【実践】断捨離で人生をリセット!成功するためのやり方とコツを伝授

【実践】断捨離で人生をリセット!成功するためのやり方とコツを伝授

断捨離は「精神的なゆとりが生まれる」「金銭的に豊かになれる」などのメリットを実感している方が多く、注目を集めているワードのひとつです。
ただし、一口に断捨離といっても、手当たり次第にものを手放せば良いわけではありません

「いえじかん」では、人生をリセットできるという大きな効果を期待できる断捨離の正しい実践方法を解説していきます。
成功させるやり方を忠実に実践し、実感を得ていくことこそが断捨離のコツと言えるでしょう。

断捨離をしてこれまでの人生をリセット!

断捨離 人生 リセット

近年注目を集めている断捨離ですが、身の回りのアイテムを整理するだけで人生をリセットするという驚きの効果を期待できるとされています。
ただし、断捨離には失敗があるという点も頭に入れておきましょう。

正しいやり方やコツを忠実に実行することで断捨離を成功させ、肌に感じるほどの効果を実感できるはずです。

家中の断捨離をするならエリアごとに進めよう

家中 断捨離 エリアごと 進めよう

断捨離を始める際には、間取りを俯瞰して効率良く進めていくことが重要です。
思い付きで始めた断捨離ほど効率が悪く、なかなか片付かないというストレスから中断してしまう可能性が高くなるとされています。

キッチン周辺や洗面所、浴室に分類して、スッキリする感覚を楽しむことが断捨離を完遂させるコツと言えます。

狭いエリアから広いエリアへ

間取りを俯瞰した後はエリアごとに優先順位をつけていきましょう。
前述のような達成感を味わいながら断捨離を進めるためには、狭いエリアから手を付けていくという方法がおすすめです。

また、狭いエリアであれば一目で不要なものの判断がつきやすく、捨てるかどうか迷ってしまうということもありません。

断捨離すべきものをジャッジするトレーニングになるという意味でも、狭いエリアから広いエリアへ広げていくイメージを持つと良いでしょう。

知っておきたい!手放すべきものの判断基準

知っておきたい 手放す 判断基準

ここからは手放すべきものの判断基準について解説していきます。
人生をリセットするなどのメリットを知り、ものを処分するという覚悟のもとに進められる断捨離ですが、残念ながら初めはうまくいきません。

特にものを手放す習慣を持っていない方はついつい「まだ使うのではないか?」という心の声に惑わされ、断捨離自体が滞ってしまいがちです。
まずは、迷うことなく捨てられるものを把握し、効率に重きを置いて進めていくことをおすすめします。

キッチン周辺

言わずもがなではありますが、キッチン周辺の捨てるべきものは冷蔵庫や食品庫などの賞味期限切れの食品や調味料でしょう。
キッチン周辺の使いそうなものに手を付ける前に、絶対に使わないものから処分していくことが大切です。

そして、手放すことに慣れてきたら、使用していない食器類や複数の用途が同じ調理器具などの吟味すべきものをチェックしていきましょう。

関連記事

キッチンが快適に!断捨離のやり方9つの助言|効率のよい収納が鍵◎

洗面所・浴室・トイレ

洗面所 浴室 トイレ

キッチン周辺の賞味期限切れの食品と同様に、洗面所・浴室・トイレの断捨離も明確に必要ないものをピックアップしてしまいましょう。

洗面所や浴室に空き容器がそのままになっている、試供品を溜め込んでしまっているという方は優先的に手放していきましょう。

本棚・オーディオラック

本棚やオーディオラックも狭いスペースであり、断捨離の効果を実感しやすいスペースと言えるでしょう。
読まなくなった本、見なくなったDVDなどを処分することで、スッキリした感覚を味わえるでしょう。

ただし、本やCD・DVDの断捨離にはいくつかの注意点があるため頭に入れておきましょう。
特に「一生懸命集めた」という感覚のある方は、強く意識しておくことをおすすめします。

