断捨離のモチベーションアップを維持する4つのコツ&スグ真似できる片付け手順

断捨離のモチベーションアップを維持する4つのコツ&スグ真似できる片付け手順

運を引き込み、気分もすっきりすると言われている断捨離。
「やってみたいけど面倒そう」とモチベーションが上がらない場合も多いですね。

断捨離のモチベーションをアップさせるためには、片付ける時間を決めて狭い場所から始めるのがコツです。
他にも断捨離のモチベーションを維持するコツや上手に片付ける手順などがたくさんありますよ。

そんな断捨離に役立つ情報を「いえじかん」がまとめました。
人から羨ましがられるきれいな部屋を目指してがんばりましょう。

部屋の掃除&片付けが与える影響とは?やる気を出すにはコツがあった!

部屋 掃除 片付け 影響 やる気 コツ

部屋に眠っている不用な物は思い切って断捨離しましょう!
運気が良くなるという断捨離ですが、それには理由があるのです。

まず、部屋の掃除や片付け作業を行うことで心が落ち着き、ストレスが軽減します。
ストレスが減ると心に余裕が生まれて心の整理やその場の状況判断をしやすくなるのです。
結果として、自分にとって良い方向へ進むことで運気が良くなるという訳です。

このように掃除や片付けをすることで、良い影響があるのなら積極的に行いたいですね。
ただ問題は、やる気があってもなかなかモチベーションが上がらず実行できないことではないでしょうか。

そんな時には、これから紹介する「やる気を出すコツ」を参考にしてみてくださいね!
きっと役に立ちますよ。

断捨離のやる気を維持する4つのコツ

断捨離 やる気 維持する コツ

断捨離したい気持ちはあるけれど、やる気が起きない…。
片付けの作業がなかなかはかどらず途中で飽きてしまった…。
そんな経験はありませんか?

ここでは、断捨離のやる気を上げる方法についてまとめました。
片付けのモチベーションを上げ、それを維持して断捨離を成功させましょう!

【コツ1】宣言してから始める

「断捨離をするぞ!」と決めたのであれば、心に誓うだけではなく声に出して周囲に宣言しましょう。
自分一人だけで「断捨離する」思っていても「忙しい」「疲れた」などと言い訳をして作業が進まず結局、途中で挫折してしまう場合も。

前もって家族や友人などに断捨離計画を宣言しておけば挫折しにくくなりますし、実際に断捨離を成功させた時には相手に褒めてもらえますよ。

また、「言霊(ことだま)」のように口にしたことが本当になると信じて、自分自身へのモチベーションアップにも繋がります。

【コツ2】範囲が狭いところから始める

断捨離の初心者がいきなり広範囲の場所を片付けようとしても、どこから手を付けて良いのか迷ってしまうはず。

とりあえず適当にあっちを片付けこっちを片付けしてみても一向に物が減らず、途中で飽きて断念してしまうことも。
そうならないためには、まずは範囲の狭い所から片付けを始めましょう

クローゼットの中の服を仕分けして片付ける。
下駄箱の中の履かない靴を捨てる。
それらが難しいようなら本棚を1段片付けるだけでも十分なのです。

どんなに狭い場所でも一か所ずつ集中して片付けていくことで、少しずつ部屋がスッキリしていくのが実感できるはず。

狭い範囲でも片付けと掃除を継続していくことが大事です。
毎日少しずつ片付けを続けることで習慣化し、断捨離の作業が苦にならなくなりますよ。

【コツ3】片付けに掛ける時間を決める

片付け 時間 決める

「時間があるから今日は1日かけて片付けよう!」
そう勢い込んだのは良いけれど、途中でモチベーションが下がって作業を断念…。
断捨離のあるあるですね。

だらだらと時間だけ掛けても断捨離の作業が進むとは限りません。
片付けをする時は漠然と時間を掛けるのではなく、あらかじめ片付ける時間を決めて作業してください

たとえ30分だけでも、その時間内で集中して作業を行えば驚くほど片付けることができますよ。
短時間でコツを掴めたら、次回の片付けにはもう少し時間をかけてみるのも良いですね。

