意したいところは、ブランド名だけで選ばないこと。
手放すときも同じです。
「高いブランドだったから」というのは現実的ではありません。

バッグ選びでも大事なのは、「自分に似合うものが分かっているかどうか」です。
先ほどの「ファッション計画」に通ずる部分ですね。

女性ミニマリストたちも平均で5個ほど持っているようです。
コーディネートとしてもそうですが、実用的な面も持ち合わせるバッグ。

これはとあるミニマリストの方が持っているバッグの例です。

  • 大きすぎないショルダーバッグ。ちょっとしたお出かけにも。
  • お買い物にもぴったり、容量もあるトートバッグ。
  • 旅行用のキャリーバッグやリュック。
  • 冠婚葬祭に使えるフォーマルなバッグ。

「シンプルで質のいいものを」という前にあったところにも通ずるのですが、靴は毎日履く物なのでお金をかけましょう

よく、パーティやデートなど特別なときのためのハイヒールなどにお金をかけてしまいがちですね。
それよりも毎日履くスニーカーやパンプスにお金をかけるのが女性ミニマリストたちの考え方です。

靴もバッグと同じく5足ほどが平均です。

  • 普段履き・フォーマルと両方使える黒いパンプス
  • カジュアルな街歩き用のスニーカーやスリッポン
  • ショートブーツ(雨の日も兼用できると尚良し)
  • 夏用のサンダル、ミュール

この他にも、ストールや帽子、時計などもアクセントとして活用できます。

まとめ

今からでも遅くはありません。
気になったあなたはぜひ、この記事を参考に「ファッション計画」から始めてみてください。
きっと、あなたの「いえじかん」に今よりも余裕が生まれ、豊かな時間にアップデートされるでしょう。

少ない服で楽しむならファッションレンタルサービスを活用するのがオススメです。

ファッションレンタルサービス【比較人気7選】借り放題やスタイリスト付きのオススメは?断捨離したい人必見