断捨離で後悔したくないあなたへ|捨てたらNGな物と見極め方を大公開

断捨離で後悔しないために!捨てないほうが良い品3選をリサーチ

断捨離というワードを耳にすると、「とにかく捨てること」とイメージされる方も多いでしょう。
しかし、正しい断捨離の解釈は不要なものを見極め、手放すことです。

このイメージや解釈の違いは、時として断捨離後の後悔を感じてしまうきっかけとなります。
「いえじかん」では、誰もが正しいやり方を理解し、「やってよかった!」と事前に知っておくことで後悔のない断捨離を実現するための方法として捨てないほうが良いアイテムと見極め方について解説ます。

捨てて本当に後悔しない?失敗しないコツを徹底解説

後悔しない 失敗しない コツ 徹底 解説

所有するものを極力減らすことで本来の豊かさを体感するミニマリスト生活ですが、ものを手放すことにはリスクも存在します。
本当は必要だったと後悔したという方も珍しくなく、断捨離のし過ぎにも注意が必要です。

捨てて後悔してしまったもの3選

捨てて 後悔 

ミニマリストのシンプルな生活を手に入れながら、手放すものの選択を誤らないために後悔してしまいやすい3つのアイテムを紹介していきます。
なにかしらの感情が湧きたてられるようなアイテムは手放してしまった時の喪失感が大きく、後悔を感じてしまいやすい傾向にあるようです。

【その1】思い出のもの

捨ててしまって後悔することの多いアイテムの1つ目が、思い出のものです。
彼氏や夫、家族からのプレゼントなどが、思い出のものに分類されるアイテムでしょう。

人の想いが詰まっている分、捨てたことへの申し訳なさを感じてしまいやすいものとも言えます。

お金では買い戻せない

人の想いが詰まった思い出のものは、お金をどれだけ払っても買い戻せないという特徴があります。
自分が大好きなものを捨てた場合は、探し出すことさえできれば買い戻せます。

しかし、思い出のものに対する愛着はそれぞれあり、代わりのものを準備することができません。

【その2】ビデオや写真などのデータ類

ビデオ 写真 データ

ビデオや写真などのデータも、人それぞれに思い入れが異なると言えるでしょう。
また、時間や手間をかけて作成したものであれば、思い出のものと同様に代わりの役割をになってくれるアイテムはありません

断捨離をする上ではスマホに保存してコンパクトにするといった工夫で、最小限のスペースに収める努力が必要と言えます。

修復できない

編集して作成たビデオやデータならまだしも、自分で撮影したものは手元に戻ってくることがないと言って良いでしょう。
修復する素材がなければ、もう一度楽しむことはできません。

【その3】趣味で集めたコレクション類

どのくらいのお金や時間、熱意を注いだかにもよりますが、コレクション類も断捨離で後悔してしまうアイテムと言えます。
特にコレクターの男性は、断捨離する場合でもコレクションには手を付けないと決めておいたほうが無難です。

ワクワクできる自分だけの時間を作るためにも、大好きなアイテムは手元に残しておきましょう

捨ててよかったもの3選

捨てて 良かった

ここからは捨てて後悔してしまいやすいアイテムとは反対に、捨ててよかったと感じられるアイテムを紹介していきます。
なにかしらの感情が湧きたてられてしまうものではなく、特に思い入れのないアイテムから手放していくことがコツと言えるでしょう。

【その1】洋服

洋服は断捨離という言葉から、捨てるべきとすぐに連想されるものではないでしょうか。
洋服に対する思い入れも人それぞれであり、鉄則というわけではありませんが、手放しやすいアイテムとも言えそうです。

試しにいくつか手放してみるという感覚で、洋服から手を付けるのもおすすめです。

好みが変わったもの

洋服を手放す際には、好みではなくなったものからチョイスしていきましょう。
あれこれと考えすぎずに、純粋にテンションが上がらなくなった洋服、彼氏の好みや流行に合わせて買ったもの洋服からピックアップしてみましょう。