【コツ4】家族みんなで片付けをする

家族で使う物を処分する時は、自分だけで判断できない場合もあるでしょう。
そんな時は一人で片付けるのではなく、家族全員で片付けることをおすすめします。

捨てようかどうか迷った物も他の人の客観的な意見があれば判断が付きやすくなりますし、逆に家族に断捨離のアドバイスをすることもできますね。

家族を巻き込んで片付けることで断捨離後の達成感やきれいなった部屋を維持していきたいと思う気持ちも共有できます。
結果として、部屋が散らかりにくくなるというメリットが生まれますよ。

断捨離上手は実践している!スグ真似できる片付け手順

断捨離上手 実践 真似できる 片付け 手順

ここでは、断捨離をする上で役立つ片付け手順を紹介します。
断捨離を行う際に役立つアイディアばかりなので、ぜひ試してくださいね

理想の部屋を決める

まずは、自分が望む「理想の部屋」を決めましょう。
理想の部屋が上手く思い描けない時には、インテリア雑誌やSNSで他の人の部屋を参考にしてみるとイメージがしやすくなりますよ。

理想の部屋の中の家具配置やそこに飾る小物などを想像するのは楽しい作業のはずです。
そんな理想の部屋に近づきたいという思いが断捨離の原動力になりますよ。

一番気になる場所から始める

片付けを始めるにあたっては、一番気になっている場所から始めましょう
服が溢れているようならクローゼットの中やタンスの片付けを。
玄関に靴がいっぱいであれば下駄箱から整理する。

洗面所のコスメの置き場所がなくなっていたら…というように、どこでも構いません。
一番気になっている場所の断捨離が成功すれば、次の場所の片付けへの自信にも繋がりますよ。

終わったあとのご褒美を準備する

終わったあと ご褒美 準備

断捨離する良さは分かっていても、なんとなく気分が乗らない時もあるものです。
そんな時は、片付けを終わらせた自分へのご褒美を前もって用意しておきましょう。

好きなスイーツとドリンクで片付け後のひと時をのんびり過ごしたり映画を見たりと自分を労ってください。
ただし、気分転換のウィンドウショッピングはOKですが、ご褒美の小物や洋服などの買い物はNGです。

せっかく断捨離して物を減らしたのに買い物をして物を増やしてしまっては、プラスマイナスゼロになってしまいます!

どうしても欲しいものがあるときは、その品物を置くことを前提として断捨離してみましょう。
そして作業が完了した時点で、その欲しいものが本当に必要かどうかを改めて判断してみてくださいね。

Beforeの写真を撮っておく

断捨離を開始する前の部屋を写真に撮っておき、作業の途中でそのBefore写真と比べてみてください。
きっと、作業の進み具合が目に見えて分かるはずです!
そうすれば自分がどんなに頑張ったのかを確認でき、さらに片付けようという気持ちに繋がるでしょう。

また、肉眼では気付かなかった片付けポイントが写真で判明することもありますよ。
片付け後の部屋に友人を招いて以前の部屋の写真と見比べもらい、褒めてもらうのも良いですね!

関連記事

部屋を片付ける効率のいい手順4ステップ♪きれいを維持するコツも!

部屋を徹底的に片付ける方法!やり方のコツ7つと手順5ステップ

断捨離は本当に必要?メリットとデメリットを検証

断捨離 本当 必要 メリット デメリット 検証

断捨離には良いことがたくさんありますが、デメリットはないのでしょうか?
ここでは、断捨離のメリットとデメリットをまとめました

メリット

メリット

断捨離には上にも書いたようにストレスの軽減や良い運気を呼び込むことなどがあげられますが、それ以外にもメリットがたくさんありますよ。
いくつか紹介しましょう。

こまめに掃除するようになる

人は、キレイになった部屋をそのままの状態に保ちたいという欲求にかられます。
それに加えて物が少なくなったことでホコリやゴミなどの汚れが目立つため、こまめに掃除をするようになるはずです。

