自炊派ミニマリストのキッチン事情!ツールの絞り方が快適調理のカギ

自炊派ミニマリストのキッチンをご紹介!余計なものを置かない暮らし

あなたはキッチンのものがあふれているのが当然のことだと思ってはいませんか?

「 とにかくものが多すぎて、全部を毎日片付けるのはちょっと無理」

そんな悩みのある方は自炊派ミニマリストのキッチンを参考にしてみましょう。
思い切ってものを片付けられる量にしてしまえばいいのです。

常に片付いてピカピカになったキッチンに慣れたら、あなたの「いえじかん」はもっと充実すること間違いなし。
実現できたらもう元には戻れませんよ!

関連記事

キッチンが快適に!断捨離のやり方9つの助言|効率のよい収納が鍵◎

ミニマリストはキッチンに余計なものを置かない

ミニマリスト キッチン 余計なもの
無駄なものをキッチンから排除する、つまり本当に必要なものだけでキッチンを構成するにはどうしたらいいのでしょうか?
最低限の持ち物で生活することを目標としているミニマリストの方たち。
彼女たちはキッチンに余計なものを置かず、ごくごく限られたものを最大限使いまわして料理を作ります。

つまり余計なものは一切置かないという強い意志が必要なのです。

そのためには既存の価値観に縛られないことが大切です。
例えば食器棚は必ずしも必要ではない、とミニマリストは考えます。
食器棚があればそこを埋めるために、どうしても食器を買ってしまうような事態になってしまうのでそれを避けるために、当然買うものとして食器棚は考えられていないのです。

ではどうするかと言うと、備え付けてあるキッチンの棚に分散して置いたり、 一見食器が入っているとはわからないような入れ物に収めてしまうことも。

また、まな板にはまな板スタンドが、シンクには三角コーナーがつきものですが、これらも ミニマリストにとっては処分対象です。

他にもお玉や菜箸を立てておくキッチンツールスタンドや、スポンジには無くてはならないと多くの人が思っているスポンジ受けなども、なくてもなんとかなるものとされています。

とにかくキッチンの物を減らすためには、これがあって当然というような縛りをなくすことから始めましょう。

もう一つ大切なのは、あなた自身の食生活の詳細を見つめ直すこと。
ここを考え直すことで、次のアクションが決まってきます。

キッチンに必要なもの

キッチン 必要なもの

あなた自身の食生活の詳細とは、どのくらい中食・外食に依存しているか、同時にあなたがどの程度まで料理を作るかという部分がポイント。
ここを考えると、あなたのキッチンに何が必要なのかがわかってきます。

朝はコンビニでサンドイッチ、昼は職場の人とランチ、作るのは夜だけという人と、しっかり三食自炊したいという人とでは、自ずと道具・食器の数に違いが出てきますね。

では自炊の頻度別の具体的な例をあげてみましょう。
まず調理家電に関してですが、がっつり三食自炊派ならオーブンレンジは欲しいところです。
まとめ作りを短時間で済ましたい方は、IH調理器やハンドミキサーも便利ですね。

けれども一部自炊の方は、レンジトースターがあれば十分でしょうし、もしかしたらガスだけで加熱はOKかもしれません。

保存容器に関しては、ある程度大きめのタイプもあると便利なのが三食自炊派。
一部自炊派は、大中小と入れ子式になっている保存容器がとりあえずあればいいでしょう。

すでにたくさんの保存容器がある方は、まず数を減らしてみましょう。
一気に減らして様子をみてみるのです。
減らすと言ってもいきなり処分せずとも、大中小の三個を残してあとは袋にでも入れて別の場所に置いておけばOK。
足りないようならばその中から必要なものを取り出して、残ったものを最終的に捨てるとよいでしょう。

その他のグッズに関しては、便利なものほど一部自炊派にはなくてもいい場合が多いですね。
これも使用頻度を考えることから始めてください。

例えば三食自炊派は冷凍庫もフル活用だと思いますので、ラップ・ビニールも大小を揃えておいた方がいいでしょう。
また、まとめ作りをするならば、ピーラーなどもあった方が調理時間が短時間で済みますね。

