育てやすい観葉植物人気ランキング10選♪栽培基本知識と対処法も!

育てやすい観葉植物人気ランキング10選♪栽培基本知識と対処法も!

お部屋に観葉植物を置きたい!でも忙しくて気づいたら枯れてしまっていることがあって、難しいかも…そう思っている方へ、丈夫で人気の観葉植物をピックアップしました

実はとても簡単なコツで、観葉植物を元気に育てることができます。
やることが多く忙しい「いえじかん」のなかでも、基本のメンテナンスをマスターすれば、すくすくと育てることができます。

育てていると起こる、よくあるトラブルと対処方法もあわせてチェックしておきましょう。

育てやすい観葉植物10種類|人気ランキング

 

この投稿をInstagramで見る

 

Akira 植物のある暮らしさん(@botanical.0715)がシェアした投稿

部屋のなかにグリーンがあるととても癒されます。
今回は、たくさん種類がある観葉植物の中で、特に育てやすくて人気のある種類をランキングにしました。
自宅用にも、ギフトにするときにもぜひ参考にしてみてください。

【1位】モンステラ

 

この投稿をInstagramで見る

 

APEGOさん(@apego.jp)がシェアした投稿

モンステラは乾燥に強く、環境適応力が高いため適度な日差しがあればよく育ちます。
艶のある濃い緑の葉は大変丈夫に見えますが、直射日光を当て続けると葉焼けを起こすこともあります。

本来は大きな木の幹に這って育つ植物なので、木漏れ日程度の日当たりがきれいに育てるポイントです。

created by Rinker
[観葉植物の専門店 彩植健美]
¥4,760 (2019/11/22 12:57:41時点 Amazon調べ-詳細)

モンステラについてもっと知りたいかたはこちら!

モンステラってどんな観葉植物?人気の理由と育て方を徹底解説

モンステラの育て方ポイント9選!茎挿し・茎伏せ・水差しで増やそう

【2位】ガジュマル

 

この投稿をInstagramで見る

 

キナリノ/キナリノモールさん(@kinarino_official)がシェアした投稿

ガジュマルは多幸の木とも呼ばれとても縁起の良い植物とされています。
ニンジンガジュマルや尖閣ガジュマル、パンダガジュマルなど多くの種類があります。

日本では沖縄などで屋外に植えられ、たくさんの気根を伸ばし非常に大きくなるのが特徴です。
観葉植物として育てる場合は、日が十分に当たる場所で育てましょう。

created by Rinker
花のギフト社(Hana No Gift Sha)
¥2,570 (2019/11/22 12:57:41時点 Amazon調べ-詳細)

【3位】パキラ

 

この投稿をInstagramで見る

 

♡charllotte♡さん(@charllotte.123456)がシェアした投稿

パキラは昔、パルプ材に使用するなど産業用に活用され、財を成す木と言われました。
そのため、贈り物などにも多く用いられ人気があります。

涼しげな葉は薄く繊細ですが、本来はとても健常な性質です。
明るい場所で管理し、多湿にならないよう土の表面が乾いたらたっぷりと水をあげるようにしてください。

created by Rinker
LAND PLANTS
¥3,680 (2019/11/22 12:57:42時点 Amazon調べ-詳細)

パキラについてもっと知りたいかたはこちら>>観葉植物「パキラ」の風水パワーに期待大!育て方と手入れのポイント

【4位】ドラセナ

 

この投稿をInstagramで見る

 

たぢかまゆこさん(@mayuko_taji)がシェアした投稿

丈夫な観葉植物の代名詞ともいえるドラセナは、ビギナーさんも育てやすいものです。
多くの品種があり様々なサイズがあります。

乾燥に強く、良く育ちますが、冬の寒さには弱い一面があります。
冬場は暖かく明るい場所で管理していきましょう。

葉が細い品種は、埃が溜まったりハダニが発生しても気付きづらいことがあります。
霧吹きで葉水を与えるメンテナンスも必要です。

幸福の樹 ドラセナ (マッサン) 白色 丸形 陶器鉢 鉢植え マッサンゲアナ マッサンギアナ リュウゼツラン リュウケツジュ陶器 鉢植え 鉢 苗 苗木 白 ホワイト 観葉植物
created by Rinker
¥3,180 (2019/11/22 12:57:42時点 楽天市場調べ-詳細)