まず、損失感が大きいという点が1つ目の注意点です。
収集癖のある方は手放すことによって、心にポッカリと穴が空いたように感じてしまうことがあります。

また、断捨離が進みにくいという点が2つ目の注意点です。
コレクションしたものを懐かしんでいるうちに昔の自分にタイムスリップしてしまう危険があるため、断捨離に不慣れな方は後回しにしたほうが無難と言えそうです。

クローゼット・押入れ

クローゼット 押入れ

毎日のように目にしているものの、手入れが行き届きにくいスペースがクローゼット・押し入れです。
綺麗に収納しているつもりでも、アイテムを山積みにしてしまっているケースも珍しくありません。

その他

ほこりを被ったままの雑貨や置きっ放しのインテリア、リビングや寝室の引き出しの中の雑貨なども強い思い入れが無ければ、手放すべきアイテムと言えるでしょう。

手入れが行き届いているかによってそのアイテムへの愛着を図り、手放すべきかを判断するという方法も効率的です。

捨てる際の感情は惑わされてしまいがちですが、これまでの習慣は否定できない事実と言えるでしょう。

実践!断捨離のやり方3ステップ

実践 断捨離 やり方 ステップ

効果を実感できる正しい断捨離をするためには、やり方にこだわることが最も効率的です。
手放すという行為自体に不慣れという方は、これから紹介する3つのステップを実践し、処分するコツを身に着けていきましょう。

コツを身に着け、少しずつその対象を大きなインテリアなどに移行させていくことで、断捨離に失敗してしまう可能性をグッと抑えられます。

【その1】引き出しや棚の中にあるものを全部出す

断捨離を始めるにあたって最初にこなすべきステップは、キッチンや洗面台に取り付けられている引き出しや棚の中にあるものをすべて出すことです。
もし、しばらく開けていないような引き出しがある場合には、そこから手を付けることをおすすめします。

無意識に奥に収納してしまっているアイテムを棚卸しするためには、とにかくすべて出し切るという考え方が必要になります。

【その2】必要なものは整理して戻す

引き出しや棚に収納していたものを出し切ったら、必要なものを整理し、戻していきます。
このステップでもどこから手を付けて断捨離を始めるかが重要になります。

大切なものを収納している場所は整理していると中にあれこれと迷ってしまい、スッキリするという実感を得るのが遅くなってしまいます。
普段触っていないようなスペースから手を付けることで、ほとんどのものを手放せ、断捨離自体を好きになるという効果も期待できます。

【その3】不要なものは処分する

必要なものを収納し終えたら、不要なものを処分していきましょう。
リビングやベッドルームといった大きなスペースの断捨離では処分する手間もそれなりに必要ですが、引き出しや棚に収納されていたものであれば手間を考える必要もありません。

住まいの地域で決められたルールに従って、正しく分類していきましょう。

断捨離を成功させるための3つのコツ

断捨離 成功させる コツ

人生をリセットできるほどの効果を実感するためには、断捨離中に意識すべきコツを頭に入れておくことも大切です。
手順を考え効率的に進めつつも、これから紹介する3つのコツを意識しながら断捨離を進めていきましょう。

特に短期間で効果を実感したいという方は必見です。

【その1】家の中にあるものをしっかりと認識する

スッキリしたいという思いで取り掛かる方の多い断捨離ですが、どのアイテムが気持ちをモヤモヤさせているかを把握することも大切です。
大きなインテリアがしっくりこない、小物が煩雑になっているなど、気になるポイントも人それぞれです。

まずは家の中にあるものを見渡し、どんなものを所有しているのかを把握することから始めていきましょう。

【その2】隅々まで目を向けて不要なものを処分

前述の通り、断捨離は小さいものから手を付け始めるとうまく効果を実感できます。
インテリアばかりに気を取られてしまいがちですが、スッキリしない感覚の原因が隅にある小さなものであることも珍しくありません。