対して一部自炊派は ラップ・ビニールはどちらかがあれば大丈夫ですし、ピーラーなどもなくてもいいでしょう。
このような自炊の頻度と共に考えないといけないのが、個別の事情です。

「お皿やマグカップはなるべく少なくしたいけれど、職場の近くに食べる所がないからお弁当は必須。
だからお弁当グッズは捨てられない」
「 たまに友達が遊びに来るので、大きめのお皿は少しだけ残しておきたい」
「 今付き合っている彼氏と同棲の予定があるので、あまり捨てすぎて引かれるのは避けたい」

このように自炊の頻度とあなたの事情とを加味して、今一度あなたの食生活を見直してみると、何が必要で何を処分したらいいのかがわかってきます。

またこれから自炊しようと思ってる人に関しては、食材の調達方法や買い物の回数に関しての下調べが大切なことも付け加えておきますね。

「食材は大型スーパーが近くにあるから、たぶん困らない」

そう考えてる人は要注意です。
全ての食材を通勤途中のルート上にあるスーパーで調達するつもりなら、それは大変な労力を伴う行為。
なぜなら根菜類やキャベツ、白菜等の結球した野菜はかなりの重量だからです。

そこでおすすめなのが食材の宅配。
ファッションアイテムや趣味のグッズを、通販でオーダーする人は多いと思いますが、食材も宅配を利用すると大いに手間が省けます。

「 洋服などと違って、食べ物は口の中に入れるのだから自分の目で見て確認して買いたい」

そのような方はサンプルを取り寄せたり、生鮮食品以外のものを届けてもらうという方法もありますね。
例えば野菜専門の宅配業者に、野菜だけを届けてもらうのはどうでしょうか?
重い野菜を運ばなくてもよくなります。

宅配業者も、生協のように食材だけでなく生活の品全般を取り扱っているところもあれば、食材だけのところもありますので、トイレットペーパーなどのかさばるものも一緒にオーダーするかどうかも検討材料としてみてください。

ここで注意しておきたい点は送料です。
家族中心のところではなく一人暮らし向けのパッケージを展開してるところだと、送料を低く抑えることや使い残しを防ぐこともできますのでおすすめです。

「近所のスーパーもお手頃なので利用したい」

そのようにスーパーと宅配の併用を考えている人は、一週間に何回ぐらい買い物に行くのかということをシュミレーションしてみてください。

例えばスーパーに行くのは一週間に一回で、肉類魚類のまとめ買いをして、冷凍庫に小分けし収める。
そして野菜は宅配を利用するというような、極力スーパーに行く回数を減らすパターン。

もしくは2、3日おきにスーパーに出かけて、生鮮食品や野菜を購入。
日持ちのする野菜や重い野菜は業者に依頼するなど、扱いが面倒なものを宅配にして、なるべく実際に自分で買い物に行くパターン。

大体はこのどちらかになると思います。
食材の調達方法や大体の買い物の回数が決まると、作り置きをするかどうかも決まってきますね。

すると自然に導き出されるのが、どのくらい保存容器が必要なのかや、ラップ類の幅や大きさ・数ということになります。

まとめると、キッチンに必要なアイテムを考える時は、1日のうち何回自炊をするか、食材の調達方法や作り置きの回数など様々な角度から検討してみることが大切です。

キッチンツールの選び方

キッチンツール 選び方

調理器具はその目的に従って様々な種類があるのですが、具体的に言うとまな板やスライサー、ピーラー、包丁、キッチンバサミのような切ったり刻んだりするものと、雪平鍋や土鍋、圧力鍋、お玉などのゆでたり煮炊きするもの、フライパンやフライ返しなどの炒めるためのもの。
これらが基本的な道具です。

これらは自炊するという条件ならば、どれもあった方がいいものばかりですが、料理経験が浅い方はいきなりあれこれ揃えるのではなく、初めは鍋一つとまな板、包丁だけでよいでしょう。