関連記事

観葉植物ドラセナは丈夫で育てやすい!上手に育てる6つのポイント

【5位】ポトス

 

この投稿をInstagramで見る

 

a.さん(@bacomee)がシェアした投稿

ポトスはつるを伸ばしながら生長する観葉植物です。
棚の上から垂らしたり、ハンギングにして飾ると素敵なインテリアグリーンになります。

育てていくうえで、つるが伸びすぎた場合は剪定できます。
切ったつるの先は、下の方の葉が水につからないよう取り除いた後、水に挿しておくと発根し水栽培が可能です。

created by Rinker
観葉植物のパーフェクトグリーン
¥4,200 (2019/11/22 12:57:43時点 Amazon調べ-詳細)

ポトスについてもっと知りたいかたはこちら>>ポトスの育て方ポイント9選!飾り方をアレンジして成長を楽しもう♪

【6位】サンスベリア

 

この投稿をInstagramで見る

 

・・・・・・さん(@ta_baty)がシェアした投稿

乾燥を好むサンスベリアは、お手入れがいらないと思われがちですが、実は繊細な観葉植物です。

水は土の中まで乾いてからあげるため、初めて育てる方はインジケーターなどを使用するとうまく育てることができます。

もう1点、サンスベリアを育てる上で大切なポイントがあります。
品種にもよりますが、冬は10度以上を保つようにしてください。
もともとは熱帯地方の植物なので、生長がストップする休眠期でも暖かさをキープしましょう。

観葉植物 サンスベリア6号鉢 高さ約70cm【サンセベリア トラノオ 開店祝い 新築祝い 誕生日プレゼント 引越し祝い インテリア アジアン モダン スクエア おしゃれな植木鉢 送料無料】【smtb-ms】
created by Rinker
¥3,980 (2019/11/22 12:57:43時点 楽天市場調べ-詳細)

サンスベリアについてもっと知りたいかたはこちら!

実は難しいサンスベリアの育て方を徹底解説!水のやりすぎには要注意

種類豊富なサンスベリアの特徴とは?人気品種と希少品種を大公開

サンスベリアが花を咲かせる条件とは?育てる4つのポイントも伝授

【7位】ユッカ

 

この投稿をInstagramで見る

 

YOU-YA.Oさん(@yuu_yan88)がシェアした投稿

ユッカは風水では「金運」や「仕事運」に効果があるといわれ、開業祝などに人気があります。

原産地が乾燥地帯なので、水やりなどのメンテナンスが楽なため、オフィスなどでも育てることができます。

自宅で育てるときも乾燥気味に育て、日の良く当たる場所に置きましょう。
品種によっては、バルコニーや植栽に使用できる強さのものもあり、屋外に置ける観葉植物として人気があります。

【8位】ゴムの木

 

この投稿をInstagramで見る

 

観葉植物セレクトショップ e-RANさん(@greens.eran)がシェアした投稿

大型の観葉植物で人気があるゴムの木はたくさんの種類があります。
ゴムの木という品種はなく、フィカス属の総称です。

フィカス・アルテシマやフィカス・ウンベラータなどがゴムの木の仲間になります。
どれも大きくなりやすく育てやすいのですが、生長が早くとても大きくなることが多くあります。

最初から大きなサイズを置くと、天井についてすぐに剪定することになってしまうので、やや小さめを選びましょう。

created by Rinker
イイハナ・ドットコム
¥6,710 (2019/11/22 12:57:44時点 Amazon調べ-詳細)