多すぎると選ぶのがストレスに

「本当に洋服が好き!」という方でなければ、パンツとトップスを5着ずつに厳選するのもおすすめです。
忙しい日常を過ごしているとなかなか実感することがないものの、実は洋服が多すぎることもストレスになっています。

特に「朝は必ずバタついてしまう」という方は、時間の無駄自体を減らすことができます

引越しの断捨離は効率のよい手順がコツ!荷造りと荷ほどきの基本

 

【その2】部屋に合わない家具

部屋 合わない 家具

部屋にマッチしていない家具も、手放してよかったと感じやすいアイテムです。
スペースに見合っていない、雰囲気に調和していない家具は、部屋にいる時間のゆとりを感じにくくしてしまっていることがあります。

お気に入りの部屋にするためにも、部屋にある家具をよく観察してみましょう

【その3】ネガティブな思い出の品

「感謝の気持ち」や「楽しみ」が思い出されるものとは対照的に、元カレを思い出させるようなネガティブな気持ちが湧いてしまうアイテムは手放してしまったほうが良いでしょう。
特に新しい目標に進みたい時、環境を変えたい時には、意欲が削がれてしまうきっかけになってしまいます。

捨てるものはどう決める?失敗しない見極め方

捨てるもの 決める 失敗しない 見極め方

後悔してしまいやすいもの、捨ててよかったと感じやすいものを紹介しましたが、断捨離すべきものは人それぞれと認識していることも大切です。
ものは人の心理に少なからず影響を与えるため、幸せな感情が引き立てられるアイテムは残しておくべきでしょう。

ここからは捨てるものの決め方や失敗しないアイテムの見極め方を、具体的なアイテムの挙げて分かりやすく解説していきます。

きっかけで選ぶ

1つ目の失敗しない断捨離するものの見極め方が、きっかけを軸にするというものです。
「なぜ、断捨離をしようと思ったのか?」というきっかけを明確にすることで、手放すべきものが自然と見えてきます。

さらに、吟味する時間を設ければ、捨ててしまって後悔を感じることもないでしょう。

引っ越し

引っ越しをきっかけに断捨離を決意した場合には、次のインテリアをイメージすることで、手放すアイテム選びに失敗してしまうことはないでしょう。

もちろん、使える家具は再利用するという意識も大切です。
無理にすべてを手放して、ムダにお金をかける必要もありません。

離婚

離婚をきっかけに断捨離を決意した場合には、手放すべきものからどんな感情が湧きたてられるのかを冷静に観察する必要があります。
感謝を感じられるものなのか、そうではないものなのかによって、手放すべきかどうかも変わってきます。

離婚を決めたパートナーとの関係性にもよりますが、自分の感情をしっかりと受け止めることがポイントとなります。

ブームが過ぎ去ったものを選ぶ

テンションが上がらなくなった洋服やコレクションは、手放してしまったほうが良いでしょう。
ムダなスペースがとられてしまうだけでなく、断捨離をする前の自分に戻ってしまう可能性があります。

断捨離の効果を分かりやすく体感するためにも、ブームが過ぎ去ったものを選ぶことが大切と言えます。

執着心がないものを選ぶ

部屋にあってもなんとも思わないもの、特に使わないものも、ブームが過ぎ去ったものと同様に手放すべきと言えます。
もともと便利さを感じていたアイテムでも、生活に馴染まなくなってしまっていたというものもあるはずです。

失敗せずに捨てるためのコツ3選

失敗せず 捨てるため コツ

一言で表現すれば、断捨離を成功させるコツは「手放したい」という気持ちが強くなりすぎた自分をうまくコントロールすることです。
断捨離のメリットを知り、良いイメージだけが先行してしまうと、手放すべきアイテム選びを誤ってしまいます。

