短時間で断捨離を成功させよう!仕組み化をすれば毎日の片付けが楽になる

短時間で断捨離を成功させよう!仕組み化をすれば毎日の片付けが楽になる

断捨離には時間がかかると考えがちですが、短時間でも断捨離を行うことは可能です。
短時間で断捨離を行うコツは、前もって片付いた部屋のイメージを明確にしたうえで道具の用意や片付けをする場所を決めておき、当日すぐ作業に取り掛かること。

また、断捨離に成功した後、日々の片付けが楽になる「仕組み化」の方法もまとめました。
今回の「いえじかん」は、短時間で断捨離を成功させる手順や散らかりにくく片付けしやすくなるコツを紹介します。

短時間で断捨離を成功させるための3つの準備

短時間で断捨離を成功させたくはないですか?

こんな悩みがあれば思い切って断捨離をしてみませんか。

  • 部屋が散らかっていて落ち着けない、掃除が行き届かない
  • 使いたいものがなかなか見つからなくイライラしてしまう
  • 買い置きをしていたのを忘れていて、同じものをまた買ってしまった
  • 似たような洋服や雑貨がたくさんある

一度、断捨離を行えば自分にとって必要なものだけを持つことができ、それらを把握することが可能になります。

しかも、不要なものを処分することで部屋もきれいに片付き、掃除もしやすくなりますよ。
思い立って行う断捨離も良いですが、断捨離を短時間で行うためには前もって計画を立てておくことをおすすめします。

そして、あらかじめ計画を立てるにあたり、断捨離をすることで得られるメリットや理想の部屋のイメージを思い浮かべてください。

この2点を明確にしておくことで断捨離を実践するモチベーションが上がり、結果として短時間で断捨離を成功させることに繋がりますよ。

【準備1】断捨離の意味を理解しておく

断捨離とは、単に持ち物を処分するだけの行動ではありません。
その真の意味は「自分にとって必要のないものを断ち、不要なものを捨てて、ものへの執着心を切り離す」ことにあります。

不要なものを捨てて必要なのだけを手にすることで余計なものに煩わされることがなくなれば、心や時間に余裕が生まれ、結果としてモチベーションや作業効率のアップに繋がりますよ。

自分にとって本当に必要なものかそうでないかを見つめ直すことで快適な暮らしをすることができるのです。

【準備2】理想の暮らしを明確にする

理想の暮らしを明確化しませんか?

断捨離をすることで実現したい暮らしをイメージしてみましょう。
どんな部屋にしたいのか?どんな暮らしをしたいのか?など、できるだけ具体的に理想の暮しや部屋を明確にすることで断捨離のモチベーションがアップしますよ。

この理想の暮らしのイメージを適当にしてしまうと、断捨離の途中で飽きてしまった場合「この程度でもいいかな?」と中途半端な形で終わってしまうことも。

そうならないためにも、断捨離することで得たい理想の暮らしをしっかりと考えておきましょう。

【準備3】実践をして効果を得る意思を持つ

断捨離の意味を理解し理想の暮しを思い描いたら、次はいよいよ実践です。
いざ始めてみれば、断捨離には難しい作業は特にありません。

短時間で断捨離を終わらせるためにも、一旦始めたら一気に最後までやり抜く気持ちを持ちましょう。
断捨離に成功したあとは、すっきりときれいに片付いた部屋で自分を労ってくださいね。

そのほかにもモチベーションを高くするのも必要です>>断捨離のやる気を出す3つのコツ|片付けを高速化する方法も伝授

実践!短時間で断捨離をする方法5ステップ

短時間で断捨離する方法を紹介します。

実際に短時間で断捨離する手順をまとめました。
最大のコツは、ステップ1とステップ2は断捨離を行う前日に準備しておくことです。
そうすると断捨離当日はステップ3から作業を開始できるので片付けがはかどりますよ。