【9位】シェフレラ

 

この投稿をInstagramで見る

 

【お花の仲卸】フレッシュフラワーサービスさん(@ffs.jp)がシェアした投稿

シェフレラは、艶のある葉がきれいで丈夫な観葉植物です。
小さなサイズから大きなサイズまで、通年通して入手することができますよ。

基本の観葉植物の育て方でよく生長します。
幼木の場合は幹が柔らかいので、窓など日の当たる方向へ向かって伸びる癖があります。気になる場合は支柱を立てて管理してください。

created by Rinker
遊恵盆栽
¥4,400 (2019/11/22 13:45:15時点 Amazon調べ-詳細)

シェフレラについてもっと知りたいかたはこちら>>【完全ガイド】観葉植物シェフレラを元気に育てる4つのコツを伝授

【10位】トックリラン

 

この投稿をInstagramで見る

 

@n__________chがシェアした投稿

トックリランはノリナ、ポニーテールと呼ばれユニークなフォルムが人気の観葉植物です。
特徴的な幹株元を上手に膨らませるには、日に当てて通年暖かくする必要があります。

日当たりが悪いと、葉がふっくらと膨らまない場合もあります。春から夏の生育期は特に明るい場所で管理しましょう。

created by Rinker
LAND PLANTS
¥2,980 (2019/11/22 13:45:15時点 Amazon調べ-詳細)

観葉植物を元気に育てる4つの基本知識

 

この投稿をInstagramで見る

 

ここゆこさん(@cocoyuko___)がシェアした投稿

観葉植物は置き場所や気温、水やりなど基本の管理で丈夫に育てることができます。
基本の管理をマスターして、より元気に育てていきましょう。

【知識1】観葉植物が好む日当たり・日陰

観葉植物を飾るときに最も大切なポイントは日当たりです。
植物によって好む日当たりは変わります。
適切な日当たりを見つけるヒントは原産地の自生スタイルにあります。

直射日光が当たる崖地や原野に自生している植物は日当たりが大好きです。
ジャングルの中で、大きな木に這って生息しているものなどは、木漏れ日のような柔らかい日差しを好みます。

シダのように地面やほかの植物の影になっているタイプは、やや明るく直射日光を避けた場所が適しています。

多くの観葉植物が園芸品種として改良され、日本の生産者さんによって丁寧に育てられ出荷されてくるので、必要以上にナーバスになる必要はありません。

しかし、原産地を意識しておくことは上手に育てるヒントになります。

【知識2】風通しのよい置き場所

植物にとって風通しはとても重要です。
ジャングルなどで自生している植物には、常に風に当たっています。
季節ごとの湿度や温度を感じ生長を促進させます。

室内に置く観葉植物は、風通しを良くすることで、鉢の中の水分の蒸発が促され健康な環境を保つことができ根腐れを防ぎますよ。
土の中に湿度が溜まったままだとカビや病気、害虫発生の要因となるので注意が必要です。

1点注意したいのが、植物に直接風をあてることは好ましくありません。
葉の表面温度が下がったり、乾燥が進み葉を痛めてしまうことがあります。

窓がはめ込まれているお部屋やオフィスの場合は、サーキュレーターの使用をおすすめします。

植物に直接当たらないように、お部屋全体に風が回るように当てると、植物の生長に良い効果が出るでしょう。

【知識3】適した温度で管理

最適な温度で育てることは、生育にとってとても大切なポイントです。
観葉植物の多くは、高温多湿の環境や暖かい国を原産としています。
日本は四季があり、冬場はとても寒いので管理には気を使います。

まずは、それぞれの品種の耐寒温度を調べてみましょう。
耐寒温度が高ければ冬を乗り切りやすくなります。

逆に耐寒温度が低い場合は簡易温室や防寒材を使用し冬越ししなければなりません。
ビギナーの方は、まずは冬も丈夫に育ちやすい観葉植物を選ぶことをおすすめします。

【知識4】タイミングと量を意識した水やり

水やり3年と言われるほど、実は水の管理は難しいものです。
まずは、水をあげるとき、通常は午前中に行います。
たっぷりと水をあげ、日の高い日中の生育を促してください。

