断捨離のコツが丸わかり!誰でも簡単♪スグに試せる4つのポイント

断捨離のコツが丸わかり!誰でも簡単♪スグに試せる4つのポイント

「幸運が引き寄せられる」「時間の効率化が図れる」などの確かな効果で知られる断捨離ですが、かなりの重労働であることに間違いはありません。そして、予想以上に多くの方が作業の大変さを理由に、断念してしまっているという事実もあります。

「いえじかん」ではより多くの方が断捨離の効果を実感するために、効率的に作業を進めるテクニックを紹介していきます。誰でも簡単に、さらにスグに試せる4つのポイントを分かりやすく解説します。

部屋の片付けにはコツがある!効率よく行う4つのポイント

部屋 片付け コツ 効率 ポイント

断捨離を効率的に進めるためには、部屋の片付けのコツを把握しておくと良いでしょう。
「いえじかん」ではいくつかあるコツの中から、効果を実感しやすいものを4つ厳選し、解説していきます。

作業の大変さを見越して、食事の準備やモチベーションをアップできる仕組みを設けておくとが断捨離を成功させる秘訣と言えます。前日までに入念に計画を立て、「とにかくやりきること」をテーマに、断捨離に取り組むことが重要です。

【ポイント1】必要なものは前日に買い揃えておく

必要 前日 買い揃え

まず、断捨離に必要なものは前日までに買い揃えておくようにしましょう。
そのため食事や掃除用品など、必要かもしれないと感じられるものは書き出しておくことをおすすめします。

前日までにどこにどのくらいの時間を掛け、「お腹が空くかもしれない」「洗剤が必要になるかもしれない」といったポイントを整理しておきましょう。

【ポイント2】当日の食事に困らないようにしておく

当日 食事 困らない

断捨離が中断してしまうもっとも多い理由が食事休憩です。空腹から集中力が失われてしまうことがあるため、1日中何も食べないことは避けるべきですが、食事の準備に手間取ってしまうことも珍しくありません。

日頃の食事量と行動量を加味して、少し軽めの食事を事前に準備しておくようにしましょう。
そうすることで、限られた時間を有効活用することを徹底でき、食事の時間にも時間をかけないという意識が自然に芽生えるはずです。

朝食は軽く済ませる

食事ごとに準備の仕方を解説すれば、朝食は軽く済ませることをおすすめします。休みの日に断捨離を終わらせてしまいたいと考えている方は、午前中にほとんどの作業を終わらせてしまうくらいの意識が必要です。

そして、満腹では動きにくくなってしまうことを見越して、すぐに動けるような食べ物や量を心がけると良いでしょう。

何かつまめるものを用意する

断捨離を行う日には、朝食とは別に軽食を準備しておくことをおすすめします。「昼食はしっかり摂るほう」という方は断捨離を行う日に限り、何かつまめるものだけで済ませてしまうと良いでしょう。

昼食を食べに出かける、わざわざ作るという作業に時間を取るのではなく、とにかく断捨離を進めるという意識を持つべきでしょう。

夕飯は作り置きかデリバリーで済ませる

夕食は、あらかじめ作っておくかデリバリーで済ませると良いでしょう。断捨離を効果的に進めるためには、昼食と同様に時間をかけない工夫が必要となります。
さらに、食事量を抑えることで、夕食後に残している作業もすんなりと再開できるでしょう。

【ポイント3】片付けに掛ける時間を決めておく

片付け 掛ける 時間 決めておく

断捨離の日は、片付けにどのくらいの時間をかけるかを見越しておきましょう。
断捨離に限ったことではありませんが、気力が必要な作業でも終わりの時間を想定していれば、急にやる気を失ってしまうことはないでしょう。

また、1日のスケジュールを計画していれば、一箇所の掃除に固執しすぎることなく次々といったように作業を進めていけるはずです。断捨離を断念してしまう方のほとんどは、1日のスケジュールをまったく見通していないことが原因と言えるでしょう。