【その3】断捨離実践中の散らかりは気にしない

人生をリセットするほどの効果があるとされている断捨離ですが、もともと所有しているアイテムが多い方にとっては長い期間を要する作業です。

手をつけるスペースによっては数日間かかってしまうこともあり、落ち着かない日々を過ごすことになることも想定しておきましょう。

また、散らかってしまっている部屋にガッカリせず、良い効果を体感するためとメリットに目を向ける意識も大切です。

衣類の断捨離は判断力が必要

衣類 断捨離 判断力 必要

ファッションに関心がある方にとって、断捨離の最難関となるアイテムが衣類です。
無意識に溜め込んでしまうため手放す機会を失いやすく、自分の好みで入手しているため手放すことが難しいアイテムです。

そんな手放したくないという本心を整理するためのコツについても、しっかりと把握しておきましょう。

残す服・手放す服の仕分けは瞬時に決断

残す服 手放す服 仕分け 瞬時 決断

基本的に衣類を処分するかどうかは即決することをおすすめします。
ついつい保留にしてしまいがちですが、後述するポイントを元に正しい判断を下していきましょう。

残す服とは…

衣類の断捨離を行う際には、何着残すかというゴールを設定することから始めましょう。
ものを手放す習慣のない方は極力多く残していたいと思ってしまいがちですが、自分が満足できる最低限のコーディネートを模索していくことが大切です。

ちなみにミニマリストと呼ばれるシンプルさを楽しむ方々は、トップス4着・パンツ2着・アウター2着といったようにカテゴリーと数を決めています。

数を制限することで「本当に好きな衣類だけにこだわる」という意識が生まれ、ファッションの質を高められるとも言われています。

手放す服とは…

一言で表現するならば、ときめかない衣類は手放すべきアイテムと言えるでしょう。
食べ物のように衣類にも賞味期限があり、どんなに数を持っていても、自分が輝かないと感じたものは手放すべきです。

判断に迷ったら最後に着た日を思い出す

判断 迷ったら 最後 着た日 思い出す

どうしても覚悟が決まらないという場合には最後に着た日を思い返し、思い出せない衣類は手放すという自分のルールを設けましょう。
2年間を振り返ってみて1度も着ていない服や、着て外出している姿が想像できないアイテムは手放すべきです。

関連記事

断捨離で増えすぎた服を処分!その効果はメリットだらけ♪

 

不要なものは早々に処分しよう!

不要なもの 処分

不要と判断したものを手放す際はスピードが命です。
特に大きなインテリアなどはいらないと思いながら放置してしまうことが多く、結局断捨離できないということになりかねません。

移動できるものは家にいつまでも保管せず目のつかないところに置く、すぐに処分できない小物もゴミ袋に入れるといった工夫で、ないことが当たり前の生活を始めてしまいましょう

売れるものはリサイクルショップなどへ

「断捨離の良さは理解できたけど動き出せない」という方は、金銭的なメリットを意識するという方法も検討してしましょう。
特にアイドルや漫画などに熱中し、コレクションしたアイテムなどは高値で手放せることもあります。

最近では無料の下見サービスを提供している買い取り業者もあるため、手放したいものが大きい、数が多すぎるという方もお金に変えるという目的を持つと良いでしょう。
精神的なメリットだけでなく金銭的な良さを把握することで、行動に移すスピードにも違いが生まれるはずです。

まとめ

断捨離には人生をリセットするほどの効果があると言われています。
ただし、正しいやり方をしっかりと守らなければ、なかなか効果を実感することはできません。
今回紹介した正しいやり方やコツを、そのまま行動に移していきましょう。

ものの断捨離が終わったら、心身もスッキリさせませんか?
こちらに、毎日続ける瞑想によって引き寄せられる効果についてまとめました。
ぜひ、参考にしてみてください。