これから紹介する3つのステップを実践し、着実に手放すアイテムを選定していきましょう。

【コツ1】本当に不要なものかきちんと判断する

言わずもがなではありますが、本当に不要なものかを判断することは非常に重要です。
特に引っ越しをきっかけに断捨離を行う決意をした場合は、スッキリしたいという願望だけでものを手放してしまいがちです。

ゆっくりと時間をかけて、自分と相談してから手放す意識をもちましょう

【コツ2】無理やり捨てない

無理やり 捨てない

「人生を良くするために!」という強い意識がある方ほど、自分の本当の気持ちを無視してしまいがちです。
そして、無視されてしまった願望は、ストレスという形で反映されてしまうことも知っておきましょう。

断捨離は人生を良くできるアクションですが、義務感に苛まれながら行うものではありません。
不要と即決できるようなアイテムも、「必要なのではないか?」と逆の側面から見てみることも大切です。

【コツ3】迷うものは一旦保管

断捨離には保留という選択もあります
手放すと決めたもの、取っておくと決めたもの、そして一旦保管すると決めたものに分類すると良いでしょう。

ただし、一旦保管すると決めた以上は、期限を決めておく必要があります。
期限の決まっていない保管は取っておくというアクションと同じになってしまうため、注意が必要です。

捨ててしまって後悔したときの対処法

捨てて 後悔したとき 対処法

慎重に捨てるべきアイテムを選択したにも関わらず、後悔の念が押し寄せてくるケースもあります。
そんなときのために、捨ててしまって後悔したときの正しい対処法についても、しっかりと把握しておきましょう。

代替品を購入する

すぐに入手できるものであれば、スピーディーに代替品を準備してしまいましょう。
後悔などのネガティブな感情は日に日に大きくなる傾向にあるため、スピード感を意識することが大切になります。

失敗で学んだことを次に活かす

失敗 学んだこと 次 活かす

必要なものを手放してしまったというミスは、後悔してしまった理由を確認することで次に活かせます。
多少の発想の転換が必要となりますが、断捨離を習慣化したいという方には必要な意識と言えるでしょう。

次回は捨てることに注意深くなる

もし、前述したような工程を飛ばした結果として、手放すアイテムの選択を間違えてしまった場合は手順を意識すると考え直せば問題ありません。
また、後悔というネガティブな感情を味わっているため、自然と捨てることに対して注意深くなれるはずです。

思い出の品ならば心の思い出を大切にする

思い出の品を手放してしまった場合には、忘れないようにするという意識も対策のひとつになります。
「手放してしまった後悔を感じるほど大切なものだった」と認識することで、心のなかに残り続けるでしょう。

時間が解決してくれるのを待つ

ものがなくなってしまっている以上、少し長めに気構える必要がありますが、後悔も時間とともに薄まっていきます。
あまり考えすぎずに、時間が解決してくれるくらいの感覚をもつことも大切です。

捨ててしまった自分を受け入れる

捨てて 自分 受け入れる

切り替えが難しいという方もいるでしょうが、事実は受け入れてしまうことが一番の近道です。
反省をしながらも重たくなりすぎないくらいの感覚で、解釈を変えていきましょう

次のステップに進んだと解釈する

後悔というネガティブな感情を抱いたという結果ではあったものの、具体的な行動を起こしたこと自体が進歩です。
それほどまで新しい自分に出会いたいと思ったことに気づいてあげましょう。

行動を起こした自分を褒める

具体的な行動を起こしたこと自体を認めつつ、そんな自分を褒めてあげることも大切です。
特に慎重に物事を進めようとした方ほど、現状を変えようとした自分を認めてあげましょう。

まとめ

生活をする上で多くのメリットがあると言われる断捨離ですが、後悔というネガティブな感情が呼び起こされることもあります。
また、対策までを講じておくことも大切です。
断捨離のコツを押さえ、しっかりと効果を体感していきましょう。

断捨離は、ものに限ったことではなく人間関係においても活用できます。
こちらに、断捨離が必要な人間関係と、得られる効果についてまとめました。
ぜひ、参考にしてみてください。