【ポイント4】終わったあとのご褒美を準備する

終わったあと ご褒美 準備

断捨離が終わった後には、心置きなく自分にご褒美を与えましょう。
また、その時間をスケジュールに盛り込んでおくことで、1日の作業をテキパキと進めていけるはずです。

キレイになった部屋でなにを食べるか、なにをして過ごすかをイメージしておくだけで、モチベーションを保ちながら断捨離を進められるはずです。

目指せきれいな部屋!断捨離の具体的な実践方法4選

目指せ きれい 部屋 断捨離 具体的 実践方法

「いえじかん」ではきれいな部屋に、より効率的に仕上げる方法も解説します。狭い範囲から始める、カテゴリーを分類するなど、一見すると難しくないように見える工夫がスムーズな断捨離には効果的です。

また、断捨離には「幸運が引き寄せられる」「時間の効率化が図れる」などの効果が期待できる反面、「捨てすぎてしまう」というデメリットがあることも知られています。そんなデメリットを踏まえながら、正しい断捨離を実行するテクニックも解説します。

断捨離はいかに事前のイメージを具体的にしておかがカギと言え、具体的なやり方を知っておくことが非常に重要です。

【その1】初めての場合は狭い範囲から行う

大掃除を効率的に、さらにモチベーションを保ちながら進めていくためには、断捨離前後の違いを体感することが重要です。そして、断捨離前後の違いはより狭い範囲から始めることで、実感しやすくなります。

リビングなどの大きいスペースから手を付けるのではなく、洗面台やバスルームなどの手が行き届きやすく、捨てるものの判断を行いやすい箇所から開始することをおすすめします。

【その2】場所ごとではなくカテゴリーごとに進める

断捨離を開始する際には「捨てるもの」「整理するもの」「どちらともつかないもの」といったように、大まかなカテゴリー分けをしておきましょう。断捨離を試みたことのある方はお分かりだと思いますが、意外と判断がつかないものが多く、作業を停滞させてしまう原因となります。

また、「断捨離はなかなか進まないもの」と想定しておくことも大切です。慣れていないうちは仕方ないと思える余裕があることで、イライラせずに作業に集中できるでしょう。

【その3】判断しやすいものから始める

判断しやすいもの 始める

断捨離は意外と捨てるものの判断が難しいという事実は前述の通りですが、判断しやすいものから手を付けることで効率化を図れます。着ていない洋服や賞味期限が切れた食品などは、保留にしておく理由がなく、サクサクと処分していくことができるはずです。

後述する着ていない洋服や賞味期限切れの食品も、事前にしっかりと把握しておくことで、さらに断捨離を効率化できるでしょう。

一番判断がしやすい洋服から始める

洋服は判断がつきやすく、捨てる手間もかからないため、自分を捨てるモードにするために有効なアイテムです。

基本的には最後に着た時期を思い返す、魅力があるかを確認しさえすれば、簡単に判断できます。ただし、頂き物の洋服は、処分してしまった後に後悔することがあることも認識しておきましょう。

賞味期限が切れた食品は処分する

冷蔵庫やキッチンの引き出しに収納されている賞味期限の切れた食品は、問答無用で処分して構いません。
ただし、ビンやカン、その他の分別をしなければならないため、ストックする工程と処分する工程は分けることをおすすめします。

本や書類はデータ化を考える

洋服と同様に本や書類も思い切って処分してしまいやすいアイテムです。
本は販売してしまう、書類はデータ化するなどのテクニックを用いて、速やかに整理してしまいましょう。

また、洋服や本の断捨離は買取業者に一任してしまうことも、テクニックの1つです。特にアイテム数が多い方は、スペースの整理整頓を進めながらお小遣いを手にすることもできてしまいます。

関連記事

断捨離流|本を捨てる8つの勇気。分かっていても捨てきれない方へ〜

 