しかし、夏場は近年非常に高温になるので、置き場所や環境によっては時間をずらす必要があります。

日中に鉢の中にたっぷり水分があると、高温にさらされ鉢の中が温まることがあるので注意しましょう。

気温が上がる環境であれば、日が上がる前の早朝、または、日が落ちて気温が下がってから水をあげると根への影響が少なくて済みます。

冬には水やりは控えめにとよく言われますが、少量ずつあげるのは根にとって良くありません。
基本は、「土の表面が十分に乾いたらたっぷりと」あげます。

乾燥が好きな品種や、冬場に生長が止まる品種は土の中まで乾いてから水を与えます。
植物の種類、季節などによって水のやり方を工夫していくことが上手に育てるポイントです。

関連記事

観葉植物の育て方|これが基本の「き」!元気に大きく育てる方法とは

観葉植物が弱ってしまったら…4つの対処法

 

この投稿をInstagramで見る

 

Root&co.さん(@root_and_co)がシェアした投稿

基本のメンテナンスをしていても、ふと気づいたら弱っていた…季節の変わり目に突然枯れてしまったなどトラブルが起こることがあります。

詳しい現象ごとの対処法などをマスターして、枯れないようにするコツをピックアップしていきます。

【対処法1】葉が茶色く枯れた場合

葉が茶色く変色するのは様々な要因があります。

・極度の乾燥
シダ植物など乾燥が苦手な植物の場合、エアコンなどの効いた部屋に置くと葉がチリチリとした状態になり葉が茶色くなることがあります。

こまめに霧吹きで葉水を与えることで、いきいきとした葉を保つことができます。

・根詰まり・根腐れ
根詰まりや根腐れを起こすとあっという間に葉が枯れます。
水をあげても土が吸い込まないなどの症状が起きたときは、早目に植え替えを行いましょう。

【対処法2】葉が赤黒く変色した場合

・葉焼け、または日照不足
夏などに強い直射日光を当てると、葉の細胞が壊れ茶色くなってしまうことがあります。徐々に変色を起こすのではなく、日が当たっている部分だけ急激に変色します。

葉の色が薄い、葉がみずみずしく柔らかい、厚みがなく薄い葉などは葉焼けが起こりやすいので注意しましょう。

また、日照不足の場合は、徐々に黄色や白みがかった色に変色し、茶色くなって枯れていきます。
日差しが問題の場合は、それぞれの観葉植物に合った置き場所に移動しましょう。

【対処法3】葉がしおれて垂れてきた場合

葉がしおれた場合は、水の管理のトラブルが考えられます。
まずは、水不足です。
水が足りていないと、葉が全体的に垂れ下がることが多くあります。

また水分過多による根腐れの際も、同様に葉がしおれます。日頃の管理を見直しながら再生させていきましょう。

水不足なら、鉢の下から水が出てくるまでたっぷりと与えます。
また、水が多い場合は根腐れを起こすことが多くなります。
腐った根を取り除き、新しく清潔な土と入れ替えて根を再生させてください。

【対処法4】水はけが悪くなってきた場合

水をあげても吸い込みが悪い、鉢の下からなかなか水が出てこない場合は、根詰まりの可能性があります。

鉢の中で根が生長しすぎて窮屈になっているので、一回り大きな鉢に植え替えましょう。
植え替えるときは、古い土を取り除き新しい土を使用してください。

まとめ

観葉植物のほとんどは暖かい地方の原産です。
通年を通して暖かい場所で育てていきましょう。

また、それぞれの特徴にあった日当たりを知ることも大切です。
基本の管理をマスターして、いきいきとしたグリーンを長く楽しんでくださいね。