初めは少なすぎるぐらいでいいのでその三点を揃え、何度も必要性を感じたものだけを後で追加します。
できるだけ何にでも使えるものを増やすのがポイント。

けれどもレトルトや缶詰中心という半自炊派の方は、まな板、包丁よりもキッチンばさみの方が重要かもしれませんね。

つまり初めて自炊する方のキッチンツールの選び方のポイントは、「最初からあれこれ揃えないことと、鍋・まな板・包丁の最低限三点セットから」です。

そのうち丼物をよく作るとか、汁ものがどうも多いなど、作りやすいものがわかってきたら、その時点でスプーンで代用していたのをお玉購入ということにすれば、無駄がありませんね。

ではすでに一通り揃っていて、とにかく数を減らしたい方のキッチンツールの選び方はどのようにしたらよいでしょうか?
そのような方は、とりあえず同じ用途のものを処分しましょう。

例えば菜箸。
これは特に複数ありがちなので、一組に減らします。
一緒にトングなどもあれば似たような用途なので、処分してもさほど困らないですね。

では鍋はどうでしょうか?
なんとなくいくつかの鍋を持っていたりしませんか?
一つにしてしまうと不安かもしれませんが、半自炊派の方ならばほとんど問題はありません。
レトルト食品を温めたりするだけならば、鍋は少なくてもOKなので思い切って減らしてしまうのもありです。

ただ、健康のことを考えるとレトルトや缶詰ばかりは体によくないので、できるだけいくつかの鍋を使うような食生活にもっていくように心がけて欲しいところです。

一方三食自炊の方ですが、先ほどの保存容器のように、とりあえず大中小の三つの鍋に絞ってはどうでしょうか?
その上で、よく使うサイズはどのようなものかを考えればいいでしょう。

サイズのことを付け加えると、三食自炊派、半自炊派共に18センチの鍋が一番のおすすめなので、是非覚えておいてくださいね。

このサイズは一番汎用性が高く、ある程度湯量の必要なブロッコリーや麺をゆでたりすることも可能です。
また、数人分の肉じゃがやカレー、シチューにも対応可能な上、ボール代わりにもなる何かと便利なサイズなので、鍋の大きさに迷ったら18センチを選ぶと間違いはありません。

レトルト中心の半自炊派の人でも、理想的な食事には野菜の摂取が欠かせませんので、簡単な茹で野菜を作るためにも18センチの鍋はおすすめです。

一人暮らしの方だとミルクパンのような小型の鍋がたくさんあった方がいいのでは?と思いがちですが、小さい鍋だとまとめ作りはできませんし、ゆで野菜も少量しか作ることができませんので、そこはご注意を。

その他には泡立て器やミキサーのような、こねたり混ぜたりするもの。
計量カップや計量スプーン、スパゲティメジャーやキッチンスケールなど量をはかるもの。
ザルや吸水シートなどの水を切るためのものなどがありますが、これらは一般的に利用頻度が低いものが多いので、処分してもよい対象でしょう。

まとめてみると、すでに様々なキッチンツールに囲まれている人の選び方…というより絞り方の肝は汎用性が高いものを選ぶということなので、どうぞ参考にしてみてください。

幅広く使えるツールを選ぶ

幅広く 使える ツール

これから買うという方も、今から数を減らすという方も、用途の幅が広いキッチンツールがおすすめと先ほど述べましたが、そのような多機能なアイテムは具体的に何でしょうか?