【その4】捨てるか迷った時は一旦保管もOK

前述の通り、スマートに断捨離を進めるためには、捨てなければならないと思い込み過ぎないことも重要です。特に完璧主義、潔癖症の方ほど、一点に集中しすぎてしまう傾向にあるため、全体の段取りを意識するようにしましょう。

また、迷いを抱えたままで手放してしまったアイテムは、後悔を生み出してしまうこともあります。
一旦やり切ることを目標にし、多少の汚れが気になる、捨てるかどうかの判断をつけられないというストレスも保留にする癖付けを行ないましょう。

苦労した大掃除。いつまでもきれいな部屋を保つ4つの秘訣

苦労 大掃除 いつまでも きれい 部屋 保つ 秘訣

「いえじかん」では、苦労してやりきった断捨離の効果を長続きさせる秘訣も紹介します。
「幸運が引き寄せられる」「時間の効率化が図れる」などの確かな効果で知られる断捨離ですが、残念ながらすぐに訪れるというわけではありません。

小さな作業を積み重ねる習慣を身に付けるという本当の目的を達成するためにも、これから紹介する4つの秘訣を実践していきましょう。

【その1】出したものは元の位置に戻す

断捨離の効果を長続きさせるための1つ目の秘訣が、出したものをその都度元の位置に戻すことです。
散らかってしまっている部屋ではものを出しっぱなしにしている状態に気付けませんが、断捨離後のきれいな部屋であれば、出ていること自体が気になるはずです。

しかし、意識しなければ、少しずつ出しっぱなしになっていることが当たり前になるのが、人間の習慣というものです。出ていることが不自然と感じられるうちに、片付けることが当たり前という感覚を身に付けてしまいましょう。

【その2】簡単でいいので毎日掃除する習慣をつける

「掃除はまとめてやるもの」と認識している方は、断捨離を機会に歯磨きなどのようにサクッと終わらせるものという意識に変えることをおすすめします。そして、1日10分を2セットといったような簡単な掃除が、断捨離の効果を長続きさせるために非常に有効です。

仕事のある忙しい日は簡単な掃除、休日などのある程度時間がある時に気になる部分の掃除といったように、掃除にメリハリをつけることも秘訣の1つです。

関連記事

運気がUPする片付け術!おすすめの掃除方法と5つのコツを徹底解説

【その3】不要なものを買い足さないようにする

不要なもの 買い足さない

スッキリとした空間で過ごすことで、ものを買い足そうという気持ちが起こりづらくする効果も期待できます。そして、片付けと同様にシンプルな生活を楽しむという感覚を大切にしていれば、不要なものは増えていかないはずです。

しかし、少しずつものを所有してしまうのも人間の習慣です。
ものを買い足す時には以前よりも厳しい基準にする、ものを買う時にはなにか手放すといったマイルールを設けることで、不要なものを買い足さない習慣を手にできます。

【その4】断捨離直後の写真を撮っておく

写真を撮っておくことも、断捨離後の効果を長続きさせる秘訣の1つです。
写真を見返すことで、スッキリした気持ちをいつでも思い起こせ、掃除をしたいモチベーションを自然に呼び起こせます。

また、携帯電話の待ち受け画面やインテリアとして飾るのもおススメです。きれいに整った空間の写真であるため、誰に見られても恥ずかしいものではありません。

まとめ

断捨離を実行した方々からの口コミもあり、数多くの効果が知られています。
その一方で断捨離を断念してしまう方、完了後に後悔する方も珍しくありません。今回紹介したポイントを意識するだけで、断捨離の効果を実感できるでしょう。

もし、洋服の断捨離を実行しようと思っているなら、オススメのサービスがあります。ファッションレンタルサービスを活用すると、オシャレを楽しみながら簡単に断捨離もできますよ>>ファッションレンタルサービス【比較人気7選】借り放題やスタイリスト付きのオススメは?断捨離したい人必見