こまめな掃除と聞くと面倒に感じるかもしれませんが、物が少ないため掃除自体が楽なので安心ですよ。

集中力がアップする

部屋が散らかっていると様々な不用な物が視界に入り、無意識のうちに「片付けなくては」という思いが集中力の妨げとなっていた可能性があります。
断捨離することで部屋の中に気を逸らす余計な物がなくなり集中力がアップすることでしょう。

リラックス出来る空間が確保できる

断捨離した理想の部屋は自分にとって居心地の良いリラックスできる空間です。
物がなくなってスッキリとした部屋は見た目だけでなく、何かどこにあるかも一目瞭然でストレスがありません。

そんなリラックスできる自分だけの場所があれば、気持ちも前向きになって気分も明るくなりますよね。

デメリット

デメリット

断捨離することで考えられるデメリットは「捨てて後悔する」ことです!
しかし、このデメリットは上手に断捨離することで回避できますよ。
その回避方法もあわせて紹介するので参考にしてくださいね。

よく考えて処分しないと後悔する

断捨離の唯一のデメリットは、「捨ててしまったことを後悔する」ことです。
断捨離は、「今の自分に必要があるか?ないか?」
を基準に物の選定し、物を手放していくことになります。

この時、買い替えのきかない大事な物を捨ててしまうと二度と手に入りません。
そうならないためには、物を選別する時には勢いで決定するのではなく、よく吟味をすることが重要です。

その場で決断ができない場合は無理に処分せず「保留」という形で、とりあえずキープしておきましょう。
「保留」する期間を決めて、その時に改めて判断をしてみると落ち着いて処分するか否かの決断ができますよ。

二度と手に入らない思い出の品などの処分に迷ったときは、後悔しないように充分時間をかけて判断したいですね。

どうしてもやる気が出ないときの対処法

どうしても やる気 出ない 対処法

断捨離の作業をする途中では、どうしても行き詰ってしまうこともあるでしょう。
「片付けに飽きてしまって、これ以上やりたくない」
「物が減らないのに、もう捨てられる物が見つからない」

そんな時は無理に作業を進めず、いったん手を止めて気分転換をしてみましょう!
気分を変えることで、再び断捨離のモチベーションが上がり作業がしやすくなりますよ。

【その1】買い物に出かけて気分転換

もし、家の中に捨てて良いものが見つからなくなった時には、街でウィンドウショッピングをしてみましょう。

洋服や小物を見ている内に欲しいものが見つかったら、それらをどこに収納するかを考えてみてください。
その際、「新しく増やす物の代わりにどれを手放すか?」も同時に想像してみると「不必要な物」が見えてくるかもしれませんよ。

【その2】他の人の片付けを手伝ってみる

他の人 片付け 手伝って

断捨離は、人それぞれやり方の基準が違います。
自分の片付けに行き詰った時に他の人の断捨離を手伝ってみると、処分の判断基準に新たな発見があるかもしれません!

他の人の判断基準をヒントにすることで、断捨離できる物がさらに見つかる場合もありますよ。

【その3】片付けをしばらくお休みする

片付けに疲れてしまって、どうしてもモチベーションが上がらない時は断捨離を中断してみましょう。
断捨離を中断すること悪い事ではありませんし、断捨離をしない自分に罪悪感を抱く必要もありません。
断捨離から離れてゆっくり休むことも、再び断捨離したいという気持ちを高めるためには有効な手段です。

関連記事

片付けの方法「やる気スイッチ」はどこ?モチベーションアップ術9選!

まとめ

断捨離のモチベーションを上げて維持するコツは、狭い範囲を片付ける時間を決めて作業を始めることです。
コツを参考に無理のないペースで断捨離を成功させ、良い運気をたくさん呼び込んでくださいね!

断捨離は人間関係にも活用できますが、やりすぎは禁物です。
こちらに、人間関係を断捨離しても「ぼっち」にならない方法をまとめました。
ぜひ、参考にしてみてください。