【ステップ1】ゴミ袋と掃除用具を用意する

作業を開始する前日には不用品を入れるゴミ袋や段ボール箱、ホコリなどが出る場合を想定して掃除用具一式を用意しておきましょう。

前もって準備しておけば、当日になって道具が足りずに慌てなくても済みますよ。
また、必要なものをすぐ使えるように手元に置いておけば、作業を中断することなく片付けに集中することもできます。

上記のもの以外にも、ホコリよけのマスクやタオル、ゴム手袋や軍手など必要に応じて準備しておくと安心ですね。
ゴミ袋も途中で切らしてしまわないよう多めに用意しておきましょう。

【ステップ2】断捨離をする部屋やエリアを決める

あらかじめ断捨離をする部屋や場所などの順番を決めておくことで、あちこち目移りせず短時間で片付けることができます。

最初に片付けるべき場所は、一番散らかりが目立つ場所が良いでしょう。
片付け後、一番散らかっていた場所が見違えるようにきれいになったのを確認することで自信がつき、次の場所を片付ける勢いにもなりますよ。

【ステップ3】一旦すべてのものを出す

一旦全てのものを出してみましょう。

短時間で断捨離をするコツは、片づける場所にあるものを一旦すべて取り出すことです。
面倒に感じるかもしれませんが中身を全部取り出してみることで、どんなものがどれだけあるか把握できますよ。

重複しているものや他の場所にあるべきものなどが一目で判断できるので、結果として不用品の選別が行いやすくなるのです。
同時に、たまったホコリなども掃除できて一石二鳥となります。

【ステップ4】必要、不要、保留に分ける

ものを全部取り出したら選別に移ります。
まず一目で不要と判断できるものを取り除いていきましょう。
次に必要なものを取り分けます。

最後に残ったものは、必要・不要の判断が難しいものとなりますね。
ここで、必要・不要の判断に時間をかけすぎてしまうと作業がストップしてしまうだけでなく、考え過ぎて頭が疲れてしまいます。

判断のコツとしては1年以上使っていない物は不用品とするなど、前もってルールを決めておくことです。

しかし、思い出の品や貰い物などは不要と思ってもなかなか捨てにくいもの。
そういった判断に迷ったものは、一旦保留にしても構いません。
保留にしたものは、1か月後や半年後など期限をつけて再度判断を行いましょう。

もし、保留にしたものの存在自体を忘れていた場合は、そのまま捨ててしまっても問題はないかもしれませんね。

【ステップ5】不要なものは処分をする

不要と判断したものは、そのまま処分しましょう。
ゴミとして処分する場合は、住んでいる地域のゴミ分別に従って仕分けしてくださいね。

CDや本、洋服などは場合によっては業者が買い取ってくれる場合もあるので、検討してみても良いでしょう。

ただし「そのうち売ろう」と考えてしまうと、ずっと部屋の隅に置きっぱなしになってしまうことも考えられます。
そうならないためにも、売ると決めたら即日行動に移すことをおすすめしますよ。

仕組み化をして毎日の片付けをもっと楽にするコツ5選

仕組み化して断捨離を行いましょう。

断捨離が成功し、見違えるようにすっきりと快適になった部屋。
今度は、その快適な空間を維持していくためのコツである片付けの仕組み化を紹介します。

この方法を実行することで、ものが散らかりにくくなり日々の片付けを楽にすることができるので、ぜひ試してくださいね。

【コツ1】ものの定位置を決める

断捨離後、手元に残った必要なものを種類や用途ごとに収納していきます。
ものの収納場所=定位置を決めたら、使うたびに定位置に戻すよう心がけます。

このように、使い終わったら定位置に戻すという仕組みを徹底することで、使いっぱなしや出しっぱなしにせず部屋を秩序ある状態を保つことができますよ。

【コツ2】取り出しやすく戻しやすい配置

ものを出しっぱなしにする理由の一つとして、収納方法が適切ではないことが考えられますよ。
例えば、頻繁に使うペンやハサミなどを引き出しの中に用意した文房具箱などに収納したとします。