木べら、トング、フライ返しなどは一組の菜箸で全て代用できます。
また、ザルは水を切る他に、鍋の中にうまく入れると蒸し器として使えますし、先ほども触れましたが煮炊きに使う他にボールとしても使っていいのが鍋です。

逆にボールといえば何かを混ぜるだけでなく、鍋と重ねて鍋蓋のようにして使うこともできます。

目的外の使い方をする時は、ちょっとしたコツが必要な場合もありますが、大抵は失敗することなく上手くいくでしょう。

特別な道具はできるだけ買わない

特別 道具 買わない

これは便利グッズと呼ばれるものによくあるのですが、例えばりんごの芯を抜くグッズやレモンの絞り機。

どれもそれぞれの目的を達するためには素晴らしくよくできていますが、毎日りんごを食べる、レモンジュースを飲む、そのような人でなければやはり使用頻度は低いでしょう。

この場合包丁や手で代用してしまえば済むことなので、このようなグッズは極力購入を控えた方がキッチンはすっきりしますね。

使用していないものは潔く捨てる

使用しない 潔く 捨てる

上記のように家の中を見ていくとほとんど使っていないものが結構出てくるかもしれません。
そのような時はまた使うかもなどと思わずに、潔く捨てることです。

処分する際の判断基準は、やや厳しめにいくと1週間使っていないもの。
若干ゆるめでも2週間に1度。

それ以上使う間隔が開いてしまうものは、処分しても差し支えありません。

厳格なミニマリストだと毎日使わないキッチンツールは全て処分ですが、いきなり捨てるのではなく、とりあえず袋に入れて他の所に置いて様子を見るのがいいでしょう。

キッチンから断捨離できるもの

キッチン 断捨離

キッチンから断捨離できるものは 上記のような道具類ばかりではありません。
食器もかなりシェイプアップできます。
特におすすめしたいのがコップやマグ。

3個単位で購入した人は 1個に減らしてしまいましょう。

ミニマリストのキッチン収納

ミニマリスト キッチン収納

ミニマリストのキッチンの特筆すべき部分は、数が少ないだけではありません。

収納に関してもおしゃれで参考になるところがたくさんあります。具体的にはどのような方法があるのか見ていきましょう。

見せない収納がおすすめ

見せない 収納 おすすめ
おすすめの収納の基本はとにかく見せないこと。
引き出しや開き戸などにしまいきれないものは、自然素材のかごに入れ上から布をかぶせるなどのひと工夫をします。
これはキッチンだけでなく他のエリアでも応用できる部分ですね。

またミニマリストの方は、ものを選び抜き生活感を見せないことが信条。
どうせ整理をするなら、徹底的に生活感を排除しておしゃれな雰囲気を演出したいので、この部分は是非とも取り入れたいところです。

生活感を見せないことの具体例としては、キッチンツールの柄の部分を同じ素材で統一したり、色を全て白にしてしまうなど、見た目重視で道具類を選ぶことです。

様々な色のプラスチックのキッチンツールは、いかにも寄せ集めという感じでセンスが良くありませんし、色や素材がバラバラだとごちゃごちゃ感や残念な感じが拭いきれませんが、それらが統一されていると、 おしゃれでいながら丁寧に暮らしている感じが伝わってきます。
これから購入するならば、この点は是非心がけたいですね。

食器類は使う頻度で配置を決める

食器類 使う頻度 配置

食器類を納める時は、使う頻度によって置く場所を決めるととても合理的です。

食器の数を減らすと毎食ごとに必ず登場する食器というのがあると思います。
そのような使用頻度の高いものは手前に置き、 夜汁物を飲む時しか使わないというような限定的に使うものを少し奥においてみましょう。

使う順を意識して配置された食器たちはとても合理的で、すっきりと置くことができるので、キッチン内の動線に無駄がなくなりますよ。

まとめ

ミニマリストのキッチンはすっきりしているだけではなく、実際に作業のしやすいキッチンでもあります。
あなたも是非キッチンツールを絞り込み、煩雑な作業から離れて掃除のしやすいミニマリストキッチンを目指してみましょう!

ミニマリストのキッチンを参考に収納を見直したら、ミニマリストに一歩近づいた気がしませんか?

まだ、ミニマリストの全貌がわからないなら、こちらの記事がオススメです>>ミニマリストとは?【オススメ人気ブログ50選】部屋や持ち物から有名ミニマリストを紹介