一人暮らしミニマリストの3大メリット!家具を手放してシンプル生活

一人暮らしミニマリストの3大メリット!家具を手放してシンプル生活

ムダな出費を抑えたい…
清潔感のある部屋にしたい…
時間に余裕ある生活を送りたい…

そんな思いを抱きながら、思い通りにいかない状況にやきもきしていませんか?
そんな切実な願いは、ミニマリストのシンプルな生活を実行すればすべて解消できます。

しかし、ミニマリストのシンプルな生活をするだけで、ムダな出費を抑え、清潔感のある部屋にでき、時間の余裕がもたらされる理由はどこにあるのでしょうか。
今回はその理由やメリット、具体的な実行方法までを「いえじかん」が紹介します。

一人暮らしミニマリストのシンプル生活とは?

一人暮らし ミニマリスト シンプル生活

ミニマリストとは最低限のインテリアだけを厳選し、シンプルなスペースで生活を送る人を指します。

冷静に観察してみると「使っていないな」と感じられる物が、意外と部屋を占領してしまっていることも珍しくありません。
特に一人暮らしの場合はそういった状態で過ごしてしまっていることが多いです。
使っていないインテリアに気づき、最低限の物に整理するだけで一人暮らしミニマリストのシンプル生活を手にできます。

一人暮らしミニマリストのメリットとは?

一人暮らし ミニマリスト メリット

一人暮らしミニマリストのメリットは、ムダな出費を抑え、清潔感のある部屋にでき、気持ちにゆとりが生活にもたらされることです。
「ムダな買い物をしてしまう」「部屋がすぐに汚れてしまう」「気持ちに余裕がない」といった状況を、無理なく自然に解消してくれます。

特に意識が高く、完璧を求める性格と自覚している方は、一人暮らしミニマリストのメリットを手にするだけで、追い求めていたものが実現されるスペースを手にできてしまいます。

ムダな買い物をしなくなる

ムダな 買い物

一人暮らしミニマリストは、シンプルに必要な物しか部屋におかないというルールのもとに生活をしています。
買い物においてもそのルールは適用され、ムダな買い物をせずに出費を最小限に済ませるという意識が自然と働きます。

一人暮らしミニマリストは使用するインテリアを最小限に整えているため、日常の買い物でも「本当に必要な物なのか?」といったアイテム選びの基準が厳しくなります。
シンプルに整理された自分の部屋を思い返し、汚したくないという思いが自然に芽生えるため、ムダな買い物をせず、出費を最小限に抑えられるのです。

掃除がしやすくなる

掃除 しやすく

「掃除ができない‥」と思い悩んでいる方は、自分の意思ではなく状況に原因があると考えましょう。
実は継続的に掃除をし、清潔感のある部屋での生活を手にしている方には、そもそも部屋にある物が少ないという共通点があります。

掃除ができないわけではなく、掃除をしにくい状況のなかで生活していることが、清潔感のある部屋を維持できない大きな理由です。
さらに、人間は目立たなければ放置する性質があるため、汚れてしまっていたとしても日常生活のなかで気にならなければ、掃除といった具体的なアクションを起さないほうが自然なのです。
そのため、一人暮らしミニマリストのシンプル生活は使用するインテリアを最小限に整え、自然に清潔感がなくなってしまっている状況に気づくといった意味でメリットが大きいといえます。

関連記事

一人暮らしの片付けは6つの習慣がカギ|汚部屋とは無縁の快適生活!

時間に余裕ができる

時間 余裕

みなさんはどんな時に、「時間に余裕がない」と感じますか?
意識の高い方のなかには日々の予定を手帳に書き込むことで、時間的な余裕を作り出している方も多いのではないでしょうか。

しかし、たとえ「そこまでのモチベーションがない」という方でも、使用するインテリアを最小限に整えた清潔感のある部屋を維持するだけで、時間に余裕を与えてくれます。
数分・数秒といった非常に小さな時間ではありますが、物を最小限に絞るだけで「探す手間」「片付ける手間」「迷う手間」を省略でき、余裕をもった行動をするための時間が蓄積されていくのです。

バタバタと準備に追われる日々も一人暮らしミニマリストのシンプル生活に切り替えることで、数分・数秒といった小さな時間が自然に積み重ねられます
そして、しっかりと準備ができた状態では気持ちの持ちようも違い、気持ちのゆとりももたらしてくれます。

使用するインテリアを最小限に整えたシンプルなスペースで過ごすことが、気持ちにまで作用するのです。
そして、仕事やプライベートといった対人関係にも波及していきます。

一人暮らしミニマリストが手放した物

一人暮らし ミニマリスト 手放し

一人暮らしミニマリストは不要な物を整理し、断捨離という行動を経て、これまでに紹介してきたようなメリットを手にしています。

では、具体的に手放した物とは一体なんなのでしょうか。
不要と判断した物を手放したあとに、代用できるテクニックとあわせて紹介します。

「断捨離」と聞くと一気にすべてを手放さなければならないというイメージを抱きがちですが、自分のペースで実行していくようなイメージをもつことも大切です。

ダイニングテーブル

ダイニングテーブル

一人暮らしミニマリストのシンプルな生活を手に入れるために、ダイニングテーブルは必要ありません。
特にワンルームなどの限られた空間では、ダイニングテーブルの存在感が大きすぎることも珍しくなく、圧迫感を生み出してしまっています。

ダイニングテーブルを断捨離し、一人がけのデスクとチェアに変更することで一気にシンプルな空間に変わります。
はじめは多少こじんまりとした印象を抱いてしまうかもしれません。
しかし、次第に自分の部屋で過ごす時間そのものの価値は大きく上がっていると感じられるでしょう。

友達を呼んだ時のために買ったダイニングテーブルは、ワンルームの一人暮らしミニマリストにとっては無駄なことの方が多いといえます。

炊飯器

炊飯器

みなさんは、週にどのくらいの時間を自炊に充てていますか?
もし、「まったくしない」と自覚している方は、炊飯器も断捨離の候補としてリストアップしておきましょう。

一人暮らしで自炊をしないにも関わらず、大きめの炊飯器があるというケースも珍しくないです。
そんな状況ですでに置物と化している炊飯器は一人暮らしミニマリストにとっての価値はありません

「外食をすることが多い」という方はもちろん、炊飯器を使うにはお米の量が少ないという方は、鍋やレンジといったほかのアイテムを代用することで、一人暮らしミニマリストのシンプルな生活を実現できます。

テレビ

テレビ

「時間の余裕が欲しい」と考えている方は、テレビの断捨離がもっともおすすめです。
実はテレビはインテリアとしておいているだけで時間を失っているといわれるほど、時間の余裕が欲しい方の大敵です。

家に帰り、楽しんでいると思っているテレビも、冷静に考えれば流れているだけという場合も多く、テレビがあるからついついダラケてしまうと自覚されている方もいるのではないでしょうか。

一人暮らしミニマリストのシンプルな生活を手にするために、もっとも簡単にそのメリットを実感できる物がテレビです。
テレビを断捨離してしまうだけで、シンプルなインテリアの部屋に近づくだけでなく、ついついダラケてしまう時間を有益な時間として活用できます。

さらに、電気代も節約でき、スペース・時間・お金と多くの面でのメリットを手にできます。

掃除機

掃除機

掃除機が必要ないという方も珍しくありません。
最近では、掃除機の代わりとなるアイテムがたくさん販売され、ホコリや髪の毛を絡め取ってくれるハンディモップなども簡単に購入できます

断捨離によるスペース的な利点があることはもちろんですが、電気代の節約にも一役買ってくれます。
多くの方は「小さなこと…」と見過ごしてしまいますが、その積み重ねが後々のゆとりに変わることを意識しましょう。

プリンター

プリンター

最近では、印刷という行為も家でする必要がありません。
デスク周りの立派なカラープリンターの存在感が気になるという方も多いのではないでしょうか。

そんな場合はプリンターを断捨離し、コンビニや図書館などのツールをフル活用しましょう。
最近ではデータをストックしておけるサーバが設けられているため、USBなどの端末すらも不要になってきています。

一人暮らしミニマリストの物をへらす工夫

一人暮らし ミニマリスト 物を減らす

断捨離といった思い切ったアクションのほかにも、一人暮らしミニマリストは物を減らす工夫を凝らしています

部屋をスッキリさせたいと思いながら、「断捨離するのは負担が大きい」と感じている方は、小さな工夫を繰り返していきましょう。
時間やモチベーションがないという方にとっては、これから紹介する方法小さく積み重ねていくほうが、一人暮らしミニマリストのシンプルな生活を手にするための最短手段といえます。

関連記事

シンプルな生活習慣の始め方。「捨てる」から「増やさない」生活へ

写真や書類をデータ化する

写真 書類 データ化

部屋をシンプルに維持するために、写真や書類などの雑多な物を整理するように意識しましょう。
捨てることももちろんですが、データ化するという工夫を加えることで大切な思い出をキープしたいという要望を叶えることも可能です。

積み重なってしまった写真や書類はサイズがバラバラということもあり、散らかった印象を抱いてしまいます。
一人暮らしのミニマリストは例え友達を招待する機会がなくとも、シンプルな生活のメリットを手にするために小さな工夫をコツコツと繰り返しています。

書籍は紙から電子書籍へ切り替える

書籍 紙 電子書籍 切り替え

書籍を紙から電子書籍に切り替えるという工夫もシンプルな生活を得るために、非常に有効な方法です。
手のひらサイズの文庫本だけならある程度まとまった雰囲気を作れます。
しかし、種類が集まってしまい雑誌や啓発本などが混ざり始めれば、それだけでかなりの圧迫感を感じてしまいます。

紙の書籍にも良さがあることは事実ですが、一度スペースや処分する手間を考えるようにしましょう。
そして、かなりのサイズ感がある書籍は電子書籍にするといったルールを設けるだけで、一気にシンプルな生活に近づけられます。

一人暮らしでゆったりと過ごすひとりの時間も、そこに必要最低限の物しかないシンプルな空間という条件が加わるだけで、実感できるリラックス効果をさらに高められます。

まとめ

一人暮らしのミニマリストが実行するシンプル生活には、多くのメリットが隠されています

「断捨離」というワードとセットにされることも多いミニマリストの生活ですが、小さな工夫を積み重ねることもミニマリストのシンプル生活に至るための方法です。

ミニマリストは一人暮らしとはかぎりませんよね。
こちらでは、ミニマリスト生活のもたらすメリットをまとめています。
家族や恋人と暮らしている人など、参考にしてみてください!