すると、使うたびに引き出しを開けて道具箱の蓋を開けて道具を取り出さなくてはなりませんし、しまう時も同様です。

ちょっとした動きですが、それが毎日になると「出し入れが面倒だし、またすぐに使うから出しておいてもいいかな」と机に置きっぱなしになってしまいます。

そうならないためにも、頻繁に使うものはさっと取り出せて使ったらすぐに戻せる収納にすることで出しっぱなしを防げます。

例にあげたペンやハサミは、引き出しなどではなくペン立てやオープントレイなどに収納すると出し入れしやすく見た目もすっきりします。

キャビネットの扉を開けると、お揃いのきれいな箱が整然と並んでいるのは美しいもの。
しかし、このような収納は出し入れに手間がかかるため、いつしか出し入れが面倒になって出しっぱなしになることも。

そうならないためにも、ものの定位置を決める際、特に頻繁に使用する道具の収納場所には気を付けてくださいね。

【コツ3】同時に使うものはセットにする

同時に使うものはセットしましょう。

ものを片付ける手間を省くコツとして、同時に使うものをまとめてセットにしておくという方法があります。

一緒に使用するものをセットにするという仕組みにしておけば出し入れがしやすく、片付けの時間を省くことができますよ。
例えば、以下のようなセットが考えられますよ。

  • 掃除用具セット(洗剤や雑巾、ウェス、ハンディモップ、お掃除シートなど)
  • 食事セット(お茶碗、お椀、箸や小皿など)
  • お弁当セット(弁当箱と箸、おかずカップやお弁当ナプキンなど)
  • お手紙セット(はがきや切手、レターセット、筆記用など)
  • 葬祭セット(香典袋、筆ペン、数珠、ふくさ、黒ストッキングなど)

これらの他にも、夜寝る前にヨーグルトやチーズ、ハムなどをトレイに載せ冷蔵庫に入れておき、翌朝はトレイごと食卓に運んで食べ終わったら流しに持って行くことができる朝食セットなども便利です。

【コツ4】ストックを溜め込まない

ものが散らかってしまう理由の一つに、持っているものの量が多すぎることがあげられます。

洗剤などの日用雑貨、買い置きのレトルト食品や食材など特売で安かったからと買いだめしていませんか?

日持ちのする食品などは安売りのたびに同じものを買ってしまい、棚の奥に賞味期限が切れた状態で放置されている場合も。

必ず使うものであっても買い置きするのではなく、足りなくなった時点で買い足すという仕組みにすることでものの量を減らすことができます。

また、作り置きのおかずが食べきる前に悪くなってしまうことが多いのであれば、思い切って作るのをやめてしまいましょう。

上手に片づけるためにも、余分なストック類は極力溜め込まないことが一番ですよ。

【コツ5】不要なものは持たない

せっかく断捨離に成功して不用品を処分しても新たにものを持ち込んでしまうと、あっという間に部屋にものが溢れてしまいます。

そうならないためには、不要なものは持たない・持ち込まないことが鉄則です。
特に無料で配っているサンプル類は何となく受け取りがちですが、貰っても使うつもりがないのであれば断ってしまいましょう。

服や食器、雑貨でどうしても欲しいものが見つかった時には代わりに別のものを1つ捨てるなど、ものを増やさない工夫をすると良いですね。

とくに洋服も不要なものは断捨離して、ファッションレンタルサービスを活用するとよいでしょう>>ファッションレンタルサービス【比較人気7選】借り放題やスタイリスト付きのオススメは?断捨離したい人必見

まとめ

短時間で断捨離をするコツは、前もって理想の暮らしを思い描き一気に実践に移すことです。
コツは前日までに道具などを用意し、当日はすぐ作業に取り掛かること。
断捨離後は、仕組み化を参考にきれいな部屋を維持